葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

火葬と骨上げ(拾骨)の流れ・手続き・火葬中のマナー | 一般的な葬儀の場合

カテゴリー 葬儀の流れ

火葬は、故人との最後の別れの場となります。
火葬の前に、棺のふたを開けてお顔に触れたり、お別れの言葉をかけたり、冥福を祈って厳かに過ごしたり、人それぞれのお別れの時間があります。

特に喪主の方であれば、火葬場へ参列する人が誰なのか、埋火葬許可証の取得など火葬の流れと手続き、火葬にかかる時間、骨上げ(拾骨)、火葬中の過ごし方について、事前に流れを知っておくとよいでしょう。ここでは、一般的な仏葬での火葬についてを開設します。

また、火葬の流れは地方により異なりますが、葬儀後に出棺する場合とお骨での葬儀を行う場合があります。特に火葬でのマナーやしきたりについても確認しておくと安心です。

火葬場へ参列する人

火葬場に参列する方々に決まりはありません。一般的には、身近な家族・親族が火葬場に参列することが多いでしょう。中には故人と特別に仲が良かったお友達や、ご近所の結びつきの高い地域ではご近所の方が火葬場に参列することもあります。

火葬場に参列する方は確認していると思いますが、地域によっては“骨葬”もあります。
骨葬とは先に火葬を執り行い、お骨になって式場に帰ってきて葬儀式を執り行うことで、骨葬が一般的という地域もありますので注意が必要です。

お骨での葬儀が多い地域は北海道・東北地方が多く、関東地域に行くほどに徐々に葬儀後の火葬が多くなってきます。関西地方・中国地方・四国地方なると葬儀後の出棺する場合とお骨での葬儀とが入り乱れています。九州地方になると、熊本市内がお骨での葬儀があるだけで、その他は葬儀後の出棺が多いです。

参列者にも事前に葬儀前の出棺になるのか、葬儀後の出棺になるのか、お伝えできた方がよいでしょう。火葬場まで参列くださるかどうかも確認しておくと、移動手段や会食などの準備の際に役立ちます。

火葬の手続き(埋火葬許可証)について

火葬を執り行うには前もって市区町村の役所に届け出をし、「火葬許可証」を発行してもらう必要があります。

火葬許可証の手続きに必要な書類は、亡くなった病院から発行された死亡診断書、もし検視が執り行われた場合は死体検案書が必要となります。そして、書類上に間違いがあった場合に必要な届出人の印鑑(認め印でOK)が必要です。

死亡届の届出人にはどのような関係の方がなれるのかを確認しましょう。
家族がいる場合にはスマートに手続きは済むことでしょうが、家族がいない場合には死亡届の届出人になってくれる方を探さなければなりません。

届出人の条件は同居の親族・同居していない親族・同居者・家主・地主・家屋管理人・土地管理人・公設所の長となっています。死亡届を提出できる場所も制限があります。死亡届を提出できる場所は、死亡した土地・死亡者の住所、届出人の現住所地となっています。

それ以外で火葬を行う場合はどうすれば良いのでしょうか? 火葬許可書の手続きが済んでからの遺体の移動は問題はありません。火葬許可書をもらっていれば、どこでも火葬の手続きができます。

火葬と火葬にかかる時間

火葬場に到着しますと、火葬場でも読経がある場合もあれば、お寺様は葬儀式だけで、火葬場には御供されない場合とあります。

出棺の時にも花を入れてお別れをしましたが、火葬場でも柩の小窓から顔を見て、最後のお別れがあります。
火葬場でのお別れが済みますと、火葬場の炉の中へと柩が運び込まれ、遺族には点火スイッチを押す役目が待っています。
点火スイッチは喪主が押すものとの解釈があるようですが、必ずしもそうである必要はなく、火葬場に行かれた親族が押しても大丈夫です。
地域によっては火葬場の職員が押してしまうこともあります。

天寿を全うした故人ならば点火ボタンを押すという行為を家族の誰かができるかもしれませんが、急な別れや、若くしての別れなど、亡くなった方に一番近かった喪主が点火ボタンを押すことは誠に偲びありません。

喪主が点火ボタンをどうしても押せない場合は、喪主の子か兄弟などが変わりに押してあげるのも優しさかもしれません。



火葬時間は1時間30分から2時間ぐらいが平均です。
火葬時間と聞けば「故人がお骨になるまでの時間」と思いますが、そうではありません。点火ボタンが押されてから収骨が始まるまでの時間です。

火葬時間は亡くなった方の体格や年齢でも時間に変化がありますが、副葬品も火葬時間に大きく影響します。副葬品とは棺の中に入れる故人の思い出の品物のことを言います。燃えるものなら何でも入れても良いという考え方が定着していますが、燃えればよいという訳ではありません。

プラスチック類・ゴム類・発泡スチロール類はダイオキシンや悪臭を発生させ、お骨に色がついたりします。
果物類は水分が多く燃えません。書籍類も燃えません。
火葬が終わると、お骨が冷めるまでの冷却時間がありますが、指輪・眼鏡などの金属類がある場合は、お骨が冷めても金属類が冷めるまで待たないとなりません。

こういった理由でも火葬時間(収骨までの時間)が変わってきます。副葬品は柩に入れる前に葬儀社に相談することをお勧めします。想い出の雑誌や書籍は表紙だけにする等、遺族の思いも汲みつつ最適な提案をしていただけることでしょう。

火葬場での火葬中の過ごし方・マナー

点火ボタンが押されると収骨の案内があるまでの間、待ち時間があります。この火葬中の待ち時間の過ごし方地域によって大きく二つに分かれます。
火葬場に控室があるので、控室で収骨の案内があるまで待つ形式と、点火を済ませたら、祭場に戻って精進落とし(精進上げ)の会食を執り行い、収骨の時間に合わせて火葬場に戻る形式です。

二つの方法がある大きな理由は、火葬場が近くにあるかどうかです。火葬場が斎場の近くにある場合は、わざわざ火葬場で待たずとも、待ち時間を有効に使い精進落とし(精進上げ)を執り行った方がすべての終わりが早くなります。ただし、いまは火葬場で精進落としの会食用の部屋が用意されている場合も多いので、葬儀社とよく打合せ、納得のいく見送りになるようにしてください。
精進落しの席を設ける場合は、遺族はマナーとして、故人を偲ぶだけでなく、会葬者に遠方から駆けつけてくださった御礼と故人が生前お世話になった感謝の気持ちを示すことです。
献杯から会食の流れを見計らって、喪主や遺族は親族や会葬者の席を回り、飲み物を進めながら心からの御礼を伝えましょう。

骨上げ(拾骨)

食事の時に箸と箸とで物を受け渡しした時に叱られた記憶がある方も多いのではないでしょうか。
収骨時の行為がこれに当たります。意味は諸説ありますがあの世とこの世の橋渡しなる意味もあるようです。

アナウンスなどで、間もなく収骨になりますと案内がありますので、控室を利用していたら、片付けて帰る準備をしましょう。この時に火葬場によっては炉の鍵がありますので、鍵を預かってる遺族の方は鍵を火葬場の職員まで届けて下さい。

収骨の準備が整ったとのアナウンスがあれば、収骨室へ向かいます。収骨室へ遺族・親族が揃えば、お骨の説明があります。

説明が終わるとお骨を骨壺へと収めていきます。喪主から収骨が始まりますが、二人一組となり順次、収骨を進めていきましょう。よく「お先にどうぞ」と譲り合いが始まりますが、火葬場の収骨室も順番を待っていますので、スムーズに事が運ぶようにしましょう。

足から収骨していき、最後は喉仏を骨壺に収めて収骨が終わります。



収骨の方法にも「全収骨」「部分収骨」とあります。
全収骨は関東地域と北海道を含む東日本に多く見受けられます。部分収骨は関西地方を含む西日本で多く見受けられます。
全収骨は骨壺が7寸から8寸、それ以上の骨壺もあります。部分収骨は5寸から6寸、それ以下の骨壺もあります。

気を付けていただきたいのは葬儀、火葬をする地域と納骨するが違う場合です。この場合は骨壺がお墓、もしくは納骨堂に入らない可能性が出てくるからです。
部分収骨の地域のお墓・納骨堂は5寸から6寸の大きさで作ってある場合が多いですので全収骨の7寸から8寸の骨壺は入りません。納骨する地域が変わる場合には納骨堂のサイズの確認をすることをお勧めします。

収骨が終わると、斎場か自宅に帰り精進落とし(精進上げ)の席を設けたり、還骨法要や初七日法要が執り行われたりします。収骨後の流れも含めて確認しておきましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る