24時間ウェブ決済可能

カード会社
通話無料
24時間365日対応
0120-541-699 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

法事とは?法要との違い、種類とそれぞれの意味、作法とは

カテゴリー 法事・法要

 
お墓参り
PR
お坊さん手配サービス

通夜・葬儀が終わったあとも、故人の冥福を祈り、供養が行われます。
宗教や地域性により、呼び名や行う時期、儀式の内容に違いはあるものの、故人を偲ぶという想いには違いはありません。
ここでは、葬儀後に続く法事・法要の種類ついてご紹介します。

法事・法要とは?

法事・法要とは、亡くなった人の霊を慰めるために行うもので、追善供養とも呼ばれています。
仏教では、人は亡くなってから七週間(四十九日間)、現世と冥土とのとの間をさまよっているといわれており、この四十九日間のことを中陰といいます。

この間に残された者は、故人の霊が極楽浄土に行けるようにと定期的に祈る儀式をします。このことを法要と呼んでいます。

法要の種類:忌日法要・年忌法要

法要には種類があります。
亡くなってから100日目までに行うものを忌日法要
死後1年目以降行うものを年忌法要といいます。

法事・法要の違いは?

一般的に「法事」と呼ばれている追善供養ですが、意味合いとしては、お経をあげてもらう追善供養のことを「法要」と呼び、追善供養後の会食まで含むものを「法事」と呼びます。

法要は、故人の冥福を祈るために行うものです。
故人が極楽浄土に往生できるよう、供養するためにも必要な儀式となっています。

忌日法要とは

故人が亡くなった日から数えて7日ごとを忌日といいます。
忌日法要とは、7日ごとに行われる法要のことです。

命日

命日とは、故人が亡くなった日(*月*日)のことをいいます。
祥月命日とも呼ばれ、1年に1回訪れます。
親族や友人・知人を招き、お坊さんにお経を唱えてもらって法事法要を行います。

初七日(しょなのか・しょなぬか):7日目

初七日では、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。
読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。

しかし現在では、葬儀の後に、初七日を続けて行う、式中初七日が増えてきています。(※地域によって異なります)

初七日についてさらに詳しく知りたい方はこちら

二七日忌(ふたなのか・ふたなぬか):14日目

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

三七日忌(みなのか・みなぬか):21日目

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

四七日忌(よなのか・よなぬか):28日目

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

五七日忌(いつなのか・いつなぬか):35日目

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

六七日忌(むなのか・むなぬか):42日目

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

七七日忌(なななのか)/四十九日(しじゅうくにち):49日目

七七日忌では、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。
読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。

※一般的にこの日が忌明けとなります。 本位牌を仏壇へ、また、白木の位牌を菩提寺へ納めます。

※納骨はこの日に行う方が多いです。

百ヶ日法要(ひゃっかにち):100日

遺族のみで行われます。
お坊さんの読経やお焼香については、一般的に省略されます。

 

その他、忌日法要の期間に関する呼び方

忌日法要に関する言葉には、普段あまり聞きなれない言葉もあります。
ここから、「満中陰」「中陰供養」と呼ばれるものについてご紹介します。

満中陰

満中陰とは、人が亡くなってから次の生を受けるまでの四十九日のことを表します。
「七七日」「四十九日」がこれにあたり、中陰が満ちる、つまり中陰の終わる日のことを満中陰といいます。
遺族や親族をはじめ、友人や知人を招き、お坊さんによる読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。

中陰供養

四十九日までの間を中陰といいます。
その間に行われる法要(初七日・二七日など)のことを中陰供養と呼んでいます。
中陰法要を行うは場合はお坊さんに読経をあげてもらいましょう。

 

納骨などに関する法事・法要

納骨の際の法事・法要をご紹介します。

納骨法要

納骨法要とは、火葬された遺骨をお墓や納骨堂へ納める法要のことをいいます。
四十九日の法要後、あわせて行われることが多いです。
お坊さんに読経してもらい、故人の魂を供養します。

納骨についてさらに詳しく知りたい方はこちら

開眼法要

開眼法要とは、仏壇や位牌を新たに購入した際や、お墓を新たに建てた際に、行われる法要の事をいいます。
お坊さんを招いて読経してもらいます。
別名、入魂式・魂入れ・仏壇開きとも呼ばれます。

還骨法要

還骨法要とは、火葬が終わり骨上げをした遺骨を持ち帰って行われる法要で、宗派によって「還骨勤行」、「安位諷経」など呼び方も様々です。
小机に遺骨と遺影、線香、ローソクを置いて供養します。

還骨法要についてさらに詳しく知りたい方はこちら

ベスト仏壇
人気の仏壇【送料無料】、どこよりも低価格・ 格安で案内しています。 『仏壇は15,800円』 からご用意!

年忌法要とは

故人の命日のうち、定められた年に行われる法要が年忌法要です。
三回忌以降は数え年の数え方があるので、実際の経過年数と一致しません。
宗教、地域性によって異なる点もありますが、一般的な法要をご紹介します。

なお、命日当日に仕事などで都合がつかない場合、命日より前に行うのがよいでしょう。

一周忌:満1年目

一周忌では、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。
読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。

三回忌:満2年目

三回忌では、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。
読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。

七回忌:満6年目

一般的に、遺族や親族で行われ、読経の後、焼香やお斎を全員で行ないます。
この七回忌あたりから法要の規模が縮小されていきます。

十三回忌:満12年目

遺族のみで行われるのが一般的です。

十七回忌:満16年目

遺族のみで行われるのが一般的です。

二十三回忌:満22年目

省略される場合もあります。

二十七回忌:満26年目

遺族のみで行われるのが一般的ですが、省略される場合もあります。

三十三回忌(弔い上げ):満32年目

遺族や親族のみで行うことが多いのですが、生前交流のあった友人や知人が列席することもあります。
お斎(食事)の準備をし、列席いただいた方々をもてなすのが一般的です。

三十三回忌で「弔い上げ」とすることが一般的です。

「弔い上げ」とは、これ以上の法事は行わず、これをもって年忌法要を終了することをいいます。
故人が罪を犯した場合でも、極楽浄土へ行くことができ、荒御魂が祖霊になると考えられています。(宗派により異なります)

五十回忌(弔い上げ):満49年目

遺族や親族のみで行うことが多いのですが、生前交流のあった友人や知人が列席することもあります。
お斎(食事)の準備をし、列席いただいた方々をもてなすのが一般的です。

五十回忌で弔い上げとする場合もあります。

百回忌:満99年目

三十回忌、五十回忌で弔い上げとし、省略される場合が多いですが、百回忌を行う場合は遺族のみで行われるのが一般的です。

百五十回遠忌:満149年目

没後長い期間を経て行われる仏事のこと遠忌(おんき)といい、五十年忌、百年忌などがあげられます。
一般の方の場合、三十回忌、五十回忌をもって弔い上げが行われ、省略される場合が多いですが、百五十回遠忌を行う場合は遺族のみで行われるのが一般的です。

命日に関する法事・法要

遺族が故人のことをいつまでも大切に思い続けることは、なによりの供養になります。
命日は、故人を思い出す良い機会となるでしょう。

祥月命日

亡くなった当日以降、一年後の一周忌を含めた命日「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ぶのが本来の呼び名です。
祥月には「祥=めでたい」という意味があります。
忌が明けてめでたいということから、祥月命日と呼ばれていました。
親族や友人・知人を招き、お坊さんにお経を唱えてもらって法事法要を行います。

月命日

故人が亡くなった日と同じ日にちのみ「月命日」と呼び、お墓参りや仏壇の掃除を行います。
命日は1年に1回訪れるのに対し、月命日は毎月1回ってきます。

月命日についてさらに詳しく知りたい方はこちら

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

季節で決まっている法事・法要

【お墓参り】

日本では、お盆やお彼岸(春・秋)など、季節により執り行われている法事・法要事があります。

お盆/新盆(初盆)

お盆とは、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事で、8月15日を中心とした期間に祖先の霊をまつります。

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を新盆(初盆)といい、盆の入りにお墓の掃除をして盆提灯に灯をともし、「迎え火」を焚きます。
お坊さんにお経を唱えてもらう法要行事の後に参列者はお墓参りをし、その後に会食を行ないます。

彼岸

季節の変わり目である春分と秋分の日を含む前後の各7日を彼岸といいます。
春分と秋分の日は、昼と夜の長さがほとんど同じになることから、仏教ではあの世とこの世が最も近くなる日とされています。
春は「春彼岸」、秋は「秋彼岸」と呼び、お墓参りや仏壇の掃除を行いましょう。

法事・法要の服装

法事・法要に参列する際、どのような服装をしていったら良いのでしょう。
男女別・年齢別(幼稚園児・小学生・中学生・高校生・大学生)にふさわしい服装をご紹介します。
バッグや小物、靴、くつ下への注意点も参考になさってください。

法事・法要の服装についてさらに詳しく知りたい方はこちら

法事・法要のお供え物

法事・法要の際に供えるものは、線香やお菓子、果物、飲み物などが一般的です。
お菓子を供えるときは日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。
また、お供え物としてふさわしくないものもありますので、注意しましょう。

お供え物についてさらに詳しく知りたい方はこちら

まとめ

法事・法要の一連の流れをご紹介しました。
法事・法要に関する行事は、月ごと、年ごとなど定期的、かつ長期にわたり行われます。
故人のことを思い出す機会となるため、法事法要を行うことはなによりの供養となるでしょう。

5/5 (4)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-699
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.