通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

道号とは

カテゴリー 葬儀用語
この記事を読んでいる人におすすめのサービス

道号(どうごう)

道号(どうごう)とは浄土宗・天台宗・日蓮宗・真言宗などで使われる号や字(あざな)で、戒名に使われる用語の一つです。
道号を用いない宗派は律宗・浄土真宗になります。

もともと中国で誕生し、それが禅僧により日本に伝えられ、戒名の上に付ける故人の別名として使われるようになりました。
道号は1300年代までは使われず、4文字の戒名になってから付けられるようになったが、元々は出家した僧侶の悟りを表す文字などを記したものです。
また室町時代の僧侶・一休宗純のように、生前から戒名の上に道号を付けて名乗る人も多いようです。

茶道・書道・華道・俳人などの呼び名にも使われるが、その人たちが亡くなった場合は、道号に名乗っていた号をそのまま使用する場合もあります。

なお、未成年や幼児・水子などには道号は使われず、童女・童子・幼女・幼子などと表される。

現在では一種の格付けになっていて、道号が付く方が格が上という意味で付けられる。戒名の2文字との調和で付けられ位牌に記されています。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.