必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀
故人様を、葬儀斎場ではなく家族団欒の場所からお見送りできるプランです。追加費用一切無し 資料請求で5,000円引き!

自宅葬とは

自宅葬の特徴

家族と築いた心のよりどころであるご自宅からお見送りいたします。
入院中帰りたくても帰れなかった、みんなで食卓を囲みたかった
――故人の、そしてご家族の、ありったけの想いをぶつけてください。

●時間も人の目も気にせずゆったりとお別れが出来ます

誰に気兼ねすることなく、時間に追われることもありません。いつもの時間の流れの中で、お好きなお料理を作ったりデリバリーを頼んだり、故人を偲んで思いっきり泣いたり、自由気ままなご葬儀をお手伝いいたします。

●どんな場所で行っても会場設営費用は一律です

葬儀会場を借りる場合、一部の民営斎場では利用料の関係で追加費用が発生します。 自宅葬の場合は、ご自宅のスペースがそのまま会場になりますので、どんな場合も会場費用が変動することはありません。 会場設営の準備からお葬式後の後片付けまで、当社スタッフが責任を持ってお引受いたしますのでご安心ください。

こんな方に選ばれています

こんな方に選ばれています

プランのご紹介

通常プラン

一般的な慣習の通り、
通夜と告別式を両方行う
基本の自宅葬プランです。

一日プラン

通夜を行わず、
告別式のみを一日で行う
費用を抑えたプランです。

自宅葬の特徴

point_img

どんなに小さく、コンパクトな祭壇を用意したとしても、お柩を安置して、葬儀に必要な設備設営をしただけで、6畳ほどのスペースが必要になってきます。その他にご家族様、弔問者が参列するスペースが必要になってきますので、理想的なのは少なくとも12畳程度の広さが必要になるでしょう。

ご自宅が、一軒家か、マンションか、アパートか、
また、マンションの場合は何階か、階段・エレベーターの有無、入口の扉の大きさ等、様々な条件を確認する必要があります。
詳しくは無料相談スタッフまでご相談ください。

 

自宅葬のメリットデメリット

  メリット デメリット
自宅葬
  1. 住み慣れた家でお別れができる。
  2. 時間や他人の目を気にする必要がない。
  3. 会場費用に変動がない。
  4. 好きに料理を作ったり、弔問客を招いたり、時間やルールの制限がないので自由な葬儀が出来ます。
  1. ご近所への配慮が要る。
  2. 料理を手作りする場合、準備や手伝いが要る。
  3. 自宅葬とはいえ、おもてなしをするために親戚や親しい友人に何かと気を使う。
  4. トイレ・洗面所、駐車に気を使う。

●一般的な斎場で行う葬儀と比較

  メリット デメリット
一般的な
会館葬
  1. 準備や片付けの負担が少ない。
  2. 設備が整っているのでスムーズな進行が可能。
  3. トイレ・駐車場の心配がない。
  1. 他家の葬儀が気になる。
  2. 時間制限がある。
  3. 借りる会場によって料金が大きく変動する。

自宅葬は、自由度が高く、故人様を思い出の場所から心置きなくお見送り出来るという点から、お客様からのご要望も増えてきています。反面、個人の生活拠点を会場とすることから、スペースの広さや設備の機能に限度があり、一般的な斎場で行う葬儀に比べて、自由度が高い分ご家族への負担も大きくなる傾向があります。

ご心労の中、自分で準備を進めることが出来ない、という方もいらっしゃいますので、ご家族の状態、近所で手伝ってくれる方がいるかどうか、ご自宅のスペースは十分に確保できるか、など慎重にご検討いただけたらと思います。

そのサポートといたしまして、経験豊富な当社スタッフがご相談を承っておりますので、ご遠慮なくお問合せください。

他の葬儀・葬式プランの詳細もご覧ください。

 

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

相談・お見積り 24時間対応(無料)

ページ先頭へ戻る