通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

法事・法要の招待状が届いたら。返信はがきの書き方とマナー

カテゴリー 法事・法要

法事・法要の招待状が届いたら。返信はがきの書き方とマナー

ごく身内だけでの法事・法要の場合は、電話連絡やメールで出欠を伝えても失礼には当たりませんが、ご自分の友人・知人であった故人の遺族から法事・法要に招待された場合は、出欠の意思表示一つにも心配りをすることが大切です。
案内状が送付されてきた場合には、速やかに返信する必要があります。

なぜなら、主催社側(施主・遺族)はその出欠を確認して料理や引き出物の手配を行うからです。
今回は、法事・法要の返信はがきの書き方や、送付に関しての注意点について説明いたします。

出席の場合の返信はがきの書き方

出席の場合には単純に出席に○を付けるだけでなく、ちょっとした施主・ご遺族への心がけもマナーと言えます。

より主催者側に丁寧に返信する場合、以下のように記載します。

 出席の意志表示
(返信ハガキの裏面)「御出席」の文字の「御」だけを二重線で消します。そして、「出席」の2文字をまるで囲みます。
 
 欠席を消す
(返信ハガキの裏面)「御欠席」の文字を全て二重線で消します。
 
 敬称を消す
(返信ハガキの裏面)「御住所」の「御」だけを二重線で消します。また「御芳名」の文字を全て二重線で消します。
 
 行→様に変更
(返信ハガキの表面)施主の氏名・住所が記載されていると思うので、施主である方の氏名「○○○○行」の「行」を二重線で消し、「様」と記入します。 

※以上で返信の準備は完成と言えますが、裏面にコメント欄や十分な余白があれば、以下のような一文を書き添えておくのも、主催者側への配慮といえます。

「御連絡を頂きありがとうございました。当日はご遺族の皆様と一緒に○○○○様を偲び、そのご冥福をお祈りしたいと思います。」

なお、余白が無ければ無理に記載する必要はありません。

欠席の場合の返信はがきの書き方

欠席の場合には単純に欠席に○を付けるだけではなく、その理由を記載するのが礼儀と言えます。
まずは、より主催者側に丁寧に返信する場合について説明します。

 欠席の意志表示
(返信ハガキの裏面)「御欠席」の文字の「御」だけを二重線で消します。そして、「欠席」の2文字をまるで囲みます。
 
 出席を消す
(返信ハガキの裏面)「御出席」の文字を全て二重線で消します。
 
 敬称を消す
(返信ハガキの裏面)「御住所」の「御」だけを二重線で消します。また「御芳名」の文字を全て二重線で消します。
 
 行→様に変更
(返信ハガキの表面)施主の氏名・住所が記載されていると思うので、施主である方の氏名「○○○○行」の「行」を二重線で消し、「様」と記入します。

※以上で返信の準備は完成と言えますが、裏面にコメント欄や十分な余白があれば、以下のような一文を書き添えておくのも、主催者側への配慮といえます。

「御連絡を頂きありがとうございました。当日はご遺族の皆様と一緒に○○○○様のご冥福をお祈りしたかったのですが、都合がつかず出席することができなくなりました。大変申し訳ございません。」

なお、余白が無ければ無理に記載する必要はありません。ただし、施主側のお気持ちを察すれば、返信ハガキとは別にお詫びのお手紙を送付したいものです。

お詫び文の例については、次の項で説明します。

お詫びの例文1

こちらではお詫び文の例をあげます。なお、お詫びのお手紙は、返信ハガキを同封しても差し支えありませんが、別にお手紙として送る方がより丁寧な対応です。
欠席の際に香典を郵送する場合には、現金書留で5,000円程度を包むのが無難と言えます。

お詫びの例文(体調が悪いため欠席の場合)

謹啓
このたびは亡○○◯◯様の◯◯忌の法要のご案内をいただきまして有難うございました。

お世話になった◯◯様のご法要で、ご遺族の皆様と一緒にご冥福をお祈りしたかったのですが、現在病を患い、医師から遠方への外出は控えるようにとの指示を受けました。誠に申し訳ございませんが、当日は欠礼をさせて頂きます。

心ばかりではございますが、御香料を別便にて送らせて頂きましたので、御仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。

ご家族の皆様にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。
略儀ではございますが、書面にて不参のお詫びをさせていただきます。寒さ厳しき折にて、皆様どうかご自愛くださいませ。
                      敬具

施主や遺族に配慮した一文を入れるのは当然ですが、自分が病気をしている場合、例えば「癌になって入院した。」などと事実をそのまま書いてしまうと、施主や遺族に余計に心配をかけてしまうことになりますので、具体的な病名の記述は避けることが無難です。

お詫びの例文2

こちらではお仕事が忙しくて参加できない旨を伝える文例です。
欠席の際に香典を郵送する場合には、現金書留で5,000円程度を包むのが無難と言えます。

お詫びの文例(仕事の都合で欠席の場合)

謹啓
このたびは亡○○◯◯様の◯◯忌の法要のご案内をいただきまして有難うございました。
お世話になった◯◯様のご法要で、ご遺族の皆様と一緒にご冥福をお祈りしたかったのですが、当日は取引先との間で会談する日に当たります。誠に申し訳ございませんが、欠礼をさせて頂きます。
心ばかりではございますが、御香料を別便にて送らせて頂きましたので、御仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。
ご家族の皆様にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。
略儀ではございますが、書面にて不参のお詫びをさせていただきます。寒さ厳しき折にて、皆様どうかご自愛くださいませ。
                      敬具

こちらでも、施主や遺族に配慮した一文を入れるのは当然ですが、法事のために仕事を休んでしまうと取引先との信頼関係に影響が出てしまう、というような理由を、やんわり伝えることが大切です。
自分がやらないとダメな仕事なので法事を欠席することを、簡潔に伝えましょう。

法事の案内状のマナーでの疑問/質問

男性考える

こちらでは法事の案内状に返信する際の疑問・質問について回答します。

書くときはボールペンでも良いの?

法事の場合はボールペンで返信を書いて構いません。
当然のことながら、丁寧に心をこめて書くのが施主や遺族に対してのマナーです。

筆や筆ペンを使うときは薄墨で無ければいけないの?

最近では、薄墨用の筆ペンも販売されていますが、法事の案内状を送る方も、返信する方も、普通の筆ペンで構いません。
法事・法要の場合は、日程を決めて行われるので薄墨を使用しません。
薄墨は、「取り急ぎのため墨がよくすれなかった。」、「涙で墨が薄まった。」という意味が込められています。

通夜・告別式で香典を渡す場合には、香典袋の表書きを薄墨で記載する必要があります。
法事・法要は急な知らせでは無いので、通常通り筆ペンを使用しましょう。

まとめ

法事・法要に参列する側は、故人を偲び供養を祈る気持ちを忘れずに会場へ向かうことになりますが、欠席する人も同様にその気持ちは忘れてはなりません。

欠席の意思表示をする場合には、施主・遺族の心情に配慮し、故人を偲ぶことに変わりは無いことをお手紙等で伝え、御香典を郵送することでご自分の想いを伝えるのも大切なことです。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る