通話無料
24時間365日対応
0120-541-585 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

墓じまいの流れと手順

カテゴリー お墓

お墓
PR
お坊さん手配サービス

終活をしている人や葬儀方法の検討をしている人の中には「墓じまい」という言葉を見聞きした事のある人もいるのではないでしょうか。
墓じまいは現代に即した形の供養方法であり、近年では墓じまいを行う家庭も増加してきています。しかし、意外にも墓じまいという言葉の意味を知っている人はそう多くありません。

お墓や供養と言った文化は古来より受け継がれ続けて来たものであり、新しい形式が中々溶け込む事ができないからでしょう。
今回は現代における先祖供養の形として有用な墓じまいについてその意味や手続きの流れ、実際に踏むべき手順をご紹介します。一族の今後にも関わる事ですので、この記事を参考にして家族の人と相談してみて下さい。

墓じまいとは?

墓じまいとは現在抱えているお墓を片付けて、お寺や墓地の管理者に土地を返上する事で「遺骨の引越し」を行う事です。
少子化や核家族化が進む日本では、2014年頃から墓じまいを行う人が増えてきたと言われています。加えて暮らしが豊かになるに連れて現代人のライフスタイルも大きく変化し、忙しさから墓参りをする人や機会も全体的に減少傾向です。

少子高齢化の影響

お墓は遺骨を収めたら終わりではなく、維持管理する為の手間や費用もかかります。少子高齢化に伴って管理する跡取りが少なくなり、負担を感じて墓じまいを行う事も少なくありません。
純粋に跡取りがいなくなってしまい墓じまいせざるを得ないというケースも見受けられます。

少子高齢化の影響はお墓を管理する側だけではなくお墓参りする高齢者にも現れており、特にお盆の時期に炎天下の中お墓参りする事が体への負担が大きいという人も増えています。
こうした背景からもお墓を片付けて遺骨を引越しさせて供養する需要が増えていると言えるでしょう。

無縁墓化の増加

お墓は跡取りが絶えたり縁故者がいなくなってしまうと「無縁墓」という扱いになります
墓地の管理をしているお寺や業者は毎年墓地の管理費を収集していますが、無縁墓になってしまうと費用の回収が困難です。そこで管理者は官報に掲載したりお墓に立て札をして一年間程縁故者を募ります。
そこで申し出がなければお墓は撤去され、取り出された遺骨は他の無縁墓の遺骨と一緒に合祀墓(ごうしぼ)という場所へ葬られるのです。

墓石業者や自治体の調査によると、既に40%ものお墓が無縁墓化しているとのデータもあります。このままのペースで無縁墓化が進むと10年後にはお墓全体の60%が無縁墓化するとさえ言われているのです。
跡取りがいなくなってしまう事自体は少子高齢化の流れから致し方ない部分もあるでしょう。丁寧に葬られたご先祖様も最終的に無縁墓となり、人知れず合祀墓へと移されてしまうのは忍びない事ではないでしょうか。
しかし、お墓の最後の継承者である祭祀継承者がきちんと墓じまいを行う事で、ご先祖様をしっかりと遺族の元で供養する事が可能です。
また、自身の没後の在り方を決める為の終活にも影響を及ぼす事にもなるでしょう。

 

墓じまいを行ってお墓を更地に返す事は、ネガティブな事ではありません。墓じまいを行う事でご先祖様の供養をしっかりと管理できますし、今後の一族や自身の葬儀方法も幅が広がります。
現代人の生活様式に即した葬儀方法のひとつとして、墓じまいは多くの人達が取り入れているのです。

墓じまいの手順/流れ/必要な手続き

実際に墓じまいの手続き行うにあたって、何から手を付けたら良いのか分からない人も多いでしょう。
墓じまいには踏むべき手順が多く存在しますが、一連の流れを把握してしまえばそんなに難しいものではありません。ここでは正しい手順と流れを身につけて墓じまいへの理解を深めましょう。

1. 現在の、お墓の中を確認する

まずは墓じまいを行うお墓の中を確認しましょう。

・誰の遺骨が納められているのか
・大きさや数はどうか
・埋葬後の経過年数や破損
・汚れなどの状態
・火葬済みであるかどうか

基本的な確認事項としては以上のようなポイントが挙げられるでしょう。
日本では火葬がほとんどの埋葬方法となっていますが、古い遺骨などはごく稀に土葬されているもしくは火葬が十分でない可能性もあるので念の為確認しておく事が大切です。
遺骨が複数埋葬されている場合などはどの遺骨が誰のものであるか、一時的にメモを貼るなどして分かりやすくしておきましょう。

2. 遺骨の供養方法を決める

遺骨を取り出したら各遺骨の埋葬方法を決定しましょう。
墓じまいでは管理を行う人がいなくなるので、管理の手間や維持費がかからない方法を選出する事になります。墓じまいにおける主な埋葬方法は以下の通りです。

改葬

改葬とは遺骨を他のお墓に移して供養する事を指します。通常の改葬では古くなったお墓から新しくキレイなお墓に移すという事が主な目的とされていますが、墓じまいの場合は費用軽減や管理維持の問題が重要です。
墓じまいで改葬する場合は通常の墓地へ遺骨を移すよりも、比較的管理費の安い公営共同墓地への埋葬がポピュラーになっています。
共同墓地への埋葬の場合は他の家族の骨壷と隣り合って埋葬される事が予想されるので、持ち込む骨壷はキレイに洗浄した上で殺菌処理を施しておく事が望ましいです。
骨壷は様々な菌やバクテリアに晒されているので、改葬の場合はトラブル回避の為にも特に殺菌処理が必要となるでしょう。

改葬についての詳しい説明はこちらもご参照ください

永代供養

お墓参りする人がいない、いても住まいが遠方または高齢などの理由で訪問できない様な場合には永代供養がよく選ばれます。
永代供養はお墓の管理者に代わって寺院が管理・供養を行ってくれるシステムです。費用的には改葬よりも安く済むケースが多いでしょう。
委託費用は大きく分けて以下の3段階です。

・個別の骨壷を永代に渡って供養、合祀(他の人の遺骨との合同供養)されない
・納骨時には個別であるが、33回忌や50回忌などの節目で合祀に切り替え
・最初から合祀で供養

上から順番に費用が高くなっています。合祀されてしまうと遺骨を取り出すことができなくなってしまうので、永代供養先に預ける前にしっかりと家族間で話し合っておく事が大切です。
供養先に預ける前に墓石屋さんに頼んで一度遺骨を取り出し、カビの有無を確認した上で水抜きを行い新しい骨壷に入れるなどしてキレイにしておきましょう。

合祀についての詳しい説明はこちらをご参照ください

散骨

船やヘリコプターから海へ遺骨を撒いたり、最近ではバルーンに乗せて成層圏で遺骨を撒く事ができるのが散骨です。
費用は改葬よりもかなり安く済ませる事ができますが、散骨にも大きく分けて3つのパターンが考えられます。

・個別の家族で船を貸しきって散骨
・複数の家族合同で船に乗って散骨
・業者に委託して散骨してもらう

上から順番に費用が高いケースです。散骨の場合には遺骨を乾燥させて細かく砕いておく事が必要になります。
家庭でも可能ですが、手間隙や安全性、処理を施す遺骨の量などを考慮すると専門業者に依頼する事がオススメです。

散骨方法についての詳しい説明はこちらをご参照ください

遺骨の粉骨する手順についてはこちらをご参照ください

手元供養

遺骨を納骨せずに自宅や自分の身の回りに置いておける環境で管理するのが手元供養という方法です。
墓じまいで取り出した遺骨全てでなくても、改葬や散骨を行いつつ一部の遺骨だけ手元供養として残しておく人も増えています。
保管方法としては取り出した遺骨をしっかりと洗浄した上で必ず殺菌処理を施し、新しく密閉性の高い骨壷や真空パックに入れておくのが良いでしょう。場合によっては細かく砕いておく事で保管しやすくなります。
また、故人をより身近に感じていたい場合には、専門業者に依頼する事で遺骨をペンダントなどのアクセサリーに加工してもらう事も可能です。

手元供養の詳しい説明はこちらもご参照ください

分骨の手順についてはこちらをご参照ください

3. 移転先や散骨業者を探す

埋葬方法が決まったら改葬や永代供養であれば移転先を、散骨であれば散骨業者の目処を立てておきましょう。
先にある程度業者の目処や見積もりを立てておく事で、親族や相続人と相談する時に話をスムーズに進める事ができます。

4. 移転の場合は「受入証明書(使用許可証)」をもらう

改葬や永代供養で遺骨を他の墓地などに移動させる場合には、「移転先」の寺院や墓地が受け入れを許可した事を示す「受入証明書(使用許可証)」が必要になります。移転先のお墓の管理者に連絡して発行してもらいましょう。
手元供養や散骨も併せて予定している場合には、実際に移転の有無が確定するまで発行できない場合もありますので注意してください。そうした場合には市区町村へ担当部門へ問い合わせしておくと後々の手続きがスムーズになるでしょう。

5. 親族/相続人に相談し許可をもらう

ある程度計画がまとまった所で親族や相続人に墓じまいの相談を持ちかけてみましょう。
お墓とは先祖代々受け継がれているものであり、直系の親族以外に伯父伯母の家系など親戚が携わってる事も多いです。例え自分がお墓の管理を任されている身だとしても、独断で墓じまいに踏み切る事は親族間でのトラブルの元になります。
墓じまいの意味や実施後のイメージを持ってもらう為にも供養方法や移転先を説明した上で、必要であれば親族の意見を取り入れて内容を整えていきましょう。
不安であれば祭祀継承権を持った人の連名でのサインを記した書面などを用意しておくと、後々に揉め事になる可能性を更に抑える事も可能です。

6. 現在の墓の管理者に墓じまいの連絡をする

親族の合意が得られて墓じまいの意向が固まったら、「現在のお墓がある墓地」の管理者に連絡を入れましょう。
多くの場合はお寺や霊園になりますが、連絡を入れると墓じまい専用の書類を送付してもらう流れになります。ホームページや電話口で書類について確認しておくと後々安心です。

7. 現在の墓の管理者から「埋葬証明書(納骨証明書)」をいただく

埋葬証明書とはお墓に誰の遺骨が収められているかをお墓の管理者が証明する書類です。なので「現在のお墓がある墓地」の管理者に発行してもらう事になります。
公営霊園の場合は運営元である市区町村に問い合わせてみましょう。

 

8. 現在の墓がある市区町村役場から「改葬許可申請書」を取り寄せて記入する

受入証明書と埋葬証明書が揃った所で、「現在のお墓」がある市区町村の役所から改葬許可申請書を取り寄せて必要事項に記入を済ませましょう。
この書類は墓じまいの後に改葬や永代供養、納骨堂へ遺骨を移す場合に必要となる書類です。
また「お墓の改葬を行う人」と「現在のお墓を使用している人」が異なる場合は、お墓を使用している人の改葬許可申請書も必要になるので注意してください。市区町村によって様式が異なる点にも留意しておきましょう。

9. 現在の墓がある市区町村から「改葬許可証」をいただく

「受入証明書」「埋葬証明書」「改葬許可申請書」の3枚を「現在のお墓」がある市区町村の役所に提出して改葬許可証を発行してもらいます
基本的に遺骨を全て散骨や手元供養で処理する場合は不要な手続きですが、お寺や自治体によって解釈が異なり場合によっては改葬許可書がないと遺骨を渡してもらえないケースがあるのです。
こうした場合には改葬許可申請書の理由欄に「自宅供養のため」と記入して提出しましょう。
散骨を理由にすると公式な判断が難しいという理由から許可を下ろさない自治体が多くなっています。

10. 現在の墓から遺骨を取り出し、閉眼供養を行う

書類が一通り揃ったらお墓本体に着手します。まずは現在のお墓から遺骨を取り出して閉眼供養を行いましょう。
閉眼供養は「魂抜き、お精抜き(おしょうぬき)、御霊抜き」などとも呼ばれる儀式で、お墓に宿った故人の魂を抜き取りお墓を単なる物体に戻す作業です。
閉眼供養を済ませたらお墓の管理者に改葬許可書を提示して遺骨を取り出しましょう。遺骨が古く既に土に還っている場合は周りの土を少し持ち帰るのが一般的です。

11. 離檀をする

お寺にお墓がある場合は原則として家がそのお寺の檀家になっているという事になります。現在のお墓を撤去して遺骨を移動させる為には檀家から離れる為の「離檀」という手続きが必要になります。
法律的に金銭が発生する手続きではありませんが、今までお世話になったお寺に対するお布施という意味でいくらか費用がかかる事が多いです。
中には「お布施は必要ありません」と明言するお寺もありますので、お墓の管理をしてくれていたお寺に確認してみましょう。
その際にはいきなり離檀という言葉を使うのではなく、墓じまいの意向を伝えた上で離檀へ話を運ぶとスムーズです。

離檀の方法についての詳しい説明はこちらもご参照ください

12. 石材店を探す

お墓の移動・撤去に関する作業には専門業者の協力が必要になります。石材店に依頼するケースがほとんどになりますが、自分で探す前にお墓の管理者と提携している石材店がないか確認しておきましょう。
お墓の状態や敷地内の構造を理解しているかどうかが見積もりにも大きく関わってくる為です。また、重機が入れない様な狭い敷地内となると人力での撤去作業となるので費用がかさむ場合があります。
こうした事も踏まえて2、3社程度見積もりを出してもらい比較してみると良いでしょう。

13. 石材店に現在の墓の解体、撤去をし更地にしてもらう

依頼先の石材店が決まったら実際に墓じまいの作業へ取り掛かる事になります。お墓の外柵、カロートと呼ばれる納骨室、お墓の竿石などを小型のクレーンを用いて撤去してもらいましょう。
外柵はある程度砕いて撤去する事が一般的です。一通り撤去作業が終ったら整地してゴミ取りや足りない土を補充しておきます。
ここまでの作業を終えたらお墓の管理者に永代供養権を返上しましょう。なお、散骨や手元供養ですぐ改葬を行わない場合には、「遺骨引渡し証明書」をお墓の管理者に発行してもらうとトラブルの予防になります。

14. 改装の場合は移転先に「改葬許可書」を提出する

改葬を行う際には「新しい納骨先」の管理者に改葬許可書を提出しておきます。

15. 遺骨を埋葬し開眼供養を行う

新しい納骨先へ遺骨を納めたら開眼供養を行い、新しいお墓にご先祖様の魂を宿してもらいましょう

 

以上が墓じまいに於ける一連の流れと手順になります。書類を用意・提出する際は「現在のお墓の管理者」「移転先のお墓の管理者」「各市区町村」のどこで発行、どこへ提出するものであるかをしっかり把握しておきましょう。
また、墓じまいに関する合計費用は埋葬方法や各自治体・お寺などで上下する為一概ではありませんが一般的には50万~100万円程度で行われています。

墓じまいにかかる費用についての詳しい説明はこちらをご参照ください

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

墓じまいを行う際に必要な業者や機関

お坊さん

墓じまいには土地管理や供養、石材処理など様々な専門家の協力が必要不可欠です。いざ墓じまいを行う事になった時、慌ててしまわないように必要な業者や機関をまとめて把握しておきましょう。

僧侶(お坊さん)

遺骨を取り出す際の閉眼供養や新しく納骨する際の開眼供養は各お寺の僧侶にお願いする事になります。この時、手続きを滞りなく済ませる為にお布施を用意しておく事も留意してください。
一般的には離檀の際にも離檀料がかかりますので、檀家となっているお寺に確認しておきましょう。

現在のお墓の管理者

埋葬証明書や各種必要書類の発行を行ってもらう他、墓じまいの最初から最後まで関わる事になるのが現在のお墓の管理者です。良好な関係を築いてスムーズな手続きが可能な状態にしておきましょう。

石材店

実際の墓じまいの撤去作業を行ってもらうのは石材店になります。お墓の管理者と長い付き合いや提携関係にある石材店があれば、積極的に問い合わせてみると良いでしょう。
なお、石材店に依頼して墓地の撤去作業を行ってもらう場合の費用は1平方メートル当たりの料金単位で計算される事が一般的です。依頼する石材店によって料金は上下しますので、管理者との提携は関係なく費用対効果を見比べて依頼先を決めると良いでしょう。

市区町村役場

改葬許可申請書の取り寄せや改葬許可書の発行、公営霊園の場合は埋葬証明書の発行など市区町村の役所には書類手続きで何かとお世話になる事になります。
改葬許可申請書は各自治体によって様式が異なるので、不明な点は迷わずに担当窓口へ問い合わせるようにしましょう。

粉骨業者や散骨業者

散骨は個人で行う事を禁止する法律が無いので自主的に行う事も可能ではありますが、儀式としての形式を取りたいのであればやはり業者に依頼して行う方が良いでしょう。
散骨やアクセサリー加工へ持ち込む為に遺骨を粉末状にする作業は親族が行うには精神的な負担も大きく、仕上がりから考えても専門の業者に依頼する事が現実的です。
費用的にどうしても厳しい場合を除いては粉骨業者や散骨業者を利用するようにしましょう。

移転先のお墓の管理者

新しい納骨先の管理者はこれから遺骨を管理してくれる新しいパートナーとも言える存在です。それだけに移転先の管理者選びは墓じまいに於いて重要なポイントのひとつと言えるでしょう。
改葬や永代供養で遺骨を移転させる場合には、実際に霊園へ足を運ぶなどして慎重な移転先選びを心がける事が大切です。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

その他、墓じまいの手続き等を代行してくれる業者

墓じまいの流れや手順は分かったけどその上で自分達で行うのは難しそうだ、という人も少なくないでしょう。
墓じまいが現代人の生活様式に即したものである以上、墓じまいを検討する人が忙しい日々を送っている事も想像に難くありません。墓じまいには代行サービスが存在しており、手続きや作業を委託する事が可能となっています。
ただし、代行にもいくつか種類があり必要に応じて適切な業者へ依頼しなければ意味がありません。むしろやってもらえると思っていた手続きや作業を行ってもらえずトラブルの元にもなります。各業者の代行範囲をしっかり確認しておきましょう。

手続きに必要な書類の記入を代行してくれる行政書士

必要事項の多い改葬許可申請書の記入や各種書類手続きのみを代行してくれるのが行政書士です。忙しくて中々書類の発行や提出、記入にまで手が回らないと言った時には行政書士を頼ると良いでしょう。

寺院との交渉を代行してくれる業者

檀家の家庭が墓じまいするにあたってお寺とのやり取りは避けては通れないと言って良いでしょう。墓じまいの理由についてもきちんと話す必要があります。
しかし、中には寺院存続の為に高額な離檀料を請求されるケースも存在するのです。遺族からすれば故人の供養でお金の揉め事は避けたい所と言えるでしょう。
こうした場合に事を穏便に、かつ墓じまいに対して協力もらえるよう交渉してくれる専門の業者が存在しています。多くは交渉事の専門家である弁護士が請け負っています。
離檀料以外のトラブル相談にも乗ってもらえるので、自分での解決が難しそうであれば積極的に頼ってスムーズに話を進めてもらいましょう。

遺骨の一時預かり、保管をしている業者

墓じまいをする事は決まったけれど遺骨の埋葬方法が決まっていない、または移転先が決まっていなかったり空きが出るまでに期間があると言ったケースも考えられます。こうした場合には遺骨を一時的に預かってくれる業者を頼りましょう。
請負業者は葬儀屋から石材店まで様々なので、料金や内容などを見比べて必要に応じて利用してください、ただし、保管後一定期間を過ぎてしまうと自動的に合祀墓で永代供養となってしまう内容のサービスもあるので注意が必要です。

全ての手続きを代行してくれる業者

書類の発行や提出、墓石の撤去に納骨までオールインパッケージで代行を請け負う業者も存在しています。この場合は石材店や葬儀屋がお抱えの行政書士と共に作業を進めるケースが多いです。

 

代表的な代行パターンは以上の4つになります。代行と一口に言ってもカバーしている範囲は様々なので、まずは墓じまいのどの部分を代行して欲しいのかを明確にしておきましょう。その上で希望範囲をカバーした業者を選んで有効活用してみてください。

まとめ

今回は現代の供養の形として浸透しつつある墓じまいについて、その流れと手順をご紹介しました。
一口に墓じまいと言っても取り出した遺骨の供養方法が数パターン存在したり、手続きや作業を行ってもらう依頼先・依頼内容で料金が大きく上下します。
墓じまいという行いがそれだけ多様なニーズに即した形になっている事が伺えるでしょう。しかし一律に語る事ができないが故に、親族との綿密な話し合いは墓じまいにおいて非常に重要なウェイトを占めています。

中には墓じまいに際して親族の意向がスムーズにまとまったケースは、話し合いが持たれた場の全体の30%とも言われているのです。逆に言えば、それだけ親族のご先祖様に対する思い入れが強いという事にもなるでしょう。

お墓を管理して守っていく事は簡単な事ではありませんが、せっかくお墓があってもお参りする人や機会がなければ持ち腐れとなってしまいます。ご先祖様に寂しい思いをさせたくない、自分がお墓に入った時にちゃんと管理されているか不安だ、跡取りが絶えてしまったなど、墓じまいを検討するにあたっての理由は人それぞれでしょう。

現代では様々な供養の形式がとられており、お墓に対する考え方も多様化しています。将来を見据えてお墓をどうするか、この機会に親族と話合ってみるのも良いのではないでしょうか。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.