葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

通夜・葬儀の髪型マナー(男性向け・女性向け)

突然、通夜・葬儀に参列することになった時、服装・作法などに戸惑う方も多いのではないでしょうか。ただ、髪型まで配慮できている人は意外と少ないものです。今回はそんな皆さんに通夜・葬儀で気をつけたい髪型(ヘアスタイル)をご紹介します。

前髪はどうすれば良い?

顔に髪がかからないようにするのが基本です。髪の毛によって顔が隠れないように気をつけましょう。
特に焼香の際などかがみこんだ際に前髪が落ちてきたりしないようにヘアピンで留めるなど、きっちりまとめるのがポイントです。

前髪に関しては男性・女性関係なく、目にかかるような長い前髪は避けたほうがよいでしょう。
髪が長いなら後ろで一つにまとめて、短ければ耳を出すようにしましょう。
なによりも「清潔感」が大事ですので、前髪を伸ばしているという人は葬儀の日は短くカットするか、ヘアピンなどで後ろか横に流して留めておくことをおすすめします。

寝ぐせも目立たないように直しますが、ワックスやジェルをつかって髪を立てたり、テカテカにするのはまずいので使い過ぎないように気をつけましょう。

ロングヘアは結い上げるのがマナー

葬儀の日、ロングヘアの人は髪型について注意する必要があります。
長い髪の毛は耳よりも低い位置(うなじの高さ)で、後ろで一つにまとめましょう。髪をまとめるゴム類はすべて「黒」で統一すること。葬儀にお洒落は不要です。

注意が必要なのは髪の毛を束ねる位置(高さ)です。
女性は若々しさを強調するために、耳より高い位置のポニーテールにしている人が多いですが、「耳より上は慶事、下は弔事」と言われ、高い位置でまとめるとお祝いの席向けのヘアスタイルになってしまいます。
おくれ毛を出すとか、両側でまとめるのは葬儀の日にはふさわしくありません。髪の毛が真珠にかからないように注意します。
まとめ方については「お団子」がおすすめですが、黒い髪で特にパーマなど入っていないのであれば、後ろでひとつに結べばOKです。ただ茶髪とかパーマをかけている場合は、華美さを目立たせない工夫が求められます。

髪の毛の露出を押さえるために、ヘアネットやパレッタでひとつにまとめます。シンプルなハーフアップは失礼にあたらないか…マナーが気になりますね。ハーフアップは葬儀には避けたほうがよいでしょう。髪の毛をたらすハーフアップは、お洒落な感じを相手に与えます。長さがあるのなら後ろで束ねましょう。

三つ編みや編み込みを用いないこと、後ろですっきりと華美にならないようにまとめるのがマナーが良いとされています。
耳より高い位置でお団子を作って、可愛らしくお洒落になってしまうと逆効果です。

和装の場合

和装の場合ですが、ロングヘアの人はアップにして、小さくまとめます。
セミロングヘアなら耳を出して黒いピンでとめ、髪の毛で顔を隠さないようにします。
ショートならそのままでも大丈夫です。
パーマをかけているなら、和装の日は後ろでまとめて結ぶと、毛先が広がって華美な印象を与えます。毛先が見えないように工夫しましょう。

ヘアアクセサリーは控えめに

前髪の長さが足りないと、お団子にしようとしても、かがんだ際などに髪の毛が少しほどけてくることもあると思います。
だらしのない印象を与えるのは避けたいので、ばらけてきそうな毛はヘアアクセサリーでカバーすると良いでしょう。
ただし、葬儀では過度なお洒落は不要です。死者を悼む儀式ですから、故人や遺族に配慮することを忘れないようにしましょう。
どうしてもヘアアクセサリーをつける場合は黒一色で華美・派手に見えないことが最低条件ですので、黒いゴムやヘアピンを利用しましょう。
また、パレッタ・シュシュを使うのなら、黒色で装飾が目立たず、シンプルで無地であればマナー違反にはならないでしょう。

髪をまとめる必要がある場合を除き、可能な限りヘアアクセサリーは避けたほうがよいでしょう。
まとめ髪をさっと作れるアイテムもありますが、「夜会巻き」は葬儀には不向きで、そもそも葬儀の日は耳より下の位置でまとめるという鉄則もあります。どうしても夜会巻きにこだわるのなら位置を下げるようにしましょう。

髪の色について

髪の毛に明るいカラーを入れている場合は、葬式の日は黒く染め変えるか、シャンプーで落とせるタイプのヘアカラースプレーがおすすめです。乾いた状態の髪にスプレーをかけるだけですぐに染められるものが市販で売られています。

急なお葬式の場合に、茶髪でも大丈夫?

茶髪で葬儀に出席するのはマナー違反でしょうか。突然、葬式に参列しなければいけなくなった場合に、すぐに髪の毛を染め直すのが難しい…という人もいることでしょう。
髪の毛を茶色に染めたままで参列するのはあまりマナーがよくありません。

葬式に参列することが決まったらすぐに美容院へ行くか、ヘアスプレーなどを使用して、一時的にでも黒色に戻したほうが良いとされています。
しかし最近ではカラーを入れる人が年代・性別問わず増えたので、金髪に近いような派手な明るい色でなければOKという人も増えてきています。ダークブラウンくらいならそのままでも大丈夫でしょう。

葬儀の髪型に関する気になる疑問

葬儀に小さなお子さんが参列されることも少なくありません。
「子供だから、そこまでマナーを徹底しなくてもいいのでは…」
と考えてしまうかもしれないですが、子供であってもマナーが必要です。大人よりも多少大目には見てもらえますが、子供の躾がきちんとできていると親の評価もあがり印象も良いものです。髪型については、子供に任せておけるものでは無いケースも多いため、親である父母が責任を持って管理するようにしましょう。
基本的なマナーは大人と同じですので、割愛させていただきます。

葬儀の髪型でNGな例

  • 真珠に髪の毛がかかっているのは不可です。真珠は亡くなった方を偲んで流す涙を象徴していますが、真珠がちゃんと見えるように髪の毛は後ろでひとつにまとめましょう。
  • ふんわりとしたパーマは不可です。葬儀のように畏まった場所では、柔らかいふわふわしたパーマまま参列するのは絶対ダメ。地味な印象を与えるように一つにまとめること。毛先も目につきにくいようにしましょう。
  • 男性の髭(ひげ)は葬儀では不可です。葬儀に限定せず、フォーマルな場所に出向く際に髭を剃るのは最低限のマナーです。高齢者の人で髭がトレードマークになっている場合を除き、ちょび髭などは不可です。
  • ヘアアクセサリーの選び方ですが、光物を使うのは不可です。光る素材は葬儀には使用できません。真珠のネックレス(イヤリング)だけは可能です。
  • セミロング以上に髪の毛を伸ばしている人がまとめる場合には、まとめる位置はくれぐれも耳から下にくるようにしましょう。鏡で正面から見た時に、後ろでまとめた髪が鏡に映らないように注意が必要です。
  • 髪の毛を二つに分けて両サイドから垂らすのは不可です。幼い雰囲気になりますので葬儀の場ではふさわしくありません。

まとめ

ある日突然、葬儀に参列することになるかもしれませんし、深い悲しみの中で身だしなみの細かい部分まで自分できちんとするのは大変です。亡くなった人を偲ぶ儀式に参列するのですから、華美にならないように気をつけましょう。

人間の第一印象は本人が思っているよりも髪型に影響を受けますから、髪型で目立ってしまうとやはりまずいのです。
特に遺族として葬儀に参加するのであれば、かなり長時間、服装や髪形に気を遣っていられないことが多いです。朝に出かける時にばらけてほどけてきたりしない髪型を工夫しましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る