葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

エンバーミング(遺体衛生保全)とは?その目的と手順・費用について

エンバーミングの棺イメージ

エンバーミングとは専門の資格をもったエンバーマーによって、ご遺体を衛生的に修復保全することで長期保存を可能とする技術です。土葬が主流のアメリカやカナダでは、エンバーミングが一般的ですが、生前のお姿に近い形で心ゆくまでお別れできると言った理由で、火葬が主流の日本でも注目されるようになりました。エンバーミングの目的と手順・費用、そしてその歴史について解説します。

エンバーミングとは

エンバーミングとは、ご遺体を修復し、防腐処置や殺菌消毒、お化粧などを行い、清潔で安らかなお姿で、時間にとらわれずに故人とお別れできる処置です。エンバーミングを施すことにより、10日間から2週間程度、遺体を腐敗させることなく保存できます。時間的な猶予ができるため、故人の遺志や遺族の想いを反映した葬儀の準備が行えるようになります。
また、事故や天災での損傷や皮膚がんなど、ご遺体の痛みが激しい場合に傷をかくせるため、闘病やつれの状態ではなく、より健康だった生前の個人の状態に近づけることができます。
また、ただし、エンバーミングを行う場合、病院から自宅等に安置したご遺体を保全処置が行える施設に運ぶ必要があるため、遺族によっては半日ほどでもご遺体と離れることに不安を感じる場合もあるかもしれません。それぞれの価値観や想いによってお別れの選択肢のひとつとして考えていただくことをお勧めします。

エンバーミングを行う目的

エンバーミングの目的は、次の通りとなります。

1.遺体の消毒・殺菌

遺体の腐敗による感染症の拡大を防止するために、消毒・殺菌を行います。これは、遺族や関係者に対してだけでなく、遺体を取り扱う医師や看護師などへの感染を防ぐことを目的としています。

2.遺体の腐敗防止

遺体は死後直後から腐敗が始まります。そのため、腐敗をしないよう、薬剤で防止をします。腐敗を防止することで、腐敗による匂いも防ぐことができます。

3.遺体の修復・化粧

遺体の傷の修復やお化粧を施します。ご遺族にとって、生前の様なお顔やお姿で故人と最期のお別れができることはとても大切なことです。

4.故人とのお別れを存分にできます

消毒・殺菌をすることにより、感染症など衛生面の心配がなく、お別れの時をゆっくりと過ごせます。冷たいドライアイスを載せることが不要になるため、触れたときの冷たさや違和感が軽減できるほか、お気に入りの服を着せたりすることもできます。
また、国内の長距離移動や国外への搬送をする際にもエンバーミングを施す必要があります。

エンバーミングのメリットとデメリット

エンバーミングについてご紹介してきましたが、エンバーミングのメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット
デメリット

エンバーミングの手順

日本におけるエンバーミングは、エンバーマーと呼ばれるIFSA(一般社団法人 日本遺体衛生保全協会)のエンバーマーライセンスを取得した専門の技術者や医学資格を持った医療従事者によって行われ、手順は次の通りとなります。所要時間は3~4時間です。

洗浄
全身の消毒処理および洗浄を行います。そして、髭を剃る、表情を整えるなどの処理を行います。
 
衛生保全
遺体の一部分を切開し、動脈から防腐剤を注入し、同時に静脈から血液を抜きます。腹部に小さな穴をあけ、胸腔や腹腔に残った血液あるいは腐敗しやすい残存物を鋼管で吸引し、同時にその部分にも防腐剤を注入します。
 
修復
切開した部分を縫合しつつ、損傷部分の修復を行います。傷痕はテープなどで隠します。
 
着付けと化粧
全身を再度洗浄し、衣服を着せて、表情を整え直します。

エンバーミングの費用

日本におけるエンバーミングの費用は、遺体の状態により金額が変動します。基本料金はIFSA(一般社団法人 日本遺体衛生保全協会)が定めているため、どこの葬儀社に依頼をしても同じくらいの金額となります。
基本料金は15万円〜25万円とされ、以下の項目が料金に含まれています。

 

エンバーミングの歴史

エンバーミングの始まりは、古代エジプトのミイラにまで遡ります。紀元前3200年〜紀元650年にかけて、古代エジプトでは、主要な臓器を取り出し、薬物を体膣に入れて、遺体の長期間保存を行なっていました。その後、ヨーロッパの解剖学者により、エンバーミングの技法が発展しましたが、現在のエンバーミングの技法の原点は、イタリア・フランスの科学者による、血管系の防腐剤注入技術を開発およびホルマリンの使用となります。
エンバーミングが発展する契機となったのは、1861年~65年のアメリカ南北戦争と言われています。亡くなった兵士の遺体を、故郷にいる遺族の元に帰すことを目的としてエンバーミングが行われました。
更に、ベトナム戦争でもエンバーミングが行われ、技術が発展していくこととなり、現在に至っています。
日本では火葬が主流のため、ご遺体による伝染病の感染リスクが低く、欧米の様にエンバーミングの習慣が広まることはありませんでした。しかし、IFSA(一般社団法人 日本遺体衛生保全協会)の普及活動によってエンバーミングを施す件数が徐々に増加しています。

エンバーミングを行った著名人

実際にエンバーミングを行った著名人をご紹介します。エンバーミングを行なった目的は、永久保存のため、埋葬までに時間を要するため、多くの人の弔問を受けるためです。

永久保存を目的とした指導者たち

  • ウラジーミル・レーニン:ロシアの革命家であり、政治家
  • ホー・チ・ミン:ベトナムの革命家であり、政治家
  • 毛沢東:中華人民共和国の政治家であり、軍事戦略家、思想家
  • 金日成:北朝鮮の指導者
  • 金正日:北朝鮮の指導者

埋葬までの期間、保存することを目的として指導者

  • 蒋介石:中華民国の政治家であり、軍人
  • 蒋経国:中華民国の政治家

多くの弔問を受けることが予想された著名人たち

  • マリリン・モンロー:アメリカ合衆国の女優
  • マイケル・ジャクソン:アメリカ合衆国のエンターテイナーであり、シンガーソングライター
  • テレサ・テン:歌手
  • 松本友里:女優であり、松平健の後妻
  • ヨハネ23世:ローマ教皇
  • ピウス10世:ローマ教皇

まとめ

今回はエンバーミングについて紹介しました。日本では亡くなってから荼毘にふせるまでの時間が短いこと、火葬が主流であることから、まだ一般的ではありません。
しかし、安全や衛生の面や故人と過ごせる時間、故人が生前と同じ顔で弔問くださる方をお迎えできることで、少しずつですがエンバーミングを行う人は増えています。
エンバーミングを考える材料として、お役立て頂ければ幸いです。

5/5 (3)

この記事はシンプルなお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-731
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2018,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る