必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀

葬儀の全国相場と費用に関わる3つのポイント

葬儀の費用

葬儀費用に関するトラブルが多発

国民生活センターの発表によると、全国の消費生活センターへの葬儀のサービスに関する相談は年間700件前後で高止まりしており、改善される傾向はありません。特に「高価格・料金」についての相談が多くなっていることから、これから葬儀について考えようと思っている方は、まず葬儀の費用について学ぶことをおすすめします。定額制葬儀の「シンプルなお葬式」を運営する株式会社みんれびが葬儀の費用について解説します。

 

葬儀費用の全国相場は?

葬儀の全国費用を解説した図。葬儀は種類によって葬儀平均費用とその内訳が異なります

日本全国の葬儀の平均費用は日本消費者協会の調査によると156.1万円となっています。(葬儀一式費用と通夜からの飲食設定費用の合計)ずいぶん高いように感じますが、最近はインターネットで比較したり、小規模な葬儀が中心となっているので縮小傾向にあります。実際に弊社が手掛けた葬儀の種類別平均費用は上記の通り、一般的なお葬式で約90万円、身内中心の家族葬で約58万円、通夜を省略した一日葬で約45万円、火葬のみの直葬や火葬式で約19万円となっています。(お布施などの宗教者のお礼は含まれていません)

 

葬儀の費用に関わる3つのポイント

葬儀の種類を選ぶかで費用は大きく変わる

どのような葬儀をするかによって平均費用は大きく変わることがわかります。 葬儀の種類は、参列者の規模と、お通夜、告別式、火葬のうちどれを行うかによって決まります。つまり、葬儀は「行う儀式の内容」と「呼ぶ人数」によって費用感が変わってきます。 葬儀の種類は儀式の内容と人数によって一般的に、一般葬、家族葬、一日葬、直葬/火葬式に分類されます。

一般葬の費用の仕組み

一般葬は、遺族・近親者だけでなく、友人・知人、会社の同僚や取引先など多くの人に参列してもらうため、規模の大きなものになりがちです。広い会場が必要で、立派な祭壇を用意したり、たくさんのおもてなしを用意したりすることになります。 したがって葬儀自体の費用と、「参列者のおもてなしの費用」が、ほかの葬儀の種類に比べると、大きくかかります。また、ひとつひとつの項目に対しての選択肢が多いため、金額帯の幅も広くなります。 ただし、葬儀は支出だけではありません。参列者が多いほど香典の額も大きくなります。また、給付金や保険料でも負担を軽減することができます。一般葬だから費用がかさむとは一概にはいえない部分もあるのです。

家族葬の費用の仕組み

家族葬は一般の会葬者は参列せず、遺族、近親者とごく親しい友人のみで小規模に行うため、費用は比較的抑えることができます。 また、祭壇は豪華にするなど、選択肢の幅が広くなることに伴い、価格帯の幅も広くなります。つまり、どんな葬儀を行いたいかによって費用は大きく変わります。 ただし、家族葬も給付金や保険料で負担を軽減したり、参列者からの香典も葬儀費用にあてたりすることができます。一方で家族葬は参列者の人数が少ないため、香典も少なくなるぶん、負担する実質的な金額が想定より大きくなることもあります。

一日葬の費用の仕組み

一日葬は、通夜を行わないため、そのぶん費用を抑えることができます。ただし、参列者の人数によって幅があり、施設使用が1日で収まるとも限らないので注意が必要です。お布施が半分になるわけでもありません。 また、その他の葬儀同様に給付金や保険料で負担を軽減したり、参列者からの香典も葬儀費用にあてたりすることができますが、同様に参列者の人数が少ないため、香典も少なくなるぶん、負担する実質的な金額が想定より大きくなることもあります。

直葬/火葬式の費用の仕組み

基本的に、直葬/火葬式は、宗教的儀式を行わず、火葬のみを行うものであるため、最低限の出費で済みますが、ごく近しい身内の方のみが参列するため、香典収入がほとんど見込めません。 また、直葬/火葬式はお別れの時間が充分にとれなかったりするなど、デメリットもあります。

 

葬儀費用に関わる4つの項目

葬儀にかかる費用は「施設にかかる費用」、「葬儀の施行にかかる費用」、「参列者のおもてなしの費用」、「宗教者へのお礼、心づけ」の総額です。 葬儀会場などへ支払う費用が「施設にかかる費用」、祭壇やお棺などの葬儀の儀式に必要な費用が「葬儀の施行にかかる費用」です。参列者に対する飲食費や返礼品の費用が「参列者のおもてなしの費用」、そして葬儀にお呼びした僧侶へのお布施などが「宗教者へのお礼、心づけ」にあたります。

「葬儀一式」の金額が葬儀にかかる費用の一部にしか過ぎないかも!?

たとえば、ある葬儀社のサイトに掲載されているプランの金額が「葬儀一式:○○円」と表記されていたとします。 この金額を見て、○○円を葬儀社に支払いさえすれば、葬儀ができると思うのはとても危険です。 なぜなら、葬儀社によっては、上の項目のうち「葬儀の施行にかかる費用」のみを「葬儀一式」の金額とする場合もあるのです。 そのため想定していなかった追加金額がかかってしまい、葬儀後にトラブルになることも多く起きています。

 

葬儀全体の平均費用は参考程度に

このように、どの葬儀の種類を選ぶかによって費用感は大きく変わってきますし、葬儀社によって見積もりの基準は変わってきます。費用を考えるときに平均費用は気になるところですが、葬儀の種類にかかわらず、それをひとつにまとめた平均費用という考え方は、参考程度と考えるのがいいでしょう。 大切なのは、どんな葬儀を、どのくらいの規模で行いたいのかを考えることです。本来、葬儀に標準や平均といったものはありません。亡くなった方やご遺族の想いをどう具体的なかたちにするのかが重要なのです。 しかし、そうは言っても「分かりやすく」、「必要最低限で」、「出来る限り安く」という声が多いのも事実です。そこで、私たちは必要最低限の内容を分かりやすく定額にした葬儀を「シンプルなお葬式」というブランドでご用意しました。お値段も一般的なお葬式49.8万円、家族葬39.8万円、一日葬27.8万円、火葬式14.8万円と全国平均よりもお安くなっています。 判断基準の一つとしてでも構いませんので、まずはご検討ください。

プランの詳しい情報はこちら>>

 

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

相談・お見積り 24時間対応(無料)

ページ先頭へ戻る