24時間ウェブ決済可能

カード会社
通話無料
24時間365日対応
0120-541-698 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

合葬・合祀の意味とは?墓地探しのその費用

カテゴリー お墓

合葬墓
PR
お坊さん手配サービス

故人がお墓に入る場合には、先祖代々のお墓へ葬ることや、新しく墓地・墓石を購入し葬ることが通常です。その一方で、墓を守る継承者がいない場合や、経済的な事情でお墓を持てない場合もあります。
そこで、ご自分が亡くなった後に管理してもらえる「合葬・合祀」という、複数の方と一緒に埋葬するお墓を選択する方も増えてきています。
複数の方と一緒に埋葬するお墓であるため、ご自分の亡くなった後に管理してくれる人がいなくても心配ありません。
しかし、合葬・合祀(以降はまとめて合葬と呼びます。)に関してはいろいろな疑問も浮かんでくるでしょう。例えば、すぐに他人の遺骨と混ぜ合わさった形で埋葬されるのか?埋葬料や年間の管理料はどれ位か?合葬してもらうために注意しておくべき事柄は何?など不安もあることでしょう。
そこで今回は合葬について説明します。合葬の方法や、費用相場、お参りの仕方等を解説します。

合葬/合祀とは?

線香

合葬および合祀とは、一つのお墓に複数の方の遺骨を一緒に埋葬する方法です。
そもそも合祀は神道の言葉であり、複数の神・霊を合わせて祀ることを指し、寺院等では複数の方の遺骨を合同で埋葬することから合葬と呼ぶこともあります。いずれにしても、複数の故人を一緒に葬るという意味は変わりません。

合葬は、当初から複数の遺骨を合わせて埋葬することになりますが、同じく遺骨を一緒に葬る永代供養墓・合同墓の中には、合葬とやや埋葬の過程が異なる方法もあります。それは、一定期間にわたり複数の遺骨を個別の骨壷に安置して、その後、合わせて葬るという埋葬方法です。

合葬の場合にせよ、永代供養墓・合同墓の場合にせよ、最終的に遺骨は一緒に埋葬されることになります。
しかし、最近では遺骨を当初から合わせて葬るのか、個別に安置する過程を経るのか、施設の名称だけではよくわからないケースがあります。

そのため、生前の故人の意思を尊重したい場合や、合葬または永代供養墓という形で葬ってもらいたい方は、どのような埋葬方法を行うのかを埋葬施設の関係者へ事前に確認してから、そのお墓に入るかどうかを決定しましょう。

合葬/合祀の目的

合葬の目的は様々ですが、主に次のような理由で利用を検討されている場合が多いです。

●子孫がお墓を継承してくれるか不安
●お墓の購入や維持管理にかけるお金が心配
●家族の負担になるためお墓を継がせたくない

等があげられます。以下では、合葬または永代供養墓の方法について、及びいろいろな事情によって合葬を行うケースを取り上げます。

永代供養

永代供養は、故人の遺骨を遺族・子孫に代わって、寺院や霊園の管理者が一定の期限を設けることなく、ずっと管理・供養する方法です。合葬という形で故人を弔うことになります。

以前は、自分以外の家族が既に亡くなる等して身寄りの無い人、後継ぎのいない人、お墓をたてる費用が工面できなかった家族が選ぶ、単身者や家族を弔う方法の一つでした。ただし、最近では各人の死生観も変化し、墓地・墓石にお金をかけたくない方々も増えています。

遺骨の管理・供養よりも子孫に管理や維持費という面でお墓の負担を押しつけたくない、お墓にお金をかけるより自分の遺産(貯金等)を家族の生活費に充ててもらいたい等、このような理由で永代供養が注目されています。

遺骨整理

合葬という形で故人を弔う方法は、故人の意思による場合もありますが、お墓を持っているご家庭の事情や、墓地管理者のやむを得ない理由によって遺骨整理を行うこともあります。

以下ではご家庭の事情によって合葬するケースと、墓地管理者によって合葬されるケースを説明します。

ご家庭の事情による遺骨整理

一般的な墓石・墓地を有しているご家庭の場合は、子孫に代々お墓が継承されていけば問題が無いように思えますが、ある時期を境に合葬を余儀なくされる場合もあります。

ご自分の祖父母、両親、そしてあなた方ご夫婦が亡くなれば、先祖と一緒のお墓に埋葬されますが、そのお墓に先祖の遺骨が数多く納められている場合、骨壷を納めるスペースは徐々になくなっていきます。

そのため、お墓が骨壷で満杯になる前に、先祖の骨を合葬することになります。ただし、せっかくお墓があるのに、他人が葬られている合祀墓・合葬墓にわざわざ移すというわけではありません。

この場合は、お墓の中で合葬して整理するという方法をとります。問題はいつご先祖様のご遺骨を一つにして、新たな骨壷に入れ直すかという点です。

一般的には三十三回忌で合葬することが多いです。三十三回忌は、亡くなってから満32年目に行う法要であり、故人にとって最後の法要です。この法要は「弔い上げ」または「年忌止め」とも呼ばれます。これを区切りとして合葬することになります。

墓地管理者による遺骨整理

お墓がある家庭でも継承者がいなくなったり、墓地の使用料を払わず長年放置したりするような場合は、墓地管理者により墓石が撤去され、遺骨整理が行われる場合もあります。

墓石は業者から購入しますが、墓地は墓地管理者に使用料を支払って利用することになります。これは、寺院墓地・公営墓地・民営墓地いずれの場合も同じです。ただし、遺骨整理といっても、放置された遺骨が廃棄されるわけではなく、他の遺骨と共に合葬されます。

また、墓地管理者といえども、墓地が放置されているからといって自由に撤去して良いわけではありません。次のような手続きをとり、はじめて墓石の撤去・遺骨整理が可能になります。

官報に掲載
放置されているお墓(無縁墳墓)を撤去・整理する旨を官報に掲載します。墓地の使用者と連絡がとれない場合、放置されているお墓の権利者または故人の縁故者に墓地管理者へ連絡するよう、官報で呼びかけます。
 
立て札の掲示
放置されているお墓に立て札や貼り紙等を掲示します。お参りに来る遺族もいる場合があるので、官報で呼びかけた内容を掲示しておきます。なお、お墓に立てた掲示内容は証拠として写真を随時、撮影しておきましょう。
 
1年間様子を見る
官報への掲載、お墓に立て札や貼り紙して公示しても、1年間誰も現れなかった時は、市区町村へ改葬許可申請を行い、それが認められた後、墓石の撤去・遺骨整理を行います。

墓じまい

前述しましたが、お墓のある家庭では後継者の不存在が原因で、自分達が入っているお墓が無縁墓、遺骨が無縁仏として放置または撤去の対象となるおそれがあります。そうなる前に何らかの対策が必要です。

そこで「墓じまい」を行い、ご自分の代で墓石を撤去して先祖の遺骨を合葬しておくことも良い方法です。以下では、墓じまいの流れと必要書類・手続き方法を説明します。

墓じまいの流れ

墓じまいは、その手続き名が「改葬許可申請」と呼ばれています。墓地管理者だけに許可をとって遺骨を移すだけではなく、市区町村へ手続きを行ってから墓じまいの作業を開始しなければいけません。

使用許可証の取得
まず遺骨を移す先の墓地管理者から、使用許可証を受け取ります。
 
改葬許可申請書の取得
市区町村から改葬許可申請書を受け取ります。その後、現在遺骨が埋葬されている墓地管理者から、この申請書用紙に遺骨が埋葬されている証明を記載してもらう必要があります。ただし、管理者の都合も考えて、改葬許可申請書用紙を持参する前に墓じまいをしたい旨を報告しておきましょう。
 
改葬許可申請
手続きに必要な書類を持参し、市区町村へ改葬許可申請を行います。書類に不備がなければ改葬許可証が交付されます。
 
改葬
現在のお墓から遺骨を移します。

また、他に兄弟姉妹・従兄弟等、親類縁者がいる場合には、墓じまいすることを事前に伝えておきましょう。なぜなら、彼らが墓参りをしようと墓地に向かったら、先祖の墓石や遺骨も無くなっていたという事態になると、後々、親類縁者との間でトラブルが発生するおそれもあります。

必要書類・手続き方法

必要書類は次の通りです。提出先は現在遺骨がある市区町村役場の窓口(概ね戸籍住民課等が担当)となります。

改葬許可申請書:市区町村役場に提出する申請書です。用紙は市区町村の窓口やホームページから取得できます。なお、遺骨一体につき用紙一枚が必要です。

●墓地使用許可証:遺骨を移す新しい墓地で発行された使用許可証(原本)を準備します。
●埋葬証明書:現在遺骨が埋葬されている墓地管理者から、遺骨の埋葬についての証明を受け取ります。証明方法は改葬許可申請書用紙への証明または、個別に証明書を作成してもらうやり方があります。
●印鑑:申請者の印鑑を準備します。

手続きの仕方がよくわからない、なかなか時間が合わず市区町村や墓地管理者へ伺う機会がなく、手続きに手間取りそうな場合は、墓じまいに詳しい行政書士から代わりに手続きを行ってもらうことも良い方法です。

質問がある場合は是非アドバイスもうけながら、専門家と連携して作業を行うと墓じまいもスムーズに進みます。

合葬/合祀の費用相場

最近では多種多様な合葬のプランがあるので費用相場には開きがあります。大きく分ければ、①合葬専用のお墓と、②永代供養がセットになったお墓の2種類があります。

どちらのタイプも、宗教宗派の違いで合葬できる場合とできない場合があります。利用する際には事前に、お墓に入るための条件を墓地管理者へ確認してから契約を行いましょう。

以下ではこの2種類のお墓の費用相場を説明します。

合葬/合祀専用のお墓の費用相場

合葬専用のお墓は、「永代供養墓」「合祀墓」「合葬墓」等と呼ばれています。ご自分の血縁とは関係なく、多くの方々と一つのお墓を共同で利用します。骨壷から遺骨をとりだして、いわば混ざり合う形で供養されることになります。

そのため、占有スペースはなく共有のお墓となるため、その分使用料が安く、個別の墓石をたてる必要も無いので墓石代も要りません。

埋葬が終わるとその後の遺骨の管理や供養は、霊園または寺院の管理者が行うので、管理が行き届かなくなる事態は回避できます。

費用相場としては、お墓の立地等により異なりますが概ね10万円~30万円程度で永年にわたり供養されます。費用をいったん支払えばお墓の維持費用もかからないので安心です。

ただし、前述した費用は、1霊(=1人)あたりの金額です。そのため、埋葬したい遺骨が多いとそれなりに費用がかかってしまうことになります。

永代供養がセットになったお墓の費用相場

永代供養がセットになったお墓は、世代を限定して個別のお墓に入ることができ、使用期限経過後(故人の三十三回忌まで等)は合葬という形で葬られるということになります。こちらでも、合葬される場合はお墓の管理者がずっと管理し、供養するので安心です。

費用相場としては、概ね30万円~200万円程度と大きく開きがあります。それは個別のお墓として使用するのが、一般的な墓石か、納骨堂に安置するスタイルをとるかで費用に差がでるからです。

個別のお墓は、単身者・ご夫婦のお墓という形や、ご夫婦と子の二世代用としても利用できます。ただし、使用するお墓を立派にすればそれだけ墓石の費用も高くなり、墓石だけで200万円程度かかってしまうこともあります。

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

合葬/合祀の注意点

合葬という形で遺骨を葬る場合には、多くの方々の遺骨と一緒に埋葬されることになります。つまり、一度合葬したら二度と遺骨を取り出すことはできません

そのため、故人の生前の意思や、ご自分の意思により合葬で葬ってもらいたい場合でも、他に親族がいるときには、できるだけ生前または事前に相談した後に、葬ってもらうことをおすすめします。

いかに合葬を希望する理由が、「長男に墓を管理する負担をかけさせたくない。」「お墓がかなり住宅街から離れていてお参りが大変だから。」と、家族や親類を思ってのことでもやはり相談しておきましょう。

事前に親族へ相談したり了解をとっていなかったりすると、「お墓をたててあげた方が良かった。」「他人の遺骨と混ざり合って、故人がわからなくなってしまう。」と、後々、親族間で反対意見が出るなどトラブルに発展する場合もあります。

合葬を希望する当人には面倒な対応とは言えますが、反対する親族へ「合葬されたいが分骨して構わない。」「継承者がいなくなるのが心配。」等、ご自分の意見を率直に伝えて埋葬方法への理解を得ておきましょう。

合葬されたい方の意思も大事ですが、残される親族の感情もやはり無視するわけにはいきません。

合祀墓/合葬墓と納骨堂の違い

納骨堂とは、骨壷に入れた遺骨を安置する建物を指します。納骨の方法は基本的に室内で安置され、ロッカー式や棚式、仏壇式、墓石式等に分かれます。ちょうど遺骨の「集合住宅」とも言えます。一般のお墓と同じように、寺院が管理する納骨堂、公営または民間が管理する納骨堂があります。

○利用方法

納骨の方法は合祀墓・合葬墓が他の遺骨と混ぜて埋葬されるのと違い、個別に骨壷ごとに安置されます。そのため、埋葬するお墓が決まらなくて納骨堂を一時利用することも認められます。埋葬先が決まれば納骨堂から骨壷を取り出し埋葬し直すことも可能です。

また、永代供養をお願いする場合には、原則として一定の期間が経過すると合葬されることになります。この期間も管理者との契約により、合葬する時期を選ぶことが可能です。なお、契約次第では、合葬せずにずっと納骨堂で管理・供養してもらうこともできます。

○費用について

一般のお墓よりも墓地・墓石の費用がかからない分、合祀墓・合葬墓と同様に安いと言われていますが10万円~150万円と費用に大きな差があります。

また、事前にお金を支払えば維持費用がかからない合祀墓・合葬墓と違い、納骨堂で管理・供養されている期間は毎年5,000円程度、維持費がかかってしまう場合もあります。

合祀墓/合葬墓へのお参りの仕方

合祀墓・合葬墓には一般的に、参拝者向けに共用の参拝スペースがあります。そこで自由に花を供え、線香をあげて供養することができます。また、管理者が清掃を行っているため、常に衛生的な面は配慮されています。

一つの大きなお墓に複数の遺骨が埋葬されるので、いつ参拝に行っても誰かが花や水を手向けてくれています。先祖代々お墓を維持している場合よりも、供養や管理が行きとどいている点は合祀墓・合葬墓の良さといえます。

なお、お墓の管理者が年に数回程度またはお彼岸の時などに、合同供養祭を行う場合もあります。その時に僧侶による読経が行われることになりますが、毎年何回このような合同供養が行われるかは、合祀墓・合葬墓を管理している管理者によって異なります。

まとめ

合葬による埋葬方法は、管理者が永久的に管理・供養してくれる点で遺族がいない人物でも安心してお墓に入ることができます。一方、遺族にとっては、何らかの理由で墓地を放置することにより、その管理・供養に悪影響が出る心配もなく管理者へ任せられます。

ただし、他の遺骨と一緒に葬られ、定期的な合同供養も行われるため、お墓に参拝する遺族の足が次第に遠のくケースもあります。お墓は、たとえどのような形態・形式をとったとしても、故人を悼み冥福を祈る場であることに変わりはありません。

そのため、合葬による埋葬方法に決める前に、今一度、埋葬されるご本人と家族にとって、この供養スタイルが合っているのかどうかを互いに話し合い、考えることが大切です。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-698
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-698
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.