葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

黒ならいい? 通夜・葬儀参列する際の靴について

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

葬儀に適した礼装はある程度知っていても、靴のマナーをきっちり知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
葬儀は突然やってくるものです。いざと言うときのために、ここでは葬儀における靴のマナーについて紹介します。

女性の靴

葬儀における女性の服装で気を付ける部分はたくさんありますが、靴に関しても葬儀の場においては向き、不向きがあります。ここでは、葬儀の場で女性がどのような靴が適当でどのような靴が不適当であるか紹介していきたいと思います。

黒のパンプスでツヤの無いデザインが無難

女性の靴はシンプルなデザインで、ツヤの無い黒色が無難です。

この条件を満たすものにパンプスがあり、葬儀の場では一般に履かれています。また、例えシンプルなデザインでも露出の多いピンヒールやサンダル、ウェッジソールなどは適当ではありません。

飾りやリボン、金具が付いていても大丈夫?

金具が目立つようなタイプは他のアクセサリーと同様に葬儀の場として不適当です。
ただし、目立たない色合いや装飾であれば多少付いていても問題にはなりません。

具体的にはゴールドやシルバーなどの金具は避けるようにしましょう。また、靴に付くリボンは基本的に相応しくありませんが、目立たないデザインであれば葬儀の場で使用することも可能です。

ストラップは付いていても大丈夫?

ストラップの付いた靴はマナー違反とはなりません。しかし、デザインによってはストラップによって靴が目立ってしまうこともありますので注意が必要です。

また、葬儀の場によっては靴の脱ぎ履きを何度も行うことがあります。ストラップがあると脱ぎ履きの妨げになりますので、付いていない方が無難だと言えます。

エナメルやスエード素材は大丈夫?

エナメル質のように光沢の強い靴は葬儀に不向きとなります。また、スウェードのような毛皮を連想させる靴は、葬儀において殺生をイメージさせるため、同様に不向きです。

ヒールの高さは何cmまで大丈夫?

ヒールは高すぎず、太めのものを選ぶのが無難となります。これは、ヒールが高すぎると華やかとなってしまい、葬儀の場として相応しくないためです。

しかし、逆にヒールが低すぎるとカジュアルな印象になり、同様に葬儀の場として相応しくありません。ヒールの高さはおおむね3~5cm位のもので、安定感のある四角いタイプがベストとなります。

つま先のデザインは気をつけた方が良い?

つま先のデザインに関しても「カジュアルでないもの」という基準は変わりません。

ラウンドトゥ、スクエアトゥ、アーモンドトゥなど、つま先のあまり尖っていないタイプが適当であるとされています。オープントゥなどのつま先の開いたタイプは、肌の露出という点で葬儀には不向きとなります。

男性の靴

男性の靴の選び方も女性の靴とそこまで大きな違いはありません。しかし、細かい部分にマナーが存在しますので、よく確認しておくと良いと思います。

ここでは、男性の靴の選び方について紹介していきます。

黒の革靴が光沢の無いシンプルなものが無難

光沢のある靴はカジュアルな印象を与えてしまうので、葬儀には向いていません。デザインの基本は女性の靴と同じであると言えます。

スエードやアニマル調などの動物柄の靴は殺生をイメージさせてしまうため、控えるようにしましょう。一般的なフォーマル靴も革靴となりますが、こちらは合皮となっていて、動物柄を連想させるデザインでも無いため、葬儀で履いても問題ありません。

紐なしが良いって聞いたけど本当なの?

紐なしが良いとされる所以として、香典袋や祝儀袋にある水引きが挙げられます。これは解いて結ぶ行為を繰り返すことが良くないとされるためです。一方で靴は日本ではなく西洋の文化で生まれたものです。理屈は分かりますが、紐なしの靴が良いというのは、厳密には間違ったマナーとなります。

葬儀の際は紐付きの靴を履いても問題ありません。むしろ、内羽根式(紐を通す革の部分が甲の内側に隠れる)の靴が葬儀には適当であるとされています。そのため、紐なしの靴が無いと困っている方も心配する必要はありません。

つま先のデザインは気をつけた方が良い?

葬儀に履いていく靴は、つま先のデザインにも要注意です。
最もふさわしいとされるのは、つま先に横一線のラインが入ったストレートチップです。ストレートチップ入りを持っていない場合は、プレーントゥと呼ばれるつま先にラインのない靴でも問題ありません。

シンプルを重視してプレーントゥを選びがちですが、ストレートチップが葬儀において最も適当であることを覚えておきましょう。

和装の時の足元は白の足袋に草履

和装の礼装で葬儀に出る場合、足元は白の足袋に草履を履きます。草履は黒色を選ぶのが無難となりますが、第一礼装などには白の草履を合わせるのが一般的となります。

黒色が葬儀に適するとされ始めたのが明治時代以降で、それまで葬儀の衣装は白を基調としていました。そのため、現代の方式に合わせるのであれば白の足袋に黒の草履を履くのが最も適当となります。

ちなみに、下駄はカジュアルな履物となりますので、葬儀の場ではマナー違反となります。

子供の靴

子どもの靴に関しても大人ほどではないにせよ、ある程度のマナーというものがあります。子どもの靴が葬儀に適していないと、履かせている大人が常識のない人だと思われてしまいます。

子どもの格好で恥をかかないためにも、ここでは葬儀に適した子どもの靴について説明していきます。

ローファーでも大丈夫?

ローファーは大人が履くとマナー違反となりますが、子どもの場合は履いても問題ありません。ローファーは学校指定の靴として利用されるように、子どもにとっては一般的な靴となります。

黒色またはグレーで、目立たないシンプルなデザインという条件も満たしていますので、葬儀用の靴が無い場合はローファーという選択が最も適当です。

運動靴は避けましょう。

どうしても葬儀に適した靴を持っていない場合、運動靴を履いても問題にはなりませんが、カジュアルな靴はやはり葬儀の場として相応しくありません。そのため、できることなら運動靴は避けることをおススメします。

足元について

足元のマナーは意外と見落としがちな部分となります。靴下や女性が履くストッキング、タイツなど、足元にもきちんとしたマナーが存在しますので注意が必要です。
ここでは足元のマナーについて説明していきます。

靴下の種類/素材/色は?

靴下の色に関しても、靴や服のルールと同じです。
男性の場合は黒の靴下、女性の場合は黒のストッキングがマナーとなります。ただし、略礼装の場合はダークグレーや紺などの暗い色であれば問題ないとされています。

柄物やくるぶし以下のアンクルソックスなどはもちろん葬儀には適しません。
また子どもの場合に限り、黒色無地の靴下が用意できなった時は白色無地の靴下を履いていくことが可能となります。

女性のストッキングやタイツは大丈夫?

女性の場合、靴下の代わりにストッキングやタイツを着用すると思います。
葬儀の場ではストッキングは可能となりますが、タイツはマナー違反となってしまいます。これはタイツがカジュアル衣料に含まれるためで、例え黒色であっても適当ではないとされています。

また、ストッキングを着用する場合、色はできるだけ黒色のものを選ぶようにしましょう。

夏や冬など季節によって気をつけた方が良い?

夏や冬など葬儀はオールシーズンに行われます。葬儀の場で着用する礼装はシンプルに装うことがマナーとなっていますので、基本的に季節感を出す必要はありません。逆に季節感を出しすぎるとカジュアル寄りとなってしまいますので注意が必要です。

特に冬の寒さに耐えるため、毛皮の靴を履くことはマナー違反となります。

まとめ

足元のマナーは誰も気にしていないと高を括っていると、周りの人から冷たい目で見られてしまうかもしれません。靴一つにも葬儀におけるマナーはたくさん存在します。女性や男性、子どもによってもマナーは変わってきますので、常日頃から確認しておくようにしましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る