葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

危篤の状態になったら対応すべきことのすべて

医療機関により「ご家族が危篤状態になった。」と連絡を受けた場合は、どのような対応をとれば良いのでしょうか。
家族のこのような事態に直面することはそうあることではありません。そのため、いざ緊急の事態となった時に気が動転してしまう方も少なくはないと思われます。

今回は危篤という状況とはどんな場合をいうのか、ご家族が危篤になった場合の対応について説明します。
この記事を読み終わった後は、危篤に関しての最小限の知識と、それに対応するためご自分がどんな行動をとれば良いのかについて、理解が深められることと思います。

危篤とはどんな状態?

病状が進行し、患者の意識が無くなり死亡する寸前の状態になることです。この状況から持ち直す事は、ほとんど考えられないとみて良いでしょう。

危篤から回復する確率・可能性は?

患者の年齢や、病気の種類等にもよりますが、危篤にまでなってしまうと生命力がいずれ尽きてしまうことは間違いありません。

危篤に陥り、数時間で亡くなる方がいれば、1週間以上も意識が無いままの状態を維持する方もいます。
家族が臨終に立ち会う場合には、医療機関に泊まり込み、その最期を見届けることになりますが、その最期が数分後になるのか、それても数日を要することになるのかは誰にもわかりません。

危篤のときの心構え

医療機関によりご家族が危篤状態との連絡を受けた場合、気が動転しない方はいないとは思います。しかし、危篤とは前述した通り、患者が何事も無かったかのように元気に回復することはあり得ません。

そのため、ご家族の最期に立ち会えるように迅速かつ冷静な対応が求められます。あらかじめ数日にわたり医療機関へ泊まり込む準備を行うことも間違いではありませんが、まず急いで医療機関へ向かうことが何よりも大事です。あれこれ手間取っていると、ご家族の最期に間に合わない場合があるからです。

危篤の連絡をすべき人と連絡手段

医療機関からご家族が危篤との連絡が来たら、ご自分や親族の他、危篤となっている家族の親しい友人等、その最期を一緒に看取ってもらいたい方に連絡をする場合があります。
それが、危篤となっている本人が健康だった頃の希望にしても、家族の願いにしても実際に連絡する方の範囲は、日ごろの付き合いや、危篤となっている本人と看取ってもらいたい友人との交流の頻度や手紙のやり取り等も考慮にいれて判断するべきでしょう。

親族への連絡は、主に3親等くらいまでが目安と言えます。この3親等に該当するのは、危篤となっている本人の配偶者、子、孫、ひ孫、父母、祖父母、おじおば、兄弟姉妹、甥姪までです。
こちらでは、その連絡方法を説明します。

危篤の電話連絡時の伝え方

迅速に危篤の状況を伝える場合、まず看取ってもらいたい相手には電話することが肝心です。携帯電話の番号を知っていればそちらに電話をかけるべきでしょう。

自宅の電話や携帯電話で相手方に連絡が取れない時には、FAX・メール、電報で知らせる方法もあります。
電話が通じたら以下の内容を手短に説明します。冷静に相手方に伝えることを心がけましょう。

  • 電話をしたご自分の名前
  • 危篤になっている方の氏名とご自分との続柄
  • 危篤になっている方がいる医療機関の名称、病室、住所・電話番号
  • 電話をしたご自分の電話番号

危篤のメールの文例

電話で連絡が取れない場合には、FAX・メールで連絡を行います。例文としては次のような内容を記載します。

[例文]
夜分遅く誠に申し訳ございません。
私は○○○○の長男で○○と申します。父○○が現在、危篤となってます。父は△△市△△病院に入院していますが、一目会っていただけないかと思いましてご連絡をさせていただきました。

もしも、会いに来ていただけるということであれば父も○○様に感謝をすると思います。△△病院の詳しい住所は△△市△△-△△-△で、□□病棟□階の□□□号室、面会可能時間は□時から□時までとなっています。もし○○様からご連絡がありましたら、私の携帯番号×××-××××-××××にお電話ください。よろしくお願い致します。

英文での危篤の例文・伝え方

英文に関しては概ね以下のように伝えます。

[例文]
I am really sorry late in the night.
I claim to be ○○ in the eldest sons of ○○○○. Father ○○ becomes in critical condition now. Father was admitted to the △△ city △△ Hospital, but I thought whether a glance would encounter and contacted me. I think that father thanks Mr.○○ if you can come to meet. A □□□ room of the ,□□ ward □ floor can meet the detailed address of the △△ Hospital in △△ city △△ – △△ – △, and it is since □ until □ at time. Please call my mobile number X X X – X X X X – X X X X if there is communication from Mr.○○. Thank you in advance for your help.–>

危篤の連絡を受けたときの対応と返事で気をつけるべきこと

ご自分が危篤の連絡を受けた側であっても、慌てず冷静に対応することが肝心です。危篤状態になっている方のご家族は、パニックになっている状況で連絡をしてくる場合もあるので、ご自分がどのような行動をとれば良いのか慎重に考えてから行動するようにしましょう。

すぐに駆けつけることができる場合

危篤状態になっている方のご家族から連絡があった場合は以下の内容を確認しましょう。危篤状態である以上は容態の確認はする必要はありません。

  • 危篤状態になっている方が入院中の医療機関の名称、病室、住所・電話番号
  • 電話をかけて来た方の携帯電話番号(携帯で連絡を受けた場合は、着信履歴に残る。)

一刻も早く危篤状態になっている方のもとへ向かうため、私服でも、背広でも失礼には当たりませんが、アクセサリーを外し、できるだけ地味な服装で訪問するようにしましょう。
危篤状態になっている方に対面したら家族の邪魔にならないよう、危篤となっている方とその家族に声をかけ、医療機関から退出します。

遠方から駆けつけることができる場合

遠くに離れて暮らす近親者が連絡を受けた場合は、数日程度滞在できる準備の他、喪服の準備もしておくべきでしょう。ただし、危篤状態になっている方のもとへ、喪服を着用して向かうことは悲常識ですが、持参していることがその家族に気づかれることも避けるべきことです。

ご家族に気づかれない工夫をしつつ、慎重な配慮を心がけましょう。工夫の一つとして、あらかじめ駅のコインロッカーに預けておいたり、宿泊施設に自分の家族から後日郵送してもらうことも良い方法です。

都合がつかない場合

仕事や、その他に手の離せない状況にある場合は、無理に危篤状態になっている方のもとへ向かうのではなく、正直に自分の今の状態を伝え、あとでわだかまりが残らないように丁寧にお断りをしておきましょう。

危篤のお見舞い時の服装・手土産・マナー

危篤とはいえ、まだ危篤状態になっている方は亡くなっているわけではありません。そうはいっても通常のお見舞いの場合とも、やはり危篤のお見舞いは異なります。こちらでは危篤のお見舞い時の、危篤となっている方、その家族への心を配りについて説明します。

危篤のお見舞い時の服装

危篤の方へすぐにお見舞いに行けるのなら、服装については前述したように、派手な服装やアクセサリー、場にそぐわない服装以外は何を着て行っても構いません。
服装については、通常のお見舞いと同じような服装で問題はありません。なお、まだ亡くなってもいないのに喪服を着用していくことは非常識なので厳禁です。

手土産について

危篤のお見舞いには、何を持参するかを選ぶ時間があったら、その時間を移動に費やして速やかに危篤の方のもとへ向かうことが大事です。そのため、通常のお見舞いとは異なり手土産は必要ありません。たとえ、家族に気を利かせたつもりでり手土産を持参しても、手土産を用意する暇があったと、親族に解釈されてしまい、不快な思いをさせてしまう場合もあります。ただし、次のような場合は例外と言えます。

例えば、危篤状態になっている方が、大学のサークルの友人であるような時には、若き日の危篤状態になっている方と、ご自分、その他の友人たちが写っている写真立てを持参することは、失礼に当たらないはずです。

危篤となる以前にお見舞いをした際に、体調が思わしくないことを告げられ、思いほか重病であったとご自分が感じたならば、あらかじめ懐かしい青春時代の思い出を写真立てにして、危篤の連絡が来た時に慌てずにそれを持参することは友情に恥じない行動です。

意識が戻らない本人のもとへそっと置くことができれば、「たとえこの場に他の友人が来ることができなくとも、辛い時こそ、いつも心は君と共にある。」という意思を行動として、危篤の方やその家族に伝えることができるはずです。
このような手土産は、言葉を超えた『何か』を伝える時に非常に有効な方法といえます。

マナーについて

危篤となっている方のご家族には、どのような言葉をかけて良いのか悩む所ではあります。少なくともこのような状況下で「お通夜・葬式の時も協力します。」、「絶対に御主人は天国へ行きますよ。」等という、危篤となっている方が死んだ後の話をするのは厳禁です。

相手の事情を推し量り、かける言葉はできるだけ少ない方が良いです。例えば「ご家族の皆さまも、どうかお体をお大事に…。」、「何かできることがあれば、遠慮なくご連絡ください。」が妥当といえます。

逆に「気落ちしないで」「頑張れ」は、避けた方が良い言葉です。危篤となっている方がいる状況で気落ちするのは、家族として当然のことです。また、頑張れと言われても何を頑張れば良いか…、言われた家族はわからないはずです。励ましているつもりでも、家族には無責任な言葉と解釈される場合もあるので気を付けるべきでしょう。

危篤の状態のときに仕事を休むのは非常識?

危篤となっている方が親族の方であるなら、ご自分の勤務する事業所に相談することをお勧めします。
当然、無断で休むことは勤務先の信頼を損なうことになりますが、親族の危篤の知らせで「その最期をみとるのは当然。」という意識は事業所にもあることでしょう。親族が危篤の状態のときに仕事を休むのは決して非常識ではありません。

病院での臨終を迎えたら

闘病の末に危篤となっている方が臨終を迎えた際には、遺族はどのような対応をすべきなのでしょうか。遺族にとっては心の整理がつかず、辛い状況でありますがここから葬儀の準備が始まります。
こちらでは臨終を迎えた場所が医療機関であることを想定し、故人を見送る手順を説明します。

末期の水(死に水)

最期を看取る各人が、亡くなる方を送ってお別れする儀式です。日本における仏教の大半で行われます。本来ならば危篤となっている方が息を引き取る前に行う儀式ですが、実際のところは亡くなった直後に行われることがほとんどです。

故人との血縁が濃い親族から、臨終に立ち会った全員が行います。
ただし、他宗教および浄土真宗各派の門徒の場合は、この儀式は行いません。この儀式が不要な場合は医療機関の職員にもあらかじめ伝えておきましょう。

[手順]
茶碗に水を準備します。
新品の脱脂綿・ガーゼを割り箸の先に挟み、または新品の筆の先に茶碗の水を含ませ、亡くなった方の唇を潤します。

エンゼルケア

故人の身体を清潔にし、メイクアップを行います。医療機関以外で亡くなられた場合は、葬儀社・納棺師に協力してもらい遺族が行う措置ですが、医療機関で亡くなった場合は、看護師により死後措置として行ってくれます。

死後措置として以下のようなことを行います。医療機関での死後措置は公的医療保険適用外となり、およそ1万円~5万円程度かかります。

  • 清拭または湯灌
  • 身繕い
  • メイクアップ

それでは一つ一つ見ていきましょう。

清拭または湯灌

清拭:医療機関で亡くなった場合には、看護師が医療行為として死後措置と共に、故人の身体をアルコールまたはお湯で丁寧にきます。
湯灌:葬儀社で行います。葬儀・納棺の前に、故人をお風呂に入れる儀礼をいいます。遺体を清潔に保つための措置ですが、身を清め来世へ向かう旅立ちの準備をするという意味があります。

身繕い

故人の着替えを行います。本来であれば死装束に着替えますが、故人が生前気に入っていた洋服や着物を着せてあげる方法も良い見送り方と言えます。

メイクアップ

故人の髪を整え、皮膚を伸ばし髭や産毛を丁寧に剃ります。頬がやせ細っていた場合は、含み綿を施して元気だったころの姿に近づけます。女性の場合は化粧をし、唇に口紅をします。

遺体搬送者の手配

医療機関で故人を看取った後は、できるだけ早く、故人をご自宅または所定の安置場所へ搬送する必要があります。ただし、亡くなったからといって故人をいきなり搬送することはできません。まずは医師の死亡診断書が必要です。
まずは遺族が行うべき準備を説明します。

葬儀社を決定・連絡を取る

故人が生前に葬儀社を指定していたり、遺族で決めていた場合には即座に連絡を取ります。故人の搬送には葬儀社の遺体搬送車が必要です。遺族の方が死亡診断書を受け取った上で、マイカーで搬送することは違法ではありません。

ただし、周辺の方々が遺体を乗せている状況を見た場合に、あらぬ誤解や混乱を招くおそれもあります。そのため、葬儀社の遺体搬送車での搬送が、安全性や不測の事態を未然に防ぐ適切な方法と言えます。

[葬儀社が決まらない時は]
前もってどの葬儀社にお願いするか決めてない場合は、医療機関と提携している葬儀社を紹介されることもありますが、葬儀までお願いすると割高な費用を請求されるおそれがあります。

自宅に戻ってあらためて別の葬儀社へお願いしたい場合には、医療機関と提携している葬儀社へ搬送だけ依頼することもできます。その時は、「搬送だけ依頼する。」とはっきり伝えておきましょう。
あいまいな希望を伝えると、葬儀自体もその葬儀社で行わなくてはならないことにつながります。

搬送先の決定

葬儀社を選んだら、故人の搬送先を決定し、その住所を伝えます。従来ならば自宅へ搬送するのが当たり前なのですが、現在では生活上の居住環境も変化し、人通りの多い商店街のマンションが住所であったり、マンションの住人とはち合わせする可能性が高い高層マンション等、なかなか自宅へ搬送し難い状況といえます。

自宅へ搬送

最も故人と遺族がゆっくりと別れを偲ぶにふさわしい場所と言えます。一戸建てであるなら、故人の親類、友人・知人も通夜に参加しやすいという利点もあります。ご遺体の火葬まで故人を自宅でゆったりと安置することができます。

遺体安置室等への搬送

前述したマンションのように故人を搬送することが憚られる環境では、斎場の遺体安置室・保冷庫、葬儀社の斎場の遺体安置室・保冷庫、火葬場の安置室・保冷庫に搬送することが考えられます。遺体を保管するという意味では適した場所と言えますが、遺体安置室等の空きがあるかどうかは搬送する時になってみないとわかりません。遺体の搬送以前に、安置場所を確保することはなかなか困難と言えます。

死亡診断書を取得する

医療機関で治療費等の精算を行い、搬送車を待ちます。その際に、忘れずに取得する必要があるのは、医師が作成する「死亡診断書」です。この書類が無いと遺体搬送時の携行が必須であるため、遺体が搬送できなくなります。また、死亡診断書を携行している方が搬送車へ同乗しなければなりません。

死亡診断書は、行政への死亡届、火葬埋葬許可手続き、保険金および遺族年金等の申請にも必要となります。最低でも2通は書いてもらいましょう。

近親者・菩提寺への連絡

遺体搬送車の手配および死亡診断書の取得を終えたら、まずは近親者に亡くなったことを伝え、搬送先へ駆けつけてもらう打ち合わせをします。

その後、檀家となっている菩提寺がある場合は、その寺院の住職にも連絡し、搬送先と到着時刻を伝えます。なぜなら、僧侶は檀家が亡くなれば通夜に先立ち、搬送先へ赴いて「枕経」を行うことになるからです。この時に宗教・宗派の作法や気を付けるべきことを訪問した僧侶に質問しておくのも、事後の葬式等をしめやかに行うために必要な準備といえます

遺体搬送車で故人を搬送

遺体搬送車が到着したら、故人を乗せ、死亡診断書を所持している方が必ず同乗します。そして、搬送先の自宅または遺体安置所へ出発します。

通夜、葬儀へ

葬儀社と通夜式、告別式、火葬等の打ち合わせを行います。これからが葬儀の準備や参列者への対応に追われることになります。厳かにトラブルなく葬儀を行うことが求められます。

まとめ

医療機関から危篤状態になったことを知らされると動揺するかもしれませんが、まずは冷静に事実を受け止め、危篤になった方のもとへ駆けつけましょう。

その後、連絡しなければならない方には速やかに連絡しましょう。この時に取り乱すこと無く必要な情報(入院先の医療機関名、号室、住所、連絡先等)を伝えれば、連絡を受けた方も対応しやすくなります。
冷静な対応こそが、危篤となった方を家族や親しかった方と共に看取るための適切な環境作りと言えます。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る