ご母堂とご尊父の違いや意味、使い方

ご母堂とご尊父の違いや意味、使い方

故人の死を悼む葬儀の場では、故人のご遺族に対して挨拶をすることになります。その際に正しい呼称を用いないと社会常識に欠けた人と見なされて恥ずかしい思いをしてしまうと共に、ご遺族に対しても非常に失礼です。弔いの気持ちを持っていないと思われるおそれもあるので、正しい呼称を使わなければいけません。ご遺族に失礼がないように、呼称の意味と正しい使い方について学びましょう。

ご母堂とは?

第三者の母親を指す敬称です。本来は母堂だけで敬称になりますが、他者を尊敬する意味である「御」を加えることで最大級の敬意を持っていることを示しています。かつては武家や公家などの身分にある人が母親への敬称として用い、その言葉が広く普及して公的な場での挨拶に使われるようになりました。現在は日常会話で使われることは少なく、葬儀などの場で行う挨拶の定型文として定着しています。

ご母堂の意味や読み方

ご母堂は「ごぼどう」と読みます。葬儀の場で挨拶をする場合、挨拶を受ける人から見て実の母親に該当する人を指します。他人からの呼称なので、自身の母親をご母堂と言うのは誤りです。

ご母堂とご岳母の違い

ご母堂と似た意味の呼称としてご岳母があります。ご岳母は「ごがくぼ」と読み、母親への敬称として用いる点はご母堂と同じです。しかし、ご母堂が実の母親を指すのに対し、ご岳母は配偶者の母親を指すのが特徴です。そのため、第三者がご岳母の呼称を用いるのは厳密にいえばマナー違反となります。また、夫が妻の母親を呼ぶ際はご丈母を使うこともあります。読みは「ごじょうぼ」です。しかし、現在は敬称の使い方があいまいになっていることから、本来ならご岳母と呼ぶべき相手でもご母堂の敬称を使うことは決して珍しくありません。

ご尊父とは?

ご尊父は第三者の父親に用いる敬称です。尊父という言葉自体が敬称ですが、挨拶をする際には敬称である「御」を加えることで、最大級の敬意を持っていることを示すのが普通になっています。ご母堂と同様に武家や公家の身分の間で使われていた敬称ですが、やがて日常会話での敬称として広く普及しました。現在では会話の中で用いられることは少なくなり、挨拶の定型文の一節として定着しています。

ご尊父の意味や読み方

ご尊父は「ごそんぷ」と読みます。父親への敬称ですが、対象となる人の実の父親を指す言葉です。そのため、自身の父親をご尊父と呼ぶことはありません。

ご尊父とご岳父の違い

ご岳父は「ごがくふ」と読み、第三者の父親への敬称という意味ではご尊父と同じです。しかし、ご尊父が第三者の実の父親を指すのに対し、ご岳父は義理の父親を意味します。さらに義理の父親であっても妻の父親に限られるのが本来の意味になります。

妻の視点から見た義理の父親、つまり夫の父親に対しては「あおう」と読む阿翁を用いるのが正解とされていますが、現在では夫も妻も関係無く義理の父親への敬称はご岳父が使われるのが一般的です。

地域によっては義理の父親に該当する人であれば配偶者の実父に限らず、誰でもご岳父と呼ぶ所もあります。

ご母堂とご尊父の違い

ご母堂とご尊父はどちらも第三者の実親に対する敬称です。ご母堂は母親、ご尊父は父親に対して用います。

ご母堂の使い方

ご母堂は敬称ではあるものの、現在では日常会話で用いることはほとんどありません。葬儀の場をはじめとする、格式が求められる場での挨拶に使われるのが普通です。

また、第三者の実母に対して使う敬称ではありますが、地域によってはご母堂とは言わずにお母様や氏名で呼ぶこともあります。その場合についても対象者が未成年であったり他の地域から移住した人など、地域ごとに独自のルールがあるので注意が必要です。

ご母堂は敬称である母堂に敬意を示す言葉である「御」を付け足した物なので、厳密に言えば二重敬語に当たります。文法上は間違った言葉ですが、敬意を持っていることを示す方法として慣例的に用いられているのが実状です。

しかし、さらに敬称である「様」を加えてご母堂様と称するのは過剰な言い回しなので、却って失礼になります。

ご尊父の使い方

ご尊父についても性別が異なるだけで、使い方はご母堂とほとんど変わりません。かつては男性の父親に対してのみ使う敬称とされていましたが、現在では性別に関係無く、第三者の父親であればご尊父を使います。

しかし、ご母堂と同様に地域によっては独自のルールに基づいて別の呼称を使うケースもあるので挨拶をする際には注意しなければいけません。義理の父親に用いるのは誤りとされていますが、このルールも現在では形骸化しているのが実状です。

そのため、本来ならご岳父と呼称すべき相手にご尊父という敬称を使っても強く咎められることはまずありません。
しかし、敬称の使用は相手への礼儀を示す意味があるので、できるだけ正しい使い方を守ることを心がけます。

まとめ

葬儀の場は故人の死を悼む場であるだけではなく、ご遺族が今後の暮らしのために気持ちの整理を付ける場でもあります。そのような場ではご遺族の失礼になる言動は避けるのが社会人としてのマナーです。

しかし、あくまでも相手への気遣いや思いやりの気持ちを持つことが大切なので、格式にこだわり過ぎないように心がけましょう。

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.