24時間ウェブ決済可能

カード会社
通話無料
24時間365日対応
0120-541-706 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

初盆のお供え金額の相場と選び方

カテゴリー 法事・法要


PR
お坊さん手配サービス

故人の死後、四十九日を過ぎてから初めて迎えることになるのが初盆です。地域によっては新盆とも呼ばれます。
初盆は僧侶を招いてより丁寧な法要が営まれるため、親族や、故人と親交が深かった人も法要や法事に招かれる場合があります。
では、法要・法要に招かれた人は、持参しなければならないお供えが通夜や葬儀とは違ってくるのでしょうか。初盆のお供えについて気になるマナーと合わせてみていきましょう。

初盆のお供えの意味

初盆の法要に出席するときには、故人の霊を慰めるために供物供花を持参します。お供えの方法や内容は、地域や宗派によってさまざまですが、だいたい以下のようなパターンが一般的です。

・お香典を渡す
・お香典の代わりに品物をお供えする
・お香典と品物の両方を用意する

どれが適切かは事前に周りの人に確認しましょう。仏教での初盆では、適切とされるお供えものの種類があり、それぞれに込められた意味があります。例えば以下のようなものです。

・香りがあるもの(線香など):心身を浄化する
・明かりがつくもの(ロウソクなど):ご先祖様が通る道を明るくする
・花:ご先祖様に喜んでもらう
・浄水:心を清らかにする
・飲食物:ご先祖様の食事

これを基本として、お供え物は線香・ロウソク・花・果物・日持ちするお菓子や乾麺、海苔などの食品が一般的です。

供花配達レビ
お急ぎの方も当日12時までにご注文にいただけ れば即日配達!各地のしきたりに 合わせたお花 を選ぶなら供花配達レビへ

初盆のお供えの選び方

初盆のお供え物は、お線香、ろうそく、提灯、花などが定番です。
昔から、新盆を迎えた家には親戚などから、仏壇の前などに吊るす盆提灯を贈る、という習わしがありました。身内で提灯代を出し合ってお供えするケースもみられます。
しかし最近では住宅事情から、盆提灯をお供えすることも少なくなり、代わりとしてお線香ロウソクをお供えするのが一般的となりました。また、白提灯は一つでいいので、だいたい遺族が用意することになります。

供花を選ぶ際に気を付けたいのは、供花の種類です。トゲのある花は避ける、など注意しなければならないことも出てきます。心配な場合は、花屋さんでアレンジメントしてもらうのが無難でしょう。

喜ばれるのはジュース旬の果物です。お菓子などを選ぶ時は、日持ちする、個別包装されているものが良いとされています。理由は、初盆の法要が終わってから、招かれた人達にお供え物の「お下がり」を分けて持って帰ってもらうことができるからです。
郵送する場合は、特に賞味期限を考慮して送るようにしましょう

初盆のお供え物の金額相場

お供え物に関する金額の相場については、故人との関係性によっても変わってきます。
親、兄弟姉妹、祖父母、伯父伯母や孫などの近い親族、または近い間柄であれば10,000円程度のお供えものを用意します。
友人の場合は5,000円~10,000円くらいのお供え物を選びましょう。
品物だけで10,000円分を用意するのが大変な場合は、お香典と品物の両方を渡すようにしても大丈夫です。

近所の方、会社関係などであれば3,000円~5,000円程度のものが無難です。

初盆法要の後に会食に参加する場合は、その分を考慮してお香典を1万円~2万円程度と、少し多めに包むと良いでしょう。

初盆のお供え物を送る時のマナー

【お墓】

お供え物を送る際、地域によってマナーはさまざまです。初盆にお供え物を送るといっても、何をいつ送るのか、熨斗(のし)はどうしたらいいのかなど、迷うことが多いですよね。ここでは初盆のお供え物に関する疑問を解決していきます。

直接手渡しが良いの?郵送で送っても失礼に当たらない?

初盆を迎える方が遠方で、直接伺う事が難しい場合、お供え物は手渡しではなく郵送しても失礼には当たりません
直接初盆の法要に訪問する場合は法要の後の食事の有無などによりお香典の金額も違ってきますが、郵送の場合には食事の金額を考慮する必要はありません。

お香典を郵送する際は、可能であれば訪問できない旨のメッセージを付けるようにしたいものです。
メッセージは「本来でしたら直接お参りに伺いたいところでしたが、遠方のためままならず、申し訳ございません。」など、伺えない理由とともにお詫びを述べておくことで、受け取った相手に丁寧な印象を与えることができるでしょう

送る時期はいつが良いの?

初盆のお供え物を郵送する場合、送る時期は特に決まりはありません。しかし、初盆の準備は、お盆月に入ってから始まりますので、お供え物はお盆の10日前から前日までに送るようにしましょう。
ここで重要なのは、お供え物の送り先の地域のお盆の時期です。

大きく分けて、お盆の時期は2通りあります。
一般的に多いのは8月にお盆を迎える地方で、8月13日~16日の4日間となります。
東京、神奈川、静岡、愛知の都市部、北海道、北陸、東北の一部など7月にお盆を迎える地域7月13日~16日の4日間です。

このように、場所によって違いがあるので事前に確認しておきましょう。
初盆の法要に招かれている場合、当日にお供え物を持参します。
初盆の家を訪問する際は、迎え盆・送り盆の日は避けたお盆の期間中に出かけます。突然訪問すると香典返しの用意がなく、相手に気を使わせてしまいますので気をつけましょう。

熨斗(のし)の書き方は?

初盆のお供え物には熨斗をかけて送ります。誰が、どんな目的で送ったかがわかるように「外のし」が基本となります。

水引は白黒か黄白の結び切りで、表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物」のいずれかを書きます。
黄白の水引は北陸や山陰など関西方面で多く使われています。使用しても問題ないか、地域によって確認してみてください。

熨斗の下段にはフルネームで名前を書きます。夫婦連名で書く場合は、夫の名前を中央に、妻は名前だけを左横に書きましょう。

お香典として送る場合

お供え物に現金はおかしい?

初盆であればお香典として現金を送っても問題ありません。最近ではお供え物の代わりに「供物料」として現金を包むことが一般的になりつつあります。

送る際には、水引が結び切りの不祝儀袋に現金を入れて渡します。
郵送する場合は現金書留専用の封筒に不祝儀袋ごと入れるのがマナーです。一緒にメッセージを添えるとさらに丁寧です。

のし袋の表書きは「御供物料」と書き、下に名前を書きます。

初盆(新盆)の香典相場と渡し方

一般的に初盆の法要に参列する際には、お金を包んで持参するのがマナーです。

お返しにはいくら位の金額のどんな商品を送ったら良いの?

初盆でいただいたお香典のお返しをする場合、相場は、一般的には頂いた額の半分~3分の1程度が目安です。
例えば、5000円の場合、1500円~2500円程度の品。3000円の場合は1000円~1500円程度の品という具合です。

お返しする品は、基本的に消耗品が良いとされています。長く使うものは、見るたびに故人を思い出して辛い気持ちになる方もいるからです。
また、お盆の時期は夏場なので、傷みにくいもの、食品であれば海苔や乾麺・調味料など、日持ちのするものが良いでしょう。食品以外であれば洗剤やカタログギフトなどが喜ばれます。

まとめ

初盆は故人の四十九日後に初めて迎えるお盆であるため、普段のお盆よりも丁寧に供養が行われます。
初盆の慣例は、地域によって違ってきますので、その地域に合わせた慣例や故人との関係を考慮してお供え物を送りましょう。

4.75/5 (4)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-706
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-706
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.