葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

最近増えつつある自由葬・音楽葬の流れとマナー

カテゴリー 葬儀の種類

無宗教葬儀(自由葬)は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀を言います。
その中でも「音楽葬」は最もポピュラーな葬儀と言えます。故人の好きだった音楽で見送ることで、故人や遺族、参列者も納得する式になることが期待できます。

無宗教葬儀(自由葬)とは?

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀を言います。
僧侶等による読経や説教がない自由な方式と式次第により、故人をお見送りするので「自由葬」とも呼ばれています。

無宗教葬儀(自由葬)を行う2つの意味

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の葬儀・告別式でなかなかできない、故人を追悼するための趣向を凝らした葬儀を演出することができます。無宗教葬儀を希望される方や、その方を無宗教葬儀で送る意味は以下の通りです。

無宗教葬儀を希望される方

宗教にあまり興味の無い方

無神論者で信仰心が無い方はもとより、宗教に対して疑問がある方が該当します。

自分らしい葬式をしてもらいたい方

形式ばったことが嫌いで、生前に音楽やガーデニングなど趣味を楽しんでいた方が、自分の葬儀の時も好きだった音楽や、花々に囲まれた葬儀を希望する場合があります。自分の趣味・こだわりを葬儀にも反映したいと言う方が、無宗教葬儀を希望されることが多いです。

故人を無宗教葬儀で送る2つの意味

故人の意思が反映される

生前に、「自分が死んだら○○で見送ってくれ。」と意思表示をしていたならば、その意思に従って葬儀が行われると、故人の願いが叶えられ、何よりの供養となります。

遺族やご友人の納得できる葬儀になる

遺族が故人の意思を継いで無宗教葬儀を行うので、「これで故人も迷いなく天国へいける。」と、納得できて悔いも残りません。また、故人が望んだ葬儀を行う中で語られる遺族やご友人の心のこもった言葉は、何よりの餞別となるでしょう。

どんなものが無宗教葬儀(自由葬)と呼ばれる葬儀になるのか

形式ばった作法が必要の無い葬儀が、無宗教葬儀ということになります。
宗教的な縛りが無いため、葬儀内容をしっかりと組み立てることが必要となります。
つまり、無宗教葬儀により故人を追悼し思い出深いものにするには、葬儀の工程を構成していく企画力が求められるということです。

葬儀社と相談し効果的な演出を

無宗教葬儀を成功させるためには、無宗教葬儀の経験豊富な葬儀社と相談しながら進めていきましょう。
葬儀社に、故人の趣味を伝えると色々な葬儀の提案をしてもらえます。故人が音楽好きだった場合は音楽葬を、絵画や美術品が好きな場合は葬儀・告別式に故人の生前のお気に入りだった絵画・美術品を飾るなど効果的な演出が期待できます。

オリジナルティ溢れる式を作る

故人の生前の趣味にこだわるばかりでは無く、葬儀・告別式の合間に故人の思い出の写真をスライドで流したり、動画によって回想したりと、故人の最期をプロデュースする「お別れ会※」的な内容の葬儀も個性的であると言えます。

※「お別れ会」・・・遺族や親族だけの家族葬のような小さな葬儀・告別式を終えた後に改めて行う、故人の友人等を対象とした送別会のことです。宗教的儀式にとらわれない自由な演出で故人を回想し、お別れを伝えることができます。

音楽葬とは?

音楽葬とは、葬儀の中に演出の一つとして音楽を取り入れること、または故人を音楽で送る事を主目的とした無宗教葬儀のことです。

音楽葬の費用相場

音楽葬の費用は、葬儀の規模や内容によって大きな開きがあります。
参列者が大勢であればそれだけ多額の費用がかかりますし、内容としてもレコードやCDの音楽をかけるだけなのか、それとも生演奏なのかでも費用に差が出ます。
約40万円から100万円以上のプランなど様々です。

具体的にどんな曲目を流すの?

音楽のジャンルは問われません。例えば、クラシックが好きな方はクラシック音楽を、J-POPが好きな方はJ-POPを、アニメソングが好きな方は好きだったアニメの主題歌等を流します。

オーケストラ

音楽葬では、良くクラシックが流されます。それは、故人が好きだったことに加えて、無宗教葬儀の演出の一つとして、厳かな雰囲気を壊さず、かつ個性的な式を執り行いたい時に、クラシックが特にふさわしいと言う理由で人気が高いと言えます。
以下のクラシックの曲が良く選ばれています。

(アーティスト名) (曲名)

  • シューベルト・・・アヴェ・マリア
  • ショパン・・・・・・・別れの曲
  • バッハ・・・・・・・・G線上のマリア
  • パッヘルベル・・・カノン
  • ヘンデル・・・・・・オンブラ・マイ・フ
  • モーツァルト・・・・レクイエム
  • ラヴェル・・・・・・・亡き王女のためのパヴァーヌ

洋楽

洋楽には、様々な種類がありポピュラー、ジャズ、ロック、リズム&ブルース等があります。
ただし、どの洋楽も葬儀で使えると言うわけでは無く、厳かな雰囲気を壊さない曲を選ぶ必要があります。
以下の洋楽が良く使用されています。

(アーティスト名)   (曲名)

  • L・ローゼンマン・・・・・・エデンの東
  • ジョン・ニュートン・・・・・アメイジング・グレイス
  • ハロルド・アーレイン・・・オーバー・ザ・レインボー
  • ビートルズ・・・・・・・・・・イエスタデイ
  • フランク・シナトラ・・・・・マイ・ウェイ
  • リー・ハーライン・・・・・・星に願いを

邦楽

邦楽では、J-POPや演歌、アニメソング等がありますが、やはり故人の悼む演出として式場の雰囲気を壊さない曲を使用しましょう。
以下の邦楽が良く使用されています。

(アーティスト名) (曲名)

  • 秋川雅史・・・・・千の風になって
  • 石原裕次郎・・・わが人生に悔いなし
  • かぐや姫・・・・・神田川
  • 坂本九・・・・・・・見上げてごらん夜の星を
  • 中島みゆき・・・時代
  • 谷村新司・・・・・昴
  • 美空ひばり・・・・川の流れのように
  • 山口百恵・・・・・いい日旅立ち

生演奏も

生演奏は、音楽葬で式場の厳かな雰囲気を作りだす良い演出方法と言えます。奏者・楽団は各葬儀社と契約を結んで演奏を行います。
生演奏は、CDをかける演出とは何が違うのでしょうか?
生演奏のメリットや演奏方法、費用について説明します。

生演奏のメリット

葬儀の雰囲気を壊さない演奏

故人の好きだった音楽を流すことは供養や演出でも有効です。ただし、故人が好きだったからと言ってアップテンポの曲をCDで流した場合、式場の雰囲気を壊すことにつながります。
生演奏では、アップテンポの曲であっても、葬儀に合うようにアレンジして弾いてもらうことができます。

葬儀とより一体感のある演奏

葬儀会場の空気や、葬儀スタッフの動きを読みながら、奏者がその場に応じた演奏を行うことができます。また、司会者の司会進行に合わせた絶妙のタイミングでの演奏が可能です。実際に人が演奏しないことにはできない演出と言えます。

使用される楽器

音楽葬の中で個人葬で行うような比較的小規模のものは、主にヴァイオリン(2本)、ヴィオラとチェロ(1本)による「弦楽4重奏」による演奏、社団葬・団体葬のような規模の大きな葬儀の場合は、「管弦楽団※」による演奏、合唱団による献歌が中心となります。
使用される楽器でわかるように概ねクラシック調の演奏による葬儀となります。
なお、音楽葬を扱う葬儀社によっては、より厳かな葬儀を演出するためにフルート、ヴァイオリン、ベースを基本にした生演奏を行うところもあります。

※「管弦楽団」・・・種々の管楽器、弦楽器、打楽器を組み合わせた大規模な演奏団体のことです。

生演奏の費用

演奏者費用に関しては、楽器や奏者の人数等で非常に開きがあります。相場としては概ね10万円から50万円ほどです。
なお、演奏者費用の他に葬儀費用も必要となります。

著作権は大丈夫?

昨今、問題になっている権利関係として「著作権(著作者に付与される財産権)」があります。こちらは楽曲についても同様で、日本で音楽葬を行う場合には「日本音楽著作権協会(JASRAC)」に使用料を支払うのかどうか判断がなかなか難しいことがあります。

葬儀場で音楽葬を行う場合

葬儀場の対応

既に多くの葬儀場では、音楽葬への対応を行っており、日本音楽著作権協会が管理する楽曲を使用する契約を結んでいます。つまり、葬儀場で使用料を支払うのは遺族では無く、営利を目的とし会場で音響設備により楽曲を流す葬儀事業者となります。

日本音楽著作権協会と未契約の葬儀場の場合

会場として選んだ葬儀場がいまだ楽曲の使用契約を結んでいない場合があります。原則として各葬儀場が使用契約を結ぶ必要がありますが、遺族側がどうしても故人の好きだった同協会の管理楽曲で葬儀を執り行いたい場合は、同協会へご相談願います。

自宅で葬儀を行う場合

では故人の葬儀を自宅で行いたい場合はどうなるでしょうか?
自宅の葬儀で楽曲を流すことは、確かに利用主体は喪主となります。
しかし、喪主は葬儀を営利として行っているわけではないので、著作権法で規定されている「自由利用が認められる」ことになります。
この場合は、原則として日本音楽著作権協会に使用料を支払う必要はありません。

無宗教葬儀(自由葬)の流れ

音楽葬は、主に無宗教葬儀として執り行われるので、僧侶・神父のような宗教者の参加や、仏式、キリスト教式で行う宗教儀礼もありません。
ただし、式次第の全体的な流れとしては一般的な葬儀とあまり変わりません。葬儀の前には通夜も営まれます。
音楽葬の式次第としては概ね以下のようになります。

  1. 事前演奏
    葬儀の開式の準備や、参列者が着席し式を待つまでの間に演奏が行われることがあります。
  2. 遺族入場
  3. 開式の辞
  4. 黙とう
  5. 献葬および故人の人生や家族との思い出の紹介
    故人の最も好きだった曲を演奏し、故人を紹介する際にはBGMとして演奏されます。
  6. お別れの言葉、弔電披露
    故人へのお別れの言葉、弔電を読み上げる際のBGMとして演奏が続きます。
  7. 献花・焼香
    お花を供えたり、焼香をあげたりする際にもBGMとして演奏が続きます。
  8. 喪主挨拶
  9. 閉式の辞
  10. 後奏
  11. 出棺
    故人を出棺し、参列者が会場から立ち去られるまで演奏されます。

無宗教葬儀(自由葬)でのよくある質問

無宗教葬儀とりわけ音楽葬に出席する場合に、席順も一般葬とは違ったものになるのではないか?と心配されることがあるかと思います。
音楽葬であっても、案内状等で席をあらかじめ指定されていたり、司会の方から特別な指示があったりする場合を除いて、一般葬と同じく対応すれば問題はありません。

どんな服装で行えばいい?

無宗教葬儀だから言って、カジュアルな服装での出席はマナー違反です。
あらかじめ案内状等で指示がなければ、男女ともに喪服で参列することが無難です。

一般葬と同じく葬儀・告別式で出席する場合

男性の服装

遺族・主催者は喪服を着用します。遺族・主催者の男性の服装はモーニングまたはブラックスーツです。一般参列者はブラックスーツで、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

遺族・主催者側の女性の服装は黒のワンピースやアンサンブル、スーツです。一般参列者は黒のワンピースやスーツ等を着用します。光るアクセサリーは外します。

案内状に「平服でお越しください」とあらかじめお願いされている場合

男性の服装

平服は、喪服以外の服装を指します。男性の場合は黒、紺、ダークグレーのスーツにネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

控え目な色のワンピースやスーツ等地味目の平服で、光るアクセサリーは外します。

香典はどうすればいい?

音楽葬を行うとは言っても、葬儀に参列する際の作法として「香典」を渡すことが一般的です。
ただし、無宗教葬儀に参列するため香典の表書きに何と書けば良いのか悩む場合があります。
故人が音楽葬を望んでいたからと言って無宗教・宗派であるとは一概に言えませんので、遺族に宗派をあらかじめ聞いておいて、表書きを書くことも一つの方法です。
また、無宗教葬儀であるため、「お花料」と書いたり、「御霊前」と書いたりしても特に問題はありません。

基本的には一般的なお葬式と変わりません

数珠を持参すべきかどうかも判断に悩むところではあります。
こちらの場合も香典の表書き記載と同様に、故人の宗教に合わせるべきと解されます。
仏教徒であるなら、数珠を持参し、その他の宗教の場合は持参しないと言う、各ケースに合わせた対応が望ましいです。
ただし、数珠を持参する場合は故人の宗派に合わせた数珠を使用するのではなく、あくまで参列するご自身の宗派の数珠を使用することになります。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る