葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

トラブルにならない遺品整理とは?費用は?疑問を徹底解説

遺品整理について、何となく故人の品物を分けている人もいらっしゃるのではないでしょうか。実は遺品整理には正しいやり方があります。そのような方々へ向け本記事では、遺品整理の意味から、正しいやり方、業者に依頼する際の費用、残されて困る遺品と片付け方法などについて解り易く紹介します。

遺品整理とは?

遺品整理とは、故人が残した種々の品物を必要なものと不要なもの、廃棄するものに分けて整理し、お部屋をきれいに掃除して、原状復帰するまでのことを意味します。故人の思い出を分かち合う「形見分け」を行う前段階として、遺された人々の気持ちを整理する、大切な時間でもあります。

遺品整理はいつから行うの?

遺品整理は、特別な事情がなければ、いつ始めても、いつまでかかってもかまいません。むしろ、お葬式を終えてすぐなど、気持ちが落ち着いていない時に始めてしまうと、哀しみが深まることも多く、余計に混乱してトラブルに発展することも少なくありません。
そのため、気持ちを切り替えて新たなスタートを切る意味でも、遺品整理は落ち着いてから行った方が良いでしょう。

しかし、賃貸物件の場合などは家賃が発生しますし、故人の死から10ヶ月以内に目録を作って相続税を納めなければいけませんので、いつまでもそのままにはしておけないのが実情です。そのため、四十九日法要(仏式)や50日祭(神式)、1ヶ月命日(キリスト教式)までに完了するように、少しずつ進めれば良いでしょう。

これらは「忌明け」と呼ばれ、遺族が故人の死を受け入れ、気持ちが戻る時期とされています。そのため、この時期に近づけば、落ち着いて遺品整理できることが多いです。また、この時期に形見分けを行うのが一般的ですので、贈る相手のことを考えながら遺品整理を進めるのも良いかもしれません。
ただし、故人よりも年齢が上の方など、目上の方に形見分けを行うのはマナー違反ですし、高価なものを贈ると、受け取った人の側に贈与税がかかりますので、注意しなければいけません。このあたりにも気をつけながら行うようにしましょう。

遺品整理の正しいやり方

遺品には故人の思い出が詰まっていますし、そもそも、どこに何があるのかまったく分からないのが普通でしょう。

そのため、遺族にはすべてが大切な思い出に感じ、何も捨てることができないこともあるでしょう。また、手当たり次第に手を付けてし途方に暮れてしまうこともあります。そのため、比較的スムーズに進めるための目安にできる手順を、紹介します。

1.捨てるもの(処分するもの)と残すものに分ける

まず、捨てるものを選別して、ものを減らすことが重要です。下着などの衣類や日用品、使っていた寝具などは、捨ててしまいましょう。
もちろん、高価な着物やスーツ、コート、高級な腕時計や食器などは、形見分けの品として喜ばれますので、残しておいた方が良いです。

また、貴重品は勝手に処分すると親族内でトラブルになりますので、必ず残しておかなければいけません。1つにまとめて後で確認できるようにしておきましょう。

もちろん、故人の思い出が詰まった趣味の道具や写真、ビデオ、手紙なども残しておくべきです。特に日記や手帳、アドレス帳、領収書などは必ず保管しておいてください。今後数年間は、どこかのタイミングで必要になるかもしれません。

2.どうしても迷うものは、保管する

どうしても迷ってしまうものもあると思います。悩んでいても仕方がありません。専用の保管箱を使って保管しておきましょう。半年後や1年後に改めて考えれば良いのですから、時間をおいて考えられるまでは保管箱で保管しましょう。

3.持っておくものと形見分けで贈るものに分ける

最後に、残すものを「残しておくもの」と「形見分けで贈るもの」に分けます。形見分けを贈る相手と故人の関係などを考えながら、適切なものを選ぶようにしましょう。なお、遺言などがあれば、それに従って、故人の想いが伝わるように配慮してください。

もし、処分するものが多すぎるケースや、遠方や仕事のため自分で整理できないような場合は、遺品整理業者に依頼するのも1つの方法です。

遺品整理業者に依頼する際の費用

遺品整理業者に遺品整理を依頼する費用は、安いに越したことはないでしょう。しかし、提示された金額が安いのか高いのかは、計算方法や相場が分からなければ、判断できません。

それに、あまりに安すぎる業者は、不法投棄や遺品の盗難などの恐れがありますし、高すぎる業者はぼったくりの可能性があります。

ここでは、遺品整理業者の費用について、少し詳しく説明します。

費用の算出方法

遺品整理業者は、整理する品物の仕分けにかかる時間や運び出す量によって料金を算出するところがほとんどです。そのため、故人の部屋が広くなれば、料金が上がります。また、中には、荷物の個数や重さによって料金を決めるところもあります。

ただし、不用品回収業者とは違って、品物を整理するだけではなく、きちんと仕分けして、丁寧に扱いますので、サービス内容によって料金に幅ができてしまうのが一般的です。例えば、概ねの相場は以下のようになっています。

  • 1R:1万円~10万円
  • 1DK:1万円~14万円
  • 1LDK・2DK:2万円~25万円
  • 2LDK・3DK:2万円~36万円
  • 3LDK・4DK:5万円~42万円

品物による違い

部屋の広さや品物の量によって金額が決まると言っても、扱う品物によっては総支払金額に違いが出てきます。

それは、貴金属やブランド品、高価な楽器、美術品や骨董品など、業者に買い取ってもらえるものがあれば、その買取金額分、費用が抑えられるからです。また、逆にリサイクル費用がかかる家電製品、大きな家具などの処分費用がかかる品物があれば、対象となる品物の処分にかかる費用が、価格に上乗せされることもあります。

もちろん、ピアノや美術品などは専門の業者に運んでもらう必要がありますので、その分費用がかかることになるでしょう。

例えば、金製品があった場合、最低限、金の価格分の価値はあります。2017年6月時点では1gあたり4,500円程度にはなりますので、それだけ遺品整理業者への支払いは抑えられます。また、アップライトピアノを運ぶ場合、2万円程度はかかります(移動距離によります)ので、その分支払額が上がります。また、移動したピアノを使うのであれば、調律が必要でしょう(2万円程度)。

エリア/地域による違い

現在ではインターネットの普及もあって、地域ごとの価格の違いはなくなってきています。しかし、残念ながら経費の部分にエリアや地域で差が出てしまい、その分地域ごとに支払額に差があります。

その経費は、「廃棄物処理費用」です。

遺品整理を行うと、大量の廃棄物が出ます。それらはすべて、適切に処理して市区町村の廃棄物処理場で処理しなければいけません。実は、その処理費用が地域によって違っているのです。そのため、どうしてもその差が地域ごとの遺品整理業者の費用に反映されてしまうことになります。

具体的な地域ごとの遺品整理の相場は2LDKの場合、以下のようになっています。

  • 全国平均:2万円~30万円
  • 北海道:2万円~23万円
  • 新潟県:15万円~18万円
  • 福井県:12万円~18万円
  • 東京都:8万円~23万円
  • 愛知県:7万円~22万円
  • 大阪府:6.5万円~22万円
  • 京都府:12万円~18万円
  • 広島県:6.5万円~21万円
  • 山口県:14万円~20万円
  • 愛媛県:15万円~22万円
  • 福岡県:5万円~18.5万円
  • 沖縄県:15万円~

遺品整理に関するトラブル

遺品整理を行うことで、故人とのお別れをして、新たな一歩を踏み出す方がほとんどです。しかし、残念ながら、遺品整理をしたが故にトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。

以下に、よくある遺品整理にまつわるトラブルを3つ紹介します。

形見分けでのトラブル

故人の縁のある人へ遺品を贈る「形見分け」では、貴重な品物なども関係してくるため、トラブルが多い傾向があります。

誰が何をもらうか?

形見分けは親族が集まって行うことが多いですが、貴重なものや高価なものがあった場合、その品物を誰がもらうかでトラブルになることがあります。そのため、価値のあるものについては形見分けではなく財産分与するべきでしょう。

勝手に持って行かれる

形見の品物を、早い者勝ちとばかりに勝手に持って行く人は少なくありません。そんなことをすれば、トラブルになることは当たり前ですので、形見分けは節度を持って進めましょう。

知らない人が形見分けに来る

多くの人に形見分けの話をすることで、まったく知らない人までやってくることがあります。もしその人が「もらうと約束した」という話をしたら、むげに断ることは難しいでしょう。そのため、形見分けしたい親族や友人だけで、ひっそりと行う方が無難です。

業者に依頼する時のトラブル

遺品整理業者に依頼すると、手際よく片付けてくれますが、すべての遺品を確認することは難しく、後でトラブルになることもあります。もちろん、ほとんどの遺品整理業者は誠実に対応してくれますが、一部そうではない業者も残念ながら存在するのが実情です。業界では認定制度などを設けていますので、そのような制度や資格を目安に悪徳な業者に依頼しないように気をつけなければなりません。

不当に低い価格での買い取り

遺品整理業者は、ご遺族が不要と言った品物を買い取って遺品整理費用に充当してくれます。しかし、その買取価格が、中古市場の相場よりも著しく低い価格になっていることがありますので、注意しましょう。

不当な請求

見積もりをとって安かった遺品整理業者に依頼したところ、後から色々と条件を付けて追加の請求を続け、結果的に不当に高い金額を請求される事があります。見積時に解らなかった品物が大量に出てくる場合などもあり、見積金額と請求金額が違うことがあります。一概に悪い訳ではありませんが、その理由が曖昧であったり、見積金額とあまりにかけ離れていたりする場合もありますので気をつけましょう。

生前整理をする時のトラブル

死後の形見分けで親族が揉める事を避けようと、生前整理をする人も増えています。しかし、生前整理でも気を付けなければトラブルになってしまう事があります。

生前整理を薦めただけで大げんか

生前整理を「死ぬ準備」と捉えている人はまだまだ多く、親に生前整理を薦めるような話をすると「死んで欲しいのか?」と機嫌を損ねることも少なくありません。しかし、生前整理は、遺される人が少しでも気持ちよく故人を送れるようにする最後の愛情なのです。

口約束

生前に「死んだら土地をあげる」という口約束だけをしていても、証拠がなければトラブルになるだけです。必ず書面などで残すようにしましょう。

残されて困る遺品と片付け方法

遺品の多くは、故人にとって大切なものばかりですし、思い出の詰まったものです。そのため、ご遺族には必要なくても捨てる事が難しいものも多くあります。いくつか代表的な品物を紹介しましょう。

写真

故人の写真は、捨てるに捨てることもできずに悩む遺品の代表です。故人の写真は、故人の歴史そのものですが、ご遺族にとっては知らない人や知らない場所ばかりで、持っていても困ることが多いものです。できるだけ、生前整理で数を減らしておくべきでしょう。いまなら、デジタル化してしまうという方法もあります。

書籍や趣味のコレクション

故人が本好きや収集癖のある人だった場合、それらの品物に興味のないご遺族にとっては、負担にしかなりません。生前整理で、寄附や興味のある人に譲るなどした方が、大切に使ってもらえるでしょう。

衣類

高級なスーツや着物などであれば良いですが、日常着ていた衣類は、故人の思い出深いものであるが故に捨て辛いものの、残しておいても困るものです。寄附するなどして処分しておきましょう。

よくある疑問(Q&A)

遺品整理は、一生に何度も行うようなことではありません。そのため、小さなことから大きなことまで、疑問に思うことは多いと思います。ここでは、代表的な疑問とその回答を紹介します。

Q.分別する必要はある?

A.廃棄物として処分するためには、必ず分別しておかなければいけません。

Q.神棚や神札などはどうしたら良い?

A.神社へ返納します。

Q.父や義母の思い出の品物が多すぎて、捨てられません。どうしたら良いですか?

A.無理に捨てる必要はありません。使えるものなどは施設や病院へ寄附するなどして使ってもらえば、思い出はずっと残り続けます。

Q.遺品整理を業者にお願いするのは、葬儀の後くらいで良いですか?

A.ほとんどの場合、いつでも対応してもらえます。ただし、事前に見積もりをとってもらうなどしておいた方が、スムーズでしょう。

Q.遺品整理業者を選ぶ基準は?

A.特に決まっていませんが、悪徳業者を選んでしまわないようにするには、「認定を受けている」「見積金額が妥当」「見積金額の内訳を説明できる」ところを選びましょう。また、あまり慌てて選ぶと騙される確率が上がりますので、時間に余裕を持って選んでください。

まとめ

遺品整理は、故人とお別れをする大事な作業です。そのため、兄弟姉妹などの身内で故人を偲びながら整理して行くのがもっとも良い進め方でしょう。しかし、体力的にも時間的にも、遺品整理業者へ依頼する方が現実的な場合も多いかもしれません。

ここまでに紹介したポイントや注意点を意識して、きちんとした遺品整理業者へ依頼すれば、部屋の整理や掃除、大きな荷物の搬出や遺品の捜索などやってもらえます。そうすれば、故人を偲ぶという点だけに時間と体力を使うことができますので、より故人は喜んでくれる事に繋がります。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る