必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀

仏教でのお葬式

仏教のご葬儀なら『シンプルなお葬式』
仏教各宗派のお葬式の特徴

仏教の主要な宗派をはじめ、あらゆる仏教系宗派の葬儀に対応しております。菩提寺がない場合はオプションで僧侶手配も承っております。仏教の主要な宗派をはじめ、あらゆる仏教系宗派の葬儀に対応しております。菩提寺がない場合はオプションで僧侶手配も承っております。

シンプルなお葬式が選ばれるポイント

全国ですべての仏教宗派のご葬儀を執り行います

浄土真宗
亡くなって即成仏するという考えから、浄土真宗の葬儀は、供養が目的ではありませんので、葬儀では死装束や清めの塩を用いません。

詳しくはこちら

浄土宗
浄土宗の葬儀は、釈迦の力を借りて、送り出されて極楽浄土にいけるという教えにそって行われます。

詳しくはこちら

日蓮宗
日蓮宗では葬儀は最後の修行の機会であると考えられており、魂を霊山浄土に導くのが日蓮宗の葬儀の本義と考えられています。

詳しくはこちら

天台宗
葬儀では法華経と阿弥陀経が読経されます。

詳しくはこちら

禅宗(臨済宗/曹洞宗)
臨済宗と曹洞宗は儀礼の細部に違いがありますが、どちらも授戒と引導が中心と考えられています。

詳しくはこちら

真言宗
真言宗の葬儀は、故人の魂が全ての本源である大日如来に帰っていくための儀式と考えられています。

詳しくはこちら

上記以外にも仏教各宗派のお葬式に対応いたします!

各宗派の特徴

浄土真宗のご葬儀の特徴

浄土真宗の葬儀は、他派における「死者への供養」ではなく、仏徳を讃嘆し、故人を偲びつつ報謝のまことを捧げる「讃嘆供養」です。

考えの基本は、すべての人は「阿弥陀仏の本願を信じ念仏を唱えれば、阿弥陀如来によって極楽浄土に迎えられ、救われ、仏になる」(他力本願)という教えです。

死後は阿弥陀仏の導きですぐに仏になる(往生即身仏)ことから、迷いの存在として引導を渡すこともありません。よって、“霊”という言葉を用いず、清め塩や死を忌み嫌うことからくるさまざまな迷信を排除した儀式が行われます。

読経は、死者に対してではなく、本尊の阿弥陀如来絵像・南無阿弥陀仏に対して行なわれます。

なお、宗派は10と多く、それぞれ仏具や作法等が異なることがあります。

浄土宗のご葬儀の特徴

浄土宗は、阿弥陀仏の本願を信じ「南無阿弥陀仏」を唱えればすべての苦しみから救われ、必ず極楽浄土に往生できるとします。

この往生できるのが念仏者の臨終の時であることから、信徒にとって死のまぎわは待ちに待った時なのです。そのため葬儀は、死者を仏の弟子となし、極楽浄土への往生を教え導く凱旋式とされ、死者を仏の弟子にする「受戒会(じゅかいえ)」と、仏弟子となった死者を浄土に導く「あこの儀式」(引導式)が行われます。そして、「念仏一会」で僧侶と参列者が共に南無阿弥陀仏を唱えるのです。

なお、必ず極楽浄土に往生するので、死者が次の生を受けるまでの中陰(ちゅういん)はありません。

日蓮宗のご葬儀の特徴

日蓮宗において、釈迦は霊鷲山(りょうじゅさん、即ち「霊山浄土」)で法華経を講じている久遠実成(くおんじつじょう)の仏であるという信仰されています。そのため葬儀では、「法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を受持する者は、必ず、霊山浄土りょうぜんじょうど)に往詣することができる」という教えに基づき、死者を霊山浄土に導くことを目的としています。

久遠実成とは、釈迦を過去・現在・未来の三世において輪廻転生してきている永遠の存在とする考え方です。その釈迦は日蓮宗の本尊ですが、三世に住まうので、その姿を形として示すことができません。そこで釈尊の慈悲と救いの世界観を表現したのが大曼荼羅であり、これを本尊として法会の中心に掲げます。

葬儀は最後の聞法(もんぽう)修行の機会とされ、本尊が大切な位置を占めています。

天台宗のご葬儀の特徴

衆生はすべて仏性を持っており、必ず仏になると説く天台宗では、密教を顕教と同じ位置づけとする「顕密一致」の立場をとります。

葬儀はこの立場に則り、顕教儀礼の「法華懺法(ほっけせんぽう 法華経読誦することで煩悩を薄くし滅罪する作法)」と「例時作法(れいじさほう 阿弥陀経を読誦することで往生極楽の指南とする作法)」、密教礼儀の光明供(こうみょうく 阿弥陀如来の来迎を得てその指導の下に故人を引導して仏となす作法)の3つの儀礼で営みます。これら儀礼はいずれも、供養する家族・縁者・故人が一体となり、ともに仏道を成就していくことを、葬儀の本義としています。

禅宗(臨済宗/曹洞宗)のご葬儀の特徴

禅宗は、坐禅を基本とする修行で釈迦の悟りを直接体験しようとする宗派の総称です。人間の心の中には仏の心が備わっており、自分の内なる仏に目覚めることで、はじめて苦しみから解き放たれます。

葬儀の特徴は、死者を仏弟子とするための受戒と、仏性に目覚めさせるための引導にあります。

葬儀の意義について、臨済宗は「死者が仏弟子となり修行の道に入り自己の仏牲に目覚めることを願う儀式」であり、曹洞宗は「故人を偲び讃えることであり、遺族をいたわり慰めるために営まれるもの」です。儀礼のしきたり等、両宗派では細かな点が異なります。

真言宗のご葬儀の特徴

真言宗(密教)の教主は大日如来であり、教義は即身成仏です。

他宗は、人間は長い時間をかけても成仏できないと考えますが、真言宗はそれとは異なり、人間はこの肉身のままで究極の悟りを開き、即身成仏となり成仏できると説きます。すなわち、大日如来を自分自身の中に確認し、それと一体となった状態が即身成仏なのです。したがって、葬儀は、死者を宇宙生命の本源である大日如来の生命に包まれている弥勒菩薩の浄土・都率天(とそつてん)へ戻っていくための儀式であり、引導作法によって即身成仏となります。真言宗は古義真言宗と新義真言宗に大別され、葬儀の根本思想に大差がないものの、実際の葬儀の進行は、宗派だけでなく、地方によっても異なります。

各宗派に対応した3つの葬儀プラン

最も費用が抑えられるプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜と告別式を身内だけで行うプラン

一般的なお葬式プラン

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お呼びするお寺が無い方は

お葬式には僧侶をお呼びしたいが、「付き合いのある寺院がない」「御布施金額が不安」というお客様には定額の御布施金額の僧侶を全国で手配致します。

菩提寺(お寺さん)とのお付き合いがない場合の僧侶の手配サービスです。
・寺院のお付き合いがない・遠方で呼ぶことができない・お付き合いのあるお坊さんと予定が合わない
※菩提寺がある場合は必ず許可を取ってください。

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ
葬儀社様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

相談・お見積り 24時間対応(無料)

ページ先頭へ戻る