葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

遺影加工とは?生前から準備する遺影写真

カテゴリー 終活

遺影加工は、遺影の写真を作る上で今では欠かすことのできないものとなっています。
終活のひとつとして、自分で遺影を準備する人が増えている一方、ある日突然、大切な人を亡くし、遺影に使うことのできる写真を見つけることができず途方に暮れてしまう人も多いようです。

そんな時、故人の生前の元気な姿を残す遺影を少しでもキレイで素敵なものにしたいという思いから、遺影加工はどんどん進化しています。最近の遺影加工についてどんなことができるのかを紹介します。

遺影加工とは

遺影加工とは、遺影として使用する写真を画質や色、バランスなどを考え最高の状態に仕上げる方法のことを言います。遺影として使いたいけれど、背景がいまいちで使うに使えないという場合は、背景の変更をすることができます。故人の姿も自由自在に加工することができます。顔や髪の毛、洋服も自由自在ですし、写真に写る故人の目線をカメラ目線にすることもできてしまうのですから今の遺影加工の技術はとても高いです。

遺影加工サービス

遺影加工サービスは、遺影加工を行う会社によって様々な工夫が行われています。
遺影にしたい写真を遺影用に加工する以外にも、生前に自分の納得のいく遺影を作成し、使用する時まで保管してもらえるサービスもあるというのですから、驚きです。

遺影に使用したい自分の写真を加工する時に、写真を入れる額縁や葬儀の時に使用するリボンまで決めてしまう人もいると言われています。
そんな遺影加工サービスも時代と共に求められるものに変化が起きていると言われています。
これまでの遺影では、置き場所がないという声から、最近では自宅用と葬儀用に分けて2種類遺影を用意するケースが増えているようです。

自宅用として用意する遺影は、見開きタイプのものや、ミニ骨壷を収納できるようなものを使用し、普段の姿のカジュアルな写真を遺影として加工している一方で、葬儀用として用意する遺影は、液晶モニターに映し出すタイプのものを使用する人が増えています。その際には、背景の画像を変化させるような遺影加工を施し、葬儀にのみ使用するように作られます。

遺影は、元気なうちに自分の気に入った1枚を使用したいという人が増えていることから、遺影加工サービスは今後も技術の進化が進んでいくことは間違いないのかもしれません。

遺影加工ソフトの写真

遺影加工を写真屋さんに依頼するのではなく、自分で加工したいという人もインターネットが普及した今では増えていると言われています。プロ並に写真などの画像を自由自在に加工することのできるフォトショップなどのソフトを使う人も増えているからこそ、自分の思いのままに遺影を加工したいという思いが強いのかもしれません。

そのような要望に答えて、遺影加工ソフトと言われるものまで販売されているようです。
しかし、ソフトを購入してまで遺影加工を自分で行うことに抵抗があるという人に人気なのが、無料で使うことのできる画像加工ソフト「イルファンビュー」があります。

イーファンビューは、画像をキレイに加工するトリミング機能をはじめ、拡大や縮小、回転させる機能や、写真の明るさなどを変更するコントラストや色調補正も行うことができます。また、赤目の修正なども簡単に行うことができるので、フォトショップは使いこなすことができないという人に人気です。

遺影は、写真屋さんだけではなく、自分や家族など身内のために自分で加工して用意しておく時代はいつか当たり前となるのかもしれません。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る