葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

色は?素材は? 通夜・葬儀に参列する際のハンカチのマナー

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

葬儀に参列する際に必要不可欠となるハンカチ。どのようなハンカチを持って葬儀に参列するのが一般的なのでしょうか。「黒ければ何でも良いでしょ」と思っている人は案外多いのではないでしょうか。今回は、葬儀に参列する時に、ご遺族の方々へ失礼のないハンカチの選び方について説明します。

葬儀に持っていくハンカチは何色が良いの?

「葬儀に持っていくハンカチの色は、服装が黒なのでやっぱり黒が基本なんだろう。」
と思っている人がほとんどではないでしょうか。

しかし、葬儀に参列する際に携帯するハンカチの色の基本は白です。
白のイメージと言えば結婚式などの慶事に使用する色だと思ってしまいがちですが、お通夜や告別式などの弔事でもハンカチは白がスタンダードな色だということを覚えておきましょう。

それでは、なぜ葬儀に持っていくハンカチの色は白がスタンダードなのでしょうか。
それは、日本では古来から神事や弔事は白装束の姿で行うことを風習としていました。また、その風習からか亡くなられた方は白装束で旅立つという風習は、今も残っています。そのことから「ハンカチの色は白」ということが古くから基本となっているのです。

葬儀に持っていくのに失礼にあたらないハンカチの色は、白。もしくは、葬儀・告別式の服装に合わせて目立たない黒と覚えておくと間違いありません。

最近では、お香典などを包むのに使用する袱紗(ふくさ)のカラーやデザインに合わせて、グレーや淡い紫、白に近いピンクや水色などのハンカチを使用しても失礼に当たらないと言われるようになり、葬儀で使用できるハンカチのカラーバリエーションもひと昔前と比べると格段に増えてきています。

一方で、時代がどんなに変化しても葬儀に持っていくハンカチとして絶対NGと言われているのが、赤や緑、ピンクなどの原色です。
このNGポイントだけ抑えておくだけでもいざという時に慌てることなく白や黒に近くシンプルなハンカチを使えば大丈夫と思えますね。

お通夜や告別式など葬儀は、ある日突然訃報を受けるものがほとんどなので、できれば葬儀用として白のハンカチを1枚用意しておくようにすると、どんな葬儀に参列しても遺族に失礼な印象を与えたり、参列している人達から白い目で見られることもありません。

柄ものや刺繍が入って良いの?

葬儀の席で、刺繍が入っているハンカチや、柄もののハンカチを使うのはマナー違反なのでしょうか。
葬儀の席で使うハンカチに対しては、余程派手で目をひくものを使わない限りは、誰も気に留めることはないと思います。

白や黒など葬儀の時に使うハンカチは、

  • 同系色の刺繍が入っているもの
  • レースが縁取りされているものの同系色で目立たないもの

でしたら、失礼にあたりません。

葬儀に持っていくハンカチの色でも触れましたが、今は袱紗(ふくさ)に合わせてハンカチを用意される方も多いので、色とデザインが統一されシンプルだけどオシャレなハンカチを使用している人も多いです。
ただし、どんなにシンプルでオシャレなハンカチであっても、基本的には、

  • 色使いが派手なもの
  • 柄物・光沢があってピカピカしているもの

といったハンカチは使用しないように心がけましょう。

お通夜や告別式など葬儀の席では、黒の服装の人だらけなので、
「このくらいの柄なら大丈夫かな?」
「ちょっとキラキラした模様が入っているけど大丈夫だろう」
という意識で葬儀に参列し、そのようなハンカチを使用すると想像以上に目立ち、人の目に触れて良くない印象を残してしまうことも少なくありません。
ハンカチをバッグやポケットに入れる時には、黒づくめの服装の人たちの中で目立たないだろうかということを一度、ハンカチを見て想像してみることをお勧めします。
このように色、柄、刺繍が目立つか目立たないかを意識さえすれば、それほど気にする必要はありません。

葬儀の席では、ハンカチを使っている人のことを直視していつまでも見ている人もまずいないので、余程人の目を引くものでなけれ大丈夫です。

レースやタオル地でも問題ないの?

葬儀に使用するハンカチは、色は白か黒などのシンプルな色にして、刺繍や柄、レースなど目立たなければ、それほど慎重になる必要もないことがわかりました。では、ハンカチの素材に決まりや常識と言われるものはあるのでしょうか。

最近、ハンカチとして使用している人が多いタオル生地のハンカチは、葬儀などのフォーマルな席では、使用しない方が良いという説と、色や柄さえ気をつければ気にする必要はないという説がありますので、基本的には、タオル生地のハンカチは使わないという意識でいた方が間違いないかもしれません。

レースのハンカチは、白・黒の色で控えめなものなら大丈夫です。

一般的な葬儀で使用するハンカチの素材

葬儀に使用するハンカチの素材で一般的なのは、木綿・麻・綿の3種類とハンカチの素材としてはごくごく一般的なものですよね。この3種類の素材のハンカチを使っていれば失礼にあたることはなく、葬儀に限らずTPOを選ばずに使用することができます。それぞれの素材のハンカチの特徴についてちょっとだけ触れておきたいと思います。

木綿のハンカチ

木綿は、英語でコットンと言われる素材で、植物からとれる繊維を元に作られています。
木綿で作られたハンカチは、肌ざわりが良く、手にとっても、目元に使っても優しい感触がホッとさせてくれます。

麻のハンカチ

麻は、植物繊維で作られています。麻とひとことで言ってもその種類はとても豊富です。
日本で使用されている生地の中でも一番古くから使われていると言われています。
そんな麻を使用したハンカチは、通気性や発散性が良いので、軽くてサラッとした使い心地です。
取り扱い的には、とてもシワになりやすいので注意が必要です。

綿のハンカチ

綿は、生地としてはとても歴史が古く、木綿同様に、肌触りが良く吸収性が高いのでハンカチとして使用する上ではとても使いやすいです。
ただし、すぐに傷みやすく、シワになりやすいという特徴のあるので、丁寧に使用することと、使用しない期間の保存方法など気を遣わなければいけません。

まとめ

同じように見えていても素材によって使い心地などは若干違いがあることが解ります。
自分の好みの素材のハンカチを用意しておくと安心です。

男性と女性で違いはあるの?

葬儀に参列した際に使用するハンカチには、色や柄、デザインに素材など気にするべき点がいくつかあることがわかりましたが、これらの点は、男性と女性に共通することなのでしょうか。基本的には、葬儀の参列で使用するハンカチについては、男性だから、女性だからと性別による違いはありません。

葬儀で使用するハンカチの基本は、男女共に白。
もしくは、黒・グレーなど光沢がなくシンプルなデザインのハンカチを持つようにしましょう。
ハンカチの素材も木綿・綿・麻などを選ぶようにすると安心です。

葬儀に参列する場合、女性はハンドバックを持参することがほとんどですので、女性はハンドバックの中に入れておけば良いでしょう。一方、男性はバッグなどは持参することはまずありませんので、ハンカチをポケットの中に忍ばせておきます。この際の注意点として、どの素材のハンカチもシワになりやすいので、キレイにたたんだ状態を維持できる場所のポケットに入れておくと良いでしょう。いざ使おうと思った時に、シワクチャな状態のハンカチでは、色柄・デザイン以上にだらしなく見えて、遺族の方々に失礼にあたってしまいますしね。できれば、ポケットティッシュと一緒にポケットに入れておくようにすると、イザという時にはポケットティッシュで代用できるので安心です。

まとめ

参考になりましたでしょうか。
葬儀ではハンカチは涙を拭う時に必須の持ち物となりますので、必要以上に目立ちます。ぜひ、ハンカチに至るまで、マナーに気をつけて、故人やご遺族に対して配慮できるようにしましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る