必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀

リードしていただき満足いく葬儀ができました

main
埼玉県鴻巣市在住 斉藤様
お客様からいただいたありがとうの声

難病指定を受けていたお父様は、大きな病院での入院となり、結果、自宅から遠い病院で息を引き取ることとなりました。斉藤様の家族には、誰も葬儀を取り仕切った経験がないため、どうしていいか途方に暮れてしまったそうです。しかも病院からは、葬儀社の手配はどうなっているかと急かされ、何も宛てがない状態で、ただただ慌ててしまうだけ。そんな中、「シンプルなお葬式」に巡り会ったそうです。その時に感じたことをお伺いいたしました。

もくじ

  1. 難病だった父は家から離れた大宮の病院で亡くなりました。
  2. 父は生前から「火葬だけでいい」と繰り返していました。
  3. 病院から葬儀社の手配を急かされ時に「シンプルなお葬式」と出会いました。
  4. わからないことだらけの中、満足いく葬儀を行っていただきました。
  5. はじめての葬儀経験で、後になって気付くことばかりでした。

難病だった父は家から離れた大宮の病院で亡くなりました。

まず故人様はどんな方でしたでしょうか

明るくて、お酒と歌の好きな父でした。旅行とかはそれほど興味もなくて、よく私たち子供夫婦と孫を交えて食事をするのを喜んでいたのが思い出されます。何かもっとこうしてあげれば良かったという特別なことはないんですけれど、もっとたくさん食事を一緒にすれば良かったなぁ、孫をもっと連れてきてあげれば良かったなぁ、と日常的なことに心残りがあったりしますね。

お父様が亡くなった状況を教えてください。

img1父は、間質性肺炎という難病を煩っていました。現代の医学では決定的な治療法もないそうで、ただ様子を見て、入退院を繰り返す晩年でした。難病指定のため、近くの病院では対応してもらえず、家から離れた大宮の大きな病院に入院していました。治らない病気だと頭で分かっていても、また入院しても、すぐまた退院するものだと思っていて、実際に亡くなった時のショックは大きかったですね。

父は生前から「火葬だけでいい」と繰り返していました。

お父様本人は葬儀への希望はあったのでしょうか。

入院中、父は、よく「死んだら火葬だけしてくれればいい。葬儀も家族だけで簡単にやってくれればいい」と言っていました。これには理由があって、両親は北海道出身で、親戚もみな北海道で暮らしているんですね。しかも親戚もみんな年をとってしまって、足腰が悪くて、こちらまで来るのは難しいんです。だから、こちらも北海度の親戚に何かあっても行かない、だからそっちも来なくていいって取り決めをして、お互いに無理をしないように決めていました。加えて父の友達も元気な方は少ないし、この鴻巣にも越してきて間もないので近所付き合いも少なくて、葬儀に来ていただける方が少ないこともわかっていたからなんです。

万が一のことを考えて、葬儀のことは考えていましたか。

北海道を離れていましたし、お寺とか葬儀社とは全くおつきあいがありませんでした。まして家族の中に誰も葬儀を段取りした経験がなかったので、どうしていいかわかりませんでした。それでも兄は、家族葬など小規模の葬儀を行える葬儀社のパンフレットの資料請求をしていました。準備といっても、それだけですね。

病院から葬儀社の手配を急かされ時に「シンプルなお葬式」と出会いました。

「シンプルなお葬式」はどういった経緯で知りましたか。

実は、父が亡くなってから「シンプルなお葬式」のことを知りました。病院で父が亡くなり、私たちがどうしていいかわからない状況の中、病院から「早めに葬儀社に手配していただいて、遺体をご自宅に引き取って下さい」と急かされ、これには慌てました。冷静に考えれば当たり前なのかもしれませんが。遺体の搬送なんて考えていませんでした。
それで慌てて、資料集めをしていた兄に連絡をしたのですが、こういう時に限って、何度も連絡しても連絡がつかないんですね。そのため、何も資料がないので、自分でパソコンのインターネットで葬儀社を検索することにしました。
父が「火葬」と言っていたので、「火葬」をキーワードに検索して、その中で「シンプルなお葬式」を発見しました。実は、他にもいくつか候補はあったのですが、「シンプルなお葬式」が。一番安心感があって、価格的にも安かったのでお願いすることにしました。特に料金が明確で、何が含まれていて、何が含まれないかが、きちんと書かれていたのが良かったですね。

「シンプルなお葬式」の電話担当者の説明はわかりやすかったですか。

img2正直なことを言えば、その時点で冷静さを失っていたので、お電話をしたものの、どういう受け答えをしたのか、よく覚えていません。そんな放心状態の私たちでも、スムーズに葬儀を行えたのですから、おそらく、きちんとした対応をしていただけたんだと思います。よく覚えているのは、電話で葬儀社を選ぶと、「こちらの葬儀社から折り返しお電話いたします」と電話を切られたのですが、折り返しってどのくらいだろうと考えるとすぐに、その葬儀社から電話がかかってきたことでしょうか。話がきちんと伝わっていて、的確な仕事をしてくれたんだなぁと安心できました。

わからないことだらけの中、満足いく葬儀を行っていただきました。

実際の葬儀の感想はいかがだったでしょうか。

何をしていいかわからないままで、ほとんど葬儀社にお任せ状態だったんですけれど、無事に式を執り行なうことができました。家族皆、満足いく葬儀でした。料金から考えて、もっと陳腐なものかと思っていましたけれど、予想以上に、きちんとしていて良かったです。
お出でいただいたお坊さんも若くて立派な方でした。きちんとした応対で、お経も重厚な雰囲気で唱えていただきました。
全てが終わって、無事に葬儀を終えることができて、とてもほっとしました。これなら父もきっと納得してくれたんじゃないかと思います。
うちのように、葬儀社との付き合いがなく、故人の希望が「簡単な火葬による葬儀」であって、参加者が少ないことが予想される場合は、この「シンプルなお葬式」は最適なサービスだと思いました。

はじめての葬儀経験で、後になって気付くことばかりでした。

「シンプルなお葬式」を利用されて、もう少しこうなっていれば…といった注文はありましたか。

全てが初めての経験で、葬儀中は、どんどん進行していくだけで、何もわからない状況でした。でも葬儀を終えてから、あれはどうだったんだろうと思うこともいくつかありました。
ひとつは、主人に言われて気付いたのですが、葬儀は行ったものの、初七日っってどうだったんだろうと聞かれました。おそらく含まれていないものの、メニューを提示していただく時に、「オプションで初七日を入れると…」といった説明があればありがたかったですね。初七日は葬儀の後に引き続きまとめて行うことが一般的ですからね。
それと、これは葬儀社の方の説明なんですが、葬儀の終了と同時に後片付けをしていただいたんですが、「後飾りはいかがしますか?」と聞かれたものの、後飾りそのものがよくわかっていなかったので、全て片付けていただくように話しました。すると香炉から何から何まで撤収されてしまいました。後飾りはいらないと言ったこちらが悪いのですが、できれば後飾りの意味も一緒に説明していただければありがたかったと思いました。全てなくなってから家族一同で呆然としました。
また葬儀にともなう返礼品などの対応もしていただけると、さらに便利だったかなあとも思いました。

last

ーいろいろ至らぬ点もあり、失礼いたしました、あわせて本日はお忙しい中、お話を聞かせていただき、ありがとうございました。

 

ご利用者の方々の写真付き体験談

 

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

相談・お見積り 24時間対応(無料)

ページ先頭へ戻る