必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円から

香典返しで知っておきたい贈り方と時期やマナー

カテゴリー 葬儀マナー

多くの方が迷う香典返しの時期や金額の相場からお勧めのギフト、のしや挨拶状についてご紹介していきます。特に香典返しの時期については、宗教によって異なりますので、ぜひ参考にしてみてください。

香典返しとは?

通夜や葬儀、告別式(葬式)でお香典を頂いた方に対して、四十九日法要(忌明け法要)を終え、無事に故人を送ることができた報告をする際に、感謝の気持ちとして添える品物が「香典返し」です。

忌明けとは、喪に服す期間を終える日、もしくはその日を迎えたことを言います。

香典返しは、喪主から香典を頂いた方へお渡しします。
ご近所の方であれば手渡しできますが、遠方の方の場合は郵送とするケースが一般的です。故人がお世話になった方に形として感謝を伝える機会です。

なお、共花や花料を頂いた場合にも先様はご負担されていますので、香典返しをすることをお勧めします。事前に、共花の相場を調べておかれるとお返しの金額を決めやすいと思います。
しかし、友人一同や親族一同からの花輪に関しては、お互いにご不幸の際には送るように決めている場合がありますので、その場合は、香典返しは不要となります。

お勧めの品物や同封するお礼状について下記で詳しく説明していますので、ご覧ください。

香典返しの金額の目安・相場

香典返しの金額は、目安として、頂いた香典金額の3分の1から半分程度とされています。
例えば、一万円の場合は五千円程度のお返しとなります。

なお、親族から頂いた高額な香典に対していは、3分の1から4分の1が一般的とされています。

香典返しの時期

香典返しの時期は宗教によって異なりますが、いずれの宗教の場合も、亡くなってからの日数で執り行われる法要日から起算して時期が決まります。この場合、亡くなった日も加えて数えます。詳細は下記をご参照ください。

なお、最近は当日に香典返しをする「即日返し」のケースも多くあります。
その場合、高額な香典を頂いた方には、後日、差額分を改めてお返しすることをお勧めします。

仏教の場合

仏教の忌明けは、亡くなられた日から49日目に当たる「四十九日法要」となります。
香典返しの時期は、この四十九日法要から1ヶ月以内となります。

神式の場合

神式の忌明けは、亡くなられてから50日目に行われる「五十日際」となります。
香典返しの時期は、この五十日際から1ヶ月以内となります。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は、カトリック(カソリック)かプロテスタントかで法要日が異なります。
カトリックの場合は、亡くなられてから30日目に行われる「追悼ミサ」、プロテスタントの場合は、亡くなられてから1ヶ月後に行われる「昇天記念日」となります。
香典返しの時期は、どちらも1ヶ月以内となります。

香典返しの礼状・挨拶状

香典返しは、礼状もしくは挨拶状を同封して送ります。

礼状、挨拶状では、喪家としてだけではなく、故人に変わって参列下さった皆さんにお礼、ご挨拶をするという意味も込められています。文面は様々ですが、お伝えするポイントを押さえておくと良いでしょう。
また、使えない言葉もありますので、下記をご参照ください。

ポイント

  • お香典を頂いたことへのお礼
  • 四十九日法要(五十日祭、追悼ミサ、昇天記念日)が滞りなく終わったことの報告
  • 故人との生前のお付き合いへのお礼
  • 香典返しのギフト(品物)を送ること
  • 本来は先様に伺うのが筋だが、略式(郵送)で済ませることへのお詫び

注意

句読点「。」「、」は使いません。

 これは、諸説あるようですが、主に以下と言われています。
 ・書状には句読点を使っていなかった
 ・句読点は読解力が無い場合の補助として使われるため相手の方に失礼になる
 ・法事が滞りなく済むようにとの意味から、文章が途切れる句読点を使わない

「ますます」「重ね重ね」などの重ね言葉は使いません。

 これは、不幸を繰り返すというイメージに繋がるためです。

時候の挨拶は使いません。

 時候の挨拶は季節や天候に応じた季節感を表す言葉で、「相手に安否を尋ねる挨拶」と合わせて使うため、香典返しのご挨拶状では使いません。

頭語と結語は、「両方入れる」もしくは「両方入れない」のどちらかに統一します。

 使う場合は、「拝啓/敬具」「謹啓/謹白」といった頭語/結語を使うと良いでしょう。

香典返しを辞退する方法とメール文例

香典返しを辞退する場合は、一般的に以下の場所にその旨を記載します。
書く際には、必ず黒のペン(筆ペン等)を使うことをお勧めします。

  • 香典袋の裏側に書いた住所や金額の横の余白
  • 中袋がある場合は、裏に書いた住所や金額の横の余白
  • 香典袋の表側の左上の余白
  • 一筆箋などの紙に書いて、香典袋に同封する

文例としては以下をご参照ください。
また、その際も、句読点は使わないことをお勧めします。

  • お返しのご配慮は遠慮させて頂くようお願い申し上げます
  • 勝手ながら香典返しのお気遣いは不要でございます
  • 誠に勝手ながら香典返しはご辞退させて頂きたくお願い申し上げます

文例はパソコンや携帯(スマートフォン)で「香典返し 辞退」をキーワードとして検索すると出てきますので、そちらを参考にされても良いでしょう。

会葬御礼品と香典返しの違い

会葬御礼品(会葬御礼)は通夜や葬儀、告別式(葬式)に参列して下さった方に渡す返礼品こと、香典返しは香典を頂いた方に忌明け法要後に渡す返礼品のことを言います。詳細は以下をご参照ください。

会葬御礼

会葬御礼とは、香典を頂いていない場合でも、通夜や葬儀、告別式(葬式)に参列して下さった方に対して、感謝の気持ちを込めて渡す品物のことです。
通常、参列して下さったお礼状(ハガキタイプのもの)を添え、タオルやハンカチ、お茶など日常の生活に使うものをお渡しするケースが一般的です。

香典返し

香典返しとは、通夜や葬儀、告別式(葬式)で香典を包んで下さった方を対象に、忌明け法要後にお渡しする品物です。
最近は、忌明け後ではなく通夜や葬儀、告別式(葬式)の当日に「即日返し」としてお渡しするケースもあります。
お茶やのり、カタログギフトをお渡しするのが一般的です。

香典返しの地域による渡し方の違い

地域によって、通夜や葬儀、告別式(葬式)の当日にお渡しする「当日渡し(即日渡し)」が一般的な地域と四十九日法要が終わった後にお渡し(もしくは発送)する「後日渡し」が一般的な地域があります。

東京では即日返しが主流となってきていますが、東日本では後返し、西日本では即日返しが多いようです。

上記は一般的なことですが、地域による特殊な決まりごとに関しては、お身内の方や葬儀社の方に相談されることをお勧めします。

香典返しに付けるのし

香典返しには熨斗(のし)を付けます。のしは、仏式と神式、キリスト教で異なります。また、熨斗(のし)には水引をつけます。
地域によって異なりますが、一般的な例を下記に記載しますので、参考にしてください。

どんな書き方が良い?

熨斗(のし)は、上部に言葉、下部分に名前を書きます。のしには水引きをつけます。一般的な例は下記となりますので、参考にしてください。

なお、仏教の場合は、蓮の絵が入ったものを使用することが多くありますが、神式やキリスト教では蓮の絵が入ったものは使用しませんので、ご注意ください。

また、のしには「内のし(内包み)」と「外のし(外包み)」とがありますが、ここでは内のしについて書いています。

のしの上部分

仏式:志もしくは満中陰志 水引き:黒白もしくは黄白の結び切り
神式:偲び草 水引:黒白結び切り
キリスト教:志もしくは偲び草 水引き:黒白結び切り

「志」とは感謝の気持ちを、「満中陰志」は四十九日法要が無事に終わったことのお知らせを表しています。

のしの下部分

水引の下部分には入れる名前は、一般的には喪主の苗字となりますが、地域やご家庭の都合ではフルネーム、連名となります。

地域によって違いがあるの?

仏式の場合、地域によって、水引の上の部分及び水引の色に違いがあります。
大きくは、東日本と西日本に分かれます。
代表的な書き方を下記に書きますので、参考にしてください。

なお、神式やキリスト教の場合は、地域によっての違いはありません。

仏式(関東)

 表書き:志もしくは七七日忌 志 水引き:黒白結び切り

仏式(近畿から西日本)

 表書き:満中陰志 水引き:黄白結び切り

仏式(中国・四国・九州地方のおもに瀬戸内海を囲む地域)

 表書き:茶の子 水引き:黒白結び切りもしくは黄白結び切り

香典返しのお礼

香典返しを受け取った場合、「お礼」は不要です。
「お礼」をしてしまうと「礼に礼を重ねる」繰り返しとなり、「繰り返し」を良いこととしない不祝儀に反することになるためです。
しかし、香典返しを受け取ったという連絡をすることは失礼になりません。

方法としては、郵便(ハガキ)、電話、メールがありますが、一番丁寧とされているのは郵便となります。

郵便の場合は、相手の方への負担を考慮し、お手紙よりもハガキをお勧めします。ハガキですので、時候の挨拶は省略し、「ご供養のおしるしを頂きました」や「志のお品物を頂戴いたしました」の言葉を入れると良いでしょう。

電話は、親戚や親しい間柄であれば良いと思われます。
その際、つい口から「ありがとうございます」の一言ができしまいそうですが、「礼に礼を重ねること」になりますので注意が必要です。
「お心遣い頂戴しました」「お気遣い恐れ入ります」など、香典返しが到着したことが伝わる言葉をお伝えしましょう。
また、電話の場合は、長電話にならないよう相手の方に配慮することも大切です。

メールでの連絡に関しては、余程親しい間柄で、メールでの連絡が失礼にならないことが事前に分かっている場合以外はお勧めできません。

香典返しに良く使われる品物

ここでは、香典返しによく使われる品物をご紹介します。
最近では、品物ではなくギフトカード等を送ることも多くなってきていますので、ぜひ、参考にしてください。

百貨店(デパート)のカタログギフト

最近、最も人気のある品物がカタログギフトです。
カタログギフトの場合、いろんな種類の中から受け取った方が好きな物を選ぶことができる上、喪主側としても予算や香典の金額に応じて細かく対応できるためです。
また、当日返しの場合、会葬者の方々の荷物にならないとうことも人気の秘密です。

ただし、お年を召された方などは、注文の方法が分かりにくい等ありますので、相手の年齢等に合わせて選ばれることをお勧めします。

商品券

商品券は、香典を頂いた方皆様が好きなものを購入できる事や当日返しの際に荷物にならない等の利点(メリット)はありますが、金額がはっきり分かるため、香典返しとして使用されることはお勧めできません。

香典返しの商品として、金額がはっきりしているものはマナー違反ではありませんが、お返しする際の金額が分かることを良い事としない方や気分を害する方もいらっしゃると思いますので、使われる場合は、事前に相手の方の年齢等を考慮されることをお勧めします。

お菓子

お菓子を送られる場合は、日持ちするものを選ばれると良いでしょう。
生菓子は美味しいのですが、相手の方がすぐに食べることができるとは限りませんので、避けましょう。

また、大きいものより、小さめの小包装してあるものを送られることをお勧めします。一度に一人で食べきれる量でない場合、せっかくの美味しいお菓子を無駄にしてしまい、受け取られた方が申し訳ない気持ちになってしまいますので、注意が必要です。

タオル

タオルは消耗品の中でも消費が早く、使いかってがあるため、よく選ばれる商品となります。
選ばれる際は、デザインの凝ったものより、無地のものを選ばれた方が、相手の方の好みに関係なく使って頂けます。思います。

また、タオルではありませんが、紫と白のセットになった布巾(ふきん)を選ばれる方も増えています。同じ消耗品としてお勧めできる一品です。

香典返しでよくある疑問・質問

香典返しに関して、よくある疑問・質問に関して、以下で説明します。
香典返しをする方、香典返しを頂いた方、それぞれよくある疑問となります。

会社へ香典返しは必要なの?

会社への香典返しは、香典が会社として頂いたものなのか個人として頂いたものなのかによって変わります。
もし会社として頂いた場合は、会社の福利厚生費(経費)から出されているものとなりますので、基本的に香典返しは不要です。
しかし、個人で頂いている場合は必要となりますので、初出社の日にお渡しすると良いでしょう。
もし、連名で頂いている場合は、お菓子などを香典返しとしてお配りしても失礼にはなりません。

会社の場合は、香典を頂いていない場合でも、お休みを頂いている間にご迷惑をお掛けしてしまったという意味も含め、お菓子を配っても良いでしょう。

香典返しを受け取ったら返事は必要なの?

基本的に香典返しへの返事は不要です。
これは、香典返しにお礼をするのは、「礼に礼をする」という重ねにあたり、不幸を繰り返すということを想像(イメージ)してしまうためです。

しかし、無事に香典返しを受け取ったことをご遺族に伝えたい気持ちもあるかと思います。その場合は、ハガキもしくは電話で受け取った旨をお知らせすると良いでしょう。
詳細は、上記の「香典返しのお礼」をご参照ください。

即日返しと後返しのどちらが良いの?

「即日返し」と「後返し」はどちらが良いというのはありませんので、ご自分の家のしきたりに沿ってお返ししましょう。

特に喪家として決まりがない場合は、配送の手間(受取手側の手間)を考慮し、即日渡しを選ばれるケースが多いようです。

香典返しで避けた方が良いものは何ですか?

香典返しは、「不祝儀を残さない」ということから一般的に「後に残らない」ものが好まれていますが、お祝い事に使われるものや金額が分かってしまうもの、生物は避けましょう。

お祝い事に使われるもの

お酒、かつお節、昆布等

金額が分かってしまうもの

商品券等

生物

肉や魚等

香典返しを辞退された場合は、本当にお返しは不要ですか?

香典返しを辞退された場合でも、香典返しはすることをお勧めします。
しかし、香典返しを辞退するために包む金額を少なくしている場合や会社や団体の場合は、香典返しを受け取ることを禁止されていることがあります。
また、ご遺族の方へ少しでも足しにして欲しいという気持ちから辞退されている場合もあります。

上記の場合は、香典返し辞退の旨を添えたお礼状を送られると良いでしょう。

まとめ

香典返しに関しては、頂いた方との関係や香典金額、地域性があるため、失礼がないように気を使われると思います。
特にご不幸事に関しては、粗相があった場合は後味の悪いものとなってしまうこともあります。

このページでは、事前に知っておく便利な情報を掲載しています。ぜひ、お役立てください。

香典返しは喪家からお礼としてもしくは要法が無事に終わったことをお知らせするものですが、故人に代わってお礼をしていることでもありますので、事前に準備を進めておくことをお勧めします。

香典返しが終わることで、通夜に始まった一連の事に一つの区切りがつきます。
最後まで、参列してくださった皆さんからの言葉や香典への感謝の気持ちを忘れないことが大切であることを心にとめておくと良いでしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る