通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

お葬式に参列できなかった!後日の弔問マナーは?服装や香典は?

カテゴリー 葬儀費用

後日 弔問 マナー

葬儀や告別式に参列できなければ、一般的にはお通夜に駆けつけます。

しかしやむを得ず、どれにも参列できなかった場合や、告別式が済んだ後に訃報を知った場合などでは、後日、ご自宅へ弔問してご遺族へお悔やみの言葉を伝え、お線香をあげさせていただくこともできます。

ただしご遺族には弔問客をおもてなしする手間や時間をかけてしまうものなので、必ず事前に電話で連絡して訪問してよいか確認することが大前提です。

この記事では葬儀や告別式後に弔問する場合のマナーや服装や香典、作法についてご紹介します。

臨終直後に訃報を受けて葬儀前に駆け付ける場合は別の記事で詳しく説明しています。

弔問の目的は遺族にお悔やみを述べること

弔問とは故人の家を訪問してご遺族にお悔やみの言葉を伝えることです。
通夜や葬儀・告別式に参列できなかった方が後日、自宅へ弔問する場合と訃報を受けてすぐに駆けつけて(通夜前)弔問する場合とがあります。

弔問は義務ではなく、手を合わせたい、ご遺族にお悔やみの言葉を伝えたいといった気持ちでするものです。

葬儀や告別式に参列できなくても、ご自宅を弔問する以外に葬儀や告別式へ弔電を打ち、お悔やみの手紙を香典とともに郵送する、といった方法もあります。

ご自分の気持ちよりもご遺族への配慮を優先して、弔問するかどうか決めましょう。

葬儀後の弔問のタイミングは四十九日頃まで

後日に弔問する時期は、葬儀や告別式の後片付けなどが少し落ち着く3日ほど空けた以降、四十九日頃までが良いとされます。

これは葬儀、告別式直後はご遺族はまだお忙しいことと、あまりに葬儀から日数が経ってからでは、弔問客を迎える準備がご遺族の負担となるからです。

さらにご遺族が気持ちを整えて生活をおくっているなかで、悲しみを新たにさせないように、といった配慮もあります。

ただし、四十九日を過ぎればダメということではありません。
四十九日を過ぎて訃報を知ったなどの事情があれば、ご遺族に事前に弔問に伺ってよいか確認してみましょう

後日の弔問は必ず遺族に連絡する

四十九日前でも、四十九日を過ぎていても、弔問の場合はご遺族に連絡して弔問してよいかどうか必ず確認しましょう。

自身と故人との関係を知らない場合も考えられますので、電話で詳しく故人との関係をお伝えし、弔問したい希望を伝えます
こちらは弔問をお願いする立場ですから、日程や時間はご遺族に合わせます

もし断られたら諦めましょう。ご遺族の気持ちや事情が最優先です。

弔問の服装マナー

弔問のときには喪服ではなく、「平服」がマナーです。

もちろん派手だったり、カジュアルな服装ではいけません。また通夜前の弔問とは違い、駆けつける感じをださずにビジネススーツやジャケットにスラックス、女性はワンピースやアンサンブルスーツなど、喪服に見えない地味な色のあらたまった訪問着とします。

喪服で弔問しない理由は、ご遺族に少しでも悲しみを新たにさせないように、といった配慮によるものです。

またアクセサリーはつけずに訪問しましょう。男女とも結婚指輪は許容されます。
靴やバッグに関しても、光沢のあるものは避けて、ごくシンプルなものにしましょう。
数珠も用意しますが、故人やご遺族が仏教以外の宗教徒であれば用いない配慮があってもよいでしょう。

後日の弔問、持ち物は香典やお供え物

香典を持参する

通夜または葬儀・告別式に参列できなかった場合には香典を持参します
仏式の場合、香典の表書きは忌明けの四十九日までは「御霊前」、四十九日以降は「御仏前(御佛前)」とすることが一般的です。

香典については別に詳しい記事がありますので、参考にしてください。

手土産やお供え物(供物)

手土産は不要とされますが、お供え物に花やお菓子、果物といったものをお持ちしても良いでしょう。
故人が生前好きだったものが分かっている場合は、そのお品をお供えすることもおすすめです。

花は白一色、もしくは白を基調として落ち着いた色をさし色にしたアレンジメントをおくりましょう。
四十九日以降で日数が経っている場合は、供花といった印象を薄くして、優しい色合いの花を使ったアレンジメントにしてもご遺族の慰めになります。

一般的にバラなどトゲのあるお花はお悔やみのお花には向きませんが、故人が好きだったなど理由があればその旨をご遺族にお伝えしてお供えしましょう。

弔問の流れ(作法)

葬儀などに参列せず、後日、ご自宅へ弔問する場合の流れは基本的に家に上がり、線香をあげて手を合わせますが何事もご遺族から促されてから行うようにし、ご遺族からの申し出があれば断わりませんが、こちらからあれこれと申し出ることは差し控えます

  1. ご自宅へ訪問、「この度はご愁傷様でした。」等の挨拶をして家にあがります
    ご遺族に促されてから家にあがり、自ら上がろうとはしません。
    ※もしご遺族があがってほしくないようであれば、玄関先でお悔やみの言葉を述べ、香典や供物をお渡しして失礼します。

  2. お線香をあげて合掌した後、ご遺族へお悔やみの言葉を述べます
    香典や供物は線香をあげた後にお渡します。

  3. 故人との思い出を少し(2~3分)話す程度で、長居をせずにすぐにおいとまします
    ※通夜前の弔問の場合は、思い出話もせずにすぐおいとまして、流れが異なりますので注意してください。

お線香のあげ方を確認

後日の弔問であれば、事前に連絡もしていますし、家にあがり線香をあげさせて頂けることがほとんどでしょう。

やってはいけないことは
直接線香に火をつけない
口で線香の火を吹き消さない
お鈴(おりん)を鳴らさない」ことです。

また線香の本数などは、故人の信仰していた宗派に合わせると丁寧ですが、分からない場合は、ご自身が普段行っている作法でかまいません。

ご遺族に伺ってもよいでしょう。

お線香のあげ方

  1. 仏壇の前に座り、一礼します。その後、遺族に一礼、次に遺影に一礼します
  2. 線香を手に取り、ロウソクから火をつけます
    ろうそくが灯っていなければ、自分でマッチからろうそくに火をつけます。
    ※直接線香に火はつけません。また線香の本数は宗派によって異なり、基本的な作法が守られていれば本数は気にしなくてかまいません。
    気になるようであればご遺族にきいても良いでしょう。

  3. 線香に火をつけ、手であおいで火を消します
    口で吹き消すことはタブーです。うっかりやってしまわないよう気をつけましょう。

  4. 香を香炉に立てる、または寝かせて合掌します
    ※お鈴(おりん)は厳密には、読経の際に使うもののため、合掌やご焼香などでは鳴らさないのが正式なマナーです。
    線香を立てるか寝かすかは宗派によって異なります。 気になるようであればご遺族にきいてみましょう。

  5. 遺影に一礼し、遺族に一礼します

ご焼香か、線香をあげるか

仏教において、お焼香とは香を焚いて、故人や仏様に対して拝むことを意味し、「抹香焼香」と「線香焼香」の2つがあります。

お通夜や葬儀では、抹香が用いられる「抹香焼香」、後日の弔問など仏壇に手をあわせるときは線香をあげる「線香焼香」が一般的です。
どちらも焼香ですが、「抹香焼香」を焼香とし、線香を上げることと区別した言い方が広く浸透しています。

お悔やみの言葉は短く

お悔やみの言葉はよく使われるものを基本にして、故人との関係性、ご遺族との関係性を踏まえた言葉で素直に気持ちを表しましょう

また後日の弔問の場合は、この後に少しご遺族へ思い出話をしても構わないとされます。
ご遺族の様子をみて判断しましょう。

注意すべきは、病死の際に死因を詳しくきくことや事故死や急死の場合に詳しく状況をきくことがタブーとされる点です。
あくまでもご遺族と交わす話は、生前の故人の思い出話などにとどめるように注意します。

お悔やみの言葉例

この度は誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。
〇〇〇さんには生前お世話になり、感謝しております。恩返しもできずに本当に悔やまれます。心よりご冥福を申し上げます。
(療養中であった場合)
きっとご快復されるものと思っておりました。誠に残念です。ご家族の皆様もさぞお力落としのこととお察し致します。看病の疲れもあることでしょうから、どうぞご自愛ください。

生死に対する直接的な表現は避ける

遺族に対する心遣いとして生死に対する直接的な表現は避けるのがマナーです。

死ぬ、死亡→「お亡くなりになる」「ご逝去」
ご生存中→「ご生前」
生きているとき→「お元気な時」と言い換えます。

故人が高齢の方でも「大往生」や「天寿を全うする」といった表現はご遺族側が用いるもので、弔問客は使いません。

忌み言葉を避ける

忌み言葉とは不吉な言葉、不幸が続くことを連想させる言葉や重ね言葉を指しています。

日本では言霊(ことだま)といって、口に出したことが実現するという考え方があるために、慶事や弔事の場面では使ってはいけないとされています。
特にうっかり使ってしまいがちな重ね言葉に注意しましょう。

不幸が続くことを連想させる言葉

再び 繰り返し 続いて 追って 再三

重ね言葉

重ね重ね 度々(たびたび)くれぐれも ますます いよいよ 重ね重ね 返す返す しばしば

まとめ

葬儀や告別式後の弔問、大前提はご遺族の都合に合わせること、です。

お悔やみの言葉を伝え、お線香をあげて手を合わせてからほんの少し思い出話などをしたらすぐに失礼します。

普段言いなれないお悔やみの言葉を伝えますが、一般的に用いられる言葉に、ご遺族の親が亡くなったのか、配偶者が亡くなったのかなどにあわせてご遺族を気遣う言葉を添えれば問題ありません。

マナーを守りつつ、ご自身の気持ちを素直にお伝えしてご遺族を慰めてさしあげましょう。

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る