服喪中の意味や読み方、喪中との違いや使い分け

服喪中の意味や読み方、喪中との違いや使い分け

故人を弔う葬儀には様々なしきたりがあり、それらを知らないのは社会人として恥ずかしいこととされています。特に親族が亡くなった際は正しい認識に基づいて行動しないと非常識な人と見なされてしまい、個人への弔いの気持ちが無いと誤解される可能性も出てきます。本記事では、社会人として恥ずかしくないよう、喪に服すことの意味について解説します。

服喪中の意味や読み方

服喪中は「ふくもちゅう」と読み、自身の親族が亡くなったことに対して喪に服す期間を指します。喪に服すとは故人の死を悼むと共に、自身の身を慎むことを意味します。
親族の死を悲しむ間は楽しい思いをするものではないという考えから、喪中はお祝い事を避けるのが習わしです。かつては酒や肉を口にせず、友人とも会わないのが作法とされていました。現在ではそこまで厳しくはありませんが、それでも正月などの季節ごとのお祝いは行わないなど特定の行事は避けるべきとされています。

服喪中と喪中の違いや使い分け

服喪中と喪中は意味そのものに違いは無く、喪に服すことに対する立場の違いで使い分けるのが普通です。服喪中は喪に服している当事者の視点で使うことが多い言葉であり、喪中は第三者の立場から見て使います。しかし、あくまでも意味に違いは無いので、誰がどちらの言葉を使ってもマナー違反ではありません。

服喪中の期間

喪に服すのは個人の考え方次第で、厳格に決まっているものではありません。しかし、慣習として亡くなってから1年の間が服喪中とされています。これは明治時代に当時の政府が定めた法律が元であり、その法律では自身の両親、女性であれば夫が亡くなった際は13か月の間、喪に服すとされていました。この法律は太平洋戦争が終結した後に廃止となったため、現在では法律上の制約はありません。とはいえ、故人の死を悼む期間を一切設けないのも社会的な慣習にそぐわず、冷たい人と思われるおそれがあります。

そのため、一切の制約が無くなった現在においても約1年は喪に服すのがマナーとされています。その一方で、服喪中は祝い事を避けるという慣習が対人関係に支障をきたすケースもあることから、故人の死は悼みつつも祝い事には参加することも珍しくありません。

まとめ

服喪中は故人の死を悼むための期間ですが、それと共に遺族が気持ちを切り替えて前向きに暮らすための準備期間でもあります。死を悼むあまり、生活に支障をきたすようなことは避けるべきでしょう。故人の死を受け入れることが残された家族に求められる姿勢ですから、期間や格式にこだわり過ぎず、あくまで自身の暮らしを大切にすることが重要になります。

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-706
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-706
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.