葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

金額は?書き方は? 葬儀における香典のマナー・袋の包み方

カテゴリー 葬儀マナー

香典は、故人に対しての気持ちとして持参するもので、様々な決まり事があります。
香典袋の種類から、書き方、持参の仕方、金額、お金の入れ方などと知らなかったでは済まないことばかりです。
本記事では、香典に関するマナーや決まり事のポイントを紹介します。

香典とは?

「香典」とは、亡くなった方に対して、線香や花の代わりに現金を不祝儀袋に包んだもので、香料とも言います。訃報を受けた後、通夜もしくは葬式、告別式に持参します。
通夜は、急なことであるため、香典を持参できないこともあると思います。その場合は、葬式もしくは告別式でお渡しすれば先方に対して失礼にはなりません。

香典袋(不祝儀袋)の書き方とポイント

香典袋(不祝儀袋)は、表袋(外袋もしくは外包み)の上段に表書き、下段に名前、内袋に住所や金額を書きます。書き方は、宗教や宗派、自分との関係性(遺族側、友人、勤務先の同僚や上司もしくは部下、取引先の関係者等)によって異なります。

書く際には墨をすって筆、もしくは筆ペンで薄墨で書くことをお勧めします。薄墨は故人に対して悲しみを表すと言われています。
ボールペンや鉛筆で書くことはマナー違反と捉えられますので避けた方が良いでしょう。

ちなみに、典袋を熨斗袋(のし袋)と混同してしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、熨斗袋は祝儀袋のことですので覚えておくと良いと思います。

香典袋の表書きの種類と宗教による違い

表書きの種類は実に多く、「御霊前」「御香料」「御香典」「御悔」「御榊料」「玉串料」「御花料」「志」など数十類あります。故人もしくは葬式等を執り行う喪家の宗教や宗派、または葬式の形式によって異なります。

一般的に忌明けとされている四十九日の法要以降に使われる「御仏前(御佛前)」も宗派によっては正式な書き方となります。
佛は仏の旧字体となりますので、どちらを使っても失礼にはなりません。

宗教/宗派ごとに違う香典の書き方

こちらでは、宗教/宗派によって異なる香典袋(不祝儀袋)の表書き方をご紹介します。通夜や葬式に伺う前に宗教や宗派の確認をしておくととてもスムーズです。

なお、蓮(はす)の花が印刷されている香典袋は仏式用となりますので、神式やキリスト式では使いません。キリスト式では香典袋の右上に十字架が印刷されている物を使います。

仏教・仏式の場合

一般的に仏教・仏式の場合は、「御霊前」「御香料(おこうりょう)」「御香典」「御悔」を使います。
亡くなられてから、忌明けの四十九日法要まではまだ御霊(みたま)としてこの世にいらっしゃることから「御仏前」を使いません。

ただし、浄土真宗では、”亡くなった即日に浄土に召されて仏となる”という教えから「御霊前」は使わず、「御仏前(御佛前)」を使いますので、気をつけてください。「御霊前」は宗教を問わず使えると勘違いをして使ってしまう場合が多いようですが、浄土真宗の方にとっては教えに背くことになり、気分を害してしまうことがあります。

キリスト教式の場合

「御花料」「献花料」と書くのが一般的ですが、キリスト教式にも「カトリック(カソリック)」と「プロテスタント」と宗派があります。カトリックであれば「御ミサ料(おんみさりょう)」、プロテスタントであれば「忌慰料(きいりょう)」を使うこともできます。

なお、カトリック(カソリック)で「御霊前」は使えますが、プロテスタントでは御霊を異教の偶像崇拝であると捉えているため使うことを認めていませんので注意が必要です。

キリスト教式の場合、教会で執り行われることが多いので、事前に教会の名前をネットや電話帳で調べて行かれると良いでしょう。必ず教会名の前に宗派が付いています。

神教式の場合

神式(神道)の場合は、「御榊料(おさかきりょう)」「玉串料(たまぐしりょう)」「御玉串料」「神饌料(しんせんりょう)」「御饌料」「御神前」を使います。
日本古来からある形ですが、現在では神式(神道)の通夜祭、神葬祭に出られたことがある方は少ないのではないでしょうか。ちなみに、天皇家は神式(神道)となります。

宗教/宗派が解らない場合の書き方とポイント

本来、訃報を受けた際に、宗教/宗派の確認をし、その宗教/宗派の決まり事に沿った表書きをするものですが、事前に宗教/宗派が分からない場合があります。その場合は、「御霊前」を使われると良いでしょう。一般的に「御霊前」は宗教/宗派を問わず使うことができ、通夜、葬式のどちらにも使うことができますとありますが、キリスト教のプロテスタント、仏教の浄土真宗では使うことができませんので注意が必要です。

プロテスタントの場合、「御香典」「御霊前」は異教の偶像崇拝と関係があるとみなされるため使うことができません。また、浄土真宗の場合は、人は死後すぐに仏になるという思想を持っているため、「御霊前」は使いませんので、気を付けましょう。

香典袋の下段の名前の書き方

香典袋の下段には会葬者の名前をフルネームを書きます。
個人の場合は、会葬者の氏名を、会社として伺う場合は、中心より右寄りに会社名、中心に役職、フルネームで名前を書きます。

旧姓で不祝儀袋に書きたい場合は、表書きの下段の中心に新しい苗字で名前を書き、苗字の左横に「(旧姓)」と書くと良いでしょう。もしくは、表書きには新しい苗字のみを書き、中袋の名前の横に旧姓を書いても問題ありません。
ちなみに、表書きの名前は新しい苗字で書くのが正式とされています。

なお、代理で伺う場合や連名で名前を書く場合の決まり事に関しては下記で詳しく説明しています。

代理の場合

代理の場合、依頼主の名前を書きます。
会社関係の代理で伺う場合は、会社名を中心より右側に、役職、フルネームを中心に書きます。見本としては、下記となります。

●●株式会社
代表取締役社長 東京太郎

また、奥様(妻)がご主人の代理として持参する場合は、ご主人の名前の左下に少し小さめの文字で「内」と書くことで奥様(妻)が代理でお見えになったということを意味します。

なお、代理で持参した後は、依頼主の方に間違いなくお渡ししたことを必ず報告をしましょう。

連名表記の場合

連名で書く最大人数は3名としましょう。3名以上になる場合は、代表者の名前を中心に、名前の左下に「外一同」と書きます。詳細は白無地の紙に住所、氏名、金額を記載し、内袋に入れましょう。会社代表の場合も同様です。

なお、3名の名前の書く順番ですが、中心に一番目上の人の名前を書き、順に左側に他2名の方の名前を書きます。中心から右側には名前を書きませんので、注意が必要です。

ご夫婦の場合は、中心にお一人のフルネームを書き、左横にもう一人の方の下の名前だけ記載するのが一般的です。

内袋の書き方

中袋(中包み)の表面(表側)には金額を書きます。

袋の中心に「金壱萬円」もしくは「金壱萬円也」と書きます。金と円の間に入れた金額を書くと覚えておくと便利です。

中袋の裏面(裏側)には郵便番号、住所、名前(フルネーム)を書きます。
書く場所は、袋の中心から左側に書きます。市販されている不祝儀袋には、既に書く欄が印刷されていることもありますので、その場合は、その欄内に書くと良いでしょう。

金額の書き方に関してですが、現在は、略式の漢数字と旧字体の漢数字のどちらを使ってもマナー違反にはなりませんが、旧字体の漢数字を使うのが正式とされていますので、旧字体を使われることをお勧めします。旧字体の代表的なものは下記の通りとなります。
一「壱」、二「弐」、三「参」、五「伍」、千「阡」、万「萬」

香典袋へのお金の入れ方と注意すべきこと

香典袋に入れるお金はピン札ではなく、既に使われたお札を入れます。ピン札しかない場合は、お札の端に折り目を入れると良いでしょう。
また、お金はお札の顔の方を下に向け、向きを揃えていれましょう。

香典の金額相場と目安

香典の金額は故人との関係性や付き合い、自分の年齢によって変わります。一般的に会社の同僚や友人・知人の場合は目安として20代は三千円〜五千円程度、30代以上は一万円〜五万円程度とされています。両親や親族(親戚)の場合の目安としては20代は五万円程度、30代以上は五万円〜十万円程度が相場です。

入れる金額は、1万円、3万円、10万円、30万円、50万円と切りが良い金額を入れると良いとされています。

しかし、禁忌や3=惨(みじめ)、4=死、9=苦などは語呂合わせで禁忌とされていますので、避けることをお勧めします。また、入れる金額と不祝儀袋のバランスは大切です。金額によって、不祝儀袋の種類も選びましょう。

香典の包み方

香典はを渡す際は、素手ではなく必ず袱紗、もしくは布に包んで渡します。
袱紗はお茶でよく使われますが、冠婚葬祭の際にも使いますので、いざという時のために持っていると便利です。

ただし、お祝い事の時とご不幸の時では使える色、包み方が違います。袱紗の色や使い方については次を参考にしてください。

ふくさの種類や色の違い

ふくさの種類は、大きく分けて、お祝い事用とお悔やみ事ようとに分けられます。それぞれ、色で使い分けますので、お祝いとご不幸用に揃えておくと便利です。

お祝い事には、赤や朱色などの明るい色を用います。反対にお悔やみ事の時には、鼠色、紫色、藍色などを用います。紫色は慶弔兼用の色となっていますので、どちらで使っても失礼にはならない便利な色です。

ふくさの意味と包み方(使い方)

相手の方を思いやる気持ちから、水引の乱れや汚れを防ぐために袱紗を使います。

たたみ方は、袱紗の中央からやや右寄りに不祝儀袋の表側を上にして置き、右→下→上→左の順に包み、右側のはみ出した部分を内側に折ります。

ちなみに、お祝い事の場合は、逆となりますので気をつけましょう。

香典の渡し方

お香典の渡し方もふくさの包み方同様、お祝い事の場合と渡し方を間違えないことが大切です。面倒と思われるかもしれませんが、故人への敬意を払うということを考えると、気遣いがあると、受ける側も有り難く受け取ることができます。

渡し方の手順は下記の「香典の差し出し方」に詳しく書いていますので、参考にしてください。

香典を渡すタイミング

お香典をお渡しするタイミングは、弔問した通夜、葬式、告別式で焼香前となります。
通夜と葬式もしくは告別式の両方に参列する場合は、通夜もしくは葬式のどちらか片方でお渡しすれば大丈夫です。

先に参列する通夜でお持ちするのが一般的ですが、急なことで服装と同様に香典の準備が間に合わない場合があります。その場合には、葬式もしくは告別式でお渡しすれば失礼にはなりません。お渡しする際は、受付で会葬者名簿への記帳は忘れないようにしましょう。

香典の差し出し方

香典は、右手のひらにふくさを置いて、左手でふくさを開いて不祝儀袋を取り出します。渡す際には、相手の方から名前が読めるように向きを変えて、挨拶の言葉を添えて両手で渡します。

挨拶の言葉の例としては「この度は突然のことでお悔やみ申し上げます。」「この度はご愁傷様です。御花料としてお納めください。」などです。
なお、「ご冥福」という言葉は、浄土真宗では使えませんので、ご注意ください。

香典を辞退された時はどうする?

通夜や葬式の形が多様になってきたように、香典を辞退されるケースも多くなってきています。

辞退の理由は様々で故人の遺言、会葬者に負担をかけたくない、通夜や葬式を簡略化したい、お礼のお返しが大変などそれぞれの事情がありますので、ご遺族の気持ちを尊重し、香典の持参は控えましょう。

事前に香典を辞退する旨の通知があった場合は、香典の代わりとして、仏教の場合はお線香やろうそく、千菓子を、神道の場合は千菓子やお酒、キリスト教の場合は生花などをお供え物として持参することもありますが、お供え物も辞退していることもあるので気をつけましょう。

お香典袋の水引の色は何色を選べばいい?

弔事の水引きの色には種類があり、日本で昔から色で色で弔事と慶事を使い分けています。

色の位の順番は、金・銀・紫・赤・藍・緑・黄・黒となり、黒近いほど悲しみが深く弔事として、金に近いほど喜びが大きく慶事に用いられます。

通夜や葬式に使う色として最も適切な色は黒白(白黒)、結びは結び切りとされています。これは、宗教や宗派を問いません。

黄白は法要の時に関西・北陸方面で使われ、通夜や葬儀、告別式では使いませんので気をつけましょう。

香典の郵送・送り方(通夜・葬儀・告別式に参列出来ない時)

通夜、葬式、告別式に参列できない場合は、まず、弔電を打たれると良いでしょう。香典に関しては、後日、喪主の方のご自宅を訪問する、もしくは喪主の方宛に郵送で送るのが一般的です。

訪問の場合は、事前に先方(ご家族の方)にその旨を連絡することを忘れないようにしましょう。突然訪問されてしまうとご迷惑になる場合があります。

郵送の場合は、現金を送るため、必ず現金書留の封筒の中に香典袋を入れて送るようにしましょう。その際、通夜や葬式に伺えなかった理由や遺族の方々への労いの言葉を手紙として添えると良いでしょう。香典袋だけが入っているよりも、故人への思いが伝わります。

まとめ

今回のページでは、香典のマナーや決まり事についてまとめました。
ご不幸は、事前に準備をしておくことではないため、すぐに情報が欲しいものです。
また、ご遺族に対しての気遣いも大切になりますので、ぜひ、参考にしてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る