通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

初盆のお布施の金額相場と渡し方

カテゴリー 法事・法要

 

故人が亡くなって初めて迎えるお盆となるのが初盆・新盆。親戚などが集まって法要や会食を行うなど、通常のお盆より丁寧に執り行われるのが一般的です。初盆・新盆の法事法要の際にはお寺を訪れて初盆・新盆のお参り、または自宅に僧侶を招き読経してもらうことになります。この時、僧侶に渡す謝礼をお布施といいます

しかし、お布施の渡し方や金額などを迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは初盆・新盆におけるお布施の金額や、その渡し方についてご紹介していきます。

初盆/新盆のお布施の金額相場

お布施は、読経や戒名を頂いたお礼として僧侶へ渡すものです。基本的には本堂へのお供えとして納める感謝の気持ちで、値段を尋ねても「お気持ちで」と言われてしまうことも少なくありません。感謝の気持ち、となると人それぞれ考え方も違ってきますよね。新盆・初盆のお布施のだいたいの相場が分かっていれば安心だと思います。一般的なお布施金額の目安は以下のとおりです。

お布施

お布施の相場はあくまで目安ですが30,000円程度~50,000円が一般的です。お布施は現金に限らず、食事やお土産をお布施として渡す地域もあります。

御膳料(僧侶が会食を辞退した場合)

参列者に飲食をふるまう会食にも引き続き僧侶を招きましょう。もし会食に僧侶が欠席する場合は「御膳料」も渡します。食事の場合、法要の会場によっても異なりますが、御膳料として包む金額の相場は5,000円〜20,000円くらいです。

お車代(お寺以外の場所で僧侶に読経してもらう場合)

僧侶を自宅に招く場合は、5,000円〜10,000円程度をお車代として包みましょう。また、タクシーを手配して僧侶に来てもらい、施主がタクシー会社へ直接支払いをするという方法もあります。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

初盆/新盆のお布施の表書きの書き方

初盆・新盆の際、施主は僧侶に渡す謝礼を準備します。本来であれば、半紙の中包みに現金を入れ、奉書紙で包むのが最も丁寧ですが、奉書紙が用意できない場合、必ず熨斗(のし)袋ではなく白い封筒を使います。封筒が二重になっているものは、不幸が重なることを意味することになるので使わないようにしましょう

また、郵便番号欄の無い封筒を選ぶようにすることが大切です。文字を書く時は、香典とは違いますので薄墨ではなく、黒ではっきりと書きます

では、ここから初盆・新盆に渡す封筒の表書きについてみていきましょう。

お布施

封筒の表には「御布施」「お布施」「御経料」のいずれかを書きます。下段には施主の氏名をフルネームで書きましょう。裏側には名前と住所、金額を記載すると丁寧です。

お車代

読経のために自宅やその他の会場まで僧侶に来てもらう場合は、お車代を封筒に入れて渡します。表書きは「お車代」とするのが一般的で、下段に名前は書きません

御膳料

初盆・新盆の法要の後、会食の席を用意している場合において、僧侶が欠席を申し出た際は「御膳料」を包みます。表書きは「御膳料」とするのが一般的で、下段に名前は書きません。会食を実施しない場合は、折り詰め料理やお酒などを渡しましょう。

初盆/新盆の渡し方

女性

お布施は僧侶に直接手で渡してはいけません。切手盆や祝儀盆と呼ばれる黒いお盆を使うのがベターですが、なければ小さなお盆に載せて用意しましょう。渡す時は、文字が正面にくるよう僧侶の方に向けて差し出します。お盆もないという場合は、袱紗(ふくさ)に封筒を包み、渡しましょう。法要が始まる前、お坊さんに挨拶するタイミングでお布施を渡して構いません。読経が終わり、一段落ついた時に渡すのもいいですね。お車代などがあれば、一緒に渡しましょう。

では次に、僧侶にお布施を渡す際に添える挨拶の文例をご紹介します。

法要が始まる前に渡す場合

「本日はご多用のところありがとうございます。お世話になります。こちら些少ではございますがどうぞお納めください。よろしくお願いいたします。」

法要が終わってから渡す場合

「本日はご多用のところ、大変ご丁寧なお勤めを賜り、ありがとうございました。おかげさまで無事、葬儀を執り行うことができました。些少ではございますがどうぞお納めください。」

僧侶にお布施を渡す際に、必ずしも決まった挨拶があるわけではありません。心を込めて感謝の気持ちを伝えるという事が大切です。

初棒・新盆用セット

宗教/宗派による違い

初盆・新盆は宗教や宗派によって、飾りや用意するものも違います。初盆・新盆の法要での習慣が違ってくるのは一般的に以下のとおりです。

浄土真宗

亡くなった後は浄土で仏さまになるという考えから、お盆に帰ってくるという概念がありません。初盆に灯篭(とうろう)や盆提灯(ぼんちょうちん)、精霊棚(しょうりょうだな)は飾らない、など用意するものも他の宗派とは変わってきます
しかし初盆・新盆となると一般的なお盆の時期に法要を執り行うことになります。お布施の金額等も他の宗派と変わりありません

キリスト教

キリスト教では、亡くなった人は神様の元に行けるという考えなので、神様の元で元気に暮らしてください、という気持ちでお参りをします。
初盆・新盆の時期に法要を行う事は無く、お布施という概念もありません。お盆の時期に故人を供養したい場合は、お世話になっている教会の牧師に相談しましょう

神道

神道もお盆の迎え方はほとんど仏教と変わらず、先祖崇拝の考えがあるため、お盆の時期には、お墓参りに行って祖霊舎の前で手を合わせます。しかし初盆で神社に出向くことはなく、神職を呼んで祝詞を奏上し、集まった方々と榊を奉納します
その後、会食をするのが一般的な流れです。支払うお礼は封筒の表書きに「御礼」を入れます。

それぞれの宗教や宗派の概念やマナーを理解し、失礼のないよう気を付けることが大切です。

新盆(初盆)やお盆の準備について

そのほか、お盆のお墓参りや新盆(初盆)には準備するものがあります。詳しくは下記をご参考ください。

まとめ

たくさんの人が集まる初盆・新盆。準備や参列者への対応などで、慌ただしいと思いますが、お布施や、お盆など、必要になるものは早めに準備しておくことが大切です。心配な場合には親族などに相談し、分からないことはお寺に直接確認することで、気持ちの良い初盆を迎えられるようにしましょう。

法事・法要で僧侶へ包むお布施に関してはこちらもご参照ください

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る