通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

お仏壇の置く場所は?飾り方、ご供養とお手入れについて

カテゴリー 仏壇

仏壇のイメージ

仏教には、亡くなった人は成仏して、仏様になるという考え方があります。
仏壇は、家庭内のお寺として仏様になったご先祖様の位牌をご本尊の傍に置いて、毎日お参りするためのものです。
本記事では、仏壇の購入を考える方のために、仏壇の置き方や飾り方と、日々の暮らしとともに故人さまやご先祖様を偲び、ご供養につなげるための知識をご紹介します。

仏壇や位牌を用意する時期は?

一般的には、本位牌や仏壇は四十九日までに揃えます。
四十九日の法要にあわせて揃えた場合は、あらかじめ僧侶に開眼供養もお願いすることを伝え、同じ日に開眼供養を行ったあとで法要をしてもらいます。
位牌も、葬儀の際に授かった白木の仮位牌から、本位牌を用意して仏壇に安置します。
本位牌は戒名などの文字入れに二週間前後の日数がかかるため、早めに依頼をしておくことが大切です。

お仏壇を置く場所・お仏壇の大きさ

昔は、仏壇は仏間におかなければいけない、という慣習がありました。
しかし近年では、どの部屋にどんな仏壇をおかなければならないという決まりはなく、ご自宅の都合に合わせた置き方から選ぶことが一般的になりました。

それに合わせて仏壇もインテリアに合うモダンなデザインのものや、手入れのしやすいものも出ています。
ご自宅に合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。

仏壇を置く場所とお仏壇の大きさイメージ
仏壇を大きさで分けると、図のとおりの三種に大別されます。

床や仏間に置く…台付き仏壇

床に直接置く場合は台付きの仏壇を選びます。
一般的には仏間、床の間、畳の上に置き、座って礼拝します。 

タンスや机の上に置く…上置き仏壇

整理ダンスやチェストの上などにおけるタイプです。

机の上などに置く…ミニ仏壇

テーブルや机の上などにおけるタイプです。
小さい仏壇を選ぶ際には、位牌のサイズも仏壇に収まる大きさを選ぶように注意が必要です。

モダン仏壇とは

仏間に合う唐木仏壇だけでなく、最近は現代の住宅事情にあわせて、洋室でも合うようなデザインの仏壇も多く売られています。

これらは、モダン仏壇、洋風仏壇、リビング仏壇と呼ばれています。

マンションなどに置く場合の仏壇の選び方は別の記事で詳しくご紹介しています。

仏壇墓(自宅墓)も存在する

台付き仏壇には仏壇墓という仏壇の下の部分に骨壺が入れられるようになっている自宅墓タイプもあります。

「墓地、埋葬などに関する法律」いわゆる墓埋法の条文では、墓地以外のところに埋葬することは禁止されているので、所有地や自宅に庭などに許可なく埋葬することはできません。

ただし、自宅で遺骨を保管することは違反ではないという見解から、手元供養のひとつの方法として取り入れる方もいます。

仏壇は宗派ごとの方角・置き方が違う?

宗派ごとに置き方、置く向きが違いうという説があります。 詳しくは下記の記事をご覧ください。

お仏壇の飾り方、祀り方

お仏壇を見本として、お仏壇の飾り方と仏具の置き方を解説いたします。
こちらは一例であり、宗派などによっては異なる飾り方をする場合もあります。

仏壇仏具の飾り方解説イメージ
図の数字に対応した仏具の開設を下記に記します。
1.本尊

ご本尊は中央に置きます。
また、宗旨宗派によりご本尊として安置するものは異なり、仏像や宗教的絵画・掛け軸・書などの場合があります。

2.掛軸(かけじく)・脇待(わきじ)

掛け軸の脇侍は向かい合うように配置します。

3.位牌(いはい)

お位牌は、ご本尊の下の段に置きます。

4.仏器膳(ぶつきぜん)

仏飯器、茶湯器をのせる台です。

5.仏飯器(ぶっぱんき)

仏飯は右側に置きます。

6.茶湯器(ちゃとうき)

お茶は左側に置きます。

7.高月(たかつき)

お供物を載せるための台です。

8.花立

1つだけの花立の場合、左側に置きます。

9.線香差

お線香を差しておくものです。

10.マッチ消

火をつけ終わったマッチを入れます。

11.香炉(こうろ)

三本脚の香炉は、手前に一本脚を置きます。

12.蝋燭立(火立)

火立は右側に置くのが基本です。

13.お鈴(おりん)

おりんをたたく棒などを右手に置きます。

14.りん台

おりんを置くための台です。

仏壇を購入したら開眼供養をする

新しく購入した仏壇は、そのままではただの棚にすぎません。
お墓と同じように、本尊・位牌・仏具を揃えて、僧侶に「開眼供養(かいげんくよう)」を行ってもらいます。
「入仏式」や「魂入れ」とも言われます。 これによって魂が宿り、礼拝の対象になります。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

お仏壇のお手入れについて

日常のお手入れは 毛ばたきなどで週1を目安に

理想としては毎日お茶やごはんを仏壇に差し上げるのが望ましいですが、一週間に一度毛ばたきでほこりを払うだけでもお仏壇をきれいに保てます。

お仏壇の素材によるお手入れの違い

お仏壇のお手入れはどの種類のお仏壇でも大体同じです。
ただし、金仏壇については金箔が剥がれやすいため気をつけたお手入れが必要となります。
こするようなお手入れは避け、乾拭きや軽くホコリを取る程度にしましょう。

お仏壇を丁寧に扱うことで日々のご供養になる

お仏壇をきれいにお掃除し、お手入れすること。それ自体が故人さまへのご供養とつながります。
ろうそくやお線香を使う場所など、ススが溜まりやすい場所や、日々の汚れをお手入れできれいに保ちましょう。

日々のご供養について

仏壇を使ったご供養の定義、意味などは宗派によって様々な考え方があり、あくまで一例です。

お仏壇を使った日々のご供養のやりかた

①数珠などを手にかけ、仏壇の前で正座をします。軽く一礼します。
②ろうそくに火をともしてお線香に火をつけます。おりんは2回鳴らし、合掌をします。
③お経を唱え、終わったらおりんを2回鳴らします。お経をあげない場合はおりんを鳴らす必要はありません。
④ろうそくの火をろうそく消し、または手であおいで消します。直接息をかけて吹き消さないように気を付けましょう。

ご供養の基本は花/香/灯明

仏教でのご供養の基本は、「花」「香」「灯明」と言われています。
これはそれぞれ、お花…敬愛、尊敬、お香…心の浄化や香を楽しむ、灯明…明るい希望をあらわすとされているためです。
毎日の礼拝でも、なるべく花をお供えし、お線香を焚き、ろうそくなどの明かりをつけることで、日常の中にご供養の気持ちを取り入れることができます。

まとめ

現代では仏間のある住居も少なくなり、身近な方が亡くなって初めて仏壇を買う機会にあたる方もふえているのではないでしょうか。
仏壇をおくことで、毎朝仏壇に手を合わせる習慣や、お供えなどを頂くお付き合いなど、新たな暮らしの習慣が生まれます。
故人を偲び、先祖代々への感謝の気持ちを思い出す機会として、仏壇という物だけでなく、対峙する時間や想いも大切にされてください。
5/5 (2)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る