墓じまいにかかる費用相場は?何にいくらかかるか知ってますか?

カテゴリー お墓

お墓
PR
お坊さん手配サービス

墓じまいとはお墓を引っ越しして片付けることでお寺や墓地の管理者に敷地を返すことです。
近年この墓じまいを行う人が非常に増えています。核家族化が進んだり少子高齢化によって墓参りをして守る人がそばにいなくなってしまうので、身近な管理のしやすい場所にお墓を移動しようと考える方が増えているようです。
そんな墓じまいですが、墓じまいを何度も経験したことのある人というのは少なく、負担しなければならない費用についてなど周りに聞くことが難しいものです。
こちらの記事では、墓じまいにかかる費用とその内訳についてわかりやすく紹介していきます。

手続きに必要な書類とかかる費用相場

墓じまいの流れとしては、事前に親族間で話し合いの場を持ち、墓じまいの同意を得て、今現在のお墓があるお寺や霊園に墓じまいの意向を伝えることから始まります。
親族間で上手く同意が取れていないとトラブルに成ることも多いので注意が必要です。

親族と墓地管理者の同意が取れたからといってすぐに墓じまいが出来るかと言うとそういったことはなく、役所で手続きが必要となります。
手続きに必要な書類は別の移転先へ改葬する場合は「改葬許可証」、新しいお墓に移動する場合には「受入証明書」「埋葬証明書(納骨証明書)」などの書類が必要となります。

書類の入手方法

改葬許可証は、墓地のある市区町村の役場で入手することが出来ます。
埋葬証明書は、現在の墓地の管理者が発行し、受入証明書は改葬先の管理者が発行する書類です。

交付手数料

改葬許可証に関しては交付手数料が基本的に不要なっていますが、念の為自治体に問い合わせていたほうが確実です。

受入証明書に関しても多くの場合で手数料は基本的に発生しません。これに関しても墓地・霊園によっては手数料が必要となる場合もありますので事前によく確認しておきましょう。

埋葬証明書に関しても書類そのものは無料で頂けることが多いです。この様に、手続きに必要な書類そのものは無料かわずかな手数料程度で貰えるのが基本となります。

有効期限

有効期限が定められていることが多いので有効期限内に手続きを完了させなければなりません。

埋葬許可証についての詳しい説明はこちらをご参照ください

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

開眼供養/閉眼供養に必要な僧侶(お坊さん)へのお布施の相場

開眼供養

開眼供養とは、魂入れなどとも呼びますが新しいお墓や仏壇などを購入した際に僧侶(お坊さん)に読経をしてもらうというものです。

浄土真宗では開眼供養は行われていないのですが、開眼供養とは別の法要が行われています。

開眼供養はその名の通り目を開くと言う意味があり、仏像作りにおいて最後に行う目を描き込む作業を儀式したものだと言われています。この開眼供養を行わないと魂が入らず霊験が宿らないので必ず必要なものになります。

開眼供養のお布施の相場

開眼供養は僧侶に読経してもらうことになりますのでお布施が必要となりますが、お布施というのはなかなかどれくらいお包みしたら良いのかわからず迷ってしまうという人も多いでしょう。
開眼供養におけるお布施の相場は有ってないようなものと言われるほど曖昧なものですが、概ね3万円から5万円程度が相場とされています。

法要後に会食の席を設ける際は僧侶の出席を加味しなければなりませんが、僧侶によっては会食を辞退されることも少なくありませんので、そういった場合には御膳料として1万円程度別にお包みするのが基本です。

閉眼供養

開眼供養に対し、閉眼供養というものもあります。閉眼供養は、開眼とは逆に魂の入ったお墓から魂を抜くという法要です。閉眼供養で魂抜きをしていただいた後でないと納骨されているお骨を取り出す事はできません。

閉眼供養のお布施の相場

閉眼供養を行った際のお布施に関しても開眼法要と同額程度が相場とされています。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

菩提寺などのお寺への離檀料の相場

檀家を離れることを離檀と呼ぶようになりましたが、離檀と墓じまいは似ているようで異なるものです。墓じまいは更地に戻してお返しすることですが、離檀はお寺の檀家をやめることになります。
離檀に関しては先祖代々お付き合いをしてきた場合にはお寺側の気持ちも考えて感謝を伝えつつやむを得ず離檀させていただけないかという相談をすることが必要となります。

いざ離檀するとなった場合に離檀料をどうしたら良いのかと迷ってしまう方は多いでしょう。元々離檀という言葉自体最近になってできた言葉で離檀料と言うと手切れ金のように受け取られて気分を害してしまうお寺も多く受け取らない事も少なくありません。
離檀料としてではなく、今まで先祖がお世話になってきた感謝として最後にお布施をするという形で離檀料を支払うケースがほとんどです。

離檀料の相場

離檀料の相場に関してですが、それまでにお寺にお布施していた金額の3回分程度が相場と言われています。
一般的には3万円から5万円程度なので、10万円から15万円程度が離檀料の相場と言えるでしょう。
この時に注意しなければならないのが、法要におけるお布施と離檀料として支払うお布施は別であるということです。

離断の方法など詳しい説明はこちらをご参照ください

お墓の解体、撤去にかかる石材店への費用の相場

墓じまいの際にはお墓を解体したり、撤去しなければなりません。これらに関してはお寺の方で石材店を紹介してもらうというケースは少なく、自分で石材店を探して解体撤去費用を支払うという形になります。
解体撤去費用に関しては石材店による違いも大きいですが、お墓の敷地の大きさによっても左右されます。

解体、撤去の費用の相場

相場としては1平方メートルあたり12万円で1坪の大きさになると40万円とされています。
しかし、お墓の形状などが一般的なものと異なったり、墓地の形状が特殊な形等の場合には追加料金が必要なケースも多いので注意が必要です。

石材店によっては相場を大幅に下回る超安価で請け負うところもありますが、墓石というのは産業廃棄が必要なのであまりにも安価な場合には不法投棄を行っているケースもありますので信頼できる石材店を見つけることが大切になります。

移転先に払う納骨費用と相場(改葬の場合)

お墓を別の場所にお引越しすることを改葬と呼びますが、改葬には当然移転先が必要で移転先に支払わなければならない費用が存在します。

納骨費用の相場

移転先に支払う代表的な費用として挙げられるのが納骨費用です。納骨を家族自身で行う場合には納骨費用は不要となりますが、一般的には委託する形になりますので別途費用が必要です。

相場としては無料で行ってくれるケースもありますが1万円から3万円程度が相場となります。この納骨費用に関してはそれぞれに必要なケースがほとんどです。
つまり、元々のお墓に先祖のお骨が複数納骨されていたと言う場合において1体1万円の納骨費用が必要とすると、両親の2体分あるとすれば2万円といった形でお骨の数に応じて価格も比例して増えていくという形です。

運搬費用の相場

また、改葬の場合は墓石の運搬が必要となります。墓石の運搬に関しては石材店などの専門業者に依頼する形になりますが、墓石の運搬に関しては20万円から80万円程度が必要で、移動距離と墓石の大きさによって大きく異なります。
運搬費用やお骨の埋葬などは別料金にされているケースもあれば、全てが込み込みとなった料金にされているか石材店によって異なりますので事前によく確認が必要です。

ここがポイントPOINT
 
 
宗派が異なるお寺などに納骨する場合、それまで使用していた戒名が使用不可となるケースもありますので注意しましょう。

改装の手続きの詳しい説明はこちらをご参照ください

粉骨や散骨業者への費用と相場(散骨・手元供養・永代供養の場合)

墓じまいをする場合、お墓を引っ越しする改葬以外にも様々な供養の方法があります。

散骨

まず、お墓などを用意せずに散骨したいという場合ですが、散骨とは海などに遺骨を粉末状にして撒くというものです。
散骨の方法には自分で行う場合と業者に依頼する場合がありますが、骨を粉末状にする粉骨に関しては専門業者に依頼するのが一般的です。

元々お墓に埋葬されていたお骨は湿気を帯びているため乾燥作業が必要な場合もあり、その場合は乾燥料金が追加料金として必要です。乾燥料金も含めて粉骨料金は2万円前後が相場となるでしょう。

散骨は粉末化されていれば自身で行っても構わないですし、行政機関や市町村役場などへの届け出も一部の自治体を除き必要ありません
ただし、マナーとして海であれば海水浴場の近くであったり、漁業区域では行うことは避けなければなりません。
山の場合は、民家の近くや他人の所有地では行ってはいけません。

業者に依頼した場合、委託の形であれば5万円から10万円程度で散骨をしてもらえますが、散骨に同席する場合は船をチャーターしなければなりませんので20万円から40万円程度の価格が相場です。

ヘリコプターなどから散骨する場合にはさらに高額な料金が必要です。

散骨の手続きの詳しい説明はこちらをご参照ください

遺骨を粉骨する手順など詳しい説明はこちらをご参照ください

手元供養

手元供養をしたいという場合、必要に応じて粉骨する必要があります。先祖のお骨は粉骨してひとまとめにし両親のはそれぞれの骨壷になどといった形も可能です。
手元供養する際の粉骨費用も散骨する場合と同様の費用が必要となります。

手元供養の詳しい説明はこちらをご参照ください

永代供養

永代供養と言う方法もあります。永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり永代(三十三回忌まで)にわたって供養することです。永代使用とは全く異なるものなので注意しましょう。

永代供養の場合、単独墓・集合墓・合祀墓の3種類があり単独墓>集合墓>合祀墓といった具合に価格は高くなる傾向にあります。
合祀の意味など詳しい説明はこちらをご参照ください

永代供養は価格にかなり差があり、単独墓などといったことだけではなく地域差もかなり大きいと言われています。そのため相場を出すのはかなり難しいですが、最も安価なタイプで10万円程度からあり都心に近い人気のところになると数百万円というケースも少なくありません。
永代供養は33回忌を過ぎると共同の納骨室に移動されたり、墓誌への掲載が行われなくなることがほとんどです。

遺骨のメンテナンス費用と相場

遺骨

墓じまいには改葬の場合もあれば散骨などその他の方法で供養することがありますが、どのような方法を取るにしても遺骨のメンテナンスが必要です。
骨というものは全く変化しないものと思っている方も多いですが、長年お墓の中に埋葬されていると骨壷に入っているとはいえ湿気を吸収してしまい溶けてしまったりカビが生えてしまうことも少なくありません。そのため、取り出したお骨はメンテナンスが必要となるのです。

具体的なメンテナンス方法としては、骨壷の中にある水分を抜き洗浄や乾燥、殺菌などを行うことになります。

洗骨を専門の業者に依頼した場合、相場としては2万円から3万円程度の費用となります。
ただし、古いご先祖のお骨となると土葬されていたケースなどもあるので土汚れが酷い場合などもありそういった場合は別途費用が必要な場合もありますし、再火葬と言って新たに火葬し直すケースもあるのです。

経年劣化によって骨壷にヒビが入っていたりするケースもありますので、そういった場合には新たに骨壷も購入する必要があるでしょう。

薬品などを使用して真っ白なきれいな状態にしなくても良いというのであれば、洗骨は個人でも可能です。
ネットに入れてきれいになるまで水で洗い、水切りをした後に2日以上天日干ししてあげれば完了です。ネットなどの道具の費用だけで済むので安価に出来ます。

墓じまい代行業者に払う費用相場(代行をお願いする場合)

墓じまいには様々準備や手続きが必要となるので、とても自分だけでは出来そうもないと感じてしまう方も少なくありません。
そういった方の強い味方となってくれるのが墓じまい代行業者です。墓じまい代行業者と言ってもどこまで代行してくれるのかは業者によって異なります。

墓じまい代行業者の中には石材店などもありますが、墓じまいの手続きは法律に則って行われるため行政手続きに関わる書類の代行に関しては行政書士などの専門家に依頼しなければなりません
行政書士が在籍していない墓じまい代行業者の場合は行政書士を紹介してもらい、墓じまい代行業者とは別に行政書士にも費用の支払いが必要です。
その場合、行政書士に支払う費用の相場としては3万円から6万円程度となるでしょう。

墓じまい代行業者に全ての交渉などもまとめて依頼するという場合には、どのような形で供養するのかによって必要経費なども変わってきますが100万円から250万円程度が相場となります。
ただし、墓じまい代行業者も価格設定はかなり差がありますので、安価に墓じまいをしたいという場合にはいくつかの墓じまい代行業者に見積もりを依頼するか、自分で出来ることは自分でするということが必要になるでしょう。

まとめ

近年増えてきている墓じまいには様々な手続きが必要となり、実際に作業を行う際や法要をしていただく際にはお布施などの費用が必要です。
墓じまいの費用の相場というものは規模やその後の供養方法などによっても異なり難しいので事前にしっかりとシミュレーションしておく必要があるでしょう。
墓じまいは無縁墓を防ぐためにも必要なことになりますので、必要な場合はそれぞれの家庭に合った方法で行うことが理想となります。

4/5 (22)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-694
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-694
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.