葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

家系図の調べ方と作り方

カテゴリー 終活

家系図とは、特定の家の代々の系統を書き示した図表のことです。家系図の作成は一見難しそうですが、然るべき準備をすれば、作成自体は誰にでもできます。
今回は家系図の調べ方や、作成の仕方、業者に頼む場合の相場や注意点等を紹介します。

家系図の調べ方

家系図作成のためには、先祖のどこまでを遡るかにもよりますが、まずご自分やその配偶者・子・孫についてはもとより、兄妹姉妹、父母、祖父母、ご先祖の情報を集める必要があります。
その情報が書かれている物とは、市町村が管理する「戸籍簿」と呼ばれる個人情報です。これに記録された戸籍を遡り、あなたの家系のご先祖を確認していきます。以下では、戸籍の種類を説明します。

現在戸籍

まず、現に在籍している方がいて、使用されている戸籍を「現在戸籍」を言います。この情報を書面で受け取る場合に、本籍地の市町村へ請求するのが戸籍謄本(その戸籍に入っている全員の事項が表示されている書面)です。戸籍抄本という書面もありますが、これは戸籍に書かれた一個人の情報のみが表示されている書面です。
なお、戸籍に登録される身分関係の主な情報は、

  1. 出生・死亡に関する事項
  2. 親子関係に関する事項
  3. 養親子関係に関する事項
  4. 夫婦関係(婚姻・離婚)に関する事項
  5. 親権者や後見人等に関する事項

等になります。
これらの情報を頼りに先祖の情報を遡っていきます。

除籍

除籍には二つの意味があり、まず一つは婚姻、養子縁組、死亡等により戸籍から除かれることをいい、もう一つは、婚姻、養子縁組、死亡等により最終的に在籍する方が誰もいなくなってしまった戸籍を指します。戸籍の種類としての除籍は後者が該当します。

戸籍簿に記録され保管されていた戸籍は、在籍者が誰もいなくなって除籍になると、戸籍簿から除籍簿に移され保存期限(150年間)まで保管されます。誰も在籍しなくなったからと言って、即座に廃棄されることはありません。それは、除籍となるまでの間の身分関係の変動が記録されているため、当時の身分関係を証明する重要な戸籍といえるからです。

また、他市町村に本籍を移す「転籍」をした場合も、転籍先の市町村に新たに戸籍が編製されるため、転籍する前の戸籍は除籍となって、やはり戸籍簿から除かれ除籍簿に保管されます。
この他市町村への転籍の場合、転籍先に編製される戸籍には、その時点で戸籍に在籍している方の情報だけを移し替えるので、婚姻や縁組をした方、死亡によって除籍された方は移記されないことになります。

そのため、転籍後の現在戸籍だけでは他の戸籍に在籍する方、あるいは死亡した方との親族関係を知ることができない場合が多く、転籍元の除籍が必要となります。

改製原戸籍

「かいせいはらこせき」または「かいせいげんこせき」と呼びます。
実はご自身やご先祖等が転籍をしていなくとも、婚姻や縁組をした方、死亡によって除籍された方は移記されない場合があります。戸籍の様式が法律または命令により改められると、以前の様式で編製された戸籍を新しい様式に改めるため、作り直しが行われます。この作り直しのことを「戸籍の改製」といい、この改製により作り直された以前の様式の戸籍を改製原戸籍と呼びます。

戸籍の改製により、以前の様式の戸籍は改製原戸籍となり戸籍簿から除かれます。そして、改製原戸籍簿に記録されて保存期限(150年間)まで保管されます。一方、新しい様式で編製された戸籍は、以前の様式の戸籍に代わり戸籍簿に保管されます。
この改製により新たに編製された戸籍には、在籍している方の情報だけを移し替えるので、婚姻や縁組をした方、死亡によって除籍された方は移記されないことになります。

そのため、改製後の現在戸籍だけでは他の戸籍に在籍する方、あるいは死亡した方との親族関係を知ることができない場合が多く、調査には改製原戸籍が必要となります。

戸籍に編製に関して

戸籍を遡ればお気づきになると思いますが、現行の戸籍法(昭和23年~現在)の戸籍は、原則として一組の夫婦および氏を同じくする子ごとに作られます。夫婦と氏を同じくする子とは、実子と養子の双方を意味します。また、実子も養子も親の戸籍に同席しているのは未婚の間です。婚姻すれば、親の戸籍から除かれて、新しく婚姻による夫婦の戸籍を作ります。

では、旧戸籍法(明治31年~昭和22年)の場合は現在の戸籍とどう違うのでしょうか?こちらは旧民法の「家」制度を基礎とするため、家が戸籍編製の基準となります。つまり、一つの家ごとに一つの戸籍が作られていました。この場合には、家長として戸主を中心に、これに従う親族や配偶者が一つの戸籍に記録されることになります。

そのため、現行の戸籍法による戸籍のように一つの戸籍に一組の夫婦・子だけではなく、戸主夫婦と子、戸主の父母、戸主の兄妹姉妹とその配偶者・子等というように複数の夫婦・子という大家族で戸籍が編製されています。

戸籍の取り方について

戸籍謄本や、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取得する場合は以下のような方法があります。

  • 本人が直接取りに行く方法
  • 郵送の方法
  • 代理人に取りに行ってもらう方法

住所地と本籍地が異なりその本籍地が遠い方や、平日に市町村窓口へ行く時間がない方は、郵送で本籍地の役所に申請し、取り寄せる方法が大変便利です。また、請求する戸籍に入っている本人、又はその配偶者、直系の卑属(子孫)・尊属(先祖)以外の方が請求する場合には、委任状や正当な理由が必要になります。

郵送の場合、書類の申請書はもちろん、同封するものは、返信用封筒、住所を確認できる運転免許証・健康保険証などの本人確認書類の写し、手数料(定額小為替か現金書留)が必要となります。市区町村で手数料が異なるので、事前に確認しましょう。

必要書類

  • 戸籍証明交付請求書
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、写真付き住民基本カード等)
  • 委任状(コピー不可、代理人が請求する場合)

手数料

  • 戸籍謄本(1通:450円)
  • 除籍謄本(1通:750円)
  • 改製原戸籍謄本(1通:750円)

請求先

本籍地の市町村の市民課または戸籍課の窓口
※マイナンバーカードをお持ちの方で一定の条件に該当する方は、「コンビニ交付サービス」を利用できます。

家系図の作り方について

家系図の作成で図表に記載する親族・ご先祖をどれほど遡れば良いかは、作成者本人次第です。現在戸籍の収集に止まる場合には、記載内容もシンプルで取得にもさほど手間がかかるわけではありません。

しかし、昭和22年以前の戸籍には注意が必要です。改製原戸籍謄本等での収集となりますが、以前の戸籍は手書きであり、記載担当者の筆跡やクセが記録に反映されています。また、大家族が同一の戸籍で編製されているため、読みにくく煩雑に感じる点は否定できません。

先祖の氏名の記載が不鮮明の場合には、除籍簿・改製原戸籍簿を管理する市町村の職員に確認をとりましょう。
こちらでは、収集した戸籍謄本等を基に家系図を作成する方法を説明します。

家系図の作り方自体は簡単

家系図の作成で手間と時間がかかるのは、前述した通り戸籍謄本や除籍謄本・改製原戸籍謄本の収集です。
これをクリアすれば、家系図は意外に簡単に作成できます。ただし、正確な家計図を作成したければ、事前の準備としての戸籍謄本等の収集で抜けが無いことを確認することが必要になります。

作成には決まった書き方はありません。ご自分のセンス次第とは言えますが、一般的な書き方は縦書きに親族・ご先祖等を記載していきます。当然、家系図は横書きで書いても構いません。
誰を中心に記載しても間違いと言うことはなく、作成者本人を中心に作成しても良いですし、先祖のどなたかを中心に作成しても構いません。

縦書きの場合は、世代順に上から下へと線でつなげていきます。本人を中心とするなら、本人から上は、自分の父母・祖父母・先祖等となり、本人から下には、子・孫、本人と並列上には配偶者、本人の兄弟姉妹を揃えます。

家系図作成の依頼と費用について

家系図の作成自体は簡単ですが、どうしてもその準備のための戸籍謄本等の収集は面倒だな、と感じる方は業者に依頼するのも一つの方法です。業者によっては、いろいろなリサーチの方法で江戸時代後期のご先祖まで遡り(場合によってはそれ以前も可能)家系図を作成することができます。
こちらでは業者に依頼する際の相場や注意点を説明します。

家系図作成業者と費用相場

家系図作成の業者は様々ありますが、家系図作成には本人の依頼により戸籍を調べる必要があるので、行政書士と呼ばれる法律手続き申請の専門家が数多く携わっているのが特徴です。
そもそも行政書士は相続手続きに関して、職務上、相続人の確定作業や財産調査を担当するケースが多く、このような戸籍調査には適した能力を有していると言えます。

家系図作成の費用相場ですが、家系図業者ごとにプラン・コース分けられており、手頃なものは5,000円程度、豪華な巻物のような家系図作成の場合は数十万程度と、相当費用に差があります。物品だけではなく調査に関する手数料等を別に請求される場合があります。そのため、特に費用の面では業者から説明を受け納得した上で、契約をしましょう。

家系図作成をお願いするには

まず、業者といえどもご先祖をどこまで遡れば良いか、依頼者から指示されなければわかりません。遡れるだけ遡るという希望を汲んではくれるかもしれませんが、依頼者側の方で、どのくらいまでの遡るべきか、業者に依頼する前に検討しておきましょう。
調査には次の方法があります。必ず判明するというわけでは無い場合もありますが、検討の際の参考にしてください。

戸籍調査による家系図の作成の場合

市町村にいまだ戸籍簿、除籍簿、改製原戸籍簿が残っているため正確な家系図が作成できます。また、男系だけではなく、女系も同様に遡ることが可能です。また前述したとおり除籍簿、改製原戸籍簿は150年間保存されるので、およそ江戸時代後期までは遡ることは可能です。

戸籍調査以外の調査による家系図の作成の場合

例えば、先祖代々から付き合いのある寺院に保管されている過去帳(※1)や、旧家であるなら蔵の中、郷土資料館があるならその書庫で保管されている古文書等を調査すれば、江戸時代後期以前の先祖に遡ることが可能な場合があります。
ただし、先祖の存在を記載した古文書の正確性を分析することは非常に困難です。また、女系は記録に残っていないケースが多く、そもそも戸籍調査以外の調査には膨大な時間と手間・費用を要することになります。

(※1)過去帳・・・「霊簿」または「点鬼簿」とも称されます。壇信徒の戒名や生前の氏名、死亡した年月日、年齢等を記録した帳簿です。一般の寺院により記録や回向(供養)のために記載するようになったのは、江戸時代前期からと言われています。

業者の調査能力も様々

業者によっては調査する範囲も異なります。範囲としては1系統(名字1つ)、2系統(名字2つ)、3系統(名字3つ)、4系統(名字4つ)、全系統になります。
どの範囲まで扱えるかは、業者の規模、人員、実績等で異なります。業者を選定する際には、最初から一つの業者に絞らずに、複数の業者から資料等を集め、比較検討しつつ、ご自分の希望に最もよく合う業者を選定しましょう。

調査を依頼する際のリスク

業者による調査は素人よりも効率かつ迅速に行われることが期待できます。しかし、戸籍調査であっても収集困難なケースが存在します。
それは空襲による戦災、地震・津波・火災等による天災で記録が消失してしまっている場合があるからです。首都圏では過去に東京大空襲や、関東大震災が起き多くの記録が焼失しています。
また、樺太・北方領土に居住していた先祖の戸籍収集も手間がかかります。第二次大戦中のソ連軍による奇襲攻撃により、多くの記録が消失しました。
樺太に関しては原則的に外務省に請求することになりますが、省内に保管されている戸籍は非常に限られています。保管されている村落ついては次の通りです。

  • 大泊郡知床村:戸籍簿(15冊)、除籍簿(3冊)
  • 大泊郡富内村:戸籍簿(1冊)
  • 大泊郡遠淵村:戸籍簿(4冊)
  • 敷香郡内路村:戸籍簿(9冊)
  • 敷香郡散江村:戸籍簿(4冊)
  • 元泊郡元泊村:戸籍簿(8冊)

北方領土に関しては、釧路地方法務局根室支局に請求することになりますが、無事に保管されているのはやはり一部のみと言われています。

まとめ

家系図の作成は、ご自分のルーツを知る方法として非常に意味のある作業といえます。家系図の作成を業者に依頼する場合には費用はかかりますが、ご自分の手間を省くことや、より正確な家系図の作成が期待できます。
ただし、ご自分に時間があれば市町村で自ら戸籍謄本等を収集するなどして、その過程を体験してみるのも良い方法です。そこでは、思いがけない先祖の存在や、先祖の転籍や結婚、死亡に至る真実を発見することができるかもしれません。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る