通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

閉眼供養・魂抜きとは?

カテゴリー お墓

お墓
PR
お坊さん手配サービス

お墓を新しく建てる時、お墓の場所を移動する時などは閉眼供養を行うことが一般的です。お墓に限らず、仏壇を処分するとき、戒名を追加でお墓に彫刻するときにも閉眼供養が必要だと言われています。
少子高齢化社会の日本にとって、これから閉眼供養が必要になる機会が増える可能性があるとも言われています。
閉眼供養とはどのような儀式でしょうか。閉眼供養について知っておくことで、必要になった場合でも慌てずに対応ができます。閉眼供養の儀式の流れや必要なものを紹介します。

閉眼供養・魂抜きとは?

お墓を移転したり、新しいお墓に建て替える時、また永代供養墓に変えることを「改葬」と言います。墓石には仏様となった故人の魂が宿ると言われています。
閉眼供養とは、改葬を行うときに僧侶を呼んで、今あるお墓の墓石に宿っている仏様の魂を抜き、墓石をただの石に変えるという意味を持つ儀式です。
仏様の魂を墓石から抜いてから、実際の工事に入ります。

仏様の魂が宿っていると言われる仏壇を処分するときもこの閉眼供養が必要です。

閉眼供養は閉眼法要とも言われます。また閉眼の意味は、仏様の目を閉じるということで、「魂抜き(たましいぬき)」や「性根抜き(しょうねぬき)」「御魂抜き(みたまぬき)」とも言われることがあります。

閉眼供養は宗派によって意味合いが異なります
浄土真宗は教義の違いから閉眼法要にあたる儀式のことを「遷仏法要(せんぶつほうよう)」と言います。

改葬については「お墓を移す(移転・移動)時に必要な手続きと費用」の記事をご参照ください。

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

閉眼供養・魂抜きの準備

行う時期

冠婚葬祭では六曜を気にかけて行う場合が多いです。葬儀は仏滅に行う場合が多く、友引は避けられる傾向があります。
法事も葬儀と同じように仏滅に行う場合が多いようです。

しかし、閉眼供養を行う場合は弔事には当たらないため、六曜は関係無いとする考え方が一般的のようです。縁起を気にする人の中では閉眼供養の際も仏滅を選ぶ人が多いとも言われています。

ただ、現実には六曜よりも家族親族との話し合いが大切と言われています。親族間のトラブルを回避するために、なぜ改葬が必要でお墓の工事はどんな内容になるかをきちんと伝えておきます。
閉眼供養は身近な親族が立ち会って行われる儀式なので、親族が立ち会える日程で閉眼供養を行う日を選定することが重要です。

流れ

閉眼供養の流れは、まず家族、親族間での話し合いです。改葬が必要な理由を伝えて家族親族の同意を得ることが大切です。

お墓の工事のことや日程を話し合います。次に石材店などに相談し、工事の詳細を把握します。
費用や必要なものがあるかもこの時に確認しておきます。それから閉眼供養をしてもらうお寺に相談、依頼をします。

お供え物や服装、日程も確認しておきます。家族親族、石材店にもお寺に確認した内容を伝えます。
親族立ち会いの下、閉眼供養を行うという流れになります。

服装

閉眼供養の時には一般的には喪服を着用する必要はないと言われていますが、地域や宗派によっては喪服を着用する場合もあるようです。

男性はダークスーツに黒色や紺色などのネクタイ、女性も派手な色合いの服装は避けて、地味な色合いの服を着用するのが一般的なようです。

必要なもの

閉眼供養時に必要な物は、お寺とよく確認することが必要になります。
宗派やお寺によって準備するものは異なりますが、一般的には次のようなものが必要といわれております。

  • おりん(お経の合間に鳴らす鐘)
  • りん棒
  • りん布団
  • 木魚
  • 香炉(線香立て)
  • 線香差し
  • ローソク立て
  • 花立て
  • 経机
  • ライターやマッチ
  • 線香
  • ローソク
  • 生花(仏花)
  • お供え物(故人が好きだったお酒やお菓子)

費用

開眼供養の時には感謝の気持ちの意味でお布施を渡します。お布施は地域や宗派によっても異なりますが、3万円から10万円が相場と言われています。
僧侶にお墓まで移動してもらった場合などはお車代として5千円から1万円を渡すのが相場のようです。

御膳料は5千円から1万円ほどが相場と言われていて、閉眼供養の後に会食などはしないことが一般的ですが、御膳料も用意しておいたほうが良いとされています。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

まとめ

お墓

現在の日本は少子高齢化社会です。今後高齢化はさらに進むと言われており、お墓に入る人が増えていくことが予想されます。
閉眼供養はお墓の移転などの時に限らず、戒名のときにも必要です。

お墓は田舎の実家にあるという人もたくさんいます。実家に家族が住んでいれば、家族に会うために帰省しやすいですが、実家に誰もいなくなった場合には、お墓参りの頻度が減ってしまうことも少なくありません。
さらに、少子高齢化の影響で、お墓を守る跡継ぎがいなく、やむなく墓じまいをして永代供養墓に変える人も増加していると言われています。

家族だけでなく先祖代々が眠っているお墓もあります。自分だけの考えでお墓を変えるのではなく、他の家族親族と話し合い、同意を得てから実行に移すことが大切です。

社会の変化とともにお墓事情も変化しています。お墓の事情が変化した場合にも閉眼供養について知っておくことで慌てずに対応できるでしょう。

墓じまいの流れと手順についてはこちらをご参照ください

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.