葬儀における神様とは

カテゴリー 葬儀用語

PR
お坊さん手配サービス

神様(かみさま)

神様(かみさま)とは、神道またはキリスト教における宗教的な存在を意味している。

神道の場合は亡くなった故人は神様(守護神)となって遺された家族を守る存在となると考えられており、葬儀の目的も新しい神様を迎えるための儀式として考えている傾向がある。
このため神道での葬儀は故人を神様として家に招くための「神葬祭」と呼ばれ、故人にとっても家族にとってもおめでたいものだと言われている。

キリスト教の場合は故人が神様になるのではなく、神様のいる天国へと向かうと考えられている。
このことから葬儀は神様のもとへ向かうための礼拝の儀式として認識されており、キリスト教にとって神様の存在は唯一絶対のものとして捉えられているところが特徴である。

このように神様の意味は宗教によって異なっており、日本の神様は八百万と言われるほど無数に存在する多神教の神と考えられているのに対して、キリスト教の神様は1人しか存在しない一神教の神と考えられているなど考え方の違いも見受けられる。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.