通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

弔電・供物・供花やお花代のお返しは必要?お礼状・返礼品のマナー

カテゴリー 葬儀マナー

弔電・供花・電報のお礼(お礼状)の書き方イメージ

葬儀の際、参列者から供花やお供物が贈られれてくることがあります。また、遠方の方や止むを得ない事情など参列できなかった方からは弔電(葬儀の際のお悔やみの電報)や、お花代をいただくこともあります。
供花(お花)、供物(お供え物)、弔電(葬儀の際の電報)は故人へのお気持ちとしてありがたく受け取とものですが、葬儀のマナーとしてこれらに対するお礼が必要になります。何か品物を送るのがいいのか、それともお礼状だけなのか悩む方も多いのではないでしょうか?こちらでは弔電や供花、お供物に対するお礼について解説していきます。

弔電へのお返しにはお礼状を送るのがマナー

弔電をいただいた場合のお礼は、お礼状を送り感謝の気持ちを伝えることがマナーです。また、密葬・家族葬でも弔電を断っていない場合、弔電が送られてくることがありますが、この場合もお礼状を送るようにしてください。

弔電のお礼は葬儀が終わって一週間以内に出すのがマナーです。
あまり遅くなるのは相手に対して失礼ですので、葬儀後もなにかと忙しくバタバタしてしまうとは思いますが、できる限り早めに出すようにしましょう。

弔電を頂いた方へのお礼は、直接会ってする、お礼状を出す、電話をかけるなどという方法があります。
本来は、ハガキや手紙など書面で送ることが正しいと言われていますが、親しい人には葬儀の弔電のお礼をメールや電話で伝えても問題ありません。

手紙を送る場合は、弔事ですので便箋の色は白や薄いグレーが好ましいとされています。
最近では、習慣を気にしない方も多く、故人らしい色やデザインで送ることも増えていますが、目上の方にお礼をする場合や親しい人にも丁寧なお礼をしたいというときは便箋の色やデザインなどにも気を配るようにしましょう。

弔電のお礼状の書き方のポイントは?

弔電のお礼状といってもどのように書けばいいのかわからない人も多いでしょう。失礼なく、また良いマナーとされている弔電のお礼状の書き方のポイントを見ていきましょう。

故人の名前を書く

誰の葬儀であったのかということをきちんと示すために、故人の名前を書くのは必須です。

■故人の名前の書き方

  • 親族の場合

「亡き父」「亡き母」、「亡父○○儀」「亡母○○義」「亡祖父○○儀」「亡祖母○○儀」、「故○○儀

  • 社葬の場合

「弊社○○(社長など役職)故○○儀」

お礼の言葉を書き記す

忙しい中、弔電を送っていただいたことへのお礼の言葉を入れます。それだけではなく、生前の関わりや親交に対する感謝の気持ちや、これからもよろしくお願いしますといった、今後のことなども書いておくといいでしょう。

葬儀の電報のお礼をメールで送る場合は略式であるお詫びの文を添える

基本的に弔電へのお礼はお礼状で送ります。 もし、弔電へのお礼をメールで伝える場合は、略式のお礼であるというお詫びの文も添えておくようにしましょう。

差出人の住所を書き、喪主の名前を書き記す

最後に差出人の住所を書き、その横に喪主の名前を書き記します。喪主の名前の横に「親族一同」と書いておくといいでしょう。

葬儀の電報のお礼は、礼儀正しく、かしこまった文面にすることが基本です。一般的な手紙であれば前置きとして時候(季節)の挨拶などを書きますが、弔電のお礼状では必要ありません。

ここがポイントPOINT
 
 
拝啓、敬具などは入れても入れなくても構いませんが、拝啓という書き出しでしたら必ず敬具は入れてください。
また、句読点などは打たずに改行や間をあけるなどの対応が、葬儀のお礼状としては一般的です。最近は、そこまで気にする人はいないかもしれませんが、弔い事での書き方として正しいのは句読点を打たないものですので、普段の書き方をしないように気を付けておくといいでしょう。

弔電に対するお礼状の例文

弔電のお礼状のポイントを抑えて作成しますが、どのように書けばいいのか不安という方のために一般的な例文を紹介します。

このたびは 亡母 ○○の葬儀に際しまして お心のこもったご弔電ならびにご厚志を賜り 厚く御礼申し上げます
私どもも温かいお心遣いに励まされお陰様にて葬儀を滞りなく相営むことができました
亡父になりかわりまして○○様より賜りました生前のご厚情に心より御礼申し上げますとともに今後とも生前同様変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
早速拝趨のうえ御礼申し上げるべき本来ならお目にかかってお礼申し上げるべきところではございますが 略儀ながら書中をもちまして御礼の御挨拶を申し上げます

この定型文をもとに、自分の気持ちや状況などを自由にアレンジしててお礼状を作成してください。

供物・供花・お花代へのお返しは必要?

弔電の場合にはお礼状のみで構いませんが、供物・供花・お花代の場合にはどうなのでしょうか。
本来、供物・供花・お花代に対して特に決まりはありませんが、一般的に供物・供花・お花代をいただいた際は、お礼状だけでなく品物でお返しをする(返礼品を送る)のがマナーとされています。
供物・供花・お花代のお返しとして品物を贈る場合は、香典返しと一緒に贈るのが一般的です。

ここがポイントPOINT
 
 
お返しをする品物(返礼品)の金額の相場は、千円~三千円程度とされていますが、供物・供花・お花代と一緒に香典も送られてきたということであれば、その分もプラスして品物(返礼品)を選ぶ必要があります。香典の金額と合算して考えるようにしてください。

最近では、有名ブランドから名店、グルメなど豊富なラインアップがあり、幅広い価格帯がある「カタログギフト」を利用する方も増えています。
なお、供物・供花・お花代のお礼の品物を贈るのは49日後の香典返しと一緒となりますが、その前に一言お礼の電話などを入れておくようにするといいでしょう。
お礼状は品物を送る時に添える形で構いませんが、それまで何のお礼もないというのも失礼ですから、電話で簡単なお礼を述べておいた方が無難です。

供物・供花・お花代に対するお礼状の例文

供物・供花・お花代をいただいた場合はお礼状を送るのがマナーです。
基本的な文面は会葬礼状や弔電へのお礼状と変わりませんが、細かい部分が違ってきますので、こちらも例文を紹介します。

供物・供花・お花代をいただいた方へのお礼状の例文1

拝啓 ○○の葬儀の折には、立派なご供花を賜り 誠にありがとうございました
謹んでお受けいたし霊前に飾らせていただきました
○○の最後を飾って下さいましたご芳情に心よりお礼申し上げます

お陰様をもちまして葬儀も滞りなく終えさせて頂きました
早速拝趨の上ご挨拶申し上げるべきところ 略儀な がら書中をもって謹んで御礼申し上げます

供物・供花・お花代をいただいた方へのお礼状の例文2

このたびは父○○の葬儀に際し立派な供花を賜り誠にありがとうございました
謹んでお受けいたし霊前に飾らせていただきました
○○の最期を美しい花で飾ってくださいましたご芳情に深謝し故人も心安らかに旅立って行ったことと存じます
つきましては早速拝眉の上お礼を申し上げる筈ではございますが略儀にて失礼ながらご挨拶申し上げます

敬具例文になりますが、このような文面で送るといいでしょう。

供花配達レビ
お急ぎの方も当日12時までにご注文にいただけ れば即日配達!各地のしきたりに 合わせたお花 を選ぶなら供花配達レビへ

お礼状・品物を贈る前にまず電話で一言お礼を伝える

【女性おじぎ】

供物・供花・お花代をいただいた際は、まず一言、電話でお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。
お礼の電話をするタイミングはお礼状と同様に葬儀が終わって一週間以内(できるだけ早く)がベストです。
葬儀が無事に終わったことを伝えて相手に安心をしてもらうためにも、早めのお礼が肝心です。
また、遺族が悲しみの中でも前向きに元気でやっているということもつたえるようにしてください。
親しい人との電話であれば、お互いに故人を思い出しながら話をすることもできるでしょう。親しいからこそ共有できる思い出話や故人への思いなどを語らっても構いません。

メールでお礼状を送るのはあり?

弔電のお礼はお礼状かハガキで送るのが一般的です。弔電のお礼をメールで送るのは葬儀のマナーとしては一般的ではありません。

仕事など忙しいところ、わざわざ弔電を送ってくれれている相手にメールでお礼を送っても大丈夫なのかというのは、相手との関係性にもよります。たとえメールでお礼を送る場合でも、あとからハガキや手紙でお礼状を送ることが好ましいです。

よほど親しい方であるのなら、メールやLINEなどでお礼をというのもありですが、会社・職場の上司や目上の方などにメールのみで済ますというのは失礼に当たります。弔電のお礼をメールで簡単に済ませることは、マナーのなっていない人だと思われてしまう可能性もありますし、故人への印象も悪くなってしまうことも考えられます。

できることなら、メールではなくお礼状を送るように心がけて下さい。

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

弔電のお礼を会社にする際の注意点

一般的に、お礼状を送る際に注意が必要なのは、「句読点をうたない」「繰り返し言葉を避ける」「正しい敬語を使う」ということですが、会社など弔電が連名で送られているパターンです。

連名で弔電が送られてきた場合、その1人のみにお礼状を送って、他の方には送らないのは失礼にあたります。せっかく弔電を送って頂いたのに、お礼もないのではとても失礼ですので、しっかりと全員の方にお礼状を送ったのか確認してください。

弔電を頂いた方の名前をきちんと紙に記しておいたり、実際の弔電を確認してお礼状の送り漏れがないかを調べるのを怠らないことが大切です。
また、お礼状の書き方は全て縦書きというのが普通ですので、そこも気を付けてください。

弔電を連名でいただいた際のポイント

  • 弔電を頂いた方の名前を連名の方を含めきちんと紙に記す
  • 実際の弔電を確認し、お礼状の送り漏れがないかを調べる
  • お礼状の書き方は全て縦書き

感謝の気持ちを伝えるためには、お礼状は必須

故人への思いや心遣いとして送ってくださった弔電や供花に対する感謝の気持ちをしっかりと伝えためにお礼状を送るのが良いでしょう。
せっかく弔電や供花・供物を送ってもらったのにお礼のひとつもないのでは、失礼に当たります。ですので、きちんと誠意をもってお礼状を送るようにしましょう。
基本的に、お礼の言葉をお礼状でするのがマナーされています。親しい方なら電話でも構いませんが、お礼をする相手との関係性をしっかりと見極めてお礼をするようにしましょう。

5/5 (7)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る