通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

海洋散骨の散骨方法と費用相場について

カテゴリー 葬儀の種類

拝む手

「人が亡くなったらお墓に入る」というのが古来から続く常識でしたが、現在では供養の形も大きく様変わりしています。
あえてお墓に入らず、海へ散骨して自然に還る「海洋散骨」という方法も広まってきたのです。海や自然を愛していた故人が生前から希望するケースが多いのですが、海洋散骨について詳しく知らないという遺族も多いでしょう。
海洋散骨のやり方や費用など基本的な知識について解説するので、故人の最後の願いを叶えるためにも参考にしてみてください。

海洋散骨とは?

海洋散骨とは、その名の通り海に故人の遺灰や遺骨を放つ葬送方法の一種です。
自然の一部に還ることにロマンを感じたり、もともと海が大好きだったりする人が生前から海洋散骨を希望するのが一般的です。
お墓に納骨しないため墓守の必要がなく、少子高齢化の影響もあって人気が高まりつつあります。

「海に遺骨を散骨してもいいのか」と驚く人も多いでしょうが、法律で禁じられているわけではないので行うこと自体は可能です。ただし、規制が全くないというわけではありません。法律上いくつかのルールがあるだけでなく、散骨する海を管理する自治体や近隣に住む人への配慮も必要になります。

また、ある程度沖に出てから散骨する必要があるため、船の手配もしなければなりません。このため、遺族のみで自主的に海洋散骨を行うのは難しいでしょう

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

海洋散骨の費用相場

海洋散骨と一口に言っても、その内容は実に様々です。散骨の方法によっても費用は異なりますし、海洋散骨を取り扱う専門業者に依頼すると料金体系もそれぞれ違います。

このため一概に相場を断言することはできませんが、一般的には約10万円から50万円が相場とされています。
ただ、海洋散骨業者によっては複数の遺骨を合同で散骨する代わりに費用を抑えているところもあり、中には5万円以下で実施できるケースもあります。

具体的な費用はそれぞれのケースで異なるので、まずは海洋散骨業者に問い合わせたほうが良いでしょう

海へ散骨する事は法律的に合法?違法?許可は?

海への散骨は、法律で禁じられていないので違法行為ではありません。本来なら誰もが自由に行える合法な行為なのですが、実際には様々な問題が付きまといます。

たとえば、海では海産物の養殖を行っていることもあります。その近くで散骨すると遺骨が海産物に影響を与える可能性もあり、心理的に決して楽観視できるものではありません。

また、葬送の一種である以上、散骨する海の付近に住む住民からの理解を得る必要もあります。

これらはあくまでもマナーとして気を配ったほうが良いというものであり、法律で定められているわけではありません。ただし、自治体によっては独自にルールや規制を設けていたり、散骨に許可が必要になったりすることもあります。

このため、遺族が勝手に海洋散骨するのは避けた方が良いでしょう。海洋散骨を希望する場合は、その海域の散骨に詳しい知識を持つ専門業者に依頼したほうが無難です。

海洋散骨の専門業者の選び方

女性紹介

遺族が海洋散骨を行いたい場合、様々なトラブルを回避するためにも専門業者に依頼するのが一般的です。
故人の大切な遺骨を最高の形で供養するためにも、信頼して任せられる良心的な専門業者を選ばなければなりません。

専門業者は各地に存在していますが、業者ごとに料金設定やサービス内容、スタッフの質などが異なります。より良い業者を選ぶには、まずサービス内容と料金設定が相場と比較して違和感がないかをチェックしましょう。複数の業者を見比べたり見積もりを取ったりして、費用の相場を見極めることがポイントです。

また、散骨するには遺骨を細かく砕く「粉骨」という作業が必要になるのですが、料金にこの粉骨費用を含めずに安く見せかけている業者も存在するので注意しましょう。必要な費用が全て含まれた費用を明示している業者は信頼できる可能性が高いので、事前にサービス内容をしっかり確認してください。

遺骨の粉骨に関した詳しい説明はこちらをご参照ください

地域によっては業者が少ないこともあるので、そんなときは「散骨 海」などでインターネット検索すると様々な業者や海洋散骨の情報を得ることができます。
せっかくの海洋散骨でトラブルに巻き込まれては後悔してしまうので、事前の情報収集は念入りに行いましょう。

海洋散骨「Umie(海へ)」のご紹介

豪華なセレモニーは必要なく、必要最低限のシンプルな海洋散骨を行いたいという場合は、「Umie(海へ)」という専門業者がぴったりです。
全国各地の美しい海を指定して散骨を依頼することができ、献花や献酒など一通りの供養も行ってくれます。
遺族が散骨に同行できない場合は、プロのスタッフが献花から散骨まで全て代行することも可能なので、遠方の海への散骨も問題なく実現できます。
追加料金がかからない格安パックプランから、遺族が貸し切りで乗船できるプランまで幅広いサービスが用意されているため、遺族の選択肢も広がるでしょう。

海洋散骨「Umie(海へ)」

まとめ

海洋散骨は自然に還ることのできる新しい供養のやり方ですが、共有の財産である自然に散骨する以上、守らなければならないルールも存在します。
最期まで適切な形で故人を送ってあげるためにも、専門知識や設備を持つ海洋散骨専門業者に依頼するようにしましょう。
墓石を購入するのと比べると費用も抑えられ、墓守の負担も軽減されるなどメリットも多いので、将来的に遺骨の管理に不安を感じている場合も検討してみると良いでしょう。

ぜひ散骨方法についての記事もあわせてご参照ください

まだ評価はありません

 

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright c 2013-2018 Minrevi. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る