葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

法事法要とはどんなもの?よくわかる葬儀の流れ

カテゴリー 葬儀の流れ

法事・法要とは、故人の冥福を想い、供養を行うという仏教の儀式です。教えに従うと、本来は忌明けの日までの四十九日目間を七日ごとに法要を行います。ですが、最近では初七日と四十九日を除いては遺族のみで行う場合が多いです。
また、初七日法要を行う際に、遺族や親族も平日だと仕事が休めなかったり、遠い親戚が頻繁に法要で来れないということもあり、葬儀当日に繰り上げ法要として供養を行う場合もあるようです。

仏教の考えでは、人がなくなってからの四十九日間、死者の魂が成仏せずにさまよっていると言われています。なので、残された遺族が故人の冥福を想い、極楽に行けるようにと、供養(読経や供え物、焼香など)を行うのです。

詳しくは弊社運営のお坊さん便にて、「法事・法要の種類(法事とは)」という記事内で、初七日法要から順を追って詳しく紹介しておりますので、ぜひご参考にされてみてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る