葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

礼装、喪服のマナーとは? 男性のための通夜・葬儀の服装

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

通夜、葬儀・告別式の場合に着用する服装は、故人を送る厳かな雰囲気にふさわしい物が必要となります。参列の際の喪服や携行品も遺族や親族の失礼にあたらないことが大切になってきます。ただ、最近は服装等のマナーについて徐々に緩和されているのが実情です。本記事では男性の通夜・葬儀に参列する際の服装について、解り易く解説していきます。

男性の礼装

礼服は、冠婚葬祭その他儀式の時に着る服で、礼服を着た状態を礼装(正装)と言います。
礼服のうちで通夜、葬儀・告別式等に出席するために着るものを、「喪服」と言います。色は黒および薄墨色が一般的です。

喪服は三つの格式に分かれます。格式の高い方から正喪服、準喪服、略喪服があります。
喪服は遺族・親族、一般の参列者よってどの喪服を着るのかが異なります。また、通夜、葬儀・告別式でも、それぞれの場面に応じた喪服を着ることがマナーとされています。

正式礼装(洋装)

葬儀等での正式な礼装は、「正喪服」がこれにあたります。洋装の喪服の場合、正喪服は「モーニングコート(※)」とされています。
正喪服は、葬儀・告別式から一周忌までの期間に遺族や親族が着用します。
現在の傾向では、遺族や親族は通夜、葬儀・告別式を通して準喪服を着用しており、この場合でもマナー違反とはなりません。

※「モーニングコート」・・・上着・ベストは黒、ズボンは黒及びグレーの細いストライプ模様の正喪服のことです。こちらは通夜では着用せずに、葬儀・告別式のみで着用します。

準礼装(洋装)

葬儀等での正式な礼装に準ずる喪服として「準喪服」があります。洋装の喪服の場合、準喪服は「ブラックスーツ(※)」とされています。
通夜、葬儀・告別式、一周忌までの法要で、遺族や親族、その他の参列者も着用する一般的な喪服を言います。

※「ブラックスーツ」・・・黒無地のシングルスーツかダブルスーツです。なお、葬儀・告別式の参列の際に、黒いビジネススーツの着用はマナー違反となります。

ブラックスーツの基本スタイル

ブラックスーツは通夜、葬儀・告別式いずれもOK

通夜に出席する場合、「お通夜に準喪服であるブラックスーツを着ていくのはマナー違反では?」と疑問に思われるかもしれません。

通夜への出席は、「突然の訃報により駆けつけました。」という意味で、本来ならば略喪服(平服)を着用しました。

しかし、現在では通信技術が進歩し、訃報が迅速に伝わることが可能となりました。また、ご遺体の保存技術も進み、通夜も日を開けて行う事が多くなりました。つまり、通夜が必ずしも急いで行わなければならない儀式とは言えなくなりました。

その他、一般の参列者が通夜にのみ出席する傾向が近年では強くなっています。一般の参列者にとっては故人の通夜が最後の別れの場になっています。
そのため、通夜であっても準喪服(ブラックスーツ)の着用はマナー違反でありません。
通夜に参列後、、葬儀・告別式に同じ準喪服(ブラックスーツ)で参列しても問題ありません。

ブラックスーツの種類

ブラックスーツには、フロントのボタンが1列に並ぶ「シングル」、フロントのボタンが2列に並ぶ「ダブル」があります。
この2種類の中で、喪服は本来ダブルが正式とされていました。最近では、シングルを喪服として着用する参列者も多く、こちらの着用もマナー違反ではありません。

Yシャツ・ネクタイのマナーにも注意を

Yシャツは白

喪服のシャツは必ず白で無地の物を選びます。通夜に急きょ駆け付けると言う場合には、白無地のシャツで無くとも構いません。
しかし、葬儀・告別式については準備する十分な時間があるため、白無地のシャツを着用していないとマナー違反です。
なお、通夜であっても訃報を聞いて半日程度時間がある場合には、白無地のシャツに着替えて参列することが望ましいです。

ネクタイは黒

男性の喪服にはネクタイの着用が必須です。素材は黒無地で光沢の無い物を選びましょう。ネクタイピンは外します。
ネクタイの結び方は普段通りで構いませんが、「ディンプル(※)」をつくるのはマナー違反です。

※「ディンプル」・・・ネクタイを結んだ時にできるくぼみのことです。

略礼装(洋装)

略式の服装としては、「略喪服」があります。
こちらは通夜前の弔問(仮通夜)、三回忌以降の法事で着用します。

日程に余裕のある通夜、葬儀・告別式では喪服を着用する必要はありますが、故人の悲報を聞いて駆けつける場合で、喪服を着用していくと、「あらかじめ死の準備をしていた」ことになり、故人や遺族の方々に失礼にあたるとされ、略喪服を着用することがマナーとなります。
略喪服は、地味目の「平服(※)」を着用します。

※「平服」・・・喪服では無い通常の服装の事です。ただし、カジュアルにならない控え目な服装を心がけるべきであり、男性の場合は、黒や濃紺、グレーのようなダークカラーのスーツを着用しましょう。

正式礼装(和装)

葬儀等での正式な礼装は「正喪服」がこれにあたります。和装の喪服の場合、「紋付羽織袴」という紋付の長着に袴を履き、紋付の羽織を着用します。
紋付と羽織は「黒の羽二重(はぶたえ)(※1)」と、家紋は「五つ紋(※2)」を着用します。袴は「仙台平や博多平(※3)」を使用、草履は畳表付の物を履きます。
色は、洋装の場合と同じく、黒または白を使用します。

※1:「黒の羽二重(はぶたえ)」・・・縦糸・横糸に撚りのない生糸を用いて織り、その後精錬する高級絹織物の一種です。

※2:「五つ紋」・・・背・両袖・両胸に各一つずつ計五つの紋のついた羽織や着物の事で、礼装に用いる最も格式の高い物とされています。

※3:「仙台平や博多平」・・・仙台や博多で作られる袴地の最高級絹織物のことです。

略礼装(和装)

略式の和装では、正喪服である「紋付羽織袴」ほど格式の高い着物を着用する必要は無く、黒の紋羽織さえ合わせれば、紺や黒、グレー等の地味目の着物であればマナー違反にはなりません。また、袴の着用も必須ではありません。

バッグ・小物・アクセサリー類について

通夜、葬儀・告別式は厳かに執り行われるのことが大事です。そのため、弔意を表すことにふさわしくない携行品は避けることを心がけましょう。

バッグは黒が基本

バッグは黒がふさわしいですが、なるべくショルダーバッグは避けるべきでしょう。勤務先からの参列等で、やむを得ずショルダーバックを携行する場合には、バッグのひもを結んで手で持つようにし、遺族や親族に失礼にあたらないようにしましょう。
実際の動物の革や、人工であるにしても動物の革ようなデザインのバッグは殺生を連想させるため、葬儀等への参列の際には避けましょう。

小物についてのマナー

ハンカチ

通夜、葬儀・告別式ではハンカチを使用する場面が多くなると思いますが、花柄や派手な色のハンカチは避け、白色のハンカチを使用します。
詳しくは、通夜・葬儀に参列する際のハンカチのマナーの記事をご参考にされてみてください。

数珠

葬儀の多くは仏式で執り行われるため、必須ではないものの数珠を持って参列する場合が多いと思います。色や模様に関して、特に制約はありません。
数珠は各宗派ごとに作りや使い方も異なる場合があります。
しかし、数珠は故人の遺族、親族の宗派に合わせるのではなく、ご自身の宗派の数珠を使用します。

雨や雪の日の通夜、葬儀・告別式では傘を携行しての参加となります。傘は、式場の玄関や受付の方に預けるので式にはさほど影響はありません。
ただし、厳かな場に参加する以上は、派手な色柄の傘は避け、無地の黒い傘または紺、グレー等の地味な傘を使用する方が無難です。

アクセリーについてのマナー

アクセサリー

結婚指輪以外のアクセサリーは外すことが無難です。装飾の派手な時計やブレスレットも身に付けないようにましょう。なお、ネクタイピンも付けないのが通例です。

革製品

葬儀等では殺生をイメージさせる物は避けるべきであり、革製品を身につけるのは可能な限り控えた方が無難です。
ただし、ベルトや靴等も革製品であり、こちらを着用しないことは妥当ではありません。

革製品で注意すべきは、ワニやヘビ等のウロコ状のデザインの物です。
他人から見て、すぐに動物の革が素材となっていることを連想できる製品は避けましょう。
革製品を使用する場合には、光沢の無い物、目立つ金具や装飾が無い物を選びましょう。

詳しくは、「通夜・葬儀の持ち物・アクセサリーについて」の記事をご参照ください。

コートについて

寒い時期に通夜、葬儀・告別式に参列する場合、屋内では脱ぐためコートは何でも良いのでしょうか。
この場合には、シンプルで無地の黒、紺またはグレーの地味な色のコートが適当です。
着用するコートは、高級品でも安価な物でも構いません。
なお、革のコートや、毛皮やファーのついたコートは、殺生をイメージさせるため、参列の際にはマナー違反となります。

詳しくは、「葬儀に着ていくコートの色や素材で注意すべきこと」の記事をご参照ください。

足元について

靴および靴下共に黒い物を着用します。
靴は光沢の無い合成皮革か本革の素材の物を選びます。一番理想的なのは靴のつま先に横一文字のライン(ストレートチップ)の入った物です。
一方、金具や「スウェード(※)」素材の靴は避けましょう。
靴下は柄が入っていない黒を使用しましょう。
※「スウェード」・・・小山羊・小牛などの裏皮をけば立たせた、なめし革のことです。

詳しくは葬儀の「靴の記事」をご参照ください。

気をつけたい男性の服装における疑問やマナー

こちらでは通夜、葬儀・告別式に参列する際の服装マナーについて説明していきます。
いざ式に出席する場合に疑問に思う点も踏まえて解説します。

喪服は、ブラックスーツではなく、黒いビジネススーツを着てもわからないのでは?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
実は、使い分けしなければならない理由があります。
それは、喪服とビジネススーツでは生地の違いがはっきりしているからです。
喪服は、通夜、葬儀・告別式で、故人を悼み見送るという姿勢が求められるため、参列者ができるだけ目立たないような工夫がされています。

つまり、光沢が出ないように深い黒で装い、昼夜、天候に関係なく黒い服装とわかります。
一方、黒いビジネススーツは上記のような工夫がなされておらず、光を反射する性質があります。
そのため、黒いビジネススーツで喪服の方々と一緒に参列してしまうと、グレーの服を着用しているかのような印象を受け、周りと比較してかなりの違和感がある服装に見えてしまいます。
マナー違反が明確になってしまうので、喪服の準備は常に心がけておきましょう。

「平服でご出席願います。」と書かれていた場合はどんな服装が良いの?

遺族からお別れの会に呼ばれて「平服でご出席願います。」と書かれていた場合、どんな服装で出席すればよいのかわからないことがあります。

お別れ会とは、家族や親族だけで執り行う家族葬のような小さな葬儀・告別式を終えた後に、改めて開催する送別会のことです。
お別れ会は一般の葬儀とは違い、自由な式の演出で故人を回想し、お別れを伝えることができるのが特徴です。
参加する方は、主に故人と親しかった友人・知人などの関係者を対象に行います。
そもそも、お別れ会は葬儀ではないため喪服は着用しません。しかし、喪服を着用しないからと言って、カジュアルな服装で参加するのはマナー違反です。

平服とは、略喪服の場合と同じでブラックスーツ以外の服装です。故人のお別れ会にふさわしい黒や濃紺、グレーのようなダークカラーのスーツを着用します。

香りや音にも気をつけましょう

通夜、葬儀・告別式に参列される際に注意すべきことは服装だけに限られません。
「香り」、「音」に関しても配慮が必要です。

香りについて

当然、体臭が匂うようなことは重大マナー違反です。一方、香水で体臭を紛らわせることも控えましょう。香水はお香が焚かれる場では相応しくなく、故人を送る厳かな雰囲気を壊すことにもつながります。
準備の段階で身体を清潔にし、式に参加しましょう。

音について

携帯の着信音や、アラーム機能のついた時計を持参すると式場で鳴り響く場合があります。これは通夜、葬儀・告別式の雰囲気を台無しににする重大なマナー違反です。
式場では、あらかじめ携帯の電源を切り、時計のアラーム機能をoffにしておきましょう。”

まとめ

現在の通信技術の進歩や、ご遺体の保存技術の向上で通夜なども大急ぎで行う必要は薄れ、参列の準備や儀式を執り行う日程にも余裕ができました。加えて、参列者の傾向も変化し、遺族・親族のライフスタイルにも影響され、通夜、葬儀・告別式の在り方も変化しております。

しかし、時代は変わっても故人を悼み、厳かにお見送りをする姿勢は大事に守られていくべきであり、その姿勢はお見送りをする参列者の服装、身だしなみに良く表れると考えます。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る