通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

一膳飯とは?

カテゴリー 葬儀用語

一膳飯(いちぜんめし)

一膳飯(いちぜんめし)とは、故人の茶碗にご飯を山盛りにして、中央に故人の箸を垂直に立てた一膳限りの御飯。
枕飾りのとき死者の枕元に供える御飯で、枕飯(まくらめし)ともいわれ、枕飾りの一つ。

一膳飯のもつ意味は、故人が冥土に旅立つ時のお弁当という意味や、昔は貴重品だった白米を食べたさに蘇ることを願った呪術的な意味など、諸説ある。

一般的な作り方は、新しく1合の白米を炊き、一粒も残さず故人の茶碗に山盛りに形を整えてすべて盛りつける。そして、中央に故人の箸を垂直に立てる。地域によっては、故人が迷わず成仏するために使用した茶碗を割ることもある。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る