葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

通夜・葬儀での数珠の持ち方・使い方・選び方[宗派別早見表]

カテゴリー 葬儀マナー

ここでは仏具の一つである数珠(念珠)について説明していきます。葬儀・告別式(葬式)での持ち方や使い方は宗教・宗派によって異なりますし数珠には男性用と女性用があり、房(ふさ)も宗教・宗派で異なりますので、その選び方も合わせてご紹介していきます。

通夜/葬儀での数珠の持ち方・使い方・選び方

数珠には本式数珠と略式数珠があります。
本式数珠は各宗派の正式な数珠のことで、「二輪数珠」もしくは「振分数珠」とも言います。
略式数珠は、宗派を問わずに使える数珠のことで、「片手数珠」とも言います。

本式数珠

本式数珠の形は宗派によって異なりまが基本的に珠数が108個であるものが本式数珠とされています。この108というのは人間の煩悩の数を表しており、数珠玉のひとつひとつが代わりに煩悩を引き受けてくれるという風に考えられており、お守りとして使われる場合もあります。
ただ宗派によっては108個の珠数にこだわりを持っていない宗派もありますので、詳細は、下記の各宗派の項目をご参照ください。

略式数珠

略式数珠は珠の数に決まりはなく、寸法で作られていますが、男性用と女性用は区別されていますので、購入の際には気をつけましょう。詳細は、下記の「男性用と女性用の数珠の違い」をご参照ください。

男性用と女性用の数珠の違い

男性用と女性用の数珠の違いは、主に珠(たま)の大きさや全体の大きさ(長さ)房の色にあります。
また、各宗派の正式数珠に関しては、男性用と女性用が分けられていますので、宗派の正式数珠を購入される場合は、確認が必要です。
詳細やお勧めの珠のサイズや素材、房の色に関しては、下記の「男性用の数珠」もしくは「女性用の数珠」をご参照ください。

宗派ごとの数珠の持ち方・使い方の違い

ここでは、宗派によって異なる数珠の持ち方・使い方について説明します。各宗派で決められている数珠は、「正式数珠」と言い、数珠の形や房などが異なります。また、宗派によっては、男性用と女性用で異なります。

また、ここでは主な宗派の数珠の持ち方・使い方についてだけでなく、各宗派の概略も記載しています。ご自分の宗派でない通夜や葬儀、告別式に参列される際に参考にしてください。

真言宗の場合

真言宗とは

真言宗(しんごんしゅう)は、空海(弘法大師)によって開かれた宗派で、真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅ)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称され、中国の密教を基盤にしています。

真言宗の数珠

真言宗は、特に数珠に重きを置いていいます。主玉108個の他、親玉、天玉からなる二重のタイプで、房は菊房で表と裏があります。また、男性用と女性用で分かれています。

持ち方・使い方

持ち歩く、もしくは座っている時には、左手で親玉を上にして二重にし、房を握るようにして持ちます。
合掌の時は、両方の中指に数珠をかけ、そのまま手を合わせて合掌をします。その際、自分の為の行の時は房を手の平側に、自分以外の為の行の時は房を手の甲側に垂らします。
そして、合掌した手を擦り合わせ、音を立てて使います。これには、108の煩悩を擦り砕くという意味があります。

浄土宗

(浄土宗とは)
浄土宗は、法然上人(源空げんくう)を宗祖とする仏教宗旨のひとつで、本尊は阿弥陀如来です。「南無阿弥陀仏」と称えて極楽往生することを目的としています。

浄土宗の数珠

浄土宗の数珠は、2つの輪を一つに繋いだような形が特徴です。「日課数珠」「百八数珠」「荘厳数珠」の3種類があり、一般の檀家・信徒は「日課数珠」を使います。珠の数は108玉ではありませんが、念仏の数を数えられるような形になっています。
また、男性用、女性用で玉数と大きさが異なるのが特徴です。その為、正式名称も男性用の場合は「三万浄土」、女性用の場合は、「六万浄土」とも呼ばれます。

持ち方・使い方

念仏を唱える時は、副玉が入っていない方の輪を左手の親指と人差し指の間に掛け、副玉が入っている方の輪を左手の人差し指と中指に挟み、そのまま握ります。そして、服玉の入っていない方の玉を念仏の度に親指で手前に手繰ります。
合掌をする時は、2つの輪を揃えて、両手の親指にかけ、房を手前(自分の体側)に垂らし、揃えた親指で数珠を押さえます。

浄土真宗の場合

浄土真宗とは

浄土真宗とは、親鸞が始めた浄土教の一派「本願寺派(通称:西本願寺 正式:龍谷山本願寺)」となります。絶対他力の教えで、信心があれば、往生後すぐに成仏できるという考えです。
唱えは「南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)」と言います。

浄土真宗の数珠

数取りができないように、房が「蓮如結び」になっています。これは、数珠を操ることで煩悩の火を消す必要がないからです。結果、形や数にこだわりはありません。

持ち方・使い方

数珠を持つ時は、房を下に垂らし、左手で持ちます。
合掌の時は、数珠を両手にかけ、親指で軽く上から押さえ、指の間をぴったり閉じます。合掌した手は胸の前、指は斜め45度位上に来るように構えます。

日蓮宗の場合

日蓮宗とは

日蓮宗は、宗祖を日蓮聖人とする、法華経信仰による仏教の宗派の一つです。法華経の中から選ばれた宗祖の名前がそのまま名称になっています。

日蓮宗の数珠

日蓮宗には、「勤行数珠」と「装束数珠」の2種類があります。一般の檀家・信徒は「勤行数珠」を使います。108玉でできており、108個繋げた数珠を持つことで、煩悩を消し、身を清めるご利益があるとされています。
また、長い一連の珠数に四十一個の下がり珠の付いた菊房がついています。

持ち方・使い方

お唱えをする時は、輪を8の字にねじり、2本の房が出ている方を右手の中指にかけ、3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は手の甲側に垂らして手を合わせます。
合掌する時は、二重にして左手にかけ、両手を合わせて房を下に垂らします。

曹洞宗の場合

(曹洞宗とは)
お釈迦様をご本尊として仰ぎ、大本山永平寺を開いた道元と大本山總持寺を開いた瑩山を両祖として敬っている宗派です。「只菅打座(しかんたんざ)」を本旨として、坐禅をすることで真実の自己・仏性に目覚めて悟りの境地へと至るとする教えを根本としています。

曹洞宗の数珠

曹洞宗の数珠は、主珠が108個あり、数珠に金属の輪が通っているのが特徴です。
なお、曹洞宗は禅宗のため、お念仏やお題目を唱えることはせず、座禅を重んじていますので、厳しい規定はありません。

持ち方・使い方

合掌の時は、輪を二重にして左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房を下に垂らし、両手を合わせて合掌します。
なお、座禅を重んじている曹洞宗(禅宗)では、上記に記載した以外、数珠に関しての作法はありません。

真宗大谷派の場合

(真宗大谷派とは)
浄土真宗の宗派のうちの1つで、大谷派(通称:東本願寺 正式:真宗本廟)」と称されています。基本的な教えては浄土真宗本願寺派と同じとなりますが、唱えの言葉は異なり、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」となります。

真宗大谷派の数珠

浄土真宗と同じく、数取りができないように、房が「蓮如結び」になっています。これは、数珠を操ることで煩悩の火を消す必要がないからです。結果、形や数にこだわりはありません。

持ち方・使い方

数珠を二重に巻き、親玉が上に来るようにし、房を上にして合掌した両手にかけます。房は左手の甲の方に垂らします。

臨済宗の場合

臨済宗とは

禅宗のひとつで、開祖は唐の臨済です。中国の禅宗の五家七宗の一つとして鎌倉時代に栄西(ようさい)が日本に伝えました。座禅によって悟りを開くことを自力と言い、「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」を唱えます。

臨済宗の数珠

臨済宗の数珠は曹洞宗と作りや房は同じで、主珠が108個ありますが、輪がありません。
臨済宗は曹洞宗と同じく禅宗のため、お念仏やお題目を唱えることはせず、座禅を重んじていますので、厳しい規定はありません。

持ち方・持ち方

合掌の時は、輪を二重にし左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房を下に垂らし、両手を合わせて合掌します
数珠の持ち方・使い方に関しても、曹洞宗と同じく、座禅を重んじている禅宗のため、上記に記載した以外、数珠に関しての作法はありません。

天台宗の場合

天台宗とは

天台宗(てんだいしゅう)は、大乗仏教の宗派のひとつで、天台法華宗(てんだいほっけしゅう)とも呼ばれている宗派です。初めて日本に入れたのは唐の僧鑑真(がんじん)ですが、広めたのは最澄(さいちょう)となります。
一尊一仏の教えではなく、本尊はおの仏像でも良いとされています。

天台宗の数珠

天台宗の数珠は主珠108個からなり、主玉はそろばん玉のような平珠(ミカンのような形)が特徴です。房には、20個の平珠と10個の丸珠が付いています。

持ち方・使い方

移動する時や座っている時は、二重にして左手に持ちます。その時、房は小指側に寄せておきます。
合掌の際は、輪を張った状態で両手の人差し指と中指の間に数珠を挟み、そのまま手を合わせます。

創価学会の場合

創価学会とは

創価学会は、法華経系の在家仏教の団体で、「万人の幸福」と「世界の平和」の実現を目標としている日本の宗教法人です。「創価」とは、「価値創造」の意味です。

創価学会の数珠

大きな特徴としては、房が白房であることです。珠の数は108個となります。
なお、購入の際には、創価学会の数珠専門店で購入することをお勧めされるようですので、購入される場合は、事前に学会員の方にご相談されることをお勧めします。

持ち方・使い方

長い数珠を半分におり、3つ房が右側、2つ房が左側に来るように手にかけて合掌をします。

男性の数珠の持ち方

一般的な数珠の持ち方としては、男性・女性で異なることはありません。数珠の種類によって数珠の扱い方が異なりますので、下記をご参照ください。

片手数珠の場合

左手に輪を通して合掌をする、もしくは合掌した両手に輪をかけます。

振分数珠の場合

二重にして、左手に輪を通して合掌をする、もしくは二重にして合掌した両手に輪をかけます。

女性の数珠の持ち方

一般的な数珠の持ち方として、女性特有の持ち方はありません。
ただし、片手数珠と正式数珠(振分数珠)では数珠の扱い方が少し異なりますので、以下をご参照ください。

片手数珠の場合

左手に輪を通して合掌をする、もしくは合掌した両手に輪をかけます。

振分数珠の場合

二重にして、左手に輪を通して合掌をする、もしくは二重にして合掌した両手に輪をかけます。

正しい数珠の選び方

ここでは、数珠の選び方について説明します。ご自分が特定の宗派の信徒の場合は、その宗派の正式数珠(正式念珠)を選びましょう。
特定の宗派を信仰していない場合は、素材、球の色や房の色、全てにおいて自分が好きなものを選ぶことができます。

ただし、房の色や珠の大きさで男性向け、女性向けがありますので、購入時に考慮することをお勧めします。

また、可能であれば、実物を持って、自分の手に合ったものを選ぶことをお勧めします。数珠はお守りとなるため、自分に合った数珠は数珠がその人を選んでいると言われていますが、自分に合ったものははめた時に、気分がとても落ち着き、しっくりきます。

男性用の数珠

男性用の数珠は、略式数珠(主玉が108個ないタイプ)となり、玉のサイズは10mm〜18mm(22玉〜18玉)が一般的です。
片手数珠の場合、長さは変わりませんので、球数が少なくなるほど、1玉の大きさは大きくなります。一般的には22玉を使われる方が多いですが、手の大きい方や貫禄のある数珠をお持ちになりたい場合は20玉の数珠を使われます。
また、房の色に決まりはありませんが、男性の場合は、落ち着いた青や緑、茶色、黄色を選ばれる方が多いようです。

女性用の数珠

女性用の数珠は、略式数珠(主玉が108個ないタイプ)と八宗用数珠(主玉が108個あるタイプ)があり、玉のサイズは7〜8mmが一般的です。素材によっては、6mmの場合もあるようです。
手の大きさに合わせてサイズを選ばれる方もいらっしゃいますが、持った時の感覚で選ばれる方が多いようです。
女性らしい数珠を希望される方は、水晶などの天然石や星月菩提樹を選ばれると良いでしょう。
房の色は女性らしい、ピンクや水色を選ばれる方が多くいらっしゃいますが、気品のある紫を選ばれる方も多くいらっしゃいます。房の色に特に決まりはありませんので、お好きな色を選ばれると良いと思います。
また、房は付け替えが可能なので、好みが変わられた場合は、違う色を選ぶこともできます。

子供用の数珠

子供用の数珠は、素材がガラス玉や割れにくいアクリルでできている物が多くあります。珠の大きさや輪の長さも子供の手にも馴染むよう、小さめにできています。

色は淡く数種類の色が使われていることが多いため、手にはめていてもとても可愛らしいです。大人用と比べるとおもちゃのように見えてしまうかもしれませんが、子供用数珠は正式な数珠として、通夜や葬儀、告別式(葬式)にお使い頂けます。

数珠の持ち方・使い方・選び方の気になる疑問・質問

Q1.数珠(念珠)はいつ買っても良いのですか?
A1.いつ買っても大丈夫です。時期や時間帯決まりはありませんので、いつ購入しても問題ありません。

Q2.「門徒二輪人絹頭房」とはどういう意味でしょうか?
A2.「門徒」は浄土真宗用、「二輪」は二重、「人絹頭房」は房が人絹という意味です。いわゆる、浄土真宗用の数珠の形式のこととなります。

Q3.葬式の焼香の際、片手で持つときはどのように持てばいいのか教えて下さい。
A3.お焼香で数珠を片手で持つときには、左手で持ちましょう。もしくは、手首にかけてもマナー違反にはなりません。抹香を香炉にくべた後、合掌となります。

Q4.宗教や用途で持ち方を変えるのでしょうか
A4.正式には、宗派によって用途で持ち方が異なりますので、詳細は上記の各宗派の内容をご参照ください。一般的には、用途で持ち方を変えることはなく、房を下に垂らし左手にかける、もしくは両手にかけます。

Q5.房は右手が2つで左手が3つでしょうか
A5.身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗系は3つ房が左手、2つ房が右手となりますが、多宝富士大日蓮華山大石寺を総本山とする日蓮正宗では3つ房が右手、2つ房は左手となります。

Q6.檀家ではありませんが、特定の宗派の正式念珠を購入することはできますでしょうか。
A6.購入はできますが、基本的に正式念珠はその宗派の信徒の方が使われるものですが、もし信徒でない場合は正式数珠を使いましょう。

Q7.数珠はどんなところで買えますでしょうか。
A7.通販でもたくさん販売されていますが、初めて購入される方は数珠(念珠)専門店に行かれることをお勧めします。

Q8.数珠を選ぶ時、気をつけることは何ですか?
A8.数珠を選ぶ時に気をつけたいことは、数珠の形式(正式数珠か略式数珠か)、男性用・女性用があるので、購入する際、使われる方の性別の確認は必要です。

片手で持った方が良いの?両手で持った方が良いの?

数珠は、座っている時や移動している時とお焼香やお参りする時で持ち手が変わります。一般的に、座っているもしくは移動しているときは片手で持ちますが、お焼香やお参りをする時には合掌をするため、両手で持ちます。

片手の場合は右手に持つの、左手に持つの?

片手で持つ場合は左手に持ちます。もしくは、左手の手首にかけても良いとされています。
片手で持つ場合でも、宗派によっては持ち方に決まりがあります。詳細は、上記の宗派毎の項目をご覧ください。

数珠の色や素材について選ぶ基準はあるの?

基本的に、数珠を選ぶ際はお好きな色や素材を選ぶことができます。
しかし、女性的な色や素材、男性的な色や素材はありますので、下記で説明をします。

房の色や素材について選ぶ基準はあるの?

房の色や種類について説明します。
数珠の中でも、房は目立つ存在となりますので、購入の際、迷われることが多くあると思います。一般的な数珠(略式数珠)を購入される際は、房の色はご自分が好きな色を選んで問題ありません。

また、房は付け替えが可能です。
もし年齢や好みで色を変えたと思われた際は、数珠専門店(念珠専門店)や数珠を購入されたお店で付け替えをされると良いでしょう。品質を保つためには数珠専門店での付け替えをお勧めします。

まとめ

数珠(念珠)は通夜や葬儀や告別式などのご不幸や法要(法事)の時に使うものだと思われている人も多かったのでではないでしょうか。

数珠は、魔除けとしてお守りで常時持ち歩く物で、仏具の一つであるということを知っているだけで、数珠(念珠)というものがどういうものか分かってもらえたではないかと思います。
また、数珠と一言で言っても、宗派によって形や作法が異なるということも事前に知っておくことで、その場で慌てたり、無作法になることがないと思います。

ご自分の信仰されている宗派を大切にされている方にとっては、数珠のマナー(作法)は目につき、不快な思いをされる場合もありますので、不快な思いをさせない配慮を持って参列されることをお勧めします。

数珠の役目を理解することで、ご不幸の時だけに使う場合でも、マナー(作法)が身につき、失礼に当たる取り扱いをすることが無くなりますので、ぜひ、上記を参考にしてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る