デジタル遺品の整理とトラブル事例

女性
PR
お坊さん手配サービス

デジタル遺品」という言葉を多く耳にするようになりました。しかし具体的にどんなことをいうのか、またどうしたら良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。今後も増えていくと予想される「デジタル遺品」の疑問についてご紹介していきます。

デジタル遺品とは?

データも遺品になる?

デジタル遺品とは、故人のパソコンやスマートフォンの中に残ったデータのことです。
近年、様々な情報をデータで管理するようになり、こういったデジタル機器の中に持ち主しか知り得ない情報がたくさん保存されるようになりました。

遺族に遺品として残る

持ち主が亡くなると、これらの機器はデジタル遺品として遺族に残ることになるのです。

膨大な個人情報

デジタル遺品の中に残っているのは、写真やメール、電話番号や住所、メールアドレスだけでなく、クレジットカードの履歴やインターネットバンキングのIDやパスワードなど、電子化が進んだ故にデータとして残った膨大な個人情報です。

遺族も知らない情報も

しかし、そういったデータは本人が亡くなってしまうと、どこに何があるのか分からなくなる場合がほとんどです。パスワードが分からなければ情報を見ることはできません。

デジタル遺品の事前対策・生前整理

デジタル遺品は対応や処分を誤ると危険?

自分が亡くなった後のことを考えると、パソコンやスマートフォンに記録してあるものを人に見られたくない方も多いでしょう。
遺族がパソコンをそのまま処分してしまえば、個人情報が流出する危険性もあるのです。

大切なデータを残したまま亡くなってしまうと、遺族が思いもよらぬ被害を受けてしまうことも考えられます。

デジタル終活として日頃からデータ対策を

人間いつ、何があるかわからないもの。
いざというときのために、デジタル機器のデータ対策をしておくことが大切です。ここからは、その対策のポイントを紹介します。

パスワードをエンディングノート等に書き留めておく

持ち主が亡くなった後、デジタル遺品となったパソコンやスマートフォンなどのデータ。
これを整理し、守らなければならないのは残された遺族です。
いざという時に遺族が困らないよう、大切なデータやパスワードなどの情報は、分かりやすいようエンディングノートなど、紙に残しておきましょう

生前に、パソコン内のデータをきちんと整理整頓していたとしても、持ち主がパスワードを設定していたら、遺族は中身を知ることができません。

遺族に残した財産のことなど、エンディングノートという形で、遺族が目に見えるように残しておくことが重要なのです。

エンディングノートの書き方など詳しい説明はこちらをご参照ください

ネット証券・SNSのアカウントは洗い出してまとめておく

ネット証券・ビットコイン・ネット銀行などのアカウント

ネット証券やビットコインなどの手続きには手間とコストがかかります。
小額しか入っていない口座は生前に引き出し、解約しておくと良いでしょう。
解約自体は、さほど手間はかからないので多くの口座を持っている人は整理して集約しておくことをおすすめします。
場合によっては相続税などの申告にも影響するため、遺族にどこの口座がいくつあるのか、わかるように記しておきましょう

SNSのアカウントの対応は?

SNSのアカウントも、それぞれにIDやパスワードをまとめておき、信頼できる遺族に削除を依頼する旨を紙に書いておくのがおすすめです。
もしパスワードなどが分からない場合は放置されることにより、第三者がパスワードを入手して悪用される可能性もあります。

さらに死後のアカウント削除等、SNSの手続きを遺族が行うとなると、死亡証明書の用意などの用意が必要です。
例えば、FacebookとInstagramに関しては「追悼アカウント」が生前に設定できます。
パスワードなどを書き留めておく必要がないので利用するのも良いかもしれません。

主なSNS各社のデジタル資産についての対応を記しておきます。

Facebook,Instagram

本人が事前に「追悼アカウント」の管理者を設定できる。
遺族によるアカウント削除の依頼も可能。

Google

一定期間操作がない時のデータ削除などを本人が事前に設定可能。 遺族によるアカウント削除の依頼が可能。

Twitter

遺族によるアカウント削除の依頼が可能。

LINE

遺族によるアカウント削除依頼はできるが、遺族がアカウントを管理することはできない。
最終アクセスから一年経過するとLINE者が削除する場合もある。

壊れたパソコンやスマホ等は処分しておく

パソコンの中にはハードディスクと呼ばれる、情報記録装置が入っています。パソコンのデータは、ゴミ箱に移しても完全に消去されるわけではありません。ゴミ箱から消したとしても、表には見えていませんが、内部では記録が残ったままです。

遺族がデジタル機器に詳しくない場合、放置しておくとそのまま捨ててしまい、データ流出の恐れも考えられます。ハードディスクの中にあるデータを事前に消去しておき、業者へ処分を依頼します。スマートフォンも同様、業者に持ち込んで処分しましょう。

デジタル遺品の没後の整理

デジタル遺品は、物品などの遺品と比べると形あるものではなく、整理が難しいものです。親族が突然亡くなったという場合、デジタル機器をそのまま捨てるわけにはいきません。では遺族は、デジタル遺品をどのような手順で整理をすすめたら良いのでしょうか。

故人が生きているうちに確認しておく

親族とはいえ、元気なうちに、個人情報である「パスワードなどを教えて」とはなかなか聞きにくいですよね。
では「元気なうちにエンディングノートに記しておいてほしい」と頼むのはいかがでしょうか。
財産の管理についても、アナログ・デジタル共に生前に話し合っておくことが大切です。
その際、デジタル遺品についても詳しく確認しておきましょう。
パスワードを設定していたら、遺族は中身を知ることができませんから、エンディングノートという形で財産の管理と一緒に残しておくことが必要といえます。

遺書や遺言書・エンディングノートを確認し整理する

故人が亡くなったらまずは遺書や遺言書・エンディングノートを確認しましょう。
その後、デジタル遺品の整理をしていきます。
もし自分たちで整理していくのは難しいと判断される場合は、業者に頼むという方法もあります。

デジタル遺品対応の専門業者に依頼する

膨大な量のデジタル遺品に困ったら、エンディングノートなどに記された書類にのっとって、没後の整理をしてくれるデジタル遺品対応の業者があります。
しかし生前整理をせず亡くなった場合「ログインできない」「パスワードが分からない」などの問題が発生します。業者に頼んだとしてもそこは対応することが難しいので、いかに生前整理が重要かということがわかりますね。

デジタル遺品にまつわるトラブル事例

女性とパソコン

いざというときのために、生前にデジタル遺品を整理しておくことが大切だということはわかりました。ここでは急な出来事で親族をなくした場合の、デジタル遺品に関して実際に起こったトラブルをご紹介します。

夫のパソコンから見覚えのないファイルが見つかった…

夫が亡くなったのでデジタル遺品の整理をしようとパソコンを開いたAさん。何気なく開いたメールで、夫と女性とのやり取りを発見。生前に不倫していた事がわかったそうです。メールを見なければ知り得ない事実だったようで傷ついてしまいました。

父のネット証券会社の口座を全て把握できていない…

父親が亡くなり、相続人になったBさんの場合。

郵便物や確定申告の控えなど、書類があるか確認

父親が生前、インターネットで株取引をしていたことは知っていても、どこの株があるのかなど分からない時は、証券会社から故人宛てに届いた郵便物、あるいは父の確定申告の控え書類があるかを確認します。

パソコンやスマートフォンのブックマークや閲覧履歴を確認

故人のパソコンのブックマークや閲覧履歴に証券会社のサイトが残っているかも確認しましょう。
しかし、証券会社のWEBサイトにログインするIDとパスワードがわからなければ保有株式について詳しいことは確認できません。
そんなときは証券会社に対し、相続人であるBさんは、父の保有株式および預り金の残高を開示するよう照会することができます

妻のパソコンのパスワードがわらない…

亡くなった妻のパスワードが解除できなくて困っているCさんの場合。

大切な情報を開くことすらできません。こんな場合はデジタル遺品を扱う業者や、パスワードの解除から保存されているデータの移行、インターネット上で使用しているIDやパスワードの解除を行っている業者があるので調べてみましょう。

亡くなった姉のSNSアカウントの対処をどうするか…

姉が亡くなって、姉が使用していたSNSアカウントをどうすればいいのか悩んでいるDさんの場合。

アカウントを削除するのかどうか、対応を決める

いくら仲の良い姉妹関係でも亡くなった後のSNSのことを生前に相談しているケースは多くないでしょう。
故人のSNSパスワードが分からない場合、アカウントを削除する為にその人が亡くなったことを示す死亡診断書などの書類、削除を要請する本人の身分証明証などが必要な場合が多いです。

証明書などは写真を撮って運営会社に送信するだけですので、早めに対応しましょう。

SNS上でのお付き合いの方には訃報を連絡する?

昨今では連絡手段がLINEやメッセンジャーなどのSNSだけという関係性もありますので、訃報をお伝えする必要がある場合もあります。
この辺りは生前の個人の仕事や立場、SNSの使い方にもよるため、対応に正解のない世界です。

亡くなった方のアカウントがいつまでも残っているというのも気持ちの整理がつかないものです。
生前に姉がどんなSNSを利用しているか把握していれば対応もスムーズです。

まとめ

膨大なデータを生前に整理整頓しておくことの重要性をご理解いただけたのではないでしょうか。デジタル遺品の生前整理は、デジタル社会に生きる私たちの責任です。便利な道具である一方で、リスクがあるということも知っておきましょう。いざというときのために、家族でも話し合っておくことが大切です

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.