葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

無宗教葬(自由葬)で見送る故人らしい葬儀とは

カテゴリー 葬儀の種類

無宗教葬儀は特定の宗教宗派の儀礼を行わずに葬儀と告別式を行う自由葬のひとつの形です。通常の葬儀とは違い、僧侶等を呼ばず、読経や説教なども行わないで、故人の希望と遺族の想いで自由行うな方法、式次第で葬儀を行います。
ですので、決まったルールも無いため、どんな葬儀を行いたいか生前から決めておくか、葬儀社とよく相談して進める必要があります。

無宗教葬儀(自由葬)とは?

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀のことを指しています。
僧侶等による読経や説教がない自由な方式と式次第で、故人をお見送りするので「自由葬」とも呼ばれています。

無宗教葬儀(自由葬)では、宗教的な縛りが無いため、葬儀内容をしっかりと組み立てることが必要となります。
つまり、無宗教葬儀により故人を追悼し思い出深いものにするには、葬儀の工程を構成していく企画力が求められる葬儀ともいえます。

葬儀社と相談し効果的な演出を

無宗教葬儀(自由葬)を成功させるためには、無宗教葬儀(自由葬)の経験豊富な葬儀社と相談しながら進めていきましょう。
葬儀社に、故人の趣味を伝えると色々な葬儀の提案をしてもらえます。

無宗教葬儀(自由葬)を行う方の3つの特徴

無宗教葬儀(自由葬)は、特定の宗教・宗派の葬儀・告別式でなかなかできない、故人を追悼するための趣向を凝らした葬儀を演出することができます。
一般的にこのような形の葬儀を選択する方は以下の4つのどれかに当てはまる方が多いです。

①宗教にあまり興味の無い方

特定の宗教の信仰を持っていない方やこれまでの生活で宗教色のある行事を行ってきておらず、しきたりに従った葬儀を行うことに違和感やイメージができないと感じる方。

②自分らしい葬式をしてもらいたい、故人の意思を反映させたい方

形式ばったことが嫌いで、生前に音楽やガーデニングなど趣味を楽しんでいた方が、自分の葬儀の時も好きだった音楽や、花々に囲まれた葬儀を希望する場合が多いですが、自分の趣味・こだわりを葬儀にも反映したいと言う方。

③遺族やご友人の納得できる葬儀になる

故人の意思を思い出を色濃く反映させた葬儀で最後のお別れを行うことで、悔いの残らない葬儀にしたい方。

具体的な無宗教葬儀(自由葬)の種類

特に最近多い葬儀の形としては以下の2つがありますが、これだけということではありません。
ホテルで会食を中心に行うホテル葬や葬儀の際にカラオケを行うカラオケ葬というものもあります。

①音楽葬
自由葬の一つで、故人が生前好きだった音楽を流しながら進行していく葬儀を指しています。
ピアノやバイオリン、トランペットなどの楽器による生演奏や合唱隊による歌などを演出していきます。CDに録音しておき、BGMとして流すケースもあります。

より詳しい音楽葬については
「」を参照ください。

②お別れ会
お別れ会は偲ぶ会などとも呼ばれており、葬儀・告別式を終えた後に改めて開催する送別会や、告別式の代わりに行います。
火葬式(密葬)や家族葬の後にお別れ会を開く方が増えてきています。
参加する方は、近親者や故人と親しかった友人・知人などを呼ぶケースが一般的ですが、厳格なルールはなく、単純に参加して欲しい方に声をかけて行っています。

より詳しいお別れ会については
「」を参照ください。

無宗教葬儀(自由葬)でのよくある質問

案内状はどのように出せばいい?

無宗教葬儀でも、一般的な葬儀の案内状と変わりは無く、故人の死去の事実と葬儀日程・場所を簡潔に記載します。平服で参列して頂きたい場合は、「平服でご出席願います」と記載しましょう。

位牌はどうすればいい?

無宗教葬儀(自由葬)の場合にも位牌を用意することはできます。
ただし、無宗教葬儀の場合は、戒名を入れるのではなく、生前の故人の名前を入れることになります。

初七日や四十九日はどうすればいい?

無宗教葬(自由葬)を行った場合は、特に法要をしなければならないわけではありません。
遺族等が希望するなら、仏教で行われているような初七日や四十九日、一周忌など定期の場を設けることはできます。
その際には読経等のような儀式をせずに、出席者が会食して故人を偲ぶということも可能です。

納骨はどうすればいい?

納骨は一般的な場合と変わらずに、霊園や納骨堂等に納めます。
また、従来の形式にとらわれない方法をとりたい場合は、散骨や樹木葬を選ぶこともできます。

無宗教葬儀(自由葬)の参列者でのよくある質問

どんな服装で行えばいい?

無宗教葬儀(自由葬)は形式ばったものではなく宗教的な作法にとらわれない葬儀です。
ただし、故人を悼む場であることには変わりはなく、案内状に「平服でお越しください」と書かれている場合を除いては、喪服を着用しての参列が無難です。

また、お別れ会は葬儀ではないためそもそも喪服は着用しません。しかし、喪服を着用しないからと言って、カジュアルな服装で参加するのはマナー違反です。

無宗教葬儀の葬儀・告別式に出席する場合

男性の服装

遺族・主催者は喪服を着用します。
遺族・主催者の男性の服装はモーニングまたはブラックスーツです。一般参列者はブラックスーツで、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

「平服でお越しください」と合った場合は喪服以外の服装を指します。
男性の場合は黒、紺、ダークグレーのスーツにネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

遺族・主催者側の女性の服装は黒のワンピースやアンサンブル、スーツです。一般参列者は黒のワンピースやスーツ等を着用します。光るアクセサリーは外します。

「平服でお越しください」と合った場合は喪服以外の服装を指します。
控え目な色のワンピースやスーツ等地味目の平服で、光るアクセサリーは外します。

欠席する場合どう伝えればよい?

無宗教葬儀を欠席する場合は、一般的な葬儀と同様に、弔電を送ることや、お悔やみ状を作成し、故人の葬儀に間に合うよう欠席を伝えるのも良い方法です。お悔やみ状とは故人との別れを悼み、遺族への思いを綴ったお手紙です。

弔電を出したいがどうすればいい?

弔電は葬儀・告別式に出席できない場合に送る電報の事です。
無宗教葬儀でもお別れ会でも式次第に弔電を読み上げる場が設けられていますので、一般的な葬儀の場合と同じく送ってしまって問題はありません。

ただし、一度葬儀で弔電を送っていた際にお別れ会も欠席する場合は再度2通目を送る必要はありません。
それは、自分の都合のために葬儀に間に合わず、お手紙を書く時間も無い場合に、やむを得ない対応として電報を送るという方法だからです。
お別れ会を欠席する際には、案内状の返信用ハガキに欠席の意思を示すだけで問題ありません。
もしも何かした言葉を送りたいという場合は、故人へのお悔やみを綴ったお手紙「お悔やみ状」を、お別れ会の開催前に送ることも一つの方法です。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る