葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

キリスト教式葬儀とは?カトリック、プロテスタントの違い

カテゴリー 宗教

一口に、キリスト教の葬儀と言ってもカトリックとプロテスタントでは、異なる考え方があります。所属する教会により若干作法も異なっているので、気がかりや心配な点があれば、葬儀社の担当者や祭詞、あるいは司教と呼ばれる神父さん牧師さんに直接相談しながら進めることが最善の方法です。ここでは一般的なキリスト教の葬儀の流れをご紹介します。

キリスト教葬儀とは

一般に葬儀葬式といわれますが、キリスト教の葬儀では正式には「葬儀式」と言います。元来通夜の習慣はありませんが、日本の風習を取り入れた、「前夜祭」または「通夜の祈り」という式をおこなうこともありますが、仏式のような食事やお酒を振る舞う習慣はありません。

式の執行は神父または牧師がとりおこない、教会や自宅、葬儀場で行われます。
焼香の代わりには一輪の献花をさせていただく作法が一般的です。

プロテスタントでは聖職者を「牧師」と言い、礼拝で歌われる歌は「讃美歌」
カトリックでは聖職者を「神父」と言い、礼拝で歌われる歌を「聖歌」
※カソリックとも呼ばれるが、正式名称ではありません。

プロテスタント

プロテスタントの葬儀は、個人中心ではなく神にささげる祈りが中心となります。神に感謝し、遺族を慰めることに重きをおいて式が進みます。聖書の朗読、讃美歌、牧師の説教を行い、通夜のお酒や食事の振る舞いはありません。
プロテスタントの葬儀は、故人の信仰を大切に考え、儀式は形式にこだわらないのが一般的です。

カトリック

カトリックの葬儀は聖書の朗読や神父による説教を行います。
その際、聖歌に送られて、献花なども行われます。祭壇には、パンや葡萄酒などを供物として奉納するのが一般的です。

カトリックの葬儀は聖書の朗読や神父様による説教、個人の罪を神に詫びて許しを請い、永遠の命を得られるように祈ります。聖歌に送られて、献花なども行われます。祭壇には、パンや葡萄酒などを供物として奉納します。

英語表現では、カソリックとも呼ばれていますが、一般的にはラテン語・フランス語由来のカトリックが正式に採用されています。

キリスト教葬儀の流れ

キリスト教の葬儀は、プロテスタントおよびカトリックともに概略の流れとして、聖書の朗読と祈りを中心に行われます。
順序としては『病者の塗油、納棺、通夜・前夜式(準備・進行)、葬儀・告別式、出棺、火葬、納骨・埋葬、追悼儀式』となります。

臨終の作法を順を追って紹介します。

  1. 枕飾り    :白布をかけて仔机にタオル、油壺、綿、コップの水、パン、ろうそく、十字架などを置く。
  2. 終油の秘跡 :秘跡とは主と交わるための手段の儀式のことで、七種の秘跡が定められています。
  3. 聖体拝領  :司祭が教会から持参したパンとブドウ酒を口に入れてあげます。復活を保障されるといわれます。
  4. 聖水撒布  :司祭の唱導で、喪主、遺族、親族、関係者が聖書を朗読し、聖歌を歌い、故人の安息を願い遺体に聖水を振りかけます。
  5. 納棺式   :カトリックでは納棺式として特に定めはありませんが、最近はプロテスタントの納棺式に準じておこなわれるようになりました。
  6. 前夜式    :カトリックでは前夜祭のしきたりはありませんが、最近はプロテスタントの前夜祭に準じておこなわれるようになりました。
  7. 出棺式   :特に決まった儀式はありませんが、司祭による祈祷、一同の祈祷、聖歌斉唱の後、遺族たちは最後の別れをします。
  8. 教会葬   :キリストに感謝し、故人の罪の許しを乞い、天国での安息を祈願する。
  9. 入堂式   :司祭、遺族、参列者が入堂し、棺を迎えて祭壇に安置する儀式です。
  10. ミサ聖祭式:カトリックでは最も重要な儀式です。故人がカトリック信者の場合のみ行われます。
  11. 赦祈式   :故人の生前の信仰と全行寄って罪の許しを主に乞い、天に召されて永遠の安息を願う儀式です。
  12. 火葬式   :出棺、火葬の手順はプロテスタントと同様で、散水がおこなわれます。
  13. 埋葬式   :司祭は墓所の入り口で祭服を身につけ参加者とともに、聖歌斉唱し、司祭が祈祷する場合もあります。
  14. 七種の秘跡:洗礼、堅信、聖体、告解、終油、叙階、婚姻です。
  15. 聖水:司祭によって清められた水です。

危篤・臨終

プロテスタントは、信者の容態が危篤状態になった場合、通常利用している教会に連絡し、牧師に来てもらいます。
本人の意識があるうちに「聖餐式」を行っていただきます。牧師がパンと葡萄酒を信者の口に与えて、聖書の一説を読みながら、天に安息らかに召されるように家族とともに最後の祈りをします。

信者が臨終を迎えたら、遺族は「末期の水」をとり、その後、遺体を清め「死に化粧」をおこない、生前に愛用していた服などに着替えさせて旅立ちの準備をします。
カトリックでは、医師によって信者が危篤と判断されますと、親族は信者が所属する教会の神父さんを呼びます。
神父は信者の意識があるうちに〈病者の塗油の秘跡」をいたします。この儀式は病人を救う儀式のことで、白布小机に、タオル・綿・聖水・ろうそく・聖油壺・十字架を準備します。神父は信者の犯した罪を赦しを神に請いを祈り、
聖書を朗読てし、信者の額と両掌に聖油をぬります。聖油には神が恵みを与えることにより、病苦と闘う力を与えるといわれています。

納棺式

プロテスタントでは、納棺式には牧師が、御逝去された当日に立会い、祈りをささげ、納棺式を行います。
納棺された遺体には白布をかけ、遺体の周りに白い花を入れて花一杯にして、前夜式の会場に安置します。
黒または白い布で覆った机を置き、祭壇を作り、その上に十字架、ろうそく、遺影を置きます。遺影の周りには白い花で飾ります。
祭壇の前には献花を用意します。喪主を決め、世話役や、弔辞お願いできるに方も依頼しておきましょう。

カトリックでは、臨終後に遺体を清め、着替えを済ませしに化粧をします。納棺は通夜前に行うのが一般的で、神父に立ち会っていただきます。故人の手を胸の上で組み合わせ、愛用していた、十字架やロザリオを持たせることもあります。
神父の納棺の言葉の後、聖書朗読、聖歌斉唱、祈りの時間を持ちます。その後、遺族で納棺し白い花で遺体の周りを埋め尽くし、お棺は黒布をかけ、祭壇に安置します。

世話役は葬儀の進行の中心になります。
故人をよく知っていて、尚且つ葬儀の手順も理解できている、身内や友人の信徒の方にお願いするのが一番よい方法です。
また参列者に信徒以外の方が多い場合は、式次第を押し付けないように配慮できる方が必要です。

通夜の集い/前夜祭

仏式の通夜にあたります。一般には納棺式に引き続き行われます前夜祭には牧師をお招きして讃美歌の斉唱と聖書朗読が行われ、牧師と参拝者も一緒になって祈ります。牧師が死についての説教と、故人を偲んで故人についての逸話や思い出を話すこともあり、茶話会なども行われる場合もあります。

出棺式

出棺は牧師の指示に従い、賛美歌の斉唱と聖書の朗読、出棺の祈りをささげ、棺の中に献花を行い、棺のふたを閉めます。棺は遺族が霊柩車まで運びます。

葬儀、告別式

プロテスタントでは、祈りは神のためにささげられるもので、故人への冥福を祈るのではなく、あくまで神への感謝と遺族を慰めるためにおこなわれるのが一般的な葬儀と告別式です。

カトリックでは、故人を神に委ね、キリストの再臨と死者の復活を祈ります。自宅から教会にお棺を運ぶ時、神父に立ち会っていただき「出棺の祈り」をささげ「出棺式」をおこないます。

火葬、埋葬

キリスト教の葬儀はプロテスタントもカトリックも基本的に「土葬」を前提にしています。日本では明治政府が火葬を推進して以来、プロテスタント信者もカトリック信者も日本での葬儀に関しては、火葬がおこなわれるのが一般的になっています。

火葬場では「火葬前式」を行います。牧師が聖書を朗読し、家族とともに祈りをささげ、讃美歌を斉唱して、個人に別れを告げた後、火葬をおこないます。火葬後には仏式と同じように骨揚げをおこないます。喪主が骨壷を自宅に持ち帰ります。
ヨーロッパの教会は基本的に墓場ですから、教会の下は、亡くなられた信者の遺骨で一杯になっていると思います。

ミサ

カトリック教会では、毎週日曜日に「ミサ」が行われ、プロテスタントでは聖餐祭と呼ばれます。
ミサへの参加者はイエスの生涯の出来事を思い起こし、教徒の代わりに自ら「生きにえ」になられたことに感謝し、今生きている自分に恵みを願い、パンと葡萄酒をいただきます。

ミサは以下のように進行されます。

  1. 開祭の儀
  2. 言葉の典礼
  3. 感謝の典礼
  4. 交わりの儀
  5. 閉祭の儀

キリスト教の葬儀と仏教の葬儀の違い

葬儀における、仏教とキリスト教の大きな違いは、死に対する考え方と受け取り方です。
まず仏教(ここでは、日本で主流である大乗仏教)では「死」を不浄なもの縁起が悪いものとしてみます。しかしキリスト教では「死」に対して祝福されます。

死に対する受け取り方が違うと、遺族に対してかける言葉もおのずから違ってきますので注意しましょう。

準備

仏式では、不祝儀の呼び方も種々あり、49日法要前は「ご香典」「御霊前」、49日以降に持参の場合は、故人が仏様になられるということから「御仏前」と呼びます。
不祝儀の袋に入れる香典料には新札は使用しません。

キリスト教の不祝儀袋は「ユリの花や十字架」がデザインされたものを使用します。
一般に「御花料」はプロテスタントにもカトリックにも使用されます。

カトリックと限定する場合は「御ミサ料」とし、プロテスタントに限定する場合は「御霊前」と限定して使用します。
余談ですが、神式葬儀では、「玉串料」といいます。

遺言は文書にして「遺言書」として故人の遺志をきちんと表明し、相続人全員が極力遺言に納得できるように書いておくことが必要と言えます。
遺言書と遺書は、法的にまったく違います。

儀式中

仏式では臨終の儀式はありませんが、キリスト教では、臨終の時点から神父や牧師による「看取り」の儀式が始まります。前述していますが、危篤の時点で、病院に来ていただきます。ここは、大きな違いです。

儀式後

プロテスタントにおける葬儀後の儀式は、1週間目か10日目、または1ヶ月目の昇天記念日に
自宅または教会にて記念集会をおこないます。牧師、親族、知人を招き祈りをささげます。
礼拝が終われば、追悼のために茶話会を開きます。

その後、1年目、3年目、5年目、7年目の昇天記念日に教会に於いて追悼のための記念集会が行われます。
カトリックにおいては葬儀後に追悼ミサを、故人の死後、3日目、7日目、30日目に教会で、
親族、知人、友人を招いて行います。

カトリックでは、毎年11月2日を「死者の日」と定められており、教会で死者のための特別ミサが行われます。
この日には、墓地にお参りして、清掃をおこない、墓前に献花します。

キリスト教でのマナー

服装は仏式と変わりなく、白いシャツに黒色スーツが一般的です。参列しますと、賛美歌を歌ったり、聖書を読むこともありますが、信者でなければ聴いているだけでもかまいません。死は不幸な出来事ではありませんので「お悔やみ」は述べません。おかけする言葉としては「安らかな眠りをお祈りいたします」または「お知らせいただきありがとうございます」などの挨拶をさせていただきます。

喪主側のマナー

告別式には神父や牧師は参列しませんので教会側から、遺族側に任されます。選ばれている世話役が進行係をにない、個人の略歴が紹介され、弔辞、弔電が紹介されます。喪主、親族、親近者の献花が終わりましたら、遺族代表の挨拶をいたします。

挨拶

喪主、遺族、親近者の献花が終わりましたら、遺族代表の挨拶をします。参列者が献花が済み次第退場できるように配慮します。

香典返し

キリスト教では本来香典返しの習慣はありませんが、慣例として仏式や新式の習慣が影響したのか、日本では最近贈り物を送るケースが見られます。
プロテスタントでは、死去1カ月後におこなわれる「昇天記念日」ののちに、ご挨拶の贈り物をされることが多いようです。

カトリックでは、死去30日目におこなわれる「追悼ミサ」ののちに、ご挨拶の贈り物をされることが多いようです。

参列者側のマナー

仏教の葬式参列には、故人ごとに数珠を持参し、お祈りしますが、キリスト教の葬儀では持参しません。
キリスト教の葬儀は、仏式と異なる部分も多くあり、初めて参列する場合は、事前に異なる点を
把握しておく必要があります。

プロテスタントの場合は、故人は神のもとで安らかにとの思想から、葬儀と告別式はおこないません。
カトリックの場合はキリストの再臨と死者の復活を願います。
参列者は式典の順序の違いと内容の違いに注意しましょう。

聖歌・賛美歌への参加など葬儀中のマナー

信者でない場合は、聖書の朗読や讃美歌には参加しなくてもかまいませんが、入場時に歌詞カードなどを受け取っている場合は歌詞の意味が不明かもしれませんが積極的に参加するのもよいと思います。

言葉マナー

キリスト教の葬儀に参列する場合、故人が信仰されていた宗派は「プロテスタントなのかカトリックなのか」は調べておきましょう。
宗派により、葬儀の呼び方、葬儀をおこなう聖職者の呼び方も異なります。
死者への御供養の言葉も慎みましょう。

  • プロテスタントの用語「礼拝、牧師、聖歌」
  • カトリックの用語   「典礼、神父、讃美歌」

献花、供花マナー

係の方に一礼してから両手で御花を受け取り、花の部分が右になるようにして、180°時計回りに回転させ、茎を祭壇に向けてから献花台に置きます。頭を下げて目礼し、自席に戻ります。

香典マナー

香典とは故人に対する供養の気持ちを表すために、本来は線香や花を供物として供えますが、現代では香典と称した場合は、現金を指します。
プロテスタントでは「御花料」、カトリックでは「御ミサ料」とユリの花のついたあるいは十字架の文様がついた不祝儀の袋を用意します。
不祝儀袋の表書きに際しての記名には、墨汁を使用しますが、悲しみの涙で文字が滲んだとの気持ちを込めて、薄墨を用います。

キリスト教での服装マナー

日本におけるキリスト教の葬儀でも、一般的に通常の礼服で黒を基調とした喪服で参列します。

女性の場合は、プリーツのついてない黒のスカートとの組み合わせなども大丈夫です。
靴やバッグ、ストッキングなどは黒のものを使用しましょう。派手な装飾品を身につけるのも遠慮しましょう。
パールのネックレスなどアクセサリーなども控えましょう。

男性の場合は、黒のスーツを基調としますが、白いワイシャツと黒のネクタイでも問題ありません。
ゴールド系のアクセサリーや宝石入りの腕時計も遠慮しましょう。
故人の意向によっては、明るい服装にする場合もあります。

服装

男性は喪服か黒を基調にしたスーツを着用します。
女性は喪服か黒のワンピース、スーツ、アンサンブルを着用します。

アクセサリーなど小物、持ち物

真珠のネックレスの使用は控えましょう。

子供の服装

特に服装の気遣いは不要と思いますが、できることなら白いシャツに黒眼の服がよいです。

キリスト教の相場

キリスト教の一般的な葬祭費用としては、プロテスタントおよびカトリックともに以下のように言われています。

  • 家族葬:30万円~80万円
  • 一般葬:35万円~100万円
  • 一日葬:20万~50万円

費用については、事前に調査し、シュミレーションしておくことも大切な事項として準備しましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る