通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

遺骨を自宅に保管したままでも問題ない?遺骨の正しい扱い方とは

カテゴリー 法事・法要

【祭壇に遺骨】

大事な人が亡くなった時にお葬式や火葬などをすることになりますが、火葬した後の遺骨はどうしたらいいのかわからないという人もいるでしょう。
必ず埋葬しなければいけないのか、それとも他の供養方法があるのかと悩んでいる人も少なくありません。
今回は遺骨とはなにかといったことや、遺骨の取り扱いはどうしたらいいのか、具体的な供養方法にはどんなものがあるのかなどについて詳しく解説していきます。

遺骨とは?知っておきたい遺灰との違い

遺骨とは故人の骨のことを言います。
一般的に、人が亡くなった場合には告別式をして、その後に火葬場で荼毘にふされることになるのですが、火葬場で死者を火葬して、その後に残った骨のことを「遺骨」というのです。この時に遺骨を遺族で骨壺に移す作業がありますが、これを「骨揚げ」または「収骨」と呼んでいます。

一般的には、この骨壺に納められた状態のことを遺骨と呼ぶことが多くなっています。基本的には四十九日を境にして、遺骨をお墓や納骨堂などに納骨することが多いでしょう。

遺骨と遺灰の違いがよくわからない、同じようなものだと考えている人も多くいますが、遺灰とは遺骨を灰状にしたもののことで、骨として形が残っている遺骨とはその形状が大きく違います。
火葬の際に自然と灰になるケースもありますが、遺骨を粉骨して灰にすることも可能です。
散骨などの需要の高まりによって、遺灰にしてほしいという遺族も多くなっています。

遺骨を粉骨する手順など詳しい説明はこちらをご参照ください

遺骨の取扱いに関する法律は?

遺骨の取り扱いについては、「墓地、埋葬等に関する法律」に定められています。
この法律によって、遺骨を埋葬する場合には都道府県に認可された正式な墓地でのみ認められるということになっているのです。つまり、勝手に認可されていない場所に遺骨を埋めるということは法律違反になってしまうので、絶対にしないようにしてください。
勝手な埋葬は法律によって禁止されていますが、遺骨を必ずしも墓地に埋葬しなければならないと決まっているわけではありません。

お墓がない、宗教的な理由で埋葬しないという人もいるでしょう。そのような時には、自宅で安置するという方法もあります。
法律上は埋葬する場合には認可された場所でのみ、と決められているだけですので、家の中で仏壇などに安置して供養する自宅供養などは問題にはなりませんから安心してください。
また、散骨についても埋める、という行為ではないため、散骨そのものが法律によって禁止されているという状況ではありません。

遺骨の埋葬・供養方法

遺骨の埋葬方法や供養方法がよくわからないという人も多いでしょう。
遺骨を埋葬したり供養したりする方法としては、大きく分けて三つあります。従来からよく行われてきた埋葬方法で一番メジャーな方法でもある「納骨」、宗教観や故人の希望などで大きな広がりを見せつつある「自然葬」、身近なところに置いておいて供養をしたい、墓を建てるような余裕がないという人が行うことが多い「自宅供養(手元供養)」の三パターンです。それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。
この三つの埋葬方法を実際に行う時に注意した方がいいポイントはあるのか、それぞれのパターンの詳しい埋葬方法や種類などについて、見ていきましょう。

一般的な遺骨の埋葬法!墓などに納める納骨

一番一般的な遺骨の埋葬方法として知られているのが、お墓などに遺骨を納める納骨です。
納骨と一口に言っても種類がありますので、どのような種類があるのか、注意するべき点は何かといったことについて見ていきましょう。

納骨の特徴

納骨とは、都道府県に認可された墓などに遺骨を納めることを言い、昔からよく行われてきた一般的な埋葬方法で、もっとも認知度も行われる件数も多い埋葬の仕方になっています。
納骨をする場所にも種類があって、従来はその家ごとのお墓に納骨することがほとんどでした。
家族がいなかったり、お墓を建てないという場合には、合祀墓に納骨するといったケース納骨堂という遺骨を納めるための建物に納骨するケースもあります。

納骨の注意点

納骨をする場合には、どこに遺骨を納めるかで、その遺骨の扱いが変わってきますから選ぶ際には注意しましょう。
家ごとの一般的なお墓の場合にはお墓を継ぐ人がいなくて無縁墓になってしまうリスク永代供養などでよく見られる合祀墓への納骨の場合には、ほかの人の骨と一緒に納骨することになるので、遺骨が混ざってしまうという問題があります。
このような点にも考慮しつつ、故人の意志なども考えながら納骨先を選ぶようにしましょう。

埋葬、納骨についての詳しい説明はこちらをご参照ください

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

遺骨を自然に返す埋葬法!現代人注目の自然葬

新しい埋葬の仕方として注目を集めていて、してみたいと思っている人が多い埋葬方法が自然葬になります。この自然葬とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
自然葬の詳しい方法や注意点などについて解説していきます。

自然葬の特徴

自然葬はその名の通り遺骨や遺灰を自然に返すという埋葬方法になります。

自然に返すというのはどういうことなのかというと、海などに遺骨や遺灰をまいて供養する散骨という方法や、樹木を墓標の代わりに使って供養する樹木葬といった供養方法があります。

故人の意向やお墓を継承していくことが難しいという現代人の事情などが合わさって、需要が広がりつつある供養方法なのです。散骨の場合は海にまくのが主流ですが、山林などにまくケースもあります。樹木葬は基本的には埋葬という形になるので、都道府県の認可がある場所でしか行えません。

自然葬の注意点

自然葬を行う場合には節度を持って行うことが大切になってきます。
特に散骨の場合には遺骨をまく場所によってはトラブルに発展するケースもありますし、樹木葬の場合には埋葬する場所によっては法律違反に問われる可能性もあるのです。
また、散骨をする場合には遺骨のままでまくのではなくて、きちんとパウダー状にするなどある程度のルールに則って行なうことが求められます。
散骨は2mm以下に粉骨するという決まりがありますから、個人で散骨する場合にはこの点も注意が必要です。
また、どこにでも散骨していいというわけではありませんので、きちんと節度を持って行うようにしましょう。

樹木葬についての詳しい説明はこちらをご参照ください

散骨の葬儀の種類に関してはこちらもご参照ください

故人の遺骨を自宅に置く人が増加中!自宅供養という選択

遺骨

納骨や散骨などの埋葬方法を取らずに、故人の遺骨を自宅において供養するという人も増えてきています。
自宅供養の特徴とは何なのか、自宅に遺骨を置いておく場合の注意点はあるのかと言ったことについて、見ていきましょう。

自宅供養の特徴

自宅供養とは遺骨を自宅に置いて供養することをいうのですが、自宅供養にも種類があります。
まず、遺骨すべてを自宅に置いて供養するパターンです。骨壺に入れた遺骨を安置して供養することになるので、その他の埋葬方法をすることがありません。
次に、遺骨の一部だけを自宅に安置して、残りはお墓などに納骨するというパターンです。
この際、残しておいた一部の遺骨以外は、納骨もしくは散骨などの埋葬方法を取ることになりますので、手続きなどが必要になるでしょう。
自宅に安置する遺骨の取り扱いとしては、そのまま骨壺に入れて安置するというケースや小さな骨壺に入れて安置するケース、遺骨をアクセサリーやダイヤモンドなどに加工して身につける、もしくは保管しておくケースなど、人によってさまざまです。

自宅供養の注意点

自宅供養の場合多くは、自宅で遺骨を管理することになりますが、そのままの状態でただ置いておくということではいけません。
遺骨を保管するときには注意すべきことがありますので、どんなポイントに気を付ければいいのか解説していきます。

自宅で遺骨を保管するときの注意点

遺骨というものは、湿気に弱いものです。そのため、骨壺に入れたそのままの状態で保管をしてしまうと、カビが生えてしまう可能性が高くなっています。
桐箱に入った状態のままということなら湿気を防ぐことができますが、桐箱から出して骨壺の状態で保管しているとカビが生えやすくなりますから注意が必要です。
自宅で保管する場合には、基本的にはパウダー状にして真空パックにして保管するとカビの心配もなくていいでしょう
また、アクセサリーなどにした場合は、失くさないようにしっかりと管理してください。

遺骨の扱い方に関する注意点

遺骨を自宅で保管することは合法ですが、自宅とは言っても庭などに埋めることは埋葬とみなされて、法律違反になりますから注意してください。
また、庭への散骨は法律違反とまでは言えませんがご近所とのトラブルに発展しやすいので行わない方がいいでしょう。
自宅供養はあくまでも、自宅の中で安置することや手元に置いて供養することを言います。いくら自分の家の庭だと言っても埋めてしまえばそれは違法になりますから、気を付けてください。

自宅墓に関しての詳しい説明はこちらをご参照ください

分骨の手順について詳しい説明はこちらをご参照ください

遺骨をアクセサリーにすることに関してはこちらをご参照ください

手元供養に関してもあわせてご参照ください

葬儀から遺骨の埋葬・供養までの流れ

  • 葬式を終えて火葬場で荼毘にふされた後は、遺族によって遺骨を骨壺に納める骨揚げが行われます。
  • その後は、後飾りと呼ばれる祭壇を一時的に自宅に設けて、そこに遺影と一緒に安置するというのが一般的になっています。

    後飾りは基本的には葬儀社などで用意をしてくれますので、特に準備をする必要はないでしょう。安置したら、蝋燭を灯して線香をあげてください。

ここまでの流れは、納骨でも自宅供養でも共通しています。

納骨や散骨といった埋葬をする場合には、四十九日のあとに行うのが一般的ですので四十九日法要が終わるまでは自宅に安置しておきましょう

納骨する場合

納骨する場合には、埋葬許可証と墓地の使用許可証、印鑑が必要になりますからあらかじめ準備しておいてください。
お墓がまだないという場合には四十九日法要後すぐに納骨するのは難しいため、一周忌といったタイミングで納骨する遺族が多くなっていますが、四十九日後であればいつでも構いません。

散骨する場合

散骨する場合には、専門業者に依頼することになります。個人で散骨場所を選んだり勝手にまいたりすると、トラブルになりやすいので業者にお願いした方が無難でしょう。
特に海での散骨を希望している場合には、船などのチャーターが必要になりますから業者に任せることが一般的です。

樹木葬の場合

樹木葬の場合には、埋葬という位置づけになるので決められた場所で行う必要があります。基本的には樹木葬に申し込みをして、墓地の使用料を支払って納骨という流れになるでしょう。樹木葬の流れは、お墓への納骨とほとんど変わりません。

自宅供養する場合

自宅供養する場合には、手元供養用の品、たとえばミニ骨壺や遺骨を納めるためのペンダントなどを用意して、遺骨をそのまま残すことになります。

分骨をする場合

火葬の後に分骨をすることも可能です。一部を自宅供養のために残し、一部を納骨するということが決まっているのなら、葬儀担当者に分骨を希望することを伝えておきましょう。そうすれば、骨揚げの際にいくつかの骨壺に分けてもらうことができます。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

まとめ

このように、遺骨の取り扱い方や埋葬方法、供養方法はさまざまです。
現代では、家族のつながりが薄くなってしまう無縁化が進んでいたり、宗教間の変化などがあったりして、故人をどのように供養していくかということが多様化している現状があります。
さまざまなニーズに応えて、色々な埋葬方法や供養の仕方が登場しているのです。色々な方法からそれぞれの事情や好みに合わせて選べるだけに、故人の遺志や遺族が納得できる方法を選んで埋葬することが重要になるでしょう。
親せきなどと話し合って、それぞれの理解を得られる方法を選んでください。

なかなか、埋葬方法などはわからないものですから、葬儀社などのプロに相談して一番いい方法を見つけるというのも一つの方法です。プロに相談しつつ親族ともよく話し合って、故人や遺族にとって最適な供養方法を見つけるようにするといいでしょう。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る