必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円から

礼装、喪服のマナーとは? 女性のための通夜・葬儀の服装

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

葬儀で着用する喪服には格式があり、参列する式や自分の立場に応じて着用する喪服が異なります。特に女性は男性よりも喪服の種類の幅が広いため、どれを着ていけばよいか分からない方も多いと思います。

そんな方のために、ここでは女性の喪服のマナーに関して詳しく説明していきたいと思います。

女性の礼装

礼装にはいくつかの格式があります。
特に女性は正式礼装(洋装/和装)、準礼装(洋装/和装)、略礼装といくつかの格式があり、それぞれ着ることのできる場面が変わってきます。

きちんと場面に応じた礼装の選択ができるよう、ここではそれぞれの礼装に関するマナーと着られる場面について紹介していきたいと思います。

正式礼装(洋装)

礼装には3つの格式があり、その中でも正式礼装は最も格式が高くなります。

女性の場合、服は黒のシルクかウールのワンピースを着用し、靴と靴下は黒を着用します。スカート丈は膝が隠れるくらい長いものが好ましいとされています。化粧もシンプルを心がけ、髪はすっきりとまとめ、髪飾りを付ける場合はなるべく黒を選択します。

正式礼装は昼夜を問わず、弔事の席において遺族やその親族(一般に三親等まで)は着用するのが一般的となります。
反対に、一般会葬者は遺族やその親族よりも格式の低い略式の礼装を行うのが礼儀となっています。

準礼装(洋装)

最も格式高い礼装が正式礼装であるのに対して、準礼装は一段格が下がります。
遺族や親族などの喪に服す側は正式礼装となりますが、一般の参列者は準礼装または略礼装となります。正式礼装との違いとして、その時々の流行を適度に取り入れることができる点が挙げられます。

女性の場合、準礼装はブラックフォーマルのアンサンブルやスーツ、ワンピースなどが該当します。スカートは通常よりも少し長めのふくらはぎ丈が好ましいとされています。
基本的には正式礼装に準じていますので、光沢や透け過ぎていないデザインを選ぶことが重要です。

略礼装(洋装)

略礼装は準礼装に準じた服装となります。

仮通夜においては急な訃報を聞いて来るものですので、正式な喪服を着用すると予め準備をしていたとみられて不適切です。取り急ぎの場面などで一般の方が参列する場合で略礼装は用いられます。

女性の略礼装の場合、色は黒に限らず、グレーや紺などの地味な色であれば着用することが可能となります。礼装や準礼装に見られるワンピース、スーツ、アンサンブルに加えて、略礼装ではパンツスーツも選択肢の一つとなります。

柄に関しては無地に限らず、チェックやストライプなどが入っていても問題ありませんが、目立ちすぎるのは良くありません。

基本的には正式礼装、準礼装に準じていますので、過度な露出は避け、小物は黒で統一するなど華美になりすぎないことが大切です。

正式礼装(和装)

正式礼装は和装と洋装がありますが、両者に格式の違いはありません。
和装の場合も正式礼装は通夜、葬儀、告別式などを通じて三親等までの方が着用します。

女性の和装の正式礼装は、黒無地染め抜き五つ紋付の着物となります。
生地に関しては、かつて関東と関西で違いがあり、関東では羽二重、関西では縮緬が好まれていましたが、現在では共通して縮緬が主流となっています。

半襟・長襦袢は白を選び、帯は黒の袋帯か名古屋帯、帯締めは黒の平打ちが基本です。足袋は白、草履は布製の黒か鼻緒は黒のものを選びます。髪飾りや帯止めは不要となりますので注意が必要です。

略礼装(和装)

寒色系の無地に一つ紋または三つ紋付きの半喪服が和服の略礼装となります。または色無地や小紋の地味な長着も着用可能です。

半襟・長襦袢は白、帯は黒無地、帯締めは黒の平打ち、足袋は白、草履やハンドバックは布製の黒と、この辺りは正式礼装に準じています。
髪飾りや帯止めに関しても正式礼装と同様に不要です。

アクセサリーやバッグ/小物について

礼装と同じで黒を基調とした無地のバッグが基本となります。
光沢のある素材や金具が目立つような種類のバッグは控えるようにしましょう。
また、毛皮などの殺生を連想させるような素材のバッグも控えるのがマナーとなっていますが、合皮は問題ないとされています。

サイズは小ぶりなハンドバッグサイズが一般的で、ショルダーやトートバッグは厳禁となります。しかし、葬儀では香典や数珠、ハンカチやストッキングなど持ち物が多いのも確かです。
そのような場合は予めサブバッグを準備しておくと、急に荷物が増えた時も安心となります。

アクセサリーに関しては結婚指輪以外は外します。ただし、指輪でもゴールドなどの派手な装飾である場合は付けないようにしましょう。
指輪以外で付ける場合は真珠のネックレスに限り可能となり、イヤリングやピアスなどは付けないのが一般となります。

コートについて

葬儀が冬場などの寒い時期に行われる場合、コートが必要になるかと思います。
室内でコートを着ることはありませんが、やはりお悔やみの場でマナーを逸脱した服装は周りの人からもマイナスイメージとなってしまうため、きちんと喪服に準じたコートを選びたいものです。

葬儀におけるコートの選び方も、喪服と同じようなマナーがあります。
まず色は黒やグレーであることが絶対条件となります。黒がベストとなりますが、グレーや茶色でも派手な色でなければ許容されています。

次に柄物は避け、無地を選択する必要があります。色が黒などのマナーを守ったものであっても、チェックやボーダーなどの模様が入っている場合、葬儀には適しません。

コートの種類はフード付きなどのカジュアルなものは避けるようにしましょう。ジャンパーやダウンジャケットのようなカジュアルな上着はもちろんマナー違反となります。また、光るボタンや金具の付いているもの、革や毛皮素材のコートも葬儀には適しません。
丈はなるべく長いものを選択し、女性の場合はスカートが隠れるくらいがベストとなります。

気をつけたい女性の服装における疑問やマナー

故人の親族や親しい友人は、ある程度決まった服装となりますが、一般の参列者は服装に多少の自由度があります。そのため、どのような服装が適しているのか迷ってしまうこともあると思います。

ここでは、女性の服装において曖昧になっている疑問やマナーについて紹介していきたいと思います。

洋装はパンツスーツでもいいの?

洋装の場合、女性はワンピースが正装の基本となりますが、略礼装としてパンツスーツを着用することが可能となります。
ただし、着用する際は状況をよく見て判断するようにしましょう。

例えば遺族や近親者ではない、一般の参列者であればパンツスーツの着用は問題ないと思われます。また、高齢者や足が不自由でワンピースやスカートが履きづらいという方もパンツスーツの着用が可能です。
一方で、喪主や遺族、近親者はパンツスーツの着用を控えた方が無難です。

あくまでマナー違反にならないという認識で、決してパンツスーツが推奨されるわけではありません。

喪服でないとNG?

急な葬儀などで喪服の準備ができていないという事態に直面した人はいると思います。基本的に告別式などの正式な場では喪服を着ることがマナーとなっています。

しかし、逆に仮通夜などの急な場では喪服ではなく平服を着ることがマナーとなります。これは急な場となる通夜で喪服を着ると、死の準備をしていたと思われてしまう恐れがあるためです。

このように一部平服でも可能な状況がありますが、正式なセレモニーは喪服を着るのが常識です。一般の参列者であれば略礼装で問題ありませんので、最低限の準備はしておくべきです。

女性の服装のマナーにおける注意点

女性の服装は男性にはないいくつかのマナーが存在します。特にスカートと化粧に関してはマナーを守れていない人が多く見られますので、一度マナーを確認しておくと良いと思います。
ここでは女性の服装の中でも、スカートと化粧に関するマナーを紹介していきます。

スカート丈にも注意しましょう

女性の喪服のマナーにおいてスカート丈は注意するべきポイントの一つとなります。
喪服のスカート丈は膝が隠れることが大前提となります。その上で、正式礼装かそれ以外かで丈の長さが若干異なります。

まず正式礼装の場合、スカート丈が長いロング丈(ひざ下5cm~7cm以上あるものからくるぶしまで)がベストです。これは正式礼装のスカートは長いほど格式が高いとされているためです。

一方で正式礼装以外では「椅子に座った際に膝が隠れる」程度のスカート丈がベストとなります。ロング丈だと格式が高すぎるので注意です。

化粧は派手にならないように

葬儀の服装は共通して派手な格好にならないことが良いとされています。

このため女性の場合、派手な化粧はマナー違反となってしまいます。具体的には、アイシャドー、チークなどは禁止となり、アイラインも自然に仕上げるくらいが良いとされます。全体的なナチュラルな色を選択するようにしましょう。

ただし、葬式は正装を行う場所となりますので、ノーメイクで参列することもマナー違反です。あくまで礼儀のある自然なメイクを心掛けることが大切です。

まとめ

葬儀は静粛な空気の中で行われる厳格な式となります。
普段は着ることのない服装ではありますが、亡くなった方や遺族を偲ぶためにも葬儀のマナーをきちんと身に付けることが大切です。
まずは地味な服装を心がけ、その上で葬儀の場に応じた喪服を選択することが必要です。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る