葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

葬儀に着ていくコートの色や素材で注意すべきこと

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

冬に通夜や葬儀に出席することになった場合、コートが必要になります。いつも着ているコートで葬儀に出席するのはマナーとして正しいのでしょうか。

また、防寒着はどのような点に気をつけて選んだら良いのでしょうか。本記事では皆さんの素朴な疑問に答える形で、葬儀に着ていく際のコートの色や素材で、注意すべきこと・気をつけた方が良いことについて紹介します。

葬儀用のコートはあるの?

葬儀用のコートはありませんので、喪服の上にはおって葬儀に出席するのにふさわしいコート・防寒着について知っておく必要があります。女性の場合、喪服に合わせるコートに決まったマナーが無いことが選ぶのをさらに難しくしています。

ただ「礼装用コート」(フォーマルな場に着ていくためのコート)はありますから、黒一色の良いコートがあれば葬儀でも着用できます。昼夜どちらの儀式でも、慶弔事どちらでも着て行けます。ダブルよりシングルが良く、上の襟にベルベットを使用するのが礼装用コートの条件です。しかしコートの下に着ている喪服が略礼装ですと、コートだけが浮いて見えるので注意が必要です。礼装用コートは本来は喪主の正装とされるモーニングコートに合わせる服です。

コートであってもスリーシーズン着られるコートのほうが使い勝手が良いです。春先や秋冬はまだ屋外は寒い日も多いですし、何着も買う予算も省けます。「ライナー付き」タイプですと、暖かい季節にはライナーを取り外して着用できますから便利です。

和装で葬儀に出席する予定であれば、「道行コート」を着ます。色は「黒」が最適ですが、暗めの地味な色合いであればグレーや濃紺でも可とされています。

葬儀に着て行ってもよい色のコートは黒以外にありますか?

葬儀に日のコートの色ですが、「黒」が無難です。白いコートはどんなことがあっても葬儀には着ていかないこと。しかし葬儀には黒だけではなく、「グレー」「濃紺」「カーキ」「ベージュ」「キャメル」「こげ茶」といった色のコートを着ている人もよく見受けられます。
一言で「ベージュ」のコートは良いのか悪いのかと言っても、色の明暗や素材によってそのコートの印象は随分違ってきますので、一概にNGと判断するのも難しいところです。

「突然葬儀に出席することになりコートを買おうと思うが、普段使いのコートとしても着たいので、ベージュかカーキにしたい」
という人の気持ちも解らなくは無いですが、あくまでマナーを重視するのなら葬儀の日に目立ちそうなベージュやカーキはあまりおすすめできません。
もし判断に迷うようでしたら、冠婚葬祭用に黒のコートを一着持っておいた方が良いでしょう。

なぜ葬儀の日は黒を着るの?

なぜ葬儀の日は黒を着るのか。それは黒が“悲しみ”を表す色であるからです。黒ければ黒いほど、濃ければ濃いほど、より深い悲しみを表現するのが黒です。
葬式に着ていくコートを選ぶのであれば、ぜひ通販ではなく喪服の売り場へ実際に行ってみるのがおすすめです。商品によって同じ黒でも黒さの度合いが全く違っているのが分かるでしょう。

コートの素材について

葬儀の場では着用するコート、喪服やバッグ、靴の「素材」には気を付ける必要があります。
毛皮・革製品・ファー(毛皮)など、動物の”殺生”を想像させる素材は身に着けてはいけないのです。おすすめの素材としてはウールやカシミアです。カシミアなら暖かいので冬場の寒い日でも重宝します。ウールであってもカジュアルに見えるコートは葬儀の日には避けましょう。

葬儀以外の場所にも着たいのであれば、ファーは取り外しができるタイプのコートにして、葬儀の日にはファーは外すようにしましょう。フェイクファーでも、同じ葬式に参列した人の目にはフェイクに見えないかもしれないので着て行かないようにします。
装飾的なレース、ボア素材、光って見えるようなビニール素材や、スポーティな印象もあるダウンジャケットも葬儀に着ていくのには不可です。ポリエステルは光沢が目立たなければ着用可です。

喪服に合うコートでないとまずいので、喪服を買ったお店があるなら店員に訊いてみるとよいでしょう。素材といえば、コートについている「ボタン」が目立たない黒であることも確認しましょう。コートは黒であっても、白や金色のボタンの素材が目立つのは不可です。靴・バッグも付いている金具が目立たないことが条件です。

トレンチコートやダウンでも大丈夫なの?

「葬儀の日は寒そうですが、黒のコートが無いので、ジャンバーやダウンジャケットではいけませんか?」という疑問を持つ人がいますが、マナーから言えば、葬儀にジャンバー・ダウンジャケットは不可です。フォーマルな喪服の上に羽織るのにふさわしいコートを着るべきで、カジュアル・スポーティーな印象を与えるフード付きのダウンジャケット等はたとえ黒一色だったとしても着られません。

ダウンでなくても、フードの付いた服は“フォーマル”な場で着るにはふさわしくないのです。フードが取り外しができる服であっても、そういうコートはシルエットがカジュアルな日常着風のことが多いので、葬儀の日には不可です。ダッフルコートもフードが付いていますので葬儀にはふさわしくありません。学生なら許されるかもしれませんが、大人ならフォーマルな黒のコートを着ていないと恥ずかしい思いをします。

「トレンチコート」やはどうでしょうか。マナーから言えば避けた方が無難です。通勤着としては申し分なくても葬儀などフォーマルな儀式にトレンチコートは不適切とされています。しかし今では葬儀の日にトレンチコートを着ている人も多いです。ですから“どうしても”というのなら、黒一色で、生地に光沢が無い目立たないタイプなら着用可でしょう。

ダウンジャケットの場合は黒であったとしても素材に光沢がある場合も多いので葬儀の日にはなるべく光沢が無い素材を選びましょう。身丈の長いダウンコートであっても、やはりカジュアルなので葬式に参列する日は着ないこと。身内の法事なら大目に見てもらえるかもしれませんが、仕事関係の葬式に出席するのであれば黒いコートでなければダメです。フォーマルな儀式の日に着るコートは1着は持っておきたいものです。

メンズ(男性用)コートで気をつけること

冬場の葬儀は寒いので防寒着が必要ですが、男性のコート選びにも注意が必要です。ウールやカシミアの黒のコート着用…が基本です。着ているワイシャツが白ですからその部分だけがハイライトとして浮き上がるようなコーディネイトを心がけましょう。
また、フォーマルな儀式に参列するのですから、フード付きのダウンジャケットやジャンバー、トレンチコートなどはマナーの観点からふさわしくありません。そのようなコートは避けるようにしましょう。さらに言いますと、裏地がこすれた時にシャカシャカ音がするコートは避けましょう。

レディース(女性用)コートで気をつけること

女性が喪服の上に羽織るコートは、身丈が長い方がコーディネートが楽になる事が多いです。
コートから中途半端に喪服のスカートが見えたりするのはバランスが悪いと言われています。
喪服にはマキシ丈のロングスカートから膝丈くらいの短いものまでバリエーションがありますので、着用する喪服にあった観点で丈を選ぶようにしましょう。
ポイントとしては「歩いても膝が見えない」ところで選ぶと良いでしょう。

もし、葬儀向けにコートを新調されるのでしたら、丈が長い方を勧められることが多いでしょう。
ただし、ぱっと見て「新品」に見えるコートは、死を予期して買ったように思われるので、新品に見えない配慮もあったほうが良いと一般的には言われております。

葬儀のコートですがこれで良いのか自信がありません…

このような心配を抱かれる方もいらっしゃると思います。

「忙しい時期に突然予期せぬ葬儀に参列することになり、専門家のおすすめする喪服やコートを新調することができなかった…」

忙しい現代人であれば、そのような方も少なくないと思います。
こんな方は、葬儀場の受付でコートだけ預かってもらうという事も可能ですので、自分のワードロープの中で一番暗い色の目立たないコートを選びましょう。

また、知人からコートを借りることが可能な方でしたら、知人からコートを借りるという方法も良いでしょう。

まとめ

葬儀はフォーマルな儀式ですので、特に女性は服装について細かいマナーがあります。全部覚えるのは大変かと思いますが、お洒落な装いや華美な印象を与えるのはマナー違反であると知っておきましょう。ブラックフォーマルの専門店なら専門家のスタッフがいますから、喪服にあったコートを選んでくれるでしょう。

男性は日ごろから黒に近いビジネスコートを着ている人であれば、普段使いのコートで参列しても問題ありません。むしろ、新調しているコートより使い慣れているコートの方が葬儀の場にはふさわしいと言えます。

コートにおける注意すべき事に注意して、変に思われないように気をつけましょう!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る