通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

忌明け、香典返しの挨拶状

カテゴリー 法事・法要

忌明け 挨拶状

現在では通夜・告別式のみならず法事・法要も簡略化が進んでいます。
古来からの習慣が薄れ始めてはいますが、故人のために葬儀や法要に参列して頂いた方々には、礼儀を守って感謝の意を伝えたいものです。
今回は「忌明け」と「忌明けの挨拶状」のマナーや例文・文例をご紹介します。

忌明けとは?

忌明けとは故人を悼み身を慎む「忌」の期間を終了する日を言います。
忌明けに要する期間は宗教によって異なります。仏式の場合は四十九日、キリスト教式では1ヶ月目の追悼ミサの頃が該当し、神式では五十日祭を経て忌明けとされます。

四十九日法要で忌明け

忌明けは仏式で四十九日法要(満中陰法要)の終了後をさします。
この四十九日(満中陰)は故人があの世で生前の行状と、これまでの追善供養の有無の比較衡量で「十王」と呼ばれる裁判官の裁きを受け人間界に転生するか天国または地獄行きなどの故人にとって最終関門の日となります。
この大切な日に僧侶を呼んで読経してもらうことに加え、親族の他、故人の友人・知人を集めて盛大に供養することになります。

忌明けは行事を避ける

「忌中」、つまり忌明けしない間はお祝い事は慎む事が習慣となっています。
例えば地域のお祭りへの参加を控える、結婚式への出席を遠慮する、遺族が結婚式を行う予定がある時は延期をする等が挙げられます。
神社への参拝も忌中は控えるべきと言われていますので、乳幼児の健康を祈る「お宮参り」や七五三のような特定の時期に神社での行事については神社へ相談しましょう。
各地域または宗教宗派によって考え方が異なることもありますので、忌中にお祝いごとや行事を予定している際、不明な点があれば菩提寺や神社、または地域の習慣を良く知るご年配の方々へ一度ご相談することをお勧めします。

忌明けと喪明けの違い

「忌中」も「喪中」も故人を悼み、お祝いごとを慎む期間であることでは同じですが、違いはその期間の長さです。
忌明けは前述したとおり、仏式は四十九日、キリスト教式では1ヶ月目の追悼ミサの頃が該当し、神式では五十日祭です。
喪明けは故人との関係性でもその期間は変わりますが、一般的には故人が亡くなってから一年後となります。
喪明けの目安は、年忌法要の「一周忌」をもって「喪中」が終了すると考えます。

忌明けの挨拶状

通夜・告別式といった葬儀に参列して頂いた方や故人が生前お世話になった方などに無事に忌が明けたことをお知らせし、お世話になったお礼を述べるのが「忌明けの挨拶状」です。
同じタイミングで香典返しも届けますので、忌明けと返礼の挨拶を兼ねることがほとんどです。
葬儀に参列頂かなかった方から香典やお供え物を送って頂いた場合もこのタイミングで香典返しに挨拶状を添えます。
「忌明けのお礼状」や「四十九日挨拶状」「満中陰志挨拶状」とも呼ばれます。
神式では五十日祭の後、キリスト教式では1ヶ月目の追悼ミサの後に送ります。

香典返しと一緒に

香典返しは一般的には忌明けの法要以降に届けるもので「忌明け返し」と呼ばれます。
香典の半額から3分の1程度の金額の品を贈ります。 日用品やお茶、食品などが一般的ですが、カタログギフトも人気があります。
他に「当日返し(即日返し)」という方法があり、葬儀の帰りの際に、会葬御礼(※)と香典返しを渡します。
遺族の手間といった負担を減らすためですが、この場合は香典の金額に関係なく同一のものをお渡しするため、高額の香典を頂いた方には後日、さらに返礼することになります。
このときは「忌明け返し」と同じタイミング、手順となります。

ちなみに神式ではお香を炊かないため、香典という言葉を使わず玉串料といいます。
香典返しの名はないですが、五十日祭後に香典返しにあたる返礼の品を贈る慣習があり、これを指して香典返しと呼んでいることもあります。
キリスト教では御花料、とくにカトリックでは御ミサ料といいます。日本の風習としての返礼をプロテスタントでは1ヶ月後の召天記念日の後、カトリックでは三十日目の追悼ミサの後に送ります。

※会葬御礼とは通夜や告別式など葬儀の会葬者に感謝の記しとして 500~1500円程度の品(ハンカチやお茶など)と清めの塩をお渡しする のが会葬御礼で、添えられた挨拶状が、会葬礼状です。

香典返しをしないとき

地方の慣習であったり、香典返し辞退を申し出た場合のほか、一家の大黒柱が亡くなったときなどは香典返しを行わないとされます。
また故人や遺族の希望で香典の一部(全額)を寄付する場合にも香典返しはしなくてもよく、その旨を記載した挨拶状を送ります。 ただしこの場合に香典返しをすることもよくあることです。
詳しくは後述します。

※最近では家族葬も増え、死亡通知や喪中はがきなどで香典辞退の記載もよく見られるようになりました。
香典辞退が書いてあれば、香典を持参しない(郵送しない)のがマナーです。

忌明けの挨拶状のマナー

忌明けの挨拶状は巻紙(奉書)またはカード

忌明けの挨拶状をどのような形で送るかは大きく2つ。

・簡易型:横長二つ折りカードや単カードに洋封筒を用います。
・格式型:巻紙に挨拶を綴り、長4サイズ封筒で送ります。 奉書紙(上質の和紙)を用いるとより格式高く送ることができます。サイズは48cm×19.5cm程度のものが多く、白無地またはデザイン入りもあります。
封筒には白無地か奉書紙の高級感のある長4封筒を用います。
表書きは「御挨拶」です。

挨拶状を自作される方の注意点は、封筒は中が二重になっていないもの、用紙は一枚にするということです。
どちらも不幸が重ならないようにという意味があります。
どのタイプにするかは香典の金額にあわせて良いでしょう。香典の額に比べて上質すぎる奉書にするのはバランスが悪いものです。

奉書紙の折り方

封筒のサイズにあわせると6つ折りになります。
左(文末の方)からくるくる巻き、封筒のサイズにあわせたら折ります。
コツは巻き始めと巻き終わりをあわせることです。
地域によっては異なる折り数にすることもあるようです。 やり方にこだわらず、6等分に折り目をつけてから巻く方もいらっしゃいます。

挨拶状はのし下に入れる

香典返しでは、のしは黒白や双銀の結び切り、関西では黄白のしを用います。
表書きはのし上に「志」とし、これは仏式を問わず使用できます。
「偲び草」は神式やキリスト教、「満中陰志」は仏式で用いられます。
のし下には喪主の苗字(姓)を記します。
宗教や地域により異なってきますので、香典返しの品を購入したお店や周り方にご相談しましょう。

内のしは箱の上に直接のし紙をかけて、そのうえから包装紙で包みます。
外のしは包装紙で包んだ上からのし紙をかけます。 外のしにすると贈る目的や送り主がすぐわかります。
どちらでもかまいませんが、内のしが控えめな印象であるといわれます。
挨拶状は内のしの場合はのしと箱の間、外のしの場合は包装紙とのしの間に入れます。

書き方は縦書きで、句読点は使わない

「、」「。」といった句読点は使わず、縦書きにします。
手書きでも問題ありませんが、ボールペンではなく、万年筆や筆ペンなどがおすすめです。
薄墨がベストですが、最近は薄墨でなくても失礼にはあたらなくなっています。

本文は仏式・神式・教会(キリスト教)式・無宗教で一部使用する言葉が異なるので、相応しい文章にします。
古式ゆかしい文体から、読みやすい現代の文体、女性らしい文体など自由でかまいません。
仏式では戒名有り、戒名なし、どちらも問題ありません

※戒名は人が亡くなった時に戒名料を納め、お寺から頂く名前で位牌に刻まれます。 戒名が与えられることで仏の世界へ入ることを許され、また仏教の戒律を守る証ともされています。
戒名という言い方は仏教のほとんどの宗派で使いますが、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号と呼びます。

忌明けの挨拶状の例文・文例

忌明けの挨拶状は香典返しのお品を購入するデパートやお店で、定型文としてテンプレートや印刷サービスが用意されています。
郵便局でも横長カード&封筒、巻紙&封筒と定型文が用意されていて、封印シール付きで、巻紙タイプは薄墨で印刷してくれます。 印刷会社なども扱っていますし、インターネットではお礼状のセットを 注文受付するところが多くあり、それらを利用するのも便利です。

自作する場合もテンプレートを参考に印刷すると良いでしょう。薄墨印刷がベストですが、必須ではありません。
ここでは仏式・神式・教会(キリスト教)式・香典返しなし(寄付)の場合の例文・文例をご紹介します。

仏式の例文

横書きで記載していますが、挨拶状は縦書きが通常です。 仏式、無宗教のどちらにも使える例文です。

拝啓(※1)

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
葬儀の際は取り込み中にて 万事不行届きにて申し訳なく存じております
お蔭をもちまして ◯月◯日に 〇〇〇〇〇〇〇〇(戒名) 四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします  何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます
                                                                      
敬具(※1)

   平成◯◯年◯◯月                       
   喪主名   ◯◯◯◯

(1)頭語と結語

文例の頭語「拝啓」と結語「敬具」は必ずぺアで使用します。
(※1)拝啓の他「謹啓」も良く使用され、結語は敬具、謹白です。
なお頭語の後には季節の挨拶文は必須ではありませんが、あるとより丁寧です。

(2)感謝の意を伝える

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます

故人名を明示し、故人の葬儀に参列してくれた方へ、忙しい中で参列して頂いたことに感謝の意を伝えます。

(3)葬儀の際の不手際をわびる

葬儀の際は取り込み中にて 万事不行届きにて申し訳なく存じております
葬儀で忙しくて十分なもてなしができなかった旨をお詫びします。必須の内容ではありません。

(4)忌明けの報告お蔭をもちまして

◯月◯日に ○○院○○○○○居士 四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
四十九日が無事終了し、忌明けとなったことを伝えます。故人の戒名「○○院○○○○○居士」は記載しなくても構いません。

(5)香典返しであることを伝える

つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
香典返しを伴うことを記載します。

(6)書状でのご挨拶になったことを記載する

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます
本来なら直接参列者の自宅等を訪問してお礼を述べるものですので、書状で代わりに挨拶したという旨を伝えます。

(7)法要年月、氏名

最後に法要年月、氏名(喪主)を記載します。親族一同など書き添えても問題ありません。

神式の例文

拝啓(※1)

先般 亡父◯◯◯◯儀 永眠に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます お蔭をもちまして五十日祭も滞りなく済ませることができました つきましては 偲草のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます 本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます                              

敬具(※1)

 平成◯◯年◯◯月             
 喪主   ◯◯◯◯

(1)頭語と結語

文例の頭語「拝啓」と結語「敬具」は必ずぺアで使用します。 (※1)拝啓の他「謹啓」も良く使用され、結語は敬具、謹白です。
なお頭語の後には季節の挨拶文は必須ではありませんが、あるとより丁寧です。

(2)感謝の意を伝える

先般 亡父◯◯◯◯儀 永眠に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
故人名を明示し、故人の葬儀祭に参列してくれた方へ忙しい中で参列して頂いたことに感謝の意を伝えます。

(3)忌明けの報告

お蔭をもちまして五十日祭も滞りなく済ませることができました
神道の五十日祭が無事終了し、忌明けとなったことを伝えます。

(4)御神前・玉串料の返礼を伝える

つきましては 偲草のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
御神前や玉串料(香典にあたる)のお礼に伴って、忌明けの挨拶状を送付したことを記載します。

(5)書状でのご挨拶になったことを記載する

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます
本来であるなら、直接参列者の自宅等を訪問してお礼を述べるものなので、書状で代わりに挨拶したという旨を伝えます。

(6)年月、氏名の記載

最後に五十祭りの年月、氏名(喪主)を記載します。住所を記載してもかまいません。 喪主氏名に続き、親族一同としてもかまいません。

教会(キリスト教)式の例文

横書きで記載していますが、挨拶状は縦書きが通常です。
キリスト教では香典や香典返しに当たる風習はありませんが、日本社会に根付いた風習として、参列者に忌明けの挨拶状やお礼の品を送付することが一般的です。

拝啓(※1)

先般 亡父◯◯◯◯儀 召天に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
お蔭をもちまして「○○○○」(※2)も滞りなく済ませることができました
つきましては 偲草のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます

敬具(※1)  

 平成◯◯年◯◯月
 喪主   ◯◯◯◯

(1)頭語と結語

文例の頭語「拝啓」と結語「敬具」は必ずぺアで使用します。
(※1)拝啓の他「謹啓」も良く使用され、結語は敬具、謹白です。なお頭語の後には季節の挨拶文は必須ではありませんが、あるとより丁寧です。

(2)感謝の意を伝える

先般 亡父◯◯◯◯儀 召天に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
故人名を明示し、故人の葬儀に参列してくれた方へ忙しい中で参列して頂いたことに感謝の意を伝えます。

(3)忌明けの報告

お蔭をもちまして「○○○○」(※2)も滞りなく済ませることができました
(※2)プロテスタントの場合は「召天記念日」、カトリックの場合は「追悼ミサ」とします。

(4)参列や弔慰金の返礼であることを伝える

つきましては 偲草のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
参列や御花料・御ミサ料の返礼を伴う挨拶状であることを記します。

(5)書状でのご挨拶になったことを記載する

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます
本来なら直接参列者の自宅等を訪問してお礼を述べるのものなので、書状で代わりに挨拶したという旨を伝えます。

(6)送付年月、氏名の記載

最後に送付年日、氏名(喪主)を記載します。住所を記載してもかまいません。 喪主氏名に続き、親族一同としてもかまいません。

香典返しをせず寄付する場合の例文

香典返しをしない場合の忌明けの挨拶状の例文を紹介します。  

頂いた香典を故人の遺志を汲み寄付する場合は寄付先を記します。寄付先によっては個人名を入れた挨拶状を用意してくださる場合があります。

拝啓(※1)

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
葬儀の際は取り込み中にて 万事不行届きにて申し訳なく存じております
お蔭をもちまして ◯月◯日に 〇〇〇〇〇〇〇〇(戒名) 四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
なお 甚だ勝手を申しますが 皆様から賜りましたご厚志につきましては 故人の遺志により ○○○○○○へ寄贈いたしましたこと 何卒ご諒承くださいますようお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます

敬具(※1)

 平成◯◯年◯◯月
 喪主   ◯◯◯◯

(1)頭語と結語

文例の頭語「拝啓」と結語「敬具」は必ずぺアで使用します。 
(※1)拝啓の他「謹啓」も良く使用され、結語は敬具、謹白です。なお頭語の後には季節の挨拶文は必須ではありませんが、あるとより丁寧です。

(2)感謝の意を伝える

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらず ご鄭重なる御厚志を賜り 謹んでお礼申し上げます
故人名を明示し、故人の葬儀に来てくれた方へ忙しい中で参列して頂いたことに感謝の意を伝えます。

(3)葬儀の際の不手際をわびる

葬儀の際は取り込み中にて 万事不行届きにて申し訳なく存じております
葬儀で忙しくて十分なもてなしができなかった旨をお詫びします。

(4)忌明けの報告

お蔭をもちまして ◯月◯日に 〇〇〇〇〇〇〇〇 四十九日の法要を滞りなく済ませることができました 
四十九日が無事終了し、忌明けとなったことを伝えます。その際に故人の戒名を書き添えても構いません。

(5)香典返しをせず、寄付することを伝える

なお 甚だ勝手を申しますが 皆様から賜りましたご厚志につきましては 故人の遺志により ○○○○○○へ寄贈いたしましたこと 何卒ご諒承くださいますようお願い申し上げます
香典返しをしない旨を明記します。その場合には香典をどんな形で使用したかを書きましょう。
寄付の場合は寄付先をお伝えします

(6)書状でのご挨拶になったことを記載する

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが  略儀ながら書中を持ちまして ご挨拶申し上げます
本来なら直接参列者の自宅等を訪問してお礼を述べるものなので、書状で代わりに挨拶したという旨を伝えます。

(7)法要年月日、氏名の記載

最後に法要年月日、氏名(喪主)を記載します。住所を記載してもかまいません。 喪主氏名に続き、親族一同としてもかまいません。

Q&A

Q.社葬の香典返しはどうする?

A.会社で葬儀を行う社葬であっても、香典はご遺族が受け取るのが通例です。 そのため香典返しは原則、喪主からとします。 税務上の点からそうしますが、数が多い場合には、作業を企業が代行することはあります。

Q.香典返しのお礼は必要?

A.「不祝儀が繰り返される」のを忌み嫌うため、香典返しへのお礼状や電話は必要ありません。 電話で力づけてあげる機会などに、さりげなく香典返しを受け取った報告などを行うのは良いでしょう。

まとめ

最近では家族葬が増え香典辞退も珍しくなくなり、また香典の当日返しも一般的になった今、忌明けの挨拶状を送ったり受け取ったりする機会が減ってきています。
だからこそ丁寧な書状に込めた感謝の気持ちはしっかりと伝わることでしょう。

5/5 (3)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る