葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

遺品供養のお炊ぎ上げとは?依頼する場所や費用・相場について

カテゴリー 法事・法要

遺品供養のお炊ぎ上げとは?依頼する場所や費用・相場について

大切な人が亡くなってしまうと、残された遺品を供養するためにお炊き上げを行うことになりますが、遺品には魂が宿ると言われており、遺品整理において遺品供養はとても大切なポイントです。しかし、遺品整理はいつ開始すれば良いの?代わりに依頼できる業者は?費用はどれくらい必要?など、様々な疑問があると思います。遺品整理やお炊き上げが初めての方に多い疑問や質問について、それぞれを項目別に分け、誰にでも分かりやすくまとめました。お炊き上げをする際は是非参考にしてください。

遺品整理の開始時期とお炊き上げが必要なモノについて

遺品整理はいつ開始すればいいのでしょうか。そもそも、お炊ぎ上げにはどんな意味があるのでしょうか。まずは、遺品整理を行う際の心構えについて覚えておきましょう。

遺品整理を開始する時期とは?

遺品整理は49日の法要が終わってから開始するのが一般的ですが、集落や家の慣習など地域によって異なることもあります。ただし、借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから遺品整理を開始します。

遺品供養お炊き上げが必要とされるモノとは?

遺品供養が必要なモノは、愛用していたメガネや本、寝具、人形、ぬいぐるみ、衣類など、故人の思い入れが強いものとされています。ただし、故人が生前に残しておきたいと希望していたモノは、できる限り処分しないで使ってあげるようにしてください。

遺品供養お炊き上げの風習と大切さ

遺品供養,お炊き上げは日本の風習です。日本では古くからモノや自然に魂が宿るという信仰があります。昔話では、雑巾やホウキなど、粗末にしているものが妖怪になるという言い伝えもあり、各地で現在でも行われている針供養はその名残とも言われています。

このため、日本ではたとえモノであっても神仏化したものや人でないものを人の形にしたもの(擬人化)は丁寧に扱っています。たとえば、人形やお札、お守り、神棚、仏壇などがこれにあたります。

お炊き上げとは故人の冥福を祈ること

故人が使っていたモノには、さまざまな思いが込められ、なかにはまだぬくもりが残されているモノも少なくありません。名残惜しくて手放せないモノもあるかもしれませんが、お炊き上げは「故人の冥福を祈る儀式」としてとても大切なことです。

また、お炊き上げは、故人だけでなく残された人達にも関係があります。生前、故人が大切にしていたモノを神聖な火(浄火)で供養することによって、自分たち遺族も悲しみから抜け出すことができ、「故人とのお別れの儀式」を行うという意味合いもあります。

遺品整理の手順と方法について

いざ遺品整理を開始すると、なにをどうすればいいのか迷ってしまう方も多く、どこから手を付けていいかわからないほどモノがあふれていることもあります。遺品整理は誰もが一度は途中でくじけそうになるものです。

一般的に、ゴミは分別して地域のゴミ収集場に出します。ソファやベッドなどの大型家具の処分は業者に依頼するか、自分たちで処分するのかを決め、業者に依頼した場合の費用はだれが負担するのか、終了までに何日かかるのかなどを計画しておくことも大切です。

お炊ぎ上げの方法は主に2種類

お炊き上げの方法は、主に「現場供養」と「合同供養」の2つあがります。依頼する場合は、故人のお墓のある寺院または神社でとり行ってもらいますが、故人が信仰している宗派などがあれば、そこで供養していただくのが理想的です。

現場供養とは、故人が住んでいた家に僧侶が出向き、音教し供養する方法です。一方、共同供養とは、供養したい遺品をあずけて、他の方があずけた遺品と一緒に供養する方法です。

もし、信仰している寺院や神社が近くにないという場合は、供養してくれる寺院や神社のなかでも、親しみを持てる場所であったり、自信の心が満たされる場所を探す必要があります。

合同供養の場合は、供養してもらう遺品を寺院や神社に持ち込むのが一般的ですが、故人が愛用したモノを箱に詰めて供養する方法や衣類、寝具などをビニール袋に入れて供養できる方法もあります。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

お炊ぎ上げにかかる費用の相場は5,000円より

共同供養と現場供養で費用は違いますし、供養してもらうモノの量や依頼する場所などによっても違います。

共同供養の場合の費用の相場は5,000円くらいのところが多いです。現場供養の場合の費用は、安いところで10,000円、相場は20,000円程度です。また、供養箱で供養する場合の費用の相場は、400×300×250㎜の箱で13,000円、供養袋で供養する場合の費用の相場は18,000円、となります。

神棚や仏壇を処分する際は開眼供養(魂抜き)を行う

本来、故人の魂は神棚や仏壇に自然に寄り付き宿るものとされており、その霊なるものを呼び覚ますという意味で開眼を行うとされています。神棚や仏壇を処分する際は、開眼供養で魂抜きと呼ばれる開眼法要を行い、魂を抜いてから処分する必要があります。

これを行わないと、故人の魂を納めたまま処分することになって強います。ただし、仏教徒でない場合や浄土真宗では開眼供養を行わないこともあります。開眼供養は、近くのお寺に依頼することで簡単に行えますが、仏壇店の中には開眼供養から処分まで一括して行ってくれるところもあります。神棚や仏壇の処分には、御魂入れという儀式が行われることになり、お玉串として3,000円から5,000円を包むことが一般的です。

遺品整理とお炊き上げが難しいときは業者に依頼

遺品整理とお炊き上げを自分で行うことができない場合は、業者に依頼することができます。ただ、気になるのはどんな人が自分たちの代わりに遺品整理とお炊き上げを行うのか、費用はいくらい必要なのかということではないでしょうか。

どんな業者に依頼することができる?

孤独死での過度な状態である場合や近くに住んでいない場合など、事情により遺品整理とお炊き上げができない場合は、遺品整理を業者に依頼することができます。遺品整理を依頼できる業者には、遺品整理専門会社、便利屋、特殊清掃業務会社などがあります。

遺品整理を専門に行っている業者に依頼した場合は、自分に代わって「遺品整理士」という資格を持つ者によって遺品整理が行われることになります。原則として、食品は処分し、家電製品は中古品として売却されますが、貴重品や思い出の品などは遺族に引き渡されます。

遺品整理士とは、遺族の想いに寄添い整理を行う、モラルを持った方であり、遺品整理に関係する法令の古物営業法、廃棄物処理法、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、運送法をしっかりと学び資格を取得した者とされていますので、安心して依頼できます。

ここがポイントPOINT
 
 
遺品整理士が思い出の品のなかでも遺族の気分を害すようなモノだと判断した場合は、遺族側の心情を察して処分するとされています。また、中古品として売却した場合にも、その売却益を遺族に渡すこともあるとされています。業者に依頼する前にも、まずは遺族が遺品に手をあわせて、その後に見送られたほうが故人も喜ばれるでしょう。

遺品整理専門会社に依頼した場合の費用と相場

主に部屋数によって異なる費用相場

専門会社に依頼する流れとしては、まずはじめに見積りを取ることになります。そこから遺品の量や対応人数、現場の状況、供養する遺品によって料金が設定されます。

依頼する専門会社によって費用は違いますが、遺品整理専門会社に依頼した場合、費用の相場はおおよそ次のようになります。

・1DK    80,000円より
・1LDK   130,000円より
・2DK    180,000円より
・3DK    250,000円より

故人が残したモノによっては、もったいない、いつか使うかもしれない、と思うものもあるかもしれません。

しかし、遺品は故人が生きていた証そのものです。だからこそ、してよかったと思えるような満足のいく供養をしてあげてください。

この記事はシンプルなお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-731
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る