24時間ウェブ決済可能

カード会社
通話無料
24時間365日対応
0120-541-699 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

【後飾り祭壇の飾り方】お供え物や配置のルール

カテゴリー 法事・法要

後飾り
PR
お坊さん手配サービス

後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」という言葉を聞かれたかことはありますか。
聞きなれない言葉かと思いますが、故人の遺体を火葬して持ち帰ってから安置する時に使う祭壇のことを言います。
ちなみに、葬儀や告別式の時にご遺体の周りを飾るための装飾壇のことは「祭壇」と言います。
この2つの装飾壇は、どちらも遺影や供物(くもつ)を飾り、故人を弔うために準備されます。それぞれに役割や設置する期間が決まっています。 こちらでは、宗教毎の後飾りについてご紹介します。

“後飾り”とは?

後飾り(あとかざり)とは、葬儀が終わり、火葬場から自宅に戻った遺骨を埋葬の日もしくは忌明けまで、安置するための仮の祭壇のことで、「後飾り」もしくは「中陰壇(ちゅういんだん)」と言います。中陰壇という呼び方は、主に関西方面で使われています。

故人が成仏するまでの間、仮の場である「後飾り」で弔うことになります。
また、「後飾り祭壇」は、通夜や葬式に参列できなかった方が弔問にみえた際、お参りして頂く場所にもなります。

後飾り祭壇の飾り方と配置のルール

後飾り祭壇の装飾と配置には決まりがあります。
宗派によって多少異なりますが、こちらでは一般的な飾り方についてご紹介しますので、参考にしてください。

仏式の場合

仏式の後飾りは、2~3段となります。
一般的に白木で作られているものを使いますが、白木のものではない場合は、飾り段に白布をかけます。
宗派によって飾り方が多少異なります。

後飾りに使われる仏具は、基本的に仏壇で使われているものとなりますので、既に仏壇を持っている方は、後飾り用として改めて準備する仏具はほとんどありません。
まずは、まだ仏壇をお持ちでない場合に必要となる後飾りの仏具および小物についてご紹介します。
仏壇をお持ちの方も、ぜひ、チェックをしてみてください。

仏式の後飾りで使う仏具と小物

次に、各仏具の飾り方(設置する場所)について説明していきます。

仏具の飾り方

神式の場合

神式では、仏式と同じ階段式になっている祭壇を使う場合もありますが、正式には白木で作られた八足の祭壇を使います。八足の祭壇とは、片足に4本ずつ脚をつけた台のことをさします。
なお、後飾りで八足を使う場合、仮霊舎(かりみたまや)の檀を設ける必要があります。

また、神式では遺骨が火葬場から家へ戻ると、無事に葬儀を終えたことを神様に報告するために、「帰家祭(きかさい)」という儀式を執り行います。

仏式の仏壇にあたるものが、神式の場合は「御霊屋(みたまや)」もしくは「祖霊舎(それいしゃ)」になります。呼び方は異なりますが、どちらも同じです。
仏壇同様、既に御霊屋をお持ちの場合、準備する神具は少なくなりますが、まだ御霊屋をお持ちでない場合に必要となる神具と小物、そして神式の飾り方(設置する場所)についてご紹介します。

まずは、神具と小物についてご紹介します。
既に御霊屋をお持ちの方も、ぜひ、チェックをしてみてください。

神式の後飾りで使う仏具と小物

続いて、各神具の飾り方(設置する場所)について説明していきます。

神具の飾り方

キリスト教式の場合

キリスト教式の後飾りには、特に決まりはありませんが、一般的に、小さなテーブルに白い布を被せて台を作ります。
キリスト教式で儀式を執り行うのは、信者の方だけとなります。信者の方々は、既に祭壇をお持ちのため、後飾り用として準備するものは、遺影と遺骨以外ありません。
また、仏式や神式に比べて、とてもシンプルな後飾りとなります。

では、神具と小物についてご紹介していきます。

キリスト式の後飾りで使う仏具と小物

続いて、各神具の飾り方(設置する場所)について説明していきます。

神具の飾り方
ベスト仏壇
人気の仏壇【送料無料】、どこよりも低価格・ 格安で案内しています。 『仏壇は15,800円』 からご用意!

後飾り祭壇の飾り方での注意点

女性手をあわせる

後飾り祭壇を設置する際、飾るときの方角やお供え物、飾る期間など気をつけることがいくつかあります。以下で詳しく説明していますので、参考にしてください。

自宅で飾るときの祭壇の方角(向き)は?

自宅に仏壇がある場合は、仏壇の前もしくは傍に後飾りを作ります。
仏壇がない場合には、部屋の北側あるいは西側に飾ることをお勧めしますが、一番大切なことは、お参りがしやすい場所に設置することです。
どうしても北側あるいは西側に設置することができない場合は、方角を気にせずに設置しても良いとされています。

ただし、直射日光が当たる場所や水回りの近くは、高温多湿になることで、位牌や遺骨が劣化してしまうことがありますので、避けることをお勧めします。
葬儀社に葬儀をお任せした場合は、後飾りについても葬儀とセットになって代金に含まれていることが一般的です。
後飾りについても葬儀社の専門スタッフが設置や飾り付けを行ってくれますので、お任せすると良いでしょう。

後飾りの準備はいつするの?

後飾りの準備は、ご遺体が出棺されてから、遺骨となって自宅に戻ってくるまでの間に行います。
自宅で葬儀を執り行った場合は、出棺後、葬儀用の祭壇を片付け、部屋を掃除した後に後飾りを設置します。

斎場で葬儀を執り行った場合は、出棺後、故人に付き添わなかった遺族の方は故人の遺骨が帰ってくる家に戻り、後飾りを設置します。

お供え物は何が良いの?

供え物についても、各宗教によって異なります。
なお、仏式の場合は、宗派によっても異なりますので、注意が必要です。

(仏式)
一般的に、仏飯、お水、お茶、菓子、果物、お膳、生花をお供えします。仏飯とお水、お茶は毎日取り替えます。仏飯は、毎日炊きたての最初のご飯をお供えします。
また、四十九日の喪が明けるまでは、毎日、ロウソクを灯し、線香を絶やさないことで故人の供養を行います。そのため、長時間燃え続ける「巻線香」と呼ばれる渦巻き状の線香を使われる方が多くいらっしゃいます。
なお、浄土真宗では、仏膳や茶湯はお供えしないことが正式とされています。

(神式)
神式の場合も特に厳しい決まりはありませんが、一般的に、お神酒、水、洗米、塩以外の物をお供えすることはありません。もし、どうしてもお供えをしたい場合は、お供え物として果物は適していますのでお勧めです。

(キリスト式)
特に決まりはありませんが、パンや菓子、果物をお供えすることが多いようです。
菓子や果物に関しては、故人が好きだったものを選んでお供えしてあげると良いでしょう。
また、埋葬までの間は、毎日、ろうそくに火を灯します。

一般的にはいつまで飾るの?

後飾りは、埋葬や納骨が済んだら役割を終えます。
一般的には、仏式の場合は四十九日、神式の場合は五十日祭、キリスト式の場合は埋葬の日までとなります。役割を終えた後飾り祭壇は廃棄処分することになります。不要となった祭壇は、地域のゴミ分別ルールに従って廃棄しても問題はありません。

しかし、故人をお祀りしていた祭壇ということでゴミとして処分することに抵抗がある方は、仏式の場合は菩提寺の僧侶、神式の場合は神主、キリスト式の場合は神父様もしくは牧師様に相談されると良いでしょう。

決まった寺院など無い場合は、葬儀を依頼した葬儀社に相談されることをお勧めします。有料での引取りもしくはアドバイスを頂くことができます。

祭壇以外の仏具セットに関しては、日頃からお参りの時に使う物となりますので、処分の対象とはなりません。
また、仏式の場合の仮位牌(白木位牌)は本位牌に、神式の場合の仮霊舎は本霊舎に帰る必要があります。
仮の宿から移る場合は、魂(御霊)を移す儀式を執り行う必要があります。事前に、菩提寺の僧侶や神主に相談をしておくとスムーズに進みます。

なお、経机や白い布などはお盆や法要にも使うことができますので、そのまま取っておくことをお勧めします。

後飾りや白木位牌の処分方法についてはこちらもご参照ください

まとめ

後飾りについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
葬儀当日に初七日や四十九日の儀式も一緒に執り行うことが多くなってきている現状においては、後飾り自体があまり目にすることが無くなってきています。

しかし、後飾り祭壇は、故人があの世に旅立つまでの大切な時間を過ごす場所として、とても大切な場所となります。
葬儀当日に埋葬しない場合には必要となってきますので、ぜひ、故人の良い旅立ちを願って、お参りして差し上げてください。

4.7/5 (10)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.