通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

無宗教葬(自由葬)で見送る故人らしい葬儀とは

カテゴリー 葬儀の種類

無宗教葬・自由葬のイメージ

無宗教とは(無宗教の意味)、特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないことで、「無宗教・無信仰」、「無宗教・無宗派」ともいわれています。そんな無宗教葬儀は特定の宗教宗派の儀礼を行わずに葬儀と告別式を行う自由葬のひとつの形です。通常の葬儀とは違い、僧侶等を呼ばず、読経や説教なども行わないで、故人の希望と遺族の想いで自由行う方法など、無宗教では式次第で葬儀を行います。 ですので、決まったルールも無いため、どんな葬儀を行いたいか生前から決めておくか、葬儀社とよく相談して進める必要があります。

無宗教葬儀(自由葬)とは?

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀のことを指しています。 僧侶等による読経や説教がない自由な方式と無宗教葬の式次第で、故人をお見送りします。このため、無宗教は別名「自由葬」とも呼ばれています。 無宗の教葬儀(自由葬)では、宗教的な縛りが無いため、葬儀内容をしっかりと組み立てることが必要となります。 つまり、故人を無宗教として追悼し思い出深いものにするには、葬儀の工程を構成していく企画力が求められる葬儀ともいえます。

葬儀社と相談し効果的な演出・自由葬の例

無宗教葬儀(自由葬)を成功させるためには、無宗教葬儀(自由葬)の経験豊富な葬儀社と相談しながら進めていきましょう。 葬儀社に、故人の趣味を伝えると色々な葬儀の提案をしてもらえます。

無宗教葬儀(自由葬)を行う方の3つの特徴

無宗教葬儀(自由葬)は、特定の宗教・宗派の葬儀・告別式でなかなかできない、故人を追悼するための趣向を凝らした葬儀を演出することができます。 一般的にこのような形の葬儀を選択する方は以下の3つのどれかに当てはまることが無宗教の特徴です。

宗教にあまり興味の無い方

特定の宗教の信仰を持っていない方やこれまでの生活で宗教色のある行事を行ってきておらず、しきたりに従った葬儀を行うことに違和感やイメージができないと感じる方は無宗教を選ぶ傾向にあります。

自分らしい無宗教の葬式をしてもらいたい、故人の意思を反映させたい方

形式ばったことが嫌いという方が多い無宗教ではクラシック音楽やガーデニングなど、生前に楽しんでいた、自分の趣味・こだわりを葬儀にも反映したいという方は、無宗教の斎場で華やかに飾りたいという考えを持つ方も多くおられます。

遺族やご友人の納得できる葬儀になる

故人の意思を思い出を色濃く反映させた葬儀で最後のお別れを行うことで、悔いの残らない葬儀にしたい方の多くは無宗教の家族葬を選びます。

無宗教のメリットとデメリットとは?

無宗教のメリットには、無宗教では葬式の料金が安いことがあげられます。家族葬の費用は無宗教で30万円から、納骨の費用も無宗教の場合、他の宗教よりも安く、葬儀を無宗教ですることで費用が大きく抑えられます。 ほかにも、特に決まりごとがない無宗教では1周忌の他、無宗教葬・四十九日、無宗教・三回忌、無宗教・7回忌、など行事をしないことで大幅に費用を抑えることができます。また、故人の遺志を尊重した葬儀が行えることも無宗教のメリットですが、無宗教のデメリット(日本の無宗教のデメリット)は親戚からの同意や戒名などが難しくなるという点です。

無宗教では天国に行けないの?という疑問が多くありますが、そもそも無宗教では死後に「無」になると言われています。このため、無宗教は葬儀のあとの49日や無宗教・初盆、無宗教・新盆、無宗教・お盆などで法事は行わないことが多いです。 また、無宗教では喪中という考えがありません。初詣も喪中であっても無宗教の場合は普通に行きますし、無宗教では厄年という観念もありません。ただし、無宗教は宗教や行事の固定観念にとらわれず、柔軟な考えがありますので、無宗教でも喪中はがきを送ることや無宗教でも命日などに法事を行うこともあります。

具体的な無宗教葬儀(自由葬)の種類

特に最近多い葬儀の形としては「音楽葬」「お別れ会」の2つがありますが、ホテルで会食を中心に行うホテル葬や葬儀の際にカラオケを行うカラオケ葬というものもあります。

音楽葬

自由葬の一つで、故人が生前好きだった音楽を流しながら進行していく葬儀を指しています。 ピアノやバイオリン、トランペットなどの楽器による生演奏や合唱隊による歌などを演出していきます。CDに録音しておき、BGMとして流すケースもあります。

お別れ会

お別れ会は偲ぶ会などとも呼ばれており、葬儀・告別式を終えた後に改めて開催する送別会や、告別式の代わりに行います。 無宗教でも火葬(火葬式)や家族葬(無宗教の密葬)の後にお別れ会を開く方が増えてきています。 参加する方は、近親者や故人と親しかった友人・知人などを呼ぶケースが一般的ですが、厳格なルールはなく、単純に参加して欲しい方に声をかけて行っています。

無宗教葬儀(自由葬)でのよくある質問

Q.案内状はどのように出せばいい?

A.無宗教葬儀でも、一般的な葬儀の案内状と変わりは無く、故人の死去の事実と葬儀日程・場所を簡潔に記載します。平服で参列して頂きたい場合は、「平服でご出席願います」と記載しましょう。

 

Q.無宗教でも喪主挨拶は必要?無宗教・葬儀・司会

A.無宗教葬も普通の葬儀の手順と変わりません。一般に、無宗教葬で司会をする無宗教のナレーションは無宗教でも喪主が行いますので、無宗教・司会にふさわしい挨拶文例を覚えておく必要があります。

 

Q.位牌はどうすればいい?

A.無宗教葬儀(自由葬)の場合にも位牌を用意することはできます。 ただし、無宗教では戒名を入れるのではなく、生前の故人の名前を入れることになります。また、開眼供養(位牌の魂入れ)は無宗教では行わないことが多いです。

 

Q.初七日や四十九日はどうすればいい?

A.無宗教葬(自由葬)を行った場合は、特に無宗教では法要をしなければならないわけではありません。 無宗教では四十九日や初七日はどうすればいいのか気になるという方も多いです。遺族等が希望するなら、無宗教でも一周忌や初七日や四十九日など、仏教で行われるような定期の場を設けることはできます。 無宗教ではお経(読経)等のような儀式をせずに、出席者が会食して故人を偲ぶということも可能です。

 

Q.無宗教の納骨はどうすればいい?

A.無宗教の遺骨について、無宗教の納骨のやり方は一般的な場合と変わりません。無宗教でも霊園や納骨堂等に納めます。 また、従来の形式にとらわれない方法をとりたい場合は、無宗教でも散骨や無宗教・樹木葬を選ぶこともできますし、無宗教でもお墓に納骨することもあります。

お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお電話ください
0120-887-166
24時間365ご相談受付中
深夜、早朝構わずお電話ください

無宗教葬儀(自由葬)の参列者でのよくある質問

無宗教の葬儀はどんな服装で行えばいい?葬式マナー・無宗教

無宗教葬儀(自由葬)は形式ばったものではなく宗教的な作法にとらわれない葬儀です。 ただし、故人を悼む場であることには無宗教でも変わりはなく、無宗教の通夜の服装は案内状に「平服でお越しください」と書かれている場合を除いては、無宗教として参列する際や納骨のときの無宗教の服装は喪服を着用することが無難です。 また、自由葬の服装として、無宗教でもお別れ会は葬儀ではないためそもそも喪服は着用しません。しかし、葬儀での無宗教のマナー(通夜の無宗教のマナー)として、たとえ無宗教でも喪服を着用しないからと言って、カジュアルな服装で参加するのはマナー違反です。

無宗教の告別式・葬儀に出席する場合

葬儀に参列するイメージ

男性の服装

遺族・主催者は喪服を着用します。 遺族・主催者の男性の服装はモーニングまたはブラックスーツです。一般参列者はブラックスーツで、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。 「平服でお越しください」と合った場合は喪服以外の服装を指します。 男性の場合は黒、紺、ダークグレーのスーツにネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

遺族・主催者側の女性の服装は黒のワンピースやアンサンブル、スーツです。一般参列者は黒のワンピースやスーツ等を着用します。光るアクセサリーは外します。 「平服でお越しください」と合った場合は喪服以外の服装を指します。 控え目な色のワンピースやスーツ等地味目の平服で、光るアクセサリーは外します。

欠席する場合どう伝えればよい?

無宗教葬儀を欠席する場合は、一般的な葬儀と同様に、弔電を送ることや、お悔やみ状を作成し、故人の葬儀に間に合うよう欠席を伝えるのも方法としては良いです。お悔やみ状とは故人との別れを悼み、遺族への思いを綴ったお手紙のことで、無宗教でも弔いは同様に行われます。

無宗教で弔電を出すにはどうすればいい?

弔電は葬儀・告別式に出席できない場合に送る電報の事です。 無宗教の葬儀でも式次第(お別れ会など)に弔電を読み上げる場が設けられていますので、一般的な葬儀の場合と同じく送ってしまって問題はありません。

ここがポイントPOINT
 
 
一度葬儀で弔電を送っていた際にお別れ会も欠席する場合は再度2通目を送る必要はありません。

なぜかというと、自分の都合のために葬儀に間に合わず、お手紙を書く時間も無い場合に、やむを得ない対応として電報を送るという方法だからです。 お別れ会を欠席する際には、案内状の返信用ハガキに欠席の意思を示すだけで問題ありません。 無宗教でのお悔やみを綴ったお手紙を送りたいという場合は「お悔やみ状」を、お別れ会の開催前に送ることも一つの方法です。

無宗教でよくある質問・その他

Q.無宗教の著名人にはどんな人がいる?

A.ネットでも無宗教に関する疑問が多く、著名人の無宗教である方を知恵袋で検索される方も多くおられます。無宗教の著名人には、上岡龍太郎さん、島田紳助さん、和田アキ子さん、岡村隆史さん、田村淳さん、等々、名立たる著名人の方が無宗教であることを公言しています。

 

Q.自由葬儀友の会港斎場とはなんですか?

A.自由葬儀友の会は、名古屋市港区にある宗教・宗派問わず利用できる斎場で、シャワーや宿泊施設、遺体安置施設、駐車場などを完備しています。自由葬儀友の会港斎場では、故人様をお見送りするのに、何も風習や形式に縛られる必要はないという無宗教の考えを貫き、多くの方が利用しています。

 

Q.無宗教でお墓は必要?無宗教の埋葬方法は?

A.無宗教では墓はいらないと考える人も少なくありませんが、無宗教では埋葬を納骨堂に置くという方法を利用する方が多いです。無宗教の墓でも東京では、マンション型やロッカー式の納骨堂を利用する方も多いです。

 

Q.無宗教の日比谷花壇とはなんですか?

A.日比谷花壇とは、首都圏・阪神・福岡・札幌を中心に展開している無宗教のお葬式をお手伝いする斎場で、名前にある通り花壇の「フラワリーフューネラル」をメインとした個性あふれるお葬式が魅力です。

 

Q.無宗教はダメと言われたのですが無宗教は何が悪い?

A.葬儀で無宗教の割合が気になるという方も少なくないと思いますが、日本人では無宗教が半数以上を占めています。決して無宗教が珍しいというわけではありませんので、無宗教は良くない、無宗教が悪い、無宗教は悪というのは間違いです。なお、日本から唐に渡り仏教を学ぶ僧が多くいたのですが、無宗教は中国でも多いといわれています。実際に日本で唯一の宗教都市といわれる天理市でも無宗教の方は多くおられます。また、信州の善光寺は無宗教ですし、在日は無宗教が多いといわれています。

 

Q.仏教から無宗教になりたいのですがその方法は?

A.仏教から無宗教になるには、「釈迦の教え」つまり自分の心を断ち切る必要があります。これについてのルールはありません。もちろん、仏教以外にも無宗教になるために神道の心を断ち切るということもあります。

 

Q.無宗教では仏壇は必要?無宗教の仏具は?

A.無宗教では神棚や仏壇、御本尊は不要という方も多くおられます。無宗教では位牌の代わりに、戒名ではなく俗名(世間に身を置いていた時の名)の位牌を使うこともあります。

 

Q.無宗教なのですが通夜は絶対にしないといけないの?

A.無宗教の葬式・葬儀はお坊さんを呼ばない無宗教葬、つまり通夜をしない葬式が増えています。無宗教では絶対に通夜をしないといけないという決まりはありません。一般的に無宗教では線香をあげませんし、無宗教では焼香ではなく献花が用いられます。

 

Q.無宗教で数珠は必要?無宗教の通夜で使う数珠の選び方は?

A.無宗教では念珠・数珠は絶対に必要というわけではありません。無宗教では葬儀や通夜に数珠を持つか持たないかはそれぞれの判断です。無宗教でも葬式で数珠を持ちたいという場合は、宗派にこだわりがない「略式数珠」の中から選ぶといいでしょう。

 

Q.無宗教の納骨堂はどこにありますか?その費用は?

A.納骨堂とは、簡単に説明するとご遺体を収蔵できる収骨スペースのことです。お墓は無宗教では建築する必要はないと考えている方も少なくありません。無宗教葬で納骨できる納骨堂は全国に多く存在しています。例えば、納骨堂・宮城県・無宗教、納骨堂・札幌・無宗教、納骨堂・東京・無宗教、納骨堂・大阪・無宗教、等々、全国各地に数多くの宗教不問の納骨堂が存在します。納骨にかかる費用は無宗教で30万円(一人用)から100万円(家族用)程度です。また、無宗教の永代供養をセットで行ってくれる納骨堂も多いです。

 

Q.ペットの葬儀・火葬は宗教に合わす必要があるの?

A.ペットの葬儀(火葬)はどの宗教に合わせて行うのかわからないという方も多いです。 一般的に、ペットの火葬は無宗教の状態で行う無宗教義が多いです。

 

Q.弔電をうつときの無宗教の文例は?

A.家族葬・自由葬の通夜などにおくやみの電報をうつときは、こころのこもった内容にすることが大切です。ただし、ご逝去された方の立場などに合わせた電報をうつ必要がありますので、NTTの電報文例を利用するといいでしょう。

 

Q.無宗教の香典返しと無宗教の香典返しの時期

A.無宗教のお香典はどうすればいいのか、自由葬での香典は何か違いがあるのかなど、無宗教にはさまざまな懸念があり、無宗教だから不安という方も少なくありません。無宗教では49日法要を行わないことが一般的です。というのも、無宗教では四十九日の香典や、無宗教の一周忌の香典、無宗教の法事の香典など、無宗教には供養という考えがありません。

とはいえ、たとえ無宗教・家族葬といっても香典は必要で、他の宗教の葬儀と同様に無宗教義でも香典を持参することが一般的です。無宗教での香典の金額の目安は5,000円から1万円程度です。 無宗教の袋(無宗教の不祝儀袋)には特に決まりがありませんので、一般的な葬儀に持参するような不祝儀袋をはじめ無宗教では封筒(白無地)を使うことが多いです。

また、無宗教の香典の表書きは、どの宗教にも使える「御霊前」と書くことが無難です。無宗教では「御霊前」が用いられることが多いですが、無宗教では「献花」を香典の表書きとしたり、「お花料(無宗教・御花料)」とすることもあります。無宗教として法事に行くときの表書きや無宗教・納骨・香典、無宗教・通夜・香典など、どの時期の香典の表書きも同様です。 また、香典を頂いた際は無宗教でも忌明け後に香典返しに挨拶状を添えて送ることが一般的です。ネットで検索すると「香典返しの挨拶状・無宗教」の例文は簡単に探すことができます。

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright c 2013-2018 Minrevi. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る