通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

樹木葬(自然葬)とは?樹木葬が今人気な理由

カテゴリー 葬儀の種類

樹木と女性

樹木葬は、遺骨を山林の樹木の根元に埋めたり、墓地の石碑の代わりに樹木を植えたりする埋葬形式のひとつです。

里山の土地を一部購入してその場所に埋葬と植樹をする里山型と、シンボルツリーを植え、根本周辺の土地を区画整理して個別埋葬や合同葬とする公園型とがありますので、故人や遺族がどのように埋葬したいか考える必要があります。

ここでは樹木葬の考え方その種類、選び方についての基本を分かりやすく解説していきます。

樹木葬とは、自然葬の種類のひとつ

現在のように、遺骨を墓地に安置するという、埋葬の形が一般的になったのは、昭和23年頃からです。
これには昭和23年に埋葬に関する法律の変更があり、土葬が禁止されたことによって、火葬を行う文化が浸透したことが大きく影響しています。

しかし、近年は葬儀も核家族化が進み、夫婦でも先祖伝来の墓に入りたくない、子孫に負担をかけたくないなど、埋葬の考え方や供養の形への意識に変化が現れています。

さらに、墓所以外の埋葬方法として「樹木葬、宇宙葬、海洋葬」なども生まれ、一般的な慣習にとらわれない、自由なスタイルが支持され始めているのです。

埋葬、散骨にも様々な方法がありますが、その中でも自然を愛し、自分の最後は自然に還りたいと願う方から求められたのが「自然葬」です。
自然葬には、「樹木葬」「海洋散骨」「宇宙葬」などの種類があります。

中でも、樹木葬はシンボルが生きた木であるため、墓石とは違い、故人が生き続けている心情になることができることから故人の生前からの希望としても、遺族の希望としても人気が出てきています。

一方で、樹木葬は近郊の里山の樹木基地を利用しますので、年数とともに墓代わりの樹木葬林や樹木墓地の確認が困難になってきている等の問題があるのも事実です。 社会の変化にともなう死生観の変化が、樹木葬を求めていると言えるでしょう。

樹木葬は基本的に「永代供養」

永代供養とは、墓参りができない人に代わり、お寺の住職が責任を持って永代にわたり供養と管理をおこなうシステムのことです。

永代供養墓の形として以下のようなものが例に挙げられます。

  • お骨安置用の納骨堂を作りその上に仏像、仏塔、碑などを建立した墓)
  • お骨安置用の納骨室を作りその下に合祀スペースを設けた墓
  • 合葬墓を備えた納骨堂

永代供養は普通の墓地管理に比べて墓地の永代使用料、墓石の購入、墓地の管理などの費用と手間が不要になります。

樹木葬の霊園タイプは二種類に大分される

樹木葬は比較的まだ新しい供養スタイルです。
そのためか、墓地・霊園によっては樹木葬のことを「植樹葬」「庭園墓」など独自の呼び方があることが多く、分かりにくいかもしれません。

一般的な樹木葬の霊園タイプは大きく分けると「里山型」と「公園型さん」の二種類となります。

里山型

自然の里山を活かしたタイプで、周囲の自然環境と一体となれることから「最期は自然に還る」という意味合いで人気です。 一方で、墓標自体が判別しにくいため、墓参りや掃除など、墓所の管理には困難な点もあります。

公園型

一本の木の下に多人数の合葬墓型で埋葬されるタイプと、霊園内に個別区画を設けて埋葬するタイプがあります。 霊園が公園になっているガーデニングタイプもあり、「墓」というイメージが薄いこと、景観が良いことから支持されています。 公園型の場合、従来の墓地のように墓参りができるという点が大きなメリットです。

把握しておくべき樹木葬のメリット・デメリット

基本的に永代供養の一種である樹木葬には、メリットもデメリットもあります。その両方をきちんと把握しておくことは、樹木葬を考える上でとても大切なことです。

メリット、デメリットの両者をきちんと把握していないと、思いがけないトラブルが起こりかねません。

メリット

  • ・個人墓が多く、墓地の継承や、墓地の管理がいらない。
  • ・自然に還りたいという故人の遺志を実現できる。
  • ・樹木の植樹によって緑がはぐくまれていく。
  • ・自然志向、自然回帰という面から「エコ」という考え方が尊重される。
  • ・墓石を建てるよりも、費用の負担を抑えることができる。
  • ・同じ自然葬の海洋散骨に比べて「墓の形態」がはっきりしているので墓参りが可能。
  • ・生前に求めることができる。

自然に還るという気持ちになることで、余生を穏やかな気持で過ごすことができ、また遺族も故人を身近に感じられることが何よりのメリットでしょう。

デメリット

  • ・郊外に求めた場合は交通の便が良くない。
  • ・保守的な親族の同意を得ることが難しい。
  • ・里山タイプの場合、墓標が判別しにくい。
  • ・骨壷を収めるタイプ以外は、一度埋葬すると再度お骨を取り上げることはできない。

樹木葬は埋葬の新しい形であり、まだ一般の理解は十分に得られていません。デメリットとして挙げた点をクリアできるかが大きなポイントです。デメリットが自分にとって問題にならないのであれば、樹木葬はメリットが大きい埋葬の形であると考えられます。

「樹木」の種類は?

樹木葬でとくに人気があるのは桜の木

花見などで日本人にとってなじみ深い桜の木は、樹木葬でも人気の高い木です。

開花してから散るまでの期間が2週間程度と短く、その「美しく咲き、儚く散る」様子が人の人生とリンクし、樹木葬のシンボルとして選ばれるのでしょう。

樹木葬の中でも桜に特化したものを「桜葬」と呼びます。開花シーズンに合わせて法要を行う霊園もあり、毎年桜が咲く季節に故人を偲ぶことができます。

日本初の樹木葬に使われたのは低木

日本で初めて樹木葬をおこなったのは、岩手県一関市の祥雲寺といわれています。その際にシンボルツリーとして使用されたのがヤマツツジという、花を咲かせる低木でした。そのことから、ヤマツツジのように花をつける低木も人気があります。

彩り豊かなガーデンタイプ

樹木葬のシンボルは木ばかりではありません。ハーブやバラなど四季折々の植物に囲まれるガーデンタイプも存在します。季節ごとの草花が咲き誇るので、その景観の良さが魅力です。

また、生前に申し込む方が多いというのも特徴のひとつとなっています。

墓地・霊園によっては、「ガーデン葬」「花壇墓」としてプランを確立させているところもあります。

スタイリッシュなモニュメントタイプ

主に合祀に多いのがモニュメントタイプです。

ガラスのオブジェの周りに花をあしらったもの、三角錐のオブジェに苔をはったものなど、様々な形状があります。

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

ペットと一緒に眠りたいという望みもかなう

樹木葬が可能な霊園を運営している企業には、ペットと一緒に埋葬できる墓所を提供しているところもあります。

家族としてともに暮らした愛するペットと、死後も一緒にいたいという気持ちは、ペットを飼っている方なら当然わかるはずです。

樹木葬は一般的な埋葬方法と比べて自由度が高いため、ペットと同じ場所に入るには適していると言えるでしょう。

価格例を以下に挙げます。

墓所使用料30万円

運営管理費月額5千円

ペット一回埋葬につき1万円

※ペット専用を希望の場合

一区画永代使用料2万円

埋葬料一回1万円

ペット用プレート代1万2千円

ペット用合祀では永代使用料1万円~

樹木葬の費用相場

屋外墓地の全国的価格は、墓石および墓石工事代(150万円)および墓地永代使用料(100万円)が一般的相場です。

一方で、樹木葬の価格は里山型と公園型では値段に大きな開きがありますが、だいたい20万円~100万円となり、個々の要望に応じて選択することができます。

このように、費用は屋外墓地と比べて樹木葬の場合は格安で、樹木葬が選ばれる理由のひとつでもあるのです。

樹木葬の流れ

樹木葬

樹木葬の基本的な流れは一般的な墓に埋葬するのと同じ部分もあります。亡くなってから埋葬までの流れを整理してみます。

樹木葬は自然の中に遺骨を埋葬する方法ですが、いつでもどこにでも埋葬できるわけではありません

通常の墓と同じように墓地埋葬に関する法律が適用され、埋葬する場所は、墓地として許可されたところを利用することになります。

樹木葬をおこなっている墓地や霊園に行って場所を確認し、詳細説明を受け、納得した上で申込をおこない、墓所の抽選などを受け、契約をしておきます。

臨終~死亡診断書・死体検案書の受領

亡くなったことを正式に証明する書類です。これは一般葬と変わりません。

死亡届~火葬許可書・埋葬許可書の受領

死亡後、役所に死亡届を提出すると火葬許可書と埋葬許可書が発行されます。

通夜~葬儀

通夜、葬儀をそれぞれの宗派に従って行います。

火葬~骨上げ

火葬許可書を提示し地域の火葬場の申し込みをおこない火葬の日程を決めて荼毘(だび)に付し、骨壷に骨を収めます。

埋葬・散骨

樹木葬をおこなう寺院・霊園・葬地などに埋葬の日取りを連絡します。納骨や埋葬には埋葬許可書が必要になります。

このように、大きな流れは一般的な葬儀とあまり変わりません。樹木葬を希望するのであれば、生前に霊園まで決めておくと安心です。

今ある墓から樹木葬に変える場合

現在、お墓はあるが、後継者や親近者あるいは墓地が遠くて、墓守・墓参りできないなどの理由から、樹木葬を希望されるケースも近年ふえています。
その場合はまず、新しい樹木葬の墓所を用意した上で、今ある墓所を廃墓(墓じまい)する手続きが必要になります。
墓じまいの方法は下記の通りです。

  1. 墓じまいをした後の遺骨の行き先を決めておく。
  2. 祭祀継承者の意見をまとめる。
  3. 寺や霊園など現在の墓地管理者に墓じまいをすることを伝える。
  4. 墓地を管轄する市区町村へ改葬許可申請をする。
  5. 墓を撤去する専門業者を決める。
  6. 遺骨を取り出しメンテナンスする。
  7. 墓石を撤去し更地にする。
  8. 墓地管理者に永代使用権をを返納する。

これで墓じまいが完了です。
しかる後に、用意してある樹木墓地へと遺骨を移します。

樹木葬ができる墓地・霊園を探す方法

樹木葬について前向きに検討したとき、どのようにして墓地を探せばいいのでしょうか。 上手に探すためのポイントをまとめてみます。

情報の収集

全国に広まりつつある樹木葬ですが、すべての寺や霊園で対応しているわけではありません。 ですので、情報の収集は必須となります。 まずは、ネットで手軽に情報を得るのがベストです。 ネットには、実際に樹木葬を行った方の口コミや評価なども掲載されていますので、そういった面でも非常に参考になるでしょう。

樹木葬を行いたいのは寺?霊園?

ある程度情報が集まったら、宗教なども含めて寺で行うのか、霊園で行うのかを決めておきます。 その際、それぞれのメリットとデメリットをよく把握しておくとよいでしょう。

ピックアップした墓地・霊園の比較

いくつかピックアップができたら資料請求などをしてみて、それぞれ比較をします。場所や価格帯、こだわりたいところなど、比較するポイントは具体的に挙げておきましょう。 また、霊園の場合には大きく分けて「民営」と「公営」があります。 もちろん、民営か公営かで価格にも幅が出てきますので、そういったポイントもおさえておくとよいでしょう。

実際に樹木葬の見学に行く

比較をした上で、理想により近い墓地・霊園が見つかったら、実際に樹木葬の見学に行きましょう。 自身が思い描く樹木葬のイメ―ジ通りの場所であるかを確認しておくことも大切です。 また、見学に行くことでより詳しい話を聞くことができるので、疑問点などは前もってもとめておくとよいでしょう。

弊社サービス「墓ピタ」の利用もオススメ

墓ピタ」は、墓探しを総合的にサポートする墓専門情報サービスです。 墓ピタでは、全国7,000件の墓地・霊園の情報を集約しています。 エリア、路線・駅、こだわり条件などからの検索が可能で、価格や運営形態、宗派などの情報も確認できます。
もちろん資料請求もできますので、樹木葬ができる墓地・霊園を探すのに手間も時間もかかりません。
フリーダイヤルでお墓についての相談も承っていますので、お気軽にご相談ください。

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

まとめ

墓のあり方への意識の変化や自然志向の高まり、後継者・継承者の問題、土地の問題などで今後はさらに希望者が増えると考えられる樹木葬。

樹木葬についてしっかりと知った上であれば、敷居が高いもの、よく分からないものとして敬遠するものではなく、選択肢のひとつとして検討する価値があるものとなるのではないでしょうか。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る