通話無料
24時間365日対応
0120-541-585 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

墓じまいのトラブル事例と対策

カテゴリー お墓

お墓の写真
PR
お坊さん手配サービス

お葬式が終わった後はお墓に埋葬するというのが一般的な流れだと思います。以前までは、その際にお墓を代々受け継いでいくことが当たり前でしたが、近年では先祖代々のお墓を受け継がない、または受け継ぐ人がいなくて無縁墓になってしまうというケースも多くなっています。
なぜこのようなことが多くなったのでしょうか?昔と違い、受け継ぐべき子どもが遠方に住んでいて管理が難しかったり、子どもに負担をかけたくないのでお墓を受け継がなくても良いと考える親御さんや、そもそも子どもがいない、といった理由があります。このように、お墓を誰も受け継がないという場合には、墓じまいをするという選択肢があり、それを選ぶ人も増えてきているのです。
しかし、墓じまいが多くなるのに比例してトラブルも増えています。安易に墓じまいを決めてしまうと思わぬトラブルが起こってしまうこともありますから注意が必要です。今回は、墓じまいでよくあるトラブルの事例と対策について解説していきます。

墓じまいについて親族間のトラブル事例

墓じまいのトラブルでもっとも多いのが、親族間のトラブルです。親族間のトラブルには、費用面でのトラブルや合意を得ずにトラブルになるケースがあります。

親族の合意を得ずに墓じまいをした

お墓を受け継ぐ人だけで墓じまいすることを決めて実行してしまうと、トラブルになりやすいです。墓じまいをした後に、なぜ墓じまいをしたのか、お墓を残しておいてほしかったということを言われてしまうケースはよくあります。
自分がお墓に入ることがないとしても、両親や先祖などが入っているお墓であることに変わりはありません。思い入れがあるという場合もありますので、相談なしに勝手に決断してしまうと、信頼関係が壊れてしまってトラブルになる、親戚関係が険悪になるということもあるのです。

墓じまいの費用を巡るトラブル

墓じまいをするといってもタダでできるわけではありません。墓じまいをするためには、離檀料や墓地を整地する費用などが必要になります。
またそれだけではなく、墓石を解体する前に行う閉眼供養や遺骨の洗骨など、墓じまいにはさまざまな費用が必要になるのです。
その費用をどのように負担するかといったことはトラブルの原因になりやすくなっています。
先祖の墓なのだから、親戚全員で負担するのが当然と思っていても、同意を得ていないと支払いを拒否されてしまって、全額を支払わなければいけないといったケースもあるのです。
親族の同意を得ていない墓じまいの場合には、費用のトラブルも起きやすいので注意が必要でしょう。

離檀料について菩提寺と金銭的なトラブル事例

墓じまいをする時には、菩提寺にその旨を伝えなければいけませんが、その際に数百万円ほどの離檀料を請求されるというパターンもあるようです。
このようなことが起こっているのは一部のお寺ですので、すべてのお寺でこのような事態が起こるということではありませんが、離壇料の相場はそのお寺によるところによるので、高額な離壇料が必要になるケースにもあります。

果たしてこの離壇料は必ず払わないと行けないのでしょうか?

最初の契約がどうなっていたかが重要になってきています。墓じまいの流れで離壇することになった際に料金が発生する話があったか確認しましょう。

料金が請求される一方で、墓じまいをする側が今まで先祖を供養してくれたことへの感謝の心を表すものとして、お布施を行うというのも一つの考え方です。これまで先祖含めてお世話になったお寺に対して感謝の気持ちを込めてこちらからお渡しするケースもあります。

離壇料を知らずに墓じまいを進めてしまうと、後になって費用が必要になってしまう場合もあるので、関係各所には事前に相談しながら進めることで、このようなトラブルを防ぐことができるのではないでしょうか。

離檀についての詳しい説明はこちらもご参照ください

お墓の解体、撤去について石材店とのトラブル事例

お墓の土地というのは、使用する権利を買っているだけでそのお墓の土地自体を買っているわけではありません。そのため、墓じまいをしようと思った場合には、墓石の解体や撤去といったことを行い、墓地を更地にして返還する必要があります。墓地を更地に戻す工事は素人では行うことができませんから、石材店に頼むのが一般的です。この石材店とのトラブルも少なくはありません。墓地が提携している石材店ではないから工事を受け付けてもらえない、高額な費用を請求されて困ってしまうというトラブルなどがあります。

お墓の撤去や整地費用は、お墓の場所やお墓の広さ、お墓の作りなどによって大きな違いがあります。そのため、インターネットなどに載っている相場はあまり当てにならない、ということもあるのです。お墓が山の中にあったり、トラックが入れないような狭い場所にあるという場合には、撤去のための機械を入れることができず手作業で行わなければならないこともあり、費用が通常よりも高くなることがあります。
コンクリート土台を隣同士で繋げている連結墓地のどちらかひとつを墓じまいする場合には、工事も難しく費用が高くなりますが、このような事情を知らない人が多いため、相場よりも高い、想像していたよりも高額だということでトラブルになるケースが多くなっています。

墓じまいのトラブルを避けるための対策

女性

このように、墓じまいをする場合にはさまざまなトラブルが起こる可能性がありますが、これを避けるためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。

親族間の場合

親族間のトラブルを避けるためには、まずきちんと話し合いをすることが重要になります。勝手に決めてしまうと、墓じまい自体には賛成していても相談もなく勝手に決めて失礼だというように、心理的にしこりが残ってしまう可能性があります。
そのため、墓じまいをしたいと思ったら、とにかく相談することを心がけましょう。
年配の方の中には、墓じまいなど先祖に対して失礼だというような考えを持っている方も多くいます。そのような方はなかなか納得してくれないケースもありますが、納得してもらえるまで丁寧に説明して合意を得ることが必要になるでしょう。

遠方に住んでいるので管理が大変、管理できずに放置する方が先祖に対して申し訳ないので墓じまいをしたい、というようになぜ墓じまいを選択することにしたのか、きちんと説明して納得してもらうように努力してください。
同意のない墓じまいが、親族間のトラブルのもとになりますから、関りの多い親族にはできるだけ同意してもらえるように誠意を尽くしましょう。
また、同意を得るだけでなく費用についての相談も行ってください。いくら同意を得たとしてもいきなり「これだけの費用がかかったので、ある程度負担してください」と言ったのでは相手側もいい気はしません。
そのため、墓じまいにかかる費用を一人で負担するのは大変なので、親族で折半したいと考えているということをあらかじめ伝えておきましょう。

菩提寺との場合

菩提寺とのトラブルは日ごろの付き合いによって変わってきます。僧侶と言えども一人の人間ですから、今まで供養なども任せっきりにしていたような檀家から、いきなり墓じまいをしたいと言われていい気はしないでしょう。
失礼だと思われてしまってトラブルになるケースもあるので注意が必要です。

トラブルを回避するにはます、事前に墓じまいの相談を少しずつしておくことが重要になります。
墓じまいを考え始めたら、管理が難しいので墓じまいを考えているといったことを相談していきましょう。僧侶と相談しながら、墓じまいについて考えていくとトラブルになりにくくなっています。
今まで供養をしてもらってお世話になった菩提寺ですから、感謝の気持ちをもって礼儀を忘れないことが大切なのです。
また、墓地の管理費を滞納しているといったことがあれば、墓じまいの際に一緒に請求されることもありますので、準備しておきましょう。相談などをしながら進めたのに、想像以上の離檀料を請求されたという時には自分自身で解決するのは難しいですから、弁護士や行政書士といった専門家に相談してみてください。

石材店との場合

公営の墓地以外では、提携している石材店があるのが一般的です。そのため、前もって菩提寺などに提携している石材店があるかどうか確認してみてください。
菩提寺の場合には僧侶がある程度の相場を知っている場合もありますので、墓じまいの相談の時にどのぐらいかかるのか聞いてみるのもいいでしょう。

提携している石材店がない、公営の墓地なので自分で石材店を選ぶという場合には、しっかりと見積りを取ることが重要になります。いくつかの石材店で見積りを取って、比較してみればある程度の相場を知ることができるでしょう。
また、見積りの際に現地確認をしない業者では、後から思わぬ追加費用がかかってしまうという危険性もありますので、現地確認をして見積りを取ってくれる石材店を選ぶようにするのもトラブル回避の方法です。

まとめ

このように墓じまいをする場合には、親族間や菩提寺、石材店などとトラブルが起こる可能性があります。墓じまいを経験している人は少ないですから、どのように進めたらいいのか、どのぐらいの費用がかかるのかよくわかっていないという人も多く、そのためトラブルが起きやすいのです。
トラブルを避けるためには、事前の情報収集が重要になります。僧侶や石材店などに墓じまいについて相談して、墓じまいの流れやどのぐらいの費用がかかるのか調べておきましょう。
また、親戚への相談を怠らないということも大切ですから、管理しているのは自分だけと思わずに、しっかりと相談して合意を得るようにしてください。
墓じまいのトラブルは、周囲への説明不足や墓じまいへの理解不足などから起こります。そのため、急がずにしっかりと順序立てて行うようにしましょう。そうすることが、トラブル回避につながるのです。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.