葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

故人の愛用品を整理する、遺品供養・お炊き上げとは?

カテゴリー 法事・法要

大切な方のお葬式が終わると、考えなければならないのが、故人が愛用した品物の整理です。そのままゴミとして処分することができない品物はどうするか悩みますが、遺品供養という方法があります。故人の愛用した品物を適切に処理する遺品供養とはどのようなものかまとめてみました。

遺品供養とは?

人が亡くなり、葬儀が終わるといずれ故人の持ち物を片付けなければなりません。これを遺品整理といいます。故人の持ち物を誰かに差し上げたり、処分したりしますが、その中には故人の思いが詰まったものはなかなか処分するのが難しいです。例えばぬいぐるみや人形、財布・写真・手紙などです。

そのような処分しづらい遺品を供養して処分することを遺品供養と言います。
供養と言えば一般的に亡くなった方やご先祖様を供養することを言いますが、それだけではありません。故人が気持ちを込めて使用した品物などを供養することも故人を偲ぶことにつながります。

遺品供養の方法で一般的なお焚き上げとは?

遺品供養の方法は一般的に「お焚き上げ」という方法で執り行われます。
お焚き上げとは、神社やお寺の庭や、所定の場所で故人の遺品を燃やすことを言います。燃やすことで、込められた思いを浄化するという意味があります。

お焚き上げは遺品だけではなく、お札やお守りも対象となります。貰ったお守りやお札を初詣などで神社に持っていくこともお焚き上げになります。

お炊き上げによる遺品供養

日本人の文化として、故人が大切にしていた品物には魂が宿ると言われています。故人のお葬式の時に柩の中に思い出の品物を入れることがありますが、柩の中に入れる品物も規制が厳しくなっています。故人とのお別れの時に柩の中に入れることのできなかった品物などは、特に供養が必要です。お焚き上げをして故人の元へ還してあげたほうが良いでしょう。

お炊き上げを依頼する場所

お焚き上げが出来る場所はお寺、神社、そして民間の業者です。
お正月で買ったお守りや、他人に貰ったお守りなどは神社へ持っていくことが多いと思いますが、遺品供養となると、故人の宗派が関係してきます。

お寺・神社の場合

故人の宗派が仏式ならばお寺、神式ならば神社に供養をお願いすることになります。
しかし、お寺ならば門徒や檀家ではないと、神社なら氏子でなければ遺品供養を受け付けて頂けない場合もあります。

その他には、遺品供養を広く受け付けているお寺や神社もありますので、家に宗派がない方々はこのような場所を利用すると良いでしょう。また広く遺品供養を扱うお寺や神社はホームページを開設していることが多いので、そちらで確認すれば、受付方法や料金も明確なので依頼しやすいという利点もあります。さらに宅配便での遺品供養を扱っている所もあります。

お寺・神社にお焚き上げの注意点

お寺・神社へお焚き上げを依頼する場合には以下のような注意が必要です。
基本的に燃えないものは依頼することはできません。例えば故人が愛用していたお茶碗・湯飲み茶わん・グラスなどです。

また、粗大ごみなどの部類に入る物も受け付けていない場合が多いです。供養していただきたい品物が大きい場合はまずはお寺や神社に確認してから持っていくようにしましょう。
また、明らかに宗派が違う品物にも注意が必要です。

例えば、神社に位牌などの仏具を持っていくこと、逆に、お寺に霊代(みたましろ)・霊璽(れいじ)を持ち込むことは失礼にあたる場合がありますので、気を付けてください。

お焚き上げのできない遺品の供養の方法

では、お焚き上げができない遺品はどうするかというと、自身の菩提寺や氏子になっている神社に持ち込み、お経や祝詞をいただいてから、自身でごみ収集場に持ち込むというやり方が一般的です。

業者に依頼する場合

遺品供養で一番スムーズな方法は、業者に依頼することです。業者は基本的にどんな品物でも供養をしてくれます。さらに、大きな品物、例えば美術品や、化粧台などです。運び出すことも大変ですが、業者に頼めば、自宅まで取りに来てくれることもあります。

最近では、孤独死や、家族が故人の近くに住んでいない為に、故人の家の片づけができないケースも急増し、遺品整理を業者に依頼することも増えてきました。それに伴い遺品整理を専門とする業者も増えています。

遺品整理の業者へ依頼すると、まず、家族が通帳や印鑑などの貴重品と、故人の形見や残しておきたいものを整理し持ち出します。その後に業者が立ち入り遺品を整理していきます。

業者に遺品供養を依頼する場合の注意点

遺品整理を依頼する方々が急激に増え、遺品整理をする業者は増えてきたのですが、遺品整理業者について法律でも決まりはなく、特別な資格も存在しないので、誰でも遺品整理を事業として始めることができます。
中には、遺品を引き取って不法投棄をしたり、高額な請求をする悪徳業者も存在するのが現状です。

そこで、最近では遺品整理士という資格が新設されています。
遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。廃棄物処理に関する知識並びに、遺品に対する扱い方やアドバイスを習得した人材を育てています。

遺品整理士は、不要となった故人の品物を適切な判断で分別しゴミとして処分してくれます。また、仮にゴミになるとしても故人が生前中は気持ちを込めて大切に使った品々です。家族に代わり片付けているという気持ちも忘れません。ゴミを片付けるだけの業者とは違います。

また、業者によっては、まだ使用できる品物はリサイクル業者へ買取を依頼し、遺品整理代金に充ててくれる優良な業者も存在します。遺品整理を依頼する場合、業者選定はしっかりしましょう。

お炊き上げの費用・相場

故人の菩提寺や神社にお願いをする場合は、直接金額を伺った方が良いでしょう。最近ではお布施・玉串料を明記している所もあります。「失礼ですが…」と丁寧に伺えば親切に教えていただけるでしょう。

聞いても教えていただけない場合は、全国的な相場は1万円~3万円の間が多いようです。
しかし、お焚き上げを依頼した品物の大きさや、量もあると思いますので沢山依頼するほど、金額を多めに包んだ方が良いでしょう。

業者に依頼した場合は、料金は明確なので悩む必要はありませんが、注意をしていただきたいのは、上記にも述べた通り、悪徳な業者がいる場合があります。業者の選定は評判なども参考の上、しっかりと行ってください。

遺品供養の時期

故人が住んでいた場所が賃貸、故人が住んでいた場所を売却するなどの理由がある人は遺品供養を始める時期はすぐにでも始めなければなりません。そのような急かされる理由がない方はいつ始めればよいのでしょうか。

法要などに合わせて始める

49日や50日祭、1年忌や1年祭などが終わったタイミングで始めるのが良いでしょう。親族が集まった時に、親族へ形見分けしたい品物があれば、その場で選んでいただくこともできますし、親族の実家、本家だったりすれば、親族にとって大切な品物もあるかもしれません。さらに、遺品供養をする了解もその場で得ることができます。

心の整理がついた時

大切な方との別れは人それぞれです。大往生で旅立つ故人もいれば、逆縁の辛い別れもあります。故人の遺品を片付けるということは、故人を偲び故人を思い出す行為です。

品物を一つ取っては思い出がよみがえり、涙が溢れることもあります。心の整理がついてから行うこともあれば、反対に心の整理を付けるために遺品整理を行う場合もあるかもしれません。
様々な事情を勘案し、自分の心とも相談しながら、遺品整理を行いましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る