通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

法事法要とはどんなもの?よくわかる法要の流れ

カテゴリー 法事・法要

法事・法要とは、故人の冥福を想い、供養を行うという仏教の儀式です。教えに従うと、本来は忌明けの日までの四十九日目間を七日ごとに法要を行います。ですが、最近では初七日と四十九日を除いては遺族のみで行う場合が多いです。
また、初七日法要を行う際に、遺族や親族も平日だと仕事が休めなかったり、遠い親戚が頻繁に法要で来れないということもあり、葬儀当日に繰り上げ法要として供養を行う場合もあるようです。

仏教の考えでは、人がなくなってからの四十九日間、死者の魂が成仏せずにさまよっていると言われています。なので、残された遺族が故人の冥福を想い、極楽に行けるようにと、供養(読経や供え物、焼香など)を行うのです。

法要の流れ(時間・日程表)

それでは一般的な法事・法要の流れをご紹介します。
宗派によって多少違いがございますので、より詳しくは記事下部の参考記事をご参考ください。

僧侶の入場
法事・法要を自宅で行う場合に、僧侶が到着したら仏壇の正面へ案内しましょう。
この仏壇の前を僧侶の席とします。僧侶のすぐ後ろに施主が座ることになります。その次に、故人と血縁の濃い遺族から前方の席に座ります。
なお、別に会場を設けて法事・法要を行う場合は、葬儀社と相談しながら席順等を決めていくことになります。
喪主/施主による開始の挨拶
法事・法要の開始を告げる簡単な挨拶を行います。以下の挨拶文では、「四十九日法要」を例にします。後の進行や参列者の都合もあるので手短に挨拶しましょう。
挨拶の内容としては、主に①参列者への感謝、②誰の法要か、③読経の合図を入れます。

■挨拶文例
「本日は、ご多忙中にもかかわらずお越し頂きまして、まことにありがとうございす。
これより父○○の四十九日の法要を執り行いたいと存じます。
それでは、ご住職(※1)、宜しくお願いします。」

(※1)僧侶への呼びかけで読経が開始されます。僧侶は「ご住職」、「和尚様」等と呼びますが、宗派によっては呼び方が異なる場合があります。

僧侶の読経
僧侶がお経を読み上げます。
焼香
喪主/施主→遺族・親類縁者→友人・知人と近親者から焼香をします。
僧侶の法話
法話とは、僧侶・住職が聴衆の面前でお話をすることを言います。
僧侶の退場
僧侶にお布施等を渡すことになりますが、「お斎(とき)」に同席する場合には、退場はしないため「お布施」「御車代」を渡します。
お斎を辞退された場合には、「お布施」「御車代」にくわえ「御膳料」を渡します。
●「お坊さん便」でご依頼頂いた場合はこちらで紹介した費用を含めた45,000円でお手配することが可能です。
お墓参り
墓地が遠方にある場合は、省略しても構いません。
喪主/施主による終了の挨拶
法事・法要の終了を告げる挨拶を行います。会食である「お斎(とき)」を催す場合と、そのまま終了する場合とで挨拶の内容が異なります。

各宗派での法要の流れや、お坊さんのお手配については、こちらの記事をご参考ください。
初七日法要から順を追ってご説明しております。
法事・法要の種類(法事とは)

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright c 2013-2018 Minrevi. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る