必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀

給付金制度ってどんな制度?葬儀終了後に、所定の手続きをすることにより、各保険や組合から葬祭費用の給付金を受け取れる制度の事です

誰でも受け取れるものなの?

言葉や表現の違いはありますが、「葬儀を行った人(喪主)に支払われるお金」という位置づけになり、保険の加入者であればどなたでも受け取ることは可能です。厳密には複数の種類がありそれぞれの手続き方法を整理してお伝えします。

加入している保険ごとに、受け取れる給付金が異なります

国民健康保険に加入していた場合

葬祭費給付金制度とは、被保険者が死亡したとき葬儀を行った方に対して、費用が支給される制度のことです。国民健康保険加入者の被扶養者の方が亡くなった際に保険証の返却・変更の手続きを行います。

国民健康保険加入の方 50,000~70000円
後期高齢者保険加入の方 30,000~70000円
申請期間 2年間
申請・問い合わせ先 市・区役所の保健年金課

健康保険に加入していた場合

埋葬料給付金制度とは、被保険者本人またはその被扶養者が死亡した場合に、被扶養者など(被保険者本人が死亡した場合)や被保険者(被扶養者が死亡した場合)に支給されるものをいいます。

埋葬料 上限50,000円までで実費精算
申請期間 2年間
申請・問い合わせ先 全国健康保険協会

国家公務員共済組合の組合員

葬祭費 100,000~270,000円各組合により異なります
申請・問い合わせ先 加入している各共済組合

埋葬費

埋葬費給付金制度とは、被保険者本人が死亡した場合で、被扶養者など埋葬料の申請ができる人(埋葬料支給の対象者)がいないとき、実際に埋葬を行った人に支給される埋葬にかかった費用をいいます。故人の死亡日から2年以内に申請を行う必要があります。

埋葬費 50,000円
申請期間 2年間
申請・問い合わせ先 全国健康保険協会

お葬式を安く済ませる、3つの国・自治体の制度

  • 生活保護の葬儀
  • 給付金制度
  • 市民葬・区民葬
葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ
葬儀社様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

相談・お見積り 24時間対応(無料)

ページ先頭へ戻る