通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

葬儀で香典辞退を伝えるマナー

カテゴリー 葬儀マナー

お香典イメージ

近年、家族葬など参列者の少ない葬儀形式の広がりと共に、故人の遺言や遺族の意向により、香典を辞退するケースが増えて来ています。

しかし、弔問に来て下さる方々は、故人に対しての敬意や遺族の方へのお悔やみの気持ち、葬儀の金銭的な支援の意味を込めて香典を持って来てくださいます。 その香典を辞退するということは、弔問者の方々が気分を害することが無いよう、気をつけてお断りする必要があります。決して、一方的ではなく、意向を理解をして頂き、故人にお参りして頂いた後、気持ちよくお帰り頂くことが大切です。

こちらでは、香典辞退の方法やマナーについて詳しく説明していきます。ぜひ、参考にして頂き、お互いにしこりが残らないようにしましょう。

香典辞退の葬儀であることを伝えるマナー

香典辞退の葬儀であることを、弔問に来て下さる方々にお伝えする方法としては、一般的に以下の方法があります。
また、お伝えする方によってもマナーが異なりますので、詳しく説明していきます。

訃報通知や葬儀の案内状で伝える方法

事前に参列者の方々に送る通夜や葬儀の案内状に「香典辞退」の文言を記載します。当日、参列者の方々が香典を持参したり、辞退の申し出に戸惑うことが無いように、案内状を出す際、案内状に以下の文言を添えると良いでしょう。

  • 故人の遺志により、御香典は辞退させて頂きます
  • 誠に勝手ながら、御香典の儀は固くご辞退させて頂きます

葬儀の受付での伝える方法

全ての方に案内状が行き届かないもしくは案内状を出さないことがあります。その場合、葬儀の受付で香典辞退の旨をお伝えすることになります。
看板に香典辞退の旨を記載した看板を設置しつつ、受付でも口頭でお伝えすると更に丁寧です。看板には以下の文言を記載すると良いでしょう。

  • 故人の遺志により、御香典の儀はご辞退申し上げます

会社の上司や同僚への香典辞退の伝え方

会社への香典辞退の連絡は、訃報の連絡を入れる際に伝えましょう。故人本人の場合、身内の場合、どちらも同様です。
なお、会社の規程で「慶弔見舞金・弔慰金」から出される香典に関しては受け取るようにしましょう。この場合、お返しも不要となります。 会社の方々からの香典辞退は、通夜や葬儀に出席してくださる場合に持参される香典や有志により集められる香典に対してのものであることを覚えておくと良いでしょう。

香典を辞退するときの注意点

香典辞退に関しては、香典を渡したいという参列者と、香典は辞退したいという故人や遺族との間で、2つの思いが重なってしまいます。どちらの気持ちも尊重するためにも、香典辞退の際に注意すべきことがあります。

まとめ

香典辞退の際の方法やマナー、注意点について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

近年、「香典辞退」される方が増え、年代や地域によっては、珍しくないこととなってきていますが、全体の割合としては、まだ少数派となります。そのため、辞退する側もされる側も不慣れな場合が多々あります。

しかし、通夜や葬儀という、習慣やマナーが重視さる場での、不慣れによる不手際やマナー違反は避けたいものです。 参列してくださる方々の故人に対しての思いに感謝をし、香典辞退をしましょう。

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright (c) 2018, Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る