御霊信仰とは

カテゴリー 葬儀用語

PR
お坊さん手配サービス

御霊信仰(ごりょうしんこう)
日本の場合は古来から、肉体より離れた霊が生きている人に影響をもたらすという考え方があるります。
古く縄文時代には、亡くなった人が恨みを持っていたかどうかには関係なく、屈葬(くっそう)を行っていた。屈葬を行う理由としては、体を折り曲げることで魂が痛いから抜け出すのを防ぐためと言われています。
御霊信仰が行われるようになったのは平安時代からと言われています。死者の怨霊を丁寧にお祀りすることで、恩恵をもたらせてくれるという考え方が御霊信仰になります。最も有名な例としては、菅原道真がこれにあたります。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-697
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-697
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.